まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:訂正

    1: たんぽぽ ★ 2018/05/09(水) 21:12:56.97 ID:CAP_USER
    (台北 9日 中央社)韓国のアシアナ航空が中国大陸の圧力を受け、ウェブサイト上の「台湾」の分類先を、「東南アジア」から「中国大陸/香港/マカオ/台湾」に変更していたことが分かった。一部の台湾メディアが8日、7日付けの朝鮮日報の記事に基づいて伝えた。外交部(外務省)は同日、すでに駐韓国代表処を通じて同社に訂正を求めたと説明し、「全力で交渉し、国家の尊厳と利益を守る」とする同部の姿勢を強調した。

    同部の李憲章報道官は、中国大陸は国際社会における台湾の活動空間を奪おうとしていると反発。国際社会や関連企業に対し、政治力を乱用して各国企業に圧力をかける中国大陸の野蛮な行為を阻止し、民主主義や自由を守る台湾に力を貸してほしいと呼び掛けた。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://japan.cna.com.tw/news/apol/201805090007.aspx

    引用元: ・【国際】航空会社の「台湾」表記問題、韓国でも 外交部が訂正を要求[05/09]

    【【国際】航空会社の「台湾」表記問題、韓国でも 外交部が訂正を要求[05/09] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/29(火) 11:42:14.30 ID:CAP_USER
    2017年8月28日、韓国・SBSは、北朝鮮が26日未明に打ち上げた飛翔体の分析をめぐり、韓国政府の判断が「右往左往している」と伝えた。

    韓国大統領府は26日午前、飛翔体を北朝鮮の新型300ミリ放射砲(多連装ロケット)と推定したが、韓国軍当局は28日、「短距離弾道ミサイルである可能性が高い」と発表し、大統領府が当初行った分析を覆した。

    一方、米軍は、飛翔体の打ち上げ成否に関し判断が一時混乱したが、その飛行速度が放射砲弾よりもはるかに高速であり、短距離弾道ミサイルの速度に相当する音速の5倍のマッハ5であったことから、当初より弾道ミサイルとの見方を示していた。

    今回の事態について、SBSなど韓国メディアは「軍は今日になってようやく発射体の速度を考慮した」などと政府や軍の対応を批判的に報じているが、大統領府は「分析の初期段階で混乱はあり得る」とし、「放射砲であれ弾道ミサイルであれ、北朝鮮の今回の挑発は低強度であり、政府の対応への影響には差がない」と明らかにしたという。

    この報道に韓国のネットユーザーからは4500を超えるコメントが寄せられており、この問題への関心の高さがうかがえる。

    コメント欄には、「国を守るためにあるのが国防部なのに、政府と国防部が完全に別々に動いている」「大統領府の当初の発表は国防部の情報に基づいているはずだ。国防部の分析が右往左往している」「軍は何をしている?。放射砲とミサイルの区別もできないのか」など、政府と軍に向けた厳しい意見が並んだ。

    また、「これが軍事衛星を持たない韓国の現実」と、韓国の情報収集能力の不足を指摘する声や、「放射砲と信じたかったんだよね」とのコメントもあった。(翻訳・編集/三田)

    http://www.recordchina.co.jp/b188897-s0-c10.html

    引用元: ・【韓国】北の飛翔体分析を2日たって訂正した韓国「いずれにしても対応は同じ」と釈明=ネット「放射砲とミサイルの区別もできないの?」 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【こりゃ戦争できんわ】「韓国政府の判断が右往左往している」北の飛翔体分析を2日たって訂正】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/07/10(日) 06:42:47.47 ID:CAP_USER
    no title


     5年前に夫がドイツに転勤となったため、今年の初めまでドイツとポーランドで生活した。現地ではもちろんドイツ語を勉強したが、その時に使ったのが『Deutsch Perfekt』というドイツ語学習用の雑誌だ。
    これはドイツ国内はもちろんヨーロッパ各国で発行されており、ドイツに移民してきた外国人や移民希望者が増加している影響で購読者数も増えている。ドイツ語のスクールでも購読を勧められた。

     この雑誌の2013年4月号に韓国に関する記事が掲載されたと聞いて読んでみたところ、大きなショックを受けた。ある記者がソウルとドイツのシュツットガルトで生活した経験に基づき、二つの都市を比較した短い記事だったが、その内容が問題だった。
    ソウルでは道端で唾やたんを吐いてもよいが、ドイツではそれが許されないと書かれていた。もちろん韓国人も他人がたんを吐くのを見ると気分を害するが、それでも韓国では「ganz normal」つまり「ごく普通に行われている」とも書かれていた。

     この記事を読み進めると悔しくてじっとしていられなくなった。
    ドイツからソウル市のタサンコールセンター(電話番号120、ソウル市運営の電話案内・相談センター)に電話をかけ、韓国で唾やたんを吐く行為が軽犯罪になることを確認し、またソウルの警察に関連する法律や施行令、さらに罰金の額まで詳しく問い合わせた。
    その上でこれらの情報を根拠にこの雑誌社宛てに、たどたどしいドイツ語で強い反論の文書を送った。おそらく数十万人、あるいは数百万人の読者が問題の記事を読んだと思われるため、訂正を求めないわけにはいかなかったからだ。文書の内容はこうだ。
    1984年以降、韓国でも道端で唾やたんを吐けば罰金が課せられるため、韓国でもこのような行為は違法であること。
    そして記事に書かれた「ganz normal」つまり「全く大丈夫」という言葉についても、これは一部の人間にとってはそうかもしれないが、実際は大丈夫ではないこと。最後に雑誌やオンラインのサイトを通じて訂正の記事を掲載することを求めた。
    この要求は3カ月にわたるやりとりの末に、ネットに訂正文を掲載することで決着した。

     ところが5年ぶりに戻った韓国では、以前にも増して多くの人が道端で唾やたんを吐いているのを目の当たりにした。
    道を歩く私をわざと怒らせるかのように、力いっぱいたんを吐き捨てる人たちを見ると、あの時ドイツの雑誌社と激しくやり合った自分自身とあの文章がおかしく思えてきた。

     道端に唾を吐く人間が全くいない国などない。しかしこの行為がごく普通に行われるのか、あるいはそうでないのかはわれわれが決めることだ。
    基本的な礼儀や常識の範囲のことを、法律で規制することもどうかと思うし、また法律はあっても取り締まりが行われないため、平気で唾やたんを吐く人間はもっと見苦しい。
    韓国も以前に比べて教育水準や経済レベルは高くなったが、この問題についてはどう考えるべきか今もよく分からない。

    イ・ヒョンドさん(ソウル市瑞草区)

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/07/08/2016070802058.html

    引用元: ・【朝鮮日報】読者の意見:道端にたんを吐く韓国人[7/10]©2ch.net

    【粘着韓国人「3ヶ月かけて外国の雑誌社の記事を訂正をさせたが、実態は記事の通りだった」】の続きを読む

    このページのトップヘ