まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:解決済み

    1: まぜるな!キケン!! 2022/09/17(土) 13:52:49.85 ID:CAP_USER
    日本と北朝鮮が史上初めての首脳会談を行い「日朝ピョンヤン宣言」に署名してから17日で20年となるのを前に、北朝鮮外務省のソン・イルホ日朝国交正常化担当大使は談話を発表し「拉致問題はすべて解決された」とする従来の立場を強調したうえで、今後の日朝関係について「どのような方向に進むかは日本政府の態度次第だ」として日本側をけん制しました。
    2002年9月、当時の小泉総理大臣が北朝鮮を訪問して史上初めて行われた日朝首脳会談で、キム・ジョンイル(金正日)総書記が日本人の拉致事件を認めて謝罪し、両首脳は国交正常化を早期に実現させるため努力するなどとした「日朝ピョンヤン宣言」に署名しました。

    それから17日で20年となるのを前に、北朝鮮外務省のソン・イルホ日朝国交正常化担当大使は、国営の朝鮮中央通信を通じて15日付けで、およそ2年10か月ぶりに談話を発表しました。

    この中でソン大使は「日本政府はすべて解決された拉致問題を復活させ、国内外でわが国に反対する雰囲気を高めるのに手段と方法を惜しまない」として、拉致問題は「解決済み」だとする従来の立場を強調しました。

    そのうえで、日本政府が、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対して独自の制裁を行っていることをあげて「宣言を白紙の状態にして両国関係を最悪の対決局面に追い込んだ」と非難するとともに、今後の日朝関係について「どのような方向に進むかは日本政府の態度次第だ」として日本側をけん制しました。
    松野官房長官「一日も早い帰国を実現するため全力で行動」
    松野官房長官は、閣議のあとの記者会見で「わが国は、従来、一貫して『日朝ピョンヤン宣言』に基づき拉致・核・ミサイル問題といった諸懸案を包括的に解決し、不幸な過去を清算して国交正常化を目指すとの考えで、その方針に何ら変わりはない」と述べました。

    そのうえで「2002年に5人の拉致被害者が帰国して以来、1人の被害者の帰国も実現せず、いまだに多くが北朝鮮に取り残されていることは痛恨の極みだ。岸田総理大臣自身、条件をつけずにキム・ジョンウン(金正恩)総書記と直接向き合う決意を述べており、すべての被害者の一日も早い帰国を実現するため、あらゆるチャンスを逃すことなく全力で行動していく」と述べました。
    林外相「方針に何ら変わりはない」
    林外務大臣は、記者会見で「わが国は従来、一貫して日朝ピョンヤン宣言に基づいて 拉致、核、ミサイルといった諸懸案を包括的に解決し、不幸な過去を清算して国交正常化を目指すという考えで、その方針に何ら変わりはない」と述べました。
    立民 泉代表「政府の取り組みがほとんど見えてこない」
    立憲民主党の泉代表は、記者会見で「拉致問題に関する政府の取り組みがほとんど見えてこない。『条件をつけずに北朝鮮のトップと向き合う決意がある』と言うだけで、この数年間、全く動いていない。北朝鮮の核・ミサイルについても『一歩でも動いている』と見せなければ、国民は納得しない」と述べました。

    NHK NEWS WEB 2022年09月16日12時49分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220916/k10013820311000.html

    引用元: ・【拉致問題】平壌宣言「日本が白紙に」 拉致問題、解決済み強調―20年控え北朝鮮 [Ikh★]

    【謝罪と賠償しろ【拉致問題】平壌宣言「日本が白紙に」 拉致問題、解決済み強調―20年控え北朝鮮 [Ikh★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/09/12(土) 22:03:25.76 ID:CAP_USER
    no title

    ▲スガ・ヨシヒデ日本官房長官/写真=[東京=AP/ニューシス].

    日本の次期総理として有力なスガ・ヨシヒデ(菅義偉)官房長官の韓日関係関連発言が今一度注目されている。日本メディアは「安倍の腹心」と評価されるスガ長官が安倍政権を継承するだろうと予想した。実際、安倍晋三総理とスガ長官の韓国関連妄言は「そっくり」の場合が多い。

    最も広く知られた発言はアン・ジュングン(安重根)義士に関する言及だ。スガ長官は2014年、中国にアン・ジュングン記念館が開館した後、「アン・ジュングンは我が国の初代総理を殺害し死刑判決を受けたテロリスト」と言った。安倍総理も似た話をした。スガ長官の妄言が韓国と中国で物議をかもした後、安倍総理はこのような発言が日本政府の公式見解かという質問を受けて「アン・ジュングンは伊藤博文を殺害して死刑判決を受けた人と見ている」と答えた。

    日帝強制占領期間の強制徴用と慰安婦被害者問題に対しても妄言を日常的に行った。スガ長官は二つの問題と関連、1965年の韓日請求権協定に言及して「請求権問題はすでに完全かつ最終的に解決された」と発言した。先に徴用問題に対しては韓国大法院が2018年徴用被害者賠償判決を下したことに「韓日請求権協定違反であり国際法違反」としながら「韓国側が主導的に解決策を出さなければならない」と話した。

    先月、大法院が被告企業に日本製鉄(旧新日鐵住金)に国内資産差し押さえ命令を下したことに対しては韓国産製品の関税引き上げ、韓国企業に対する貸し出しと送金中断などあらゆる種類の報復措置を検討すると脅した。

    慰安婦問題にも反省の姿を見せなかった。河野洋平元官房長官が1993年慰安婦強制動員を謝る「河野談話」を発表したことに対し「強制連行を立証する資料がないのに(これを認めたことが)大きな問題であった」と発言したことがある。これは安倍総理が日本軍慰安婦が軍や官による強制連行の証拠がなく、慰安婦動員は民間主導の下に自発的な参加でなされた、と主張したことと軌を一つにする。

    安倍総理は2016年、参議院予算委員会に出席して「政府が発見した資料に軍や官憲による強制連行を直接現わす記述は見つからなかった」として「立場に何の変化もない」と発言したことがある。また「日本軍慰安婦が戦争犯罪に該当することを認めたのではない」として慰安婦問題は1965年韓日協定ですでに法的に解決された事案だと主張した。

    安倍総理とスガ長官は双子のように独島(ドクト、日本名:竹島)を日本領土だと主張した。安倍総理が執権後、日本は外交清書で毎年「竹島(独島の日本語名称)は歴史的事実に照らしても、国際法上でも日本固有の領土」と主張してきた。東海表記に対しても日本海が唯一の呼称だと主張した。スガ長官は韓国の独島防御訓練に抗議して「歴史的事実に照らしてみても、国際法上でも竹島は日本固有の領土だ。非常に遺憾だ」と独島領有権を主張した。

    ただし、一部ではスガ長官が安倍総理よりは柔軟な歴史観を持っているという評価もある。スガ長官は2014年、サンデー毎日とのインタビューで「率直に言って私にはそれほどの国家観というものはなかった」と話した。スガ長官がこれまで個人的政治信念を表わすよりは韓日関係がふさがった状況で日本政府のスポークスマンの役割を忠実に履行してきたという分析だ。

    実際、スガ長官は安倍総理の靖国神社参拝を止めてきた。2012年12月、官房長官職をひきうけて以後、スガ長官は靖国神社を参拝したことがない。

    ソース:マネートゥデイ(韓国語)"犯罪者アン・ジュングン" "独島(ドクト)は日本の土"…'妄言製造機'スガの話す言葉
    https://news.mt.co.kr/mtview.php?no=2020091118315038730

    引用元: ・【韓国】 「安重根は犯罪者」「独島は日本領土」「徴用工も慰安婦も解決済み」…「妄言製造機」スガの妄言集[09/12] [蚯蚓φ★]

    【正論製造機やないか 【韓国】 「安重根は犯罪者」「独島は日本領土」「徴用工も慰安婦も解決済み」…「妄言製造機」スガの妄言集[09/12] [蚯蚓φ★]】の続きを読む

    このページのトップヘ