まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:観光

    1: 荒波φ ★ 2017/12/04(月) 09:29:58.75 ID:CAP_USER
    韓服を着た女性がオッコルムをつかんでいるソウル市の広告試案。扇情的だという指摘が提起された。
    no title


    韓服を着た女性がオッコルム(上着についている紐)をつかんでいる。韓服には光化門(クァンファムン)広場・景福宮(キョンボックン)・東大門(トンデムン)デザインプラザ(DDP)など、ソウルの主要観光地の光景が「オーバーラップ」される。その下にはこのような文面が記されている。「Unforgettable Experience in Seoul(ソウルでの忘れられない経験)」。

    ソウル市が広報のために米ニューヨークの全域に掲示しようとしていた広告試案だ。今月18日から来月14日までタイムズスクエア、ソーホーなどのデジタルスクリーン約1000個、バス停約150カ所に掲示する計画だった。

    ソウル市関係者は1日、これを公開し「ソウルの魅力を表現したこの広告がニューヨーク全域に掲示されて6000万ニューヨーク市民と観光客をひきつけるだろう」と話した。「最近、外国観光客に韓服体験が大人気を得ており、東洋の神秘を伝えるためにこのようなデザインを選んだ」と説明した。

    だが、広告試案の公開後「女性を性商品化した」という批判が提起された。オンラインを中心に「妓生(キーセン)観光のイメージを連想させる」などの指摘が出た。女性の性に注目したイメージに「ソウルでの忘れられない経験」との文面が合わさって不思議な想像を呼び起こすという主張だ。

    それを受け、ソウル市は3日、この広告を使わないことにした。ソウル市関係者は「誤解の余地がある広告試案は廃棄し、光化門広場とDDPなどをモチーフにした他の広告をかける計画だ」と明らかにした。

    この「ソウル広報物」はソウル市内部の審議を経なかったことが分かった。ソウル市関係者は「時間に追われて製作したところ、代理店にまともなガイドラインを提示することができず、審議をすることができなかった」と話した。ソウル市は市の広報物は外部専門家などで構成された「広報物の性別影響分析評価諮問委員会」の審議に付している。性差別的要素などを取り除くための装置だ。

    匿名を求めた女性政策専門家は「女性のイメージを伝統的な女性像に限定して目立たせたシルエットと文面が一つになって誤解を招きかねない」とし「海外に披露するソウルのイメージをこのような形で表現したのは問題がある」と指摘した。

    女性会社員キム・ミンジさんは「女性がすぐにでもオッコルムを解きそうな感じだ。東洋女性に対する歪曲された性意識を与えかねない広告のようだ。見る瞬間、不愉快だった」と話した。男性会社員キムさんは「イメージそのものよりは広告の文面が問題だと思う」と話した。

    これに対し、扇情的という指摘は行き過ぎたという反論も出ている。ある広告企画者は「伝統と現代の調和を追求した広告だと見られる。広告を敏感な基準で見るとクリエイティブで多様な広告をつくることが難しくなる」と指摘した。会社員キム・ヒョウンさんは「韓服の美しさを表現したと思う。性的な想像がつかない」と話した。

    今回のニューヨーク内「ソウル広告」はニューヨーク市と「都市共同マーケティング」の一環として行われたとのことがソウル市の説明だ。ソウル市がニューヨーク市に広告料を支払わない代わりに、ニューヨーク市もソウルに「ニューヨーク広告」を掲示することにした。


    2017年12月04日09時15分 [中央日報]
    http://japanese.joins.com/article/096/236096.html?servcode=400&sectcode=410

    引用元: ・【韓国】NYに掲示しようとした「韓服女性」広報物…ソウル市、性商品化の批判浴びて断念 「キーセン観光を連想させる」[12/04]

    【【慰安婦像の実写版】「キーセン観光を連想させる」韓服を着た女性の広告に性商品化だと批判】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/09/16(土) 20:37:35.96 ID:CAP_USER
    「安保は米国、経済は中国」――都合の良い話だが、韓国では特に2000年以降、こんな言い方が頻繁にあった。それほど中国に対する経済依存度が急上昇していた。

    だが状況は最近、急変してきた。「地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD=サード)の配備に対する中国の報復措置のせいだ」という見方が多かったが、実は、それだけが理由とも言えない深刻な事情もある。

    「自動車、スマートフォン、流通業者など、中国市場で韓国企業の苦戦ぶりは、予想以上だった。サード配備への報復だという声をあちこちで聞いたが、果たしてそれだけが理由なのか?」

    最近、中国で韓国企業関係者と会って来たばかりのある大学教授は、危機感を強めている。

    「悪いニュース」が続く・・・

    なにしろ、中国とのビジネスがらみで、悪いニュースばかりが目立つのだ。

    現代自動車の2017年1~6月の中国での販売台数は35万1292台で前年同期比40.7%減だった。グループ企業である起亜自動車は、14万9672台で同54.2%減だった。1年間で販売が半減してしまったのだ。

    2016年の世界全体の販売台数のうち中国市場が占める比率は、現代自動車が23%、起亜自動車が22%で、きわめて販売依存度が高い重点市場だ。販売不振は、中国工場に供給する部品を製造するグループ部品メーカーも直撃している。中国での販売不振は、現代自動車グループにとって大きな打撃だ。

    さらに追い討ちをかける出来事があった。中国での販売不振で中国合弁工場の操業率が低下し、業績が悪化した。部品供給先への代金支払いが滞ったため外国系の一部部品メーカーが部品供給を拒否し、工場の操業が止まる「事件」が起きた。

    さらに、中国共産党系の「環球時報」の英語版が、「現代自動車との合弁解消を検討している」との合弁相手(北京汽車集団)幹部の発言を報じた。

    同紙は、現代自動車が、グループの部品メーカーから高い部品を購入していることが業績不振の一因だとも報じた。現代自動車は、中国に進出しているグループ部品メーカーの業績も悪化しており、高額で部品を発注している事実はないと説明するが、こうした報道が出たこと自体に戸惑いを隠さない。

    サムスンのスマホは9位に転落

    自動車だけでない。「毎日経済新聞」は、「3年ほど前までは中国市場で1~2位を占めていたサムスン電子のスマートフォンが、中国企業に追い抜かれて最近は9位に低下、シェアも3%に墜落した」と報じた。

    中国に進出した流通企業の苦戦も深刻だ。

    韓国メディアによると、新世界グループが運営する「Eマート」は、中国からの撤退を決めた。1997年に上海に出店して以来、26店舗まで拡大させたが業績不振で6店舗にまで縮小していた。このうち5店舗をタイのCPグループ、残りの1店を他企業に売却する交渉を進めている。

    ロッテも事情は同じだ。「朝鮮日報」によると、「ロッテスーパー」を99店舗運営するが、9月3日現在87店舗が休業中だ。中国当局が、消防、衛生、環境規定に抵触しているとして営業停止処分を下したためだ。ロッテスーパーは巨額の赤字に陥っており、大半を売却する方針だという。

    韓国への団体旅行や「韓流イベント」も目に見えて減っている。

    ソウルの中心部の明洞(ミョンドン)。1年ほど前までは、メーンストリートは夕方になるとまっすぐ歩けないほどの混雑ぶりだった。中国人の団体観光客を乗せたバスが次々とやって来て、周辺は中国語だらけだった。ところが、本当にぴたりと止まってしまった。

    中国人観光客はほぼ半減

    韓国観光公社によると、2017年1~7月に韓国を訪問した中国人数は、253万4178人で、前年同期比46.5%減となった。ほぼ半減したのだ。過去数年間、明洞で聞こえてこなかった日本人観光客による「日本語」が最近はあちこちから聞こえてくる。中国語ばかりだった化粧品やみやげ物店の「客引き」も日本語が復活しつつある。

    韓国メディアは、「中国の旅行会社に対して、韓国向けの団体旅行自粛指示が出た」と報じる。「中国ビジネス」で一気に苦境に立たされている韓国企業が続出しているのだ。

    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51064

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【経済】「サード」だけが理由でもない韓国企業の「中国不振」 観光、流通、自動車が抱えるそれぞれの深刻な事情[9/16] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【いつまで続くのか】「サード」だけが理由でもない韓国企業の「中国不振」 観光、流通、自動車が抱えるそれぞれの深刻な事情】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/24(木) 10:25:50.68 ID:CAP_USER
    今年の韓国の観光収支が過去最大規模の赤字になる見込みだ。

    韓国観光公社の「複合危機克服のための国内外支社テレビ会議資料」によると、今年の訪韓外来観光客数は前年(1724万人)比468万人(27%)減の1256万人と予想された。

    一方、今年1-7月の韓国人の出国者数は前年に比べ230万人(18%)増え、10月の長期連休などを考慮すると年間で前年比423万人増の2661万人に達すると予想される。

    これを受け、今年の観光収支の赤字幅は過去最大の150億ドルになると推定されると、観光公社は伝えた。これまでの過去最大の観光収支赤字は2007年の108億ドル。

    韓国観光公社の関係者は「韓国人の出国者が外国人の入国者の倍を超える状況が2007年以来10年ぶりに再現されることが確実視される」とし

    「同じ2倍でも2007年当時は出・入国者の差が690万人ほどだったのに対し、今年はその差が約1400万人と倍以上であり、非常に深刻な水準」と診断した。

    http://japanese.joins.com/article/641/232641.html

    引用元: ・【韓国】今年の観光収支、過去最大150億ドル赤字の見込み…非常に深刻[8/24] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【世界中にバレたからね】「非常に深刻な水準」今年の韓国の観光収支、過去最大150億ドル赤字の見込み】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/10/19(水) 21:20:45.88 ID:CAP_USER
    no title

    セミナーには旅行業界関係者約20名が参加した

     韓国南西部に位置する木浦市は10月18日、東京で旅行業界向けセミナーを開催した。市として日本で同種のイベントを実施するのはこれが初めて。木浦市長の朴洪律氏は、日本との関わりを物語る遺産が多く残る点や、海と山の景色を楽しめる海上ロープウェイを建設中であることなどを自ら説明。「木浦は趣きとロマンのある都市」であると語り、集まった旅行業界関係者に送客を呼びかけた。

     木浦市雇用経済課課長の金相晧氏によると今回のセミナー開催は、高速鉄道「KTX」などによって近年アクセスが改善されてきたことを受けたもの。朝鮮半島のほぼ南端といえる場所柄、従来は日本からの旅行先として競争力に欠けていたが、現在ではKTXのほか務安国際空港や、チェジュ島への海路も組み合わせた多様なルートの形成が可能になってきているという。

     「趣きとロマン」の一例は日本統治時代の名残で、往時は多くの日本人が住んだことから日本風の住居や仏教施設、産業施設跡などが多く残っている。寺院として建てられながら、後にキリスト教会として使われた施設もあるという。

     また、木浦を代表する観光地が儒達山(ユダルサン)だが、エリア全域が公園となっているだけでなく、ここにも壁面から削り出した弘法大師や不動明王の像が残っている。

     今後の展開としては、まずは今回の来日中に区長と会談した東京都板橋区との関係を深化。相互交流などの事業を通して日本人旅行者のニーズを理解し、さらなる活動につなげていく考えだ。

    http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=74808

    引用元: ・【日韓】韓国・木浦市、日本でセミナー初開催 市長自ら魅力アピール[10/19] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【用日擦り寄り】「旧日本領事館の前に慰安婦像設置」の韓国・木浦市、日本で観光誘致セミナー開催】の続きを読む

    このページのトップヘ