まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:記者

    1: 蚯蚓φ ★ 2019/01/15(火) 15:14:02.56 ID:CAP_USER
    no title


     昨年、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が会見を行った際、ある記者が腰に手を当てて立ち質問したところ、文大統領の支持者らから激しい非難を受けた。「大統領の前でなんという態度だ」「礼儀がなっていない」といった書き込みがネットにあふれた。しかし非難を受けた記者は普段から「親文」として知られていた。その会見では、文大統領の支持者によるネットでの書き込み問題について文大統領に直接質問した別の記者も激しい非難や攻撃を受けた。

     一昨日行われた文大統領の年頭会見で、あるラジオ放送局の記者が突然指名された。慌てたのか自らの所属と氏名を最初に明かすことを忘れた。「経済が低迷し、国民は苦しんでいる。希望を捨てたわけではないが、未来に対する不安が非常に高まっている」と前置きし「大統領は現状を厳しく見ていると強調したが、今の政策の流れを変えず変化をもたらさない理由について知りたい」「その自信はどこから来るのか、その根拠は何か単刀直入に聞きたい」と質問した。すると文大統領の顔色が変わった。

     米国ではこの程度の質問なら攻撃的とは見なされない。かつてクリントン大統領はある記者から「ルインスキー氏のドレスについていた液体はあなたのものか」との質問を受けた。海外の首脳と会談を行った直後にさえセックススキャンダルに関する質問が相次いだ。大統領と記者の間で、見ている者が不安を感じるほど激しいやりとりが行われたこともある。

     文大統領は上記の記者の質問に「すでに30分にわたり説明した。新しい答えが必要とは思えない」として事実上、回答を拒否した。この光景を見た文大統領の支持者らは予想通りこの女性記者に対する非難を始めた。例えば「無礼でぞんざいな言い方だ」から始まり「歴史に残るごみ記者」「もっと勉強してこい」といった個人攻撃も相次いだ。政治家も非難に加わった。この記者はネットで個人情報まで公表された。影響で記者はSNS(会員制交流サイト)のIDを削除した。

     記者は質問が仕事だ。読者や視聴者が聞きたい内容を質問する義務がある。読者や視聴者は国民なので、大統領はこれに回答する義務がある。この記者の質問は非常に適切なものだった。この会見について伝える記事の見出しはどの新聞にも「経済(政策)の基調は変えない」と書かれてあったが、だとすれば大統領にその理由と根拠を尋ねるのは当然のことだ。韓国では大統領の熱烈な支持者が大統領を王のように支え守っている。「記者のくせに王に何を言うか」と言った具合だ。このような人間たちほど自分たちの都合の良いときに「民主主義」「言論の自由」などとうるさく叫ぶ。

    イム・ミンヒョク論説委員

    ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版<【萬物相】王に無礼を働いた罪>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/01/15/2019011580089.html

    引用元: ・【萬物相】 王に無礼を働いた罪~大統領に質問した記者に激しい非難や攻撃[01/15]

    【こいつら根っ子は北と一緒【萬物相】 王に無礼を働いた罪~大統領に質問した記者に激しい非難や攻撃[01/15] 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/12/03(月) 10:47:42.82 ID:CAP_USER
    [聯合ニュース]
    2018-12-03 05:01

    no title


    「国内問題は、質問受けない」

    文大統領はこの日、アルゼンチンG20(主要20カ国)首脳会議を終えた後、大統領専用機が
    正常高度に進入するとすぐ懇談会を開始した。彼は「マスコミが(G20などの)多国間会議について関心が少ない。
    もっと関心を持ってほしい」と所感を先に明らかにした。その後、「事前に約束をどのようにしたのかは分からないが、
    国内問題は質問受けない。外交に関しては何の問題でも回答する」と質問対象を制限した。

    大統領府は同日、機内懇談会が開かれるという事実をブエノスアイレス出発の直前に発表した。
    機内という場所の特性を考慮して「質問数」を5つまでに制限したが、あることは質問しては
    いけないという制限はなかった。

    ある記者が「ムン・ジェイン政府が3年目を迎え、経済分野でも成果を出さなければならない
    という声が大きい」と経済懸案などについて問おうすると、文大統領は
    「それ以上話さなくていいです」とし「外交問題の来年度の目標であれば、
    早期に第2次北米首脳会談が行われて、その協議を通じて北朝鮮の非核化で
    画期的な進展が行われること、それによって南北関係が一緒に足を合わせて発展していくことが、
    外交での最も重要な課題」と述べた。

    そして次の記者が「国内で懸念が大きい事案が広がっており、質問をしないことはできない。
    短くても質問したい」とすると文大統領は「短くても質問を受けないし答えもない」と言葉を切った。

    それでも懸案質問はまた出てきた。他の記者が「出国前にSNSに正義の国を作ると書いたことについて説明してほしい」と
    要請したが、文大統領は「外交に(質問を)戻ってほしい」と答えた。「回答は困難である」と改めて言うと、
    「南北間の平和をなし、完全な非核化にするのも正義の国に含まれる」と述べた。以下略

    https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=025&aid=0002867890&date=20181203&type=1&rankingSeq=4&rankingSectionId=100

    引用元: ・【韓国】文大統領「外交問題は何でも回答するが国内問題は答えない」 記者「経済について…」 文「それ以上話さなくていい」

    【落第生によくあるやつだよ【韓国】文大統領「外交問題は何でも回答するが国内問題は答えない」 記者「経済について…」 文「それ以上話さなくていい」 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/05/30(水) 00:49:59.00 ID:CAP_USER
    no title

    ▲共に民主党チュ・ミエ代表が29日、ソウルプレスセンターで開かれた外信記者懇談会で挨拶している。

    共に民主党チュ・ミエ代表が日本記者の少女像移転要請の質問に「少女像は凶物でない」と批判した。

    29日、チュ代表はソウルプレスセンターで外信記者懇談会を開いた。この日、チュ代表は「大韓民国は法治主義国家だ。国際法により日本大使館前の少女像を片付けてくれるのか?」という日本の産経新聞記者の質問に「少女像は全世界の国を失った少女たちを性奴隷にした日本を平和的な方法で告発するもの」と答えた。

    引き続きチュ代表は「国際法を守るか、守らないかではなく、日本軍慰安婦被害者問題は韓日間で解かなければならない歴史」として「日本が過去に犯した過去の歴史について心より懺悔して反省し、被害者に謝るならば、これほどまで両国間の問題に発展させなくても良かった」と指摘した。

    チュ代表は「日本軍慰安婦被害者ハルモニたちは何人も残っていませんでした」として「この様な質問を受けること自体、慰安婦ハルモニたちに申し訳ない」と伝えた。

    一方、この日、チュ代表は北朝鮮と米国の会談の成功的開催のためには「「完全で検証可能で不可逆的非核化(CVID)」と「完全で検証可能で復帰不可能な体制安全保障「(CVIG)が対等交換されることであり、重要なのは拘束力」とし、「二首脳が会って相互信頼の中に確約を受けたことが残った」と強調した。

    また「最初から完全な非核化または、体制保障交換覚書がなされれば良いが、そうではないこともある」とし、「しかし、米国もある程度、成果を出すことができる談判的なものは含まれることを期待している」と指摘した。

    ドナルド・トランプ大統領の書簡で北朝鮮と米国の会談が霧散危機にひんした状況については「私たちも眠れなかったし、ムン・ジェイン大統領も同じだったと思う」とし、「このように早く復元されたことはムン大統領の真心が主な原因」と話した。同時に国会板門店(パンムンジョム)宣言支持決議案処理不発には「米国も上院承認を受け入れているのに、大韓民国の国会が非常に失望を及ぼして申し訳ない」と頭を下げた。

    チュ代表は基調演説では「北米首脳会談は成功させなければならないと促したい」として「終戦宣言と平和協定締結で韓半島に持続可能な平和を完成していく」と念を押した。

    イ・ジヨン記者

    ソース:中央日報(韓国語) 「少女像片づけてくれるか」日本記者質問にチュ・ミエ「少女像は凶物ではない」
    http://news.joins.com/article/22666958

    引用元: ・【慰安婦問題】 日本記者「国際法違反の少女像を片づけてくれるか」→韓国与党チュ・ミエ代表「少女像は凶物ではない」[05/29]

    【【慰安婦問題】 日本記者「国際法違反の少女像を片づけてくれるか」→韓国与党チュ・ミエ代表「少女像は凶物ではない」[05/29] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/05/15(火) 14:48:56.67 ID:CAP_USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00000001-cnippou-kr
    中央日報日本語版

    日本社会に慰安婦問題を最初に提起した植村隆・元朝日新聞記者(60)がキム・ヨングン民族教育賞を受賞する。

    14日、碩隠キム・ヨングン先生記念事業会は、第24回キム・ヨングン民族教育賞受賞者に植村氏を選定したと14日、明らかにした。碩隠キム・ヨングン先生は、日帝強占期に投獄された人物で、その生涯を世界史教育に捧げた。

    植村氏は朝日新聞社会部記者として活動していた1991年、日本で初めて旧日本軍従軍慰安婦の存在を記事化した。その後、日本右翼の標的になった植村氏は、暴力や脅迫、家族の安全が脅かされながらも所信を曲げず、著書『真実 私は「捏造記者」ではない』を通じて真実を知らせた。

    記念事業会は「朝日新聞記者として活動しながら、太平洋戦争当時の日本軍従軍慰安婦問題を提起した植村隆先生の活動は、時間を超えて碩隠先生の人生と流れと共にある」として受賞者に選んだ理由を明らかにした。

    引用元: ・【韓国】日本で慰安婦問題を最初に報道した記者、韓国で民族教育賞受賞[05/15]

    【【韓国】日本で慰安婦問題を最初に報道した記者、韓国で民族教育賞受賞[05/15] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2017/12/18(月) 13:19:19.12 ID:CAP_USER
     文在寅(ムン・ジェイン)大統領の訪中日程を取材しようとした韓国人写真記者が中国側の警備員に暴行を受けた事件に関連し、大韓貿易投資振興公社(KOTRA)は17日、事件当日の安全サービス契約業者を調査した結果、現場の警護は中国公安当局の指揮下で行われたことが判明したと公表した。

     KOTRAの金宰弘(キム・ジェホン)社長は「警備業者に真相究明のための資料などを求めており、捜査結果によって、適切な対応を取っていく」と説明した。

     これは全責任が韓国側にあると主張する中国に対する反発だ。中国紙・環球時報は16日付社説で、「本質的にこれは韓国人同士のけんかだ」とし、「(韓国人記者を暴行した)警備員は彼らを雇ったKOTRAに対し最善を尽くしたものであり、韓国から来た、規則や秩序を守らない記者に警告、指導を加えるのを助けたものだ」と指摘した。同紙は15日にも「韓国のネットユーザーは今回の事件を称賛している」と書き、韓国国内での対立をかき立てるトーンで報じた。

     一方、韓国大統領府(青瓦台)のウェブサイトの「国民請願及び提案」のコーナーには14日、「青瓦台記者団、海外随行記者団制度の廃止を請願する」との書き込みがあり、17日までに約4万人が賛成した。請願者は「韓中外交が重要な現時点で、記者が現地の規制を無視して事故を起こし、それをさらに歪曲(わいきょく)し、世を惑わせる記者を量産することで、外交を台無しにし、国益に反する利敵行為をした」と批判した。しかし、この請願文の内容とは異なり、記者団は当時、会場に出入りできる取材カードを所持しており、規定にも違反していなかった。それにもかかわらず、集団暴行を受けた。

    金真明(キム・ジンミョン)記者

    ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版<記者暴行:中国メディア「韓国人同士のけんか」>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/12/18/2017121800931.html

    引用元: ・【文大統領訪中】 中国メディア「記者暴行は韓国人同士のけんか。規則や秩序を守らない記者に警告、指導したもの」[12/17]

    【【簡単に言うとしつけ】 中国メディア「記者暴行は韓国人同士のけんか。規則や秩序を守らない記者に警告、指導したもの」】の続きを読む

    このページのトップヘ