まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:認識

    1: まぜるな!キケン!! 2020/07/08(水) 14:20:47.55 ID:CAP_USER
    韓国・ニュース1は7日、「新型コロナウイルス感染症の拡大から6カ月、コロナが韓国に残したものは『韓国は先進国だ』という事実だ」とし、
    「新型コロナによって韓国人は、韓国が先進国であることに気が付き、国へのプライドも高まった」と伝えた。

    ただ、ネットユーザーからは反論も出ている。

    記事はまず、「新型コロナウイルスへの対応で世界各国が弱点をさらした」
    「米国、英国、イタリアなどの先進国も社会保障制度の不備や医療システムの問題などが明るみに出た」と指摘。

    一方で、韓国は「こうした先進国より少なくとも医療システムは上だと考えざるを得ない状況となった」とし、
    「今まで気付いていなかったが、韓国はすでに先進国になっていた」「新型コロナを機に、韓国は一流国だという認識を世界中に植え付けた」と伝えている。

    まず世界に注目されたのは「韓国の診断能力」だとし、「先制的で攻撃的な検査のおかげで、韓国は初動防疫に成功できたと評価された」としている。
    「先端技術と結合した韓国の防疫システムは、海外メディアから連日、称賛を受けた」「世界に防疫の模範を示し、K防疫という新語が生まれた」
    「ドライブスルー検査は空前のヒット商品となった」などと紹介している。

    さらに、「外国メディアの韓国称賛リレーはこれにとどまらない」とし、「『世界各国で生活必需品の買いだめが起きているが、韓国だけは例外』と
    外国メディアが先を争うように報じた」とも紹介している。英BBCは「(韓国)国民は毅然とした態度でコロナに対処している」と評し、
    「韓国は朝鮮戦争後、70年間南北分断の状況にあり、危機が生活化しているため、コロナの危機にも肝が据わった態度を見せている」と分析していたという。

    また、「韓国の民主主義への称賛も相次いでいる」とし、「4月に国会議員総選挙投開票が行われたが、
    外国メディアは『韓国はコロナの中でも選挙を行う唯一の国』『韓国は世界の民主主義の灯火』『米国も見習うべき』など賛辞を送った、とも伝えている。

    特に記事は「韓国称賛リレーのピークは米紙ワシントン・ポストだった」として、同紙が「韓国は為政者ではなく国民が賢い国」と評価したことも紹介。

    韓国では感染者の動線を追跡し情報を公開しているが、これについて同紙は「市民は公益のために喜んで私益を放棄した。
    西欧ではプライバシーの侵害を理由に、このような政策は望めない」としたという。

    6月に入ると、韓国では首都圏の教会や物流センターで集団感染が発生。
    1日の感染者が2桁台に達した。この時は外国メディアの韓国称賛もストップしたというが、記事は「韓国だけの現象ではない」
    「世界が急ぎ経済を再開させたことで、再びコロナが世界中にはびこるようになった」と説明している。

    米国は1日で5万人以上の感染者が続出し、日本も3桁の感染者を出している中、韓国の新規感染者は2桁台を維持しているとし、「善戦している」とも評した。

    先月KBSが実施したアンケート調査の結果によると、回答者の83.5%が「韓国は先進国だ」と答えたという。
    このうち、既存の先進国に比べて「韓国がより優秀だ」とした回答は58%、「同等だ」が25.5%だった。

    1年前の同じ調査では、回答者の57.4%が「韓国は希望のないヘル朝鮮(地獄の韓国)だ」と答えていたという。
    https://www.recordchina.co.jp/b804660-s0-c30-d0144.html

    引用元: ・【韓国メディア】 「今まで気付いていなかったが、韓国はすでに先進国になっていた」 「韓国は一流国だという認識を世界中に植え付けた」 [影のたけし軍団ρ★]

    【病気だよね完全に 【韓国メディア】 「今まで気付いていなかったが、韓国はすでに先進国になっていた」 「韓国は一流国だという認識を世界中に植え付けた」 [影のたけし軍団ρ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/06/09(火) 08:13:43.93 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title

    ▲ 去る3日、鍾路区にある在韓日本大使館の前で行われた『日本軍慰安婦被害者問題解決のための定期水曜デモ』で、正義記憶連帯のイ・ナヨン理事長が発言している。
    _______________________________________________________

    韓国日報と日本の読売新聞が毎年実施している共同世論調査の結果、両国の関係が『悪い』という回答が至上最悪レベルであることが分かった。 韓日関係を否定的に見ている韓国国民は90%、日本国民は84%だった。昨年よりも悪くなっただけではなく、この調査を開始した1995年以降、最も高い数値となった。悪化した関係は変わらないという回答も日本は72%、韓国は55%に達した。

    両国関係の悪化の中心には、やはり歴史問題がある。文在寅(ムン・ジェイン)政権は前政権(朴槿恵政権)から国民的抵抗を呼び掛けたが、日本の立場では守ることを望んだ2015年の日本軍慰安婦合意の見直しを約束して発足し、合意の相当部分を無効にした。2018年には強制徴用賠償訴訟で大法院(最高裁)が日本側に賠償命令の判決を下した。1965年の請求権協定で強制徴用問題だけは解決済みだと主張する日本政府はこれに反発、対韓輸出規制措置で対抗した。歴史問題を経済分野に拡大した納得し難い対応に対し、我々は韓日軍事情報保護協定の終了決定で対応した。

    一連の歴史問題で、日本の反応が全く理解できない訳ではない。収まっていたと信じていた強制徴用問題が賠償判決で新たな局面を迎えたことや、ようやく解決したと思った慰安婦問題が原点に戻ったことで不満が高まったとは思う。しかし、強制徴用は国家間の条約で問題を解決したとはいえ、個人の請求権まで消滅したわけではないというのが国際法上の解釈という点は明らかだ。慰安婦合意も両国間の約束の直後から、韓国国内で深刻な逆風があったということを日本も知らなはずがない。このため昨年の対立を我が国の政府が軍事情報保護協定終了の猶予、戦略物資の体型的管理方案の提示で収拾の手がかりを設けたにもかかわらず、日本政府が無反応なのは理解し難い。

    今回の調査で日本の20代以下の若者は『韓国を信頼する』、『親しみを感じる』という回答がそれぞれ45%、61%となった。若い世代は歴史問題で深刻に縛られないという傍証である。法と原則は重要だが、過去の歴史をこうした基準だけで計算すれば解答を見出すのは難しい。両国は今からでも互いに少しずつ譲歩する柔軟な外交的交渉に乗り出し、問題を解決して行かなければならない。

    ソース:韓国日報(韓国語)
    https://www.hankookilbo.com/News/Read/202006081562717636

    引用元: ・【韓国日報】<社説> 歴代最悪の韓日関係を認識・・・未来志向的な外交解決策を模索すべき[06/09] [ハニィみるく(17歳)★]

    【したくないからこうなってんでしょ】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/10/29(火) 22:40:18.92 ID:CAP_USER
    洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官が昨日、国会で「2008年グローバル金融危機当時のように厳しい状況と感じている」と述べた。与党議員が経済状況を尋ねると、このように答えた。一昨日のフェイスブックでのコメントに続く洪副首相の経済危機論第2弾だ。

    フェイスブックでは最近の主要20カ国・地域(G20)財務相会議に出席して感じた点を書いた。まず韓国経済について「輸出と投資が振るわず厳しい。(お金が回らない)『金脈硬化』の兆候もなくはない」と診断した。「労働生産性の向上、共有経済とサービス業の育成、規制改革などを急いでいるが、問題が多い。まさに複合方程式を解かなければいけない状況」と述べた。さらに「特段の対策で景気の流れを早期に反騰させることが急がれる」と主張した。フランスが労働改革で失業率を10年ぶりの最低水準に低めたことに言及しながら「規制・労働・教育・政府改革を同時に進めなければいけない」と強調した。また「成長潜在力の拡充は生産性革新が主導すべき」と話した。

    これまで呪文のように「我々の経済はうまくいっている」と繰り返してきたのとは全く違う。何よりも「特段の対策」が至急だと認めた。所得主導成長と親労組・反企業の一辺倒から抜け出し、経済専門家が叫び続けてきた生産性向上と労働・規制改革の必要性も力説した。目を引く態度の変化だ。遅くなったが歓迎できる。認識の変化に基づいて政策基調まで変えることを期待する。

    心配されるのは、まだ青瓦台(チ ンワデ、大統領府)が不動の姿勢という点だ。文在寅大統領はわずか1週間前の国会施政演説で「我々の経済の堅実であり、我々よりもむしろ世界が高く評価している。所得環境と雇用の質が改善している」と述べた。果たしてこれにうなずくことができるだろうか。韓国経済は今年1%台の成長率を目の前にしている。石油危機と通貨危機・金融危機の時期を除いては一度もなかった低い成長率だ。世界と韓国の経済成長率の差が過去最大に広がった。雇用はどうか。税金を投じて作った高齢者の雇用、週36時間未満の短時間の雇用ばかりが増えた。決して「雇用の質が改善している」と言える段階ではない。

    にもかかわらず青瓦台は一部の有利な統計ばかりを取り上げながら「経済と政策基調に問題はない」と強弁する。これはシンガポール大のシン・チャンソプ教授の言葉のように「理念で事実を隠す」ものだ。今は経済副首相の苦言のように特段の対策が急がれる。生産性向上と労働・規制改革がその筆頭だ。こうした現実と苦言に背を向ければ経済はさらにダメージを受ける。それでも理念で経済の現実を隠すつもりなのだろうか。

    https://japanese.joins.com/JArticle/259019
    ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.29 10:45

    引用元: ・【中央日報/社説】「金融危機当時ほど厳しい」という韓国経済副首相の認識[10/29]

    【既にギリシャ化してるようなもんだ【中央日報/社説】「金融危機当時ほど厳しい」という韓国経済副首相の認識[10/29] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/07/06(土) 17:20:35.17 ID:CAP_USER
    2019年7月6日、韓国のテレビメディアは、日本製品の不買運動イベントの様子を放映しているが、イベント取材のビデオカメラは、悲しいかな日本製だ。高品質のビデオカメラを生産するノウハウは韓国には無い。

     専門家は「韓国は話のすり替えの名人です。今回、フッ化ポリイミド、レジスト(感光材)、エッチングガス(フッ化水素)の3品目について4日から事実上の輸出規制を強化し、輸出許可を厳格化しましたが、これは徴用工問題で韓国政府が無責任な対応をしている事への警告です。信頼関係が崩れているのでこれまでホワイト国として優遇していたのを止めて、その都度、厳格な輸出審査を行うという事なんです。安全保障上の問題として、例えばフッ化水素は、核爆弾の元になる「ウラン」や、化学兵器「サリン」の製造過程で必ず必要になる物質です。今回指定した3品目は、韓国から第3国を経由して北朝鮮に輸出した疑いがあるのです。その理由としては、日本政府から韓国政府への問い合わせをしてもきちんと回答しなかったことがあったようです。自衛隊機へのレーダー照射問題でも、日本の指摘に対して、有りもしない話を創作して、自衛隊機が韓国艦艇に低空飛行で威嚇してきたなどと嘘をつくことです。今回の件で韓国がWTOに提訴すれば、日本政府から詳細なホワイト国から除外し、厳正な審査を行うことになった経緯が公になってしまうので韓国としては提訴できないでしょう。EUでも韓国はホワイト国ではなく、通常の輸出審査対象国です。あくまでもこれまでは、信頼していたが、信頼関係が崩れたので、厳格な審査をするだけです。韓国をこれまでホワイト国として優遇していたことが日本政府の汚点です」と説明する。

    【編集:WY】

    http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=5766&&country=1&&p=2
    -Global News Asia- 配信日時:2019年7月6日 13時30分

    【心底相手したくない人種だわ。 【通常の輸出審査対象国】日本からのメッセージを正しく認識できず「狼狽する」韓国大統領府[7/6] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/06/26(水) 18:27:04.44 ID:CAP_USER
    【ソウル=桜井紀雄】河野太郎外相は26日付韓国紙、東亜日報の書面インタビューで、韓国最高裁が日本企業に賠償を命じたいわゆる徴用工訴訟判決で、日韓双方が外交的解決策を見いだしたり、双方が知恵を絞ったりしようという「韓国側の認識自体が事の重要性を全く認識できていない」と批判した。

     河野氏は、徴用工問題が「日韓関係の発展を阻害する最大の障害物」だと指摘。1965年の日韓請求権協定で請求権問題は解決済みにもかかわらず、「国と国の約束を韓国側が一方的に覆したこと」が「問題の本質」と強調した。

     日韓の企業が出資して慰謝料を払うという韓国政府の案を「日本政府は到底受け入れられない」と拒否し、協定に基づく仲裁委員会設置に応じるよう改めて要請した。北朝鮮問題など協力すべき課題については「これからも韓国と協力していく」考えも示した。

     河野氏は、父や祖父が日韓問題に携わり、自身も米留学中、亡命していた金大中(キム・デジュン)元大統領の自宅に招かれた逸話を紹介。日韓問題に「私も強い愛着を持っている」と明かした。

    https://www.sankei.com/world/news/190626/wor1906260025-n1.html
    産経ニュース 2019.6.26 14:55

    引用元: ・【河野外相】「韓国は事の重要性全く認識できず」韓国紙で 「国と国の約束を韓国側が一方的に覆したこと」が「問題の本質」と強調[6/26]

    【そんな優しい言い方では韓国人に伝わらない。【河野外相】「韓国は事の重要性全く認識できず」韓国紙で 「国と国の約束を韓国側が一方的に覆したこと」が「問題の本質」と強調[6/26] 】の続きを読む

    このページのトップヘ