まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:証言

    1: HONEY MILKφ ★@無断転載は禁止 2017/08/17(木) 10:18:16.53 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title


    『軍艦島』という異名を持つ島、ハシマ(端島)の上陸禁止が解けたのは2009年で、わずか10年にも
    満たない。現在も極めて島の一部のみ、ガイドの案内を受ける事ができる。廃墟のように変貌した
    この場所を石炭産業が繁栄していた時代のノスタルジアと重ね、戦後の高度経済成長期の香水で
    包んで自分たちの遺産にしている。しかし、この島には強制徴用の痛みと朝鮮人の受難が共存して
    いる。これまで忘れられていた日本の島、『軍艦島』の映画や書籍などが相次いで発表されて関心を
    集めている中、書籍『軍艦島に耳をすませば』が出版された。この本は『長崎在日朝鮮人の人権を
    守る会』所属の志ある日本人が、過去の反省を込めて書いた。

    この本は『原爆と朝鮮人』を始めとして、我々がこれまで刊行してきた書籍の中から端島に関する部分
    を選び出して一冊にまとめた物だが、引用・参考にした部分を詳細に再点検して収録しただけではなく、
    新たな事実を含め上記の生存者の証言を大きな収穫物として付け加えた。

    この本は、「端島の歴史で強制連行と強制労働の事実を消す事はできない。戦時中の残酷な歴史を
    隠蔽したまま世界遺産を作ろうとする風潮を容認する事はできない。“近代化産業遺産”を語る時、
    日本の近代化は侵略の歴史と一対である事を忘れてはならない。端島はまさに近代日本の侵略の
    歴史の縮図と言っても過言ではない島である。したがってドイツのアウシュビッツと同様、歴史の暗部
    まで教訓にして普遍的価値にする正しい歴史認識に基づかない限り、端島を世界遺産に登録する
    事はできない」と強調する。

    この本は引き続き、「一面的な接近法(アプローチ)では人類共通の遺産になる事はできない。韓国の
    生存者が“我々の歴史を抹殺する事は受け入れられない”とし、日本の独善的主張を厳しく批判した
    事は言うまでもない。いま我々に要求される事は、このような批判の声を重く受け止めて歴史の明暗を
    直視する方式で端島を世界遺産に登録する事で、韓日の歴史を乗り越えて友好の道標にして行か
    なければならないという、韓国内の提言に耳を傾ける事である」と述べた。

    クォン・ジョンスル記者
    no title

    文化や宗教を担当しています。
    記者を応援してください。
    記事を見ましたか?読者様の小さな応援が記者の大きな力になります。読者様の後援金は全ての記者に渡されます。

    ソース:民衆の声(韓国語)
    http://www.vop.co.kr/A00001190366.html

    引用元: ・【韓国】書籍『軍艦島に耳をすませば』~日本の近代化は侵略の歴史[08/17] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【軍艦島関連の便乗商法】『長崎在日朝鮮人の人権を守る会』の書籍『軍艦島に耳をすませば』生存者の証言を大きな収穫物として付け加えた】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/05/08(月) 22:54:15.37 ID:CAP_USER
    no title

    ▲松代大本営は日本が太平洋戦争末の1944年11月、日王一家および政府組織を急に移すために作った地下基地であった。6日、長野県にある松代大本営の入口から人々が入っている。
    no title

    ▲松代大本営入口のそばには朝鮮人の死を慰める石碑がたっている。ある市民団体が作ったもので「朝鮮人犠牲者追悼平和記念碑」と書かれている。

    6日、韓日歴史に会える日本の長野にある松代大本営を訪れた。松代大本営は日本が太平洋戦争末期、日王をはじめ政府主要機関の居所を安全に移すために建設した巨大な秘密地下基地だ。長野駅からバスで40分程度で到着する場所、神社と古宅があって年配の観光客が訪れる程度の閑静な村だ。戦争末期、日本国内作られた地下基地の中で最も大きな規模だが日本人にさえあまり知られていない。

    地下壕の入口で会った年配の日本人何人かが入口のそばにたっている「朝鮮人犠牲者追悼平和記念碑」の慰霊塔を眺めていた。ゴールデンウイークを楽しむには暗くて恥ずかしい歴史の前で表情が真剣だった。

    地下壕の内部はこまかくて巨大な迷路だった。全体は約6キロの長さで東西方向に20個のトンネルが繋がっている。洞窟の幅が約4メートル、高さ3メートルで敗戦の頃、80パーセント完成したという。現在、安全上の理由で500メートルだけ公開されている。歩けばダイナマイトで爆破した穴や荷車の跡などがあちこち残っている。

    最も苛酷な作業は朝鮮人労働者の役割

    1944年11月に始まった大本営建設作業の第一線は大部分、朝鮮人が引き受けた。岩盤を突き抜ける発破作業など「採掘」労働だった。正確ではないが7000人以上だと伝えられる。現在まで大本営工事の犠牲者数は明らかになっていない。「多い日には5~6人死んだ」という証言もあるが、死体を埋めた場所も知られていない。

    地下でつながった道を歩けば「大邱部(朝鮮末期大邱(テグ)地域名称)」等の漢字が彫られていて故郷を懐かしがる朝鮮人の恨が伝わる。朝鮮人の数字についても幹部級だった4人の名前だけが残っている。案内板には朝鮮人・日本人などが強制動員されたが全部が強制ではないとの内容が書かれている。

    2年前の2014年11月、長野市が案内板に朝鮮人強制動員と関連した文章を「全部が強制ではないなど多様な見解がある」という文章を入れて歴史を水で薄めるたと批判を受けたことがある。

    周辺民家を借りて慰安婦慰安所設置…「強制的に連れてきた」証言残る

    日本は作業場周辺にある民家を借りて朝鮮人女性を連れてきて慰安所で使った。政府に建物を貸すほかなかったK氏の証言によれば、1944年秋まで朝鮮人女性4人が慰安婦に連れてこられ、みな二十才ぐらいの若い女性だったと言う。客は日本人や比較的高い地位にあった朝鮮人だった。
    (中略)

    慰安所に使われた民家は91年に撤去されたが、現在、市民団体「もうひとつの歴史館-松代建設実行委員会(仮称)」が、解体された資材の一部を歴史館の中に保管している。同団体は慰安婦強制動員に対する日本政府の責任を批判し、慰安所資料を歴史的に保存しなければなければならないと要求している。

    日王のための国、秘密地下壕建設の秘密
    (後略)

    アジアトゥデイ=オム・スヤ東京特派員

    ソース:アジアトゥデイ(韓国語) [オム記者の日本の中に]日王ための朝鮮人強制動員の現場…慰安所まで設置
    http://www.asiatoday.co.kr/view.php?key=20170508010002196

    引用元: ・【韓国】 日王のために朝鮮人を強制動員した現場、松代大本営…慰安所まで設置して朝鮮人女性働かせる[05/07] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【取材せず妄想と願望で記事】韓国人東京特派員「証言が証拠。日王のために朝鮮人を強制動員した現場、松代大本営…慰安所まで設置して朝鮮人女性働かせる 」】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★@無断転載は禁止 2017/01/24(火) 19:05:28.85 ID:CAP_USER
    【光州聯合ニュース】戦時中に女子勤労挺身隊員として日本に強制徴用された韓国人女性らが、法廷で自らの被害について証言することになった。

    韓国・光州地裁は24日、80代の強制徴用被害者キム・ヨンオクさんと、強制徴用された後に死亡した故チェ・ジョンレさん(当時15)の親族が三菱重工業に損害賠償を求めた訴訟の2回目の弁論を開いた。この訴訟は原告と被告の代理人選任問題などが影響し、提訴から1年半後の昨年11月にようやく初弁論が開かれた。

    原告側は、次回の弁論(4月25日)にキムさんらを証人として呼び、徴用による被害を証言させてほしいと求めた。次回はキムさんのほか、80代の徴用被害者ヤン・グムドクさんがチェさんに代わり証人として出席する。

    キムさんとヤンさん、チェさんは小学校を卒業して間もない1944年5月、三菱重工の名古屋航空機製作所に強制徴用された。チェさんは同年12月の東南海地震で犠牲となり、帰国できなかった。

    光州では、2012年から徴用被害者や遺族11人が三菱重工を相手取り3件の訴訟を行っている。

    被害者5人が起こした訴訟は、一審と二審で三菱に対し一部賠償を命じる原告勝訴の判決が言い渡されたが、三菱側が上告し、大法院(最高裁)の判断を待っている。

    被害者3人と遺族1人が起こした別の訴訟は、提訴から約3年を経て今月13日に初弁論が開かれた。

    ソース:聯合ニュース 2017/01/24 15:48
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/01/24/2017012402065.html

    引用元: ・【韓国】三菱重工への損賠訴訟、強制徴用被害者が法廷で証言へ[01/24] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【ウソのつき放題 】韓国の三菱重工損賠訴訟、強制徴用被害者が法廷で証言へ】の続きを読む

    1: ひろし ★@\(^o^)/ 2015/10/22(木) 21:54:53.76 ID:???.net
    2015年10月21日、韓国・テレビ朝鮮は、韓国政府による歴史教科書の国定化方針に賛否両論が渦巻く中、
    北朝鮮からの脱北者が韓国の歴史教育の実態を目にし衝撃を受けていると伝えた。

    昨年から今年にかけ韓国に脱北して来たという女性2人は、現在使われている韓国の歴史教科書について
    「主体思想(朝鮮労働党の統治・指導の指針とされる思想)の原文そのままが記されていた」
    「北朝鮮と同じ教育政策に思えた」ことから、「衝撃を受けた」と声をそろえた。
    1人は、「南韓(韓国)でも赤化統一(共産主義による南北統一)を望んでいるかと感じたほどだ」と語る。

    また、金日成(キム・イルソン)元国家主席の功績を示すため、北朝鮮では1937年の
    普天堡の戦いなど「抗日武装闘争時期」について詳しく教育されるが、
    韓国の教科書でも同時期の内容が強調されており、この点にも2人は驚いたという。

    これについて、韓国のネットユーザーからも、驚きや不安のコメントが寄せられた。

    「そこまでひどいのか。知らなかった」
    「これじゃ本当に赤化統一される」
    「どの教科書に書いてあるのか、誰が作ったのか調べて追及しよう」

    「ここまで意図的に歪曲(わいきょく)されているんだから、国定化は当然だ」
    「韓国には実にスパイが多いんだな」
    「韓国の左傾化は深刻なレベルだ」

    「政府や与党がなぜ突然教科書の問題を取り上げたのか、理由があったんだね」
    「一日も早い国定化が必要だ」
    「国のこの先が心配だ」(翻訳・編集/和氣)

    http://www.recordchina.co.jp/a121715.html

    引用元: ・【韓国】「衝撃!韓国の歴史教育はまるで北朝鮮」脱北者の証言に韓国ネットも驚き「そこまでひどいのか」「国のこの先が心配だ」[10/22]

    【知らないお前らがバカなだけだろ? 【韓国】「衝撃!韓国の歴史教育はまるで北朝鮮」脱北者の証言に韓国ネットも驚き「そこまでひどいのか」「国のこの先が心配だ」[10/22]】の続きを読む

    1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/09/11(金) 12:20:50.27 ID:???.net
    <慰安婦生存者13人証言>病床で「日本が謝罪さえすれば私は安らかに目を閉じる」(1) | Joongang Ilbo | 中央日報
    http://japanese.joins.com/article/611/205611.html?servcode=400&sectcode=420


    「謝罪を受けなければいけない。それを聞いてこそ私も死ぬことができる」。

    病室のベッドで横になっているおばあさんは、いくつかの言葉も全力を絞り出さなければいけないほど衰えていた。生存する慰安婦被害者のうち最高齢の金福得(キム・ボクドゥク)さん(97)は
    健康が良くない。現在、慶尚南道統営(トンヨン)の高齢者専門病院に入院している。記者が近くで話す言葉も補聴器を着用してこそ何とか聞こえる。それでも「日本の謝罪を受けなければ
    いけない」という言葉は力強く話した。

    3人姉弟の一番上の金さんは、父の死後、12歳の時から家長の役割をした。慰安所に連れて行かれたのは22歳だった。網工場で働いている時に会った日本人が「お金をもっと稼げる工場に
    就職させる」と話すと、その言葉を信じて故郷の統営を離れて釜山(プサン)に行った。

    しかし工場の話は嘘だった。金さんは船に乗せられ、戦争中だった中国大連に連れて行かれた。そこで金さんは金福得という名前を奪われ、日本軍慰安婦「フミコ」と呼ばれた。死のうと思って
    海に飛び込んだりもしたが、故郷の母のことを思うと死に切れなかった。3年間のつらい歳月を送った後、今度はフィリピンに連れて行かれた。このように地獄のような慰安婦生活に耐えながら7年が
    過ぎた。

    1945年、解放がきた。金さんは何とか帰途に就き、苦労して統営に戻った。しかし金さんを待つ故郷の生活は過酷なものだった。母に会うことを待ち望んでいたが、すでに母は亡くなっていた。
    金さんは故郷で15歳も年上の男性の家に妾として入った。夫はアルコール中毒者だった。金さんは夫の暴行に苦しみ、2回の流産を経験した。金さんは自ら書いた一代記で「最初から期待して
    設けた家庭ではなかったが、苦痛であり死ぬほど大変だった」と振り返っている。

    数年後には戦争が始まった。今度は同族間の戦いだった。金さんは生きるためにパルチザンに食事の準備をし、避難しながら命をつないだ。

    誰も守ってくれない生活だったが、金さんは決して隠れたり逃げたりはしなかった。94年に慰安婦被害者に登録した金さんはその後、「日本軍慰安婦問題解決のための定期水曜デモ」に参加し、
    日本の蛮行を知らせ始めた。国内外の行事に積極的に参加し、被害証言も何度かした。

    慰安婦問題を告発する活動だけでなく、他人を助けることにも熱情的だった。金さんは菜園で栽培した野菜を売って生涯貯めたお金と慰安婦被害者支援金を合わせて、2011年に地域の
    学生に奨学金2000万ウォン(約200万円)を寄付した。2012年には慰安婦歴史館建設基金としてまた2000万ウォンを寄付した。

    このように休むことなく活動してきた金さんだが、今は体の状態がかなり悪化し、身動きが自由でない。金さんの唯一の血縁だった弟は数年前に亡くなった。一緒に慰安婦被害者に登録して
    支え合っていた統営地域の他の女性もみんな故人となった。人恋しくなるしかない。

    金さんは誰かが訪ねてくれば必ず対話をするために「補聴器を付けてほしい」という。それでもコミュニケーションは容易でない。一日中ベッドで横になって過ごす金さんにとって少しでも慰めとなるのは
    枕もとの花だ。金さんはもともと花が好きで自ら栽培し、病院に入院する時も花を持ってきたという。

    金さんの夢は、もう一度女性に生まれれば母親になり、花のように美しい家庭を設けることだ。ただ、その前に必ず成し遂げるべき夢がある。日本政府の謝罪と慰安婦問題の完全な解決だ。
    金さんは毎日、小さな声で「彼らが謝罪さえすれば私は安らかに目を閉じる」という言葉を繰り返している。

    引用元: ・【中央日報】病床で「日本が謝罪さえすれば私は安らかに目を閉じる」 ―慰安婦生存者13人証言[9/11]

    【もう誰もしんじねーって 【中央日報】病床で「日本が謝罪さえすれば私は安らかに目を閉じる」 ―慰安婦生存者13人証言[9/11]】の続きを読む

    このページのトップヘ