まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:許可

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/10(土) 15:31:51.26 ID:CAP_USER
    [アンカー]これまで厳しかった日本の態度が昨日・今日と微妙に変わる様な姿勢を見せています。内外の批判と私たち国民の不買運動などが手に負えないほど大きくなって、日本政府が躊躇している姿なのでしょうか?この様な、後日の暴風を予想できなかったと日本の官吏が吐露し、光復節以後、韓国と協議するという話も流れ出ています。東京からファン・ヒョンテク特派員です。

    [レポート]「予想外に騒動が大きくなった。」日本政府関係者が毎日新聞に漏らした内容です。日本産製品不買など輸出規制措置の荒々しい後日の暴風を「誤認した」ことを認めたということです。

    今日(9日)はまた、異例の外務省高位関係者が韓国特派員だけ招待して懇談会を開きました。この高位関係者は「これまで韓日関係を支えてきた3つの安全装置、すなわち安保と経済、民間交流がどれも揺れている」と憂慮を表わしました。

    強硬発言してきた日本政府の公式発言にも微妙な変化が感知されます。

    [スガ・ヨシヒデ/日本官房長官/去る2日:「韓日関係については韓国側から否定的な動きが続いており、だいぶ厳しい状況です。」]

    日本メディアは韓日協議再開の可能性も提起しています。毎日は、日本政府は光復節まで韓国で反日感情が高まると見て、その後の外交当局間協議を再開するだろうと伝えました。NHKは来る21日頃、韓・中・日外交長官会談が開かれるものと予想しました。

    ただし、このような雰囲気の中でも日本政府は「米国は仲裁の立場に立たず、問題を起こした韓国が解決策を持ってこなければならない」という既存の強弁を曲げずにいます。

    一件ではありますが、規制品目輸出許可を出したように、日本政府の速度調節は世論の前に名分を積むことでもあります。ところが、予想外の国際的批判世論と韓国の汎国民的対応に日本政府が慌てている雰囲気は明確に感知されます。

    東京からKBS ニュース、ファン・ヒョンテクでした。

    ソース:KBSニュース(韓国語)日本輸出規制荒々しい後日の暴風…“誤った判断認定”
    https://news.kbs.co.kr/news/view.do?ncd=4259908

    引用元: ・【韓国】 判断の誤り認めて日本の姿勢が軟化~内外の批判や韓国の不買運動などにあわてて輸出許可[08/09]

    【ここまで馬鹿だと滑稽でしかないな【韓国】 判断の誤り認めて日本の姿勢が軟化~内外の批判や韓国の不買運動などにあわてて輸出許可[08/09] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/08(木) 12:21:14.41 ID:CAP_USER
    日本政府が韓国に対する輸出規制強化品目の中の1つ、フォトレジストに対する輸出を許可した。

    日本政府が先月4日にフッ化水素・フォトレジスト・フッ素ポリイミドなど3品目に対する輸出許可の強化措置後、約1ヶ月ぶりだ。

    8日、李洛淵(66)国務総理は政府ソウル庁舎で開かれた国政懸案点検会議で「日本が輸出規制3品目の中の1つ。極紫外線(EUV)フォトレジストの韓国輸出を初めて許可した」と明らかにした。続いてイ首相は「我々は日本の経済攻撃が原状回復されるように外交的な努力を強化する」と話した。

    産業通商資源部も同じ立場を出した。産業通商資源部側は「日本の経済産業省がフォトレジスト1件に対する韓国輸出を許可したものと聞いている」と話したことで伝えられた。

    日本メディアもこのような内容を盛り込んだ報道をした。日本産経新聞は「経済産業省がフォトレジスト関連の韓国企業向け契約1件を去る7日許可した」と伝えた。日本経済新聞は「輸出を認める方向で最終調整に入って8日関連発表がある予定」と報道した。続いて「手続きに問題が無ければ輸出することもできるという意味かもしれない」とした。

    先立って日本政府は1日前の去る7日、韓国をホワイトリスト(輸出優待国)から除外する内容を盛り込んだ輸出貿易管理令改正案を公布した。これは来る28日から施行される。

    2019-08-08 09:53
    https://www.wikitree.co.kr/main/news_view.php?id=452491

    引用元: ・【輸出許可】「日本が一歩退いた!!」…韓国人たちが大喜びするニュースが伝えられる[08/08]

    【バカでしょ、こいつら 【輸出許可】「日本が一歩退いた!!」…韓国人たちが大喜びするニュースが伝えられる[08/08] 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2019/02/10(日) 09:36:07.07 ID:CAP_USER
    機械翻訳

    聯合ニュース 記事転送2019-02-10 06:04

    昨年、世界LCD TV市場では、中国が韓国を初めて上回ったことが分かっ。

    LCDパネルに続いてLCD TVまで1位の座を中国に渡したうえ、今後の格差が大きくなると予想され、最近10年間守ってきたTV市場の「メイド・イン・コリア」の牙城が崩れるはないかという懸念が出ている。

    ただし今年レッドTVなどプレミアム市場では、私たち企業が「技術秒格差」をもとに宣伝しており、今後も、これに集中すると予想される。

    10日、グローバル市場調査会社IHSマキトの最近の報告によると、昨年1?3四半期の全世界LCD TV出荷台数は、すべて1億5千216万5千台、このうち中国企業が31.9%(4千856万1千台)を占めたことが分かった。

    韓国が4千658万4千台(30.6%)と続いだった▲日本2千218万9千台(14.6%)▲欧州421万4千台(2.8%)▲米国358万2千台(2.4 %)▲台湾の289万6千台(1.9%)などの順だった。

    中国がLCD TV出荷台数で韓国を抜いて世界1位になったのは今回が初めてだ。 過去2017年には韓国のシェアが32.4%で、中国(27.2%)を比較的大きな差でリードしている。

    特に、昨年第3四半期には、中国のシェアが34.7%にまで上昇し、格差はますます拡大している面である。

    IHSマキトは報告書で「LCD TVパネルの市場では、中国が過去2017年から韓国を先にところ、昨年からLCD TV市場でも韓国を追い越し始めた」としながら "ライジング中国(Rising China)」と評価した。

    実際、昨年の世界の大型TFT-LCDパネルの市場では、中国BOEがシェア23%を記録し、LGディスプレー(20%)に前ソトウミョ、台湾イノルックス(17%)とAUO(15%)が、サムスンディスプレイ(8%)を抜いそれぞれ3、4位に上がったことが分かった。

    報告書は、「ディスプレイ業界では、中国の急浮上は、最終的にTVセットの市場にも影響を与える」とし「サムスン電子とLG電子がまだ世界TV市場で1、2位の座を占めているが、中国が主導権を持っていくのは時間の問題」と指摘した。

    しかし、世界中の今年のレッドTV市場では、LG電子が成長を主導し、次世代TV市場の開拓に成功したという評価を受けている。

    LG電子の今年のレッドTV出荷台数は、過去2016年には66万6千400台にとどまったが、2017年117万8千台増の後、昨年には、第3四半期まで104万5??千台に達し記録達成が確実視された。

    世界中オールレッドTV出荷台数も過去2017年159万2千台で、昨年254万台まで増えたのに続き、今年は340万台に達すると推算された。

    これに対抗し、サムスン電子は8K超高画質QLED TVを「代表走者」で掲げグローバルTV市場1位の座を守るという戦略だ。

    業界関係者は「サムスンQLED TVはLCDディスプレイに量子ドット技術を適用したため、IHSマキト統計には、LCD TVに分類される」とし「全体的にLCD市場では、中国のパネルメーカーが生産量を継続増やしTVのシェアも、中国企業が高め行く傾向が続く見通しだ」と説明した。

    https://translate.googleusercontent.com/translate_c?depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.nate.com/view/20190210n02090%3Fmid%3Dn1006&xid=17259,15700002,15700022,15700186,15700190,15700248&usg=ALkJrhgQOYRALitjdOQ_vHSVhshsqpomNA

    引用元: ・【韓国】LCD TV市場で、中国に初の追い越し許可... 韓国、主導権奪われ

    【許可しなければ良かったのに【韓国】LCD TV市場で、中国に初の追い越し許可... 韓国、主導権奪われ 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/03/23(金) 19:06:26.95 ID:CAP_USER
    http://japanese.joins.com/article/900/239900.html

    韓国の最高裁判所が2017年12月22日、日本仏教である日蓮正宗に隷属されて日本僧侶の管理監督を受けてきた韓国布教組織「韓国仏教日蓮正宗求法信徒会」がソウル市を相手取って提起した法人設立許可取消訴訟で彼らの法人設立が妥当だと一部認めて原審の破棄差戻しとなり、大きな論争が巻き起こっている。

    日蓮正宗は日本帝国主義政府が起こした太平洋戦争当時、日本の勝利に向けた戦争賛美と支援の先頭に立ち、神社参拝を奨励したと伝えられている。それでも韓国進出を目標に日蓮正宗の寺院建設と僧侶派遣に向けた法人の設立を持続的に試み、民族報勲団体とメディアの批判の的になっていた。

    社団法人独立有功者遺族会をはじめ、民族団体らは民族精気のき損はもちろん、公益侵害という理由で法人設立許可取り消しを求めてきた。しかし、最高裁判所は宗教の自由があり、国内で反対の世論があっても社会全体に害を与えるものではないと見なして原審を破棄した。これに反発した民族団体は仏教とキリスト教界など各界で許可取り消しを促したにも関わらず、裁判所が安易な歴史意識で憲法の精神と民族精神を守っておらず、彼らの軍配をあげたと批判している。

    こうした中で求法信徒会が1月18日、自身たちが設立した法人の本来の目的は日蓮正宗の総本山に献納するためだと明らかにして論争はより一層激しくなっている。民族報勲団体は求法信徒会に対して韓国仏教に包装して国民として良心を投げ出した姿であり、我々が享受している憲法の権利と自由は祖国独立のために命を捧げた独立先烈によって与えられたものだと主張して強く批判している。また、裁判所にも非難の矛先を向けて裁判所が反民族的、反歴史的な行為に軍配をあげたものと批判した。

    民族団体らは最初からソウル市で法人設立許可をしなかったらこのような消耗的な論争はなかったはずだとし、臨時政府の法の正統を受け継いだ大韓民国の裁判所が今後の破棄控訴審で正しい判決をすることを促した。一方では、日本僧侶の実定法違反行為に対しても捜査当局に早急な捜査を求めている。

    引用元: ・【韓国】韓国民族団体ら「日蓮正宗の法人設立許可の取り消しを」[03/23]

    【【韓国】韓国民族団体ら「日蓮正宗の法人設立許可の取り消しを」[03/23] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/08/26(金) 02:02:39.01 ID:CAP_USER
    no title

    (写真=2018平昌オリンピック公式HP)

    韓国では最近、外国人帰化選手が増えている。

    2018年に平昌オリンピック開催を控えているものの、韓国はいわばウィンタースポーツの不毛地帯だ。
    昔からショートトラックやスピードスケードでは一定の成果を残しているが、それ以外の種目ではフィギュアスケートのキム・ヨナのような一人の突出した選手に依存したり、戦わずしてメダルを諦めてきた。

    ただ、そんな状況のまま平昌オリンピックを迎えれば、開催国の威厳に傷がつく。そこで韓国が考えたのが、2011年から実施している「特別帰化」だ。

    現在、特別帰化制度によって韓国籍を取得した選手は13人。冬季スポーツ選手は10人で、そのうち9人の平昌オリンピック出場が確実視されている。言わば平昌五輪のための帰化政策だ。

    詳細を見てみよう。

    まず、もっとも多い帰化選手を抱える種目は、アイスホッケーだ。男子6人、女子1人が特別帰化を通じて韓国代表になっている。

    カナダ出身のマット・ダルトン(30)やエリック・リーガン(32)、アメリカ出身のマイク・テストウィード(29)と元の国籍もさまざまで、いずれもこれまでは韓国との特別な縁もなく選手生活を送ってきた。
    しかし、彼らが韓国籍を取得し、韓国のアイスホッケークラブ「アニャンハルラ」に加わってから、同クラブはアイスホッケーアジアリーグで2連覇達成という快挙を成し遂げている。

    韓国系と言えるのは、カナダ出身のキャロライン・パク(26)が唯一だ。また、韓国人の母を持つアメリカ出身ランディー・グリフィン(29)が現在特別帰化を申請しているらしい。

    バイアスロンでは男女一人ずつの帰化選手を迎え入れている。2009年平昌世界選手権の金メダリストであるロイア出身のアンナ・プロリーナ(32)と、ロシアのユース代表で活躍していたアレクサンドロ・スタロデュベチ(23)だ。

    このように、特別帰化選手が増える理由は何か。韓国アイスホッケー協会の関係者は言う。

    「1998年長野五輪の時、日本はアイスホッケーで8人の帰化選手を出場させました。我々も平昌で良い成績を出すためには、最低でも6人ぐらいの帰化選手が必要だと考えたのです」

    長野五輪時の日本強化策を見習って韓国も追随したというのが、韓国アイスホッケー協会の関係者の主張だが、バイアスロンの場合は単純な五輪対策でもないらしい。

    韓国バイアスロン連盟関係者も、「もちろん平昌オリンピックの成績も大事ですが、いろいろ考慮した結果」と明かしている。

    というのも、バイアスロンの場合、開催国の自動出場権がない。世界ランキング22位までの国が出場できるが、韓国は現在25位なのだ。

    「オリンピックに出場するためにはまず、ランキングを上げなければならない。
    キム・ヨナの2011年フィギュア世界選手権優勝によって2012年ソチ五輪の女子フィギュアが3つの出場枠を確保したように、我々も帰化選手が出場権を確保してくれると期待しています」(韓国バイアスロン連盟関係者)

    スポーツ関係者によると「平昌オリンピックを韓国冬季スポーツの発展機会にするためには、まずは出場権を確保し、最低限の成績を収めるのが切実な課題」で、韓国にとって帰化選手を増やすことは、避けて通れない道だという。

    また、韓国リュージュ連盟関係者はこう話している。

    「帰化選手は、選手としての活躍だけではなく、将来は指導者としても力量を発揮できます。韓国スポーツの発展に彼らが力になってくれるはずです」

    もっとも、韓国の帰化手続きはそう単純ではない。

    韓国が2011年1月1日から実施している特別帰化は、「科学・経済、文化、体育などの特定分野でとても優秀な能力を保有し、韓国の国益に寄与すると認められる者」に限って与えられる“特権”だ。

    http://s-korea.jp/archives/7669/

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【韓国】平昌五輪のために外国人の特別帰化を続々と許可せざるを得ない韓国の実情[8/26]©2ch.net

    【【韓国】平昌五輪のために外国人の特別帰化を続々と許可せざるを得ない韓国の実情[8/26]©2ch.net 】の続きを読む

    このページのトップヘ