まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:観光客

    1: 動物園φ ★ 2018/07/17(火) 10:36:26.46 ID:CAP_USER
    韓経:外国人観光客が押し上げた日本の地価
    2018年07月17日10時29分
    [?韓国経済新聞/中央日報日本語版]

    今年の日本の全国平均公示地価が0.7%上昇し3年連続で上がった。3年連続で上昇したのはバブル崩壊前の1992年以降で初めてだ。韓国では「日本型不動産大暴落」がくるかどうか論争が起きているが、日本ではまったく新たな様相が現れているのだ。

    注目すべきは日本の公示地価が上がった理由だ。国土交通省は日本を訪れる外国人観光客が急増したことが主要な理由のひとつだと解説した。外国人観光客を受け入れるためのホテル店舗などの需要が増え公示地価が上がったという説明だ。昨年日本を訪れた外国人観光客は2869万人を記録した。2011年には662万人にすぎなかった。毎年20%ずつ増える傾向だ。

    ◇どのように差別化されているのか

    地方の公示地価がさらに上がっている点も注目すべきだ。京都の商業地域公示地価上昇率は東京23区の商業地域公示地価上昇率を上回った。東京、大阪、名古屋の3大都市圏より札幌、仙台、広島、福岡の4大中核都市の公示地価が大きく上がった。

    住宅地公示地価上昇率1~3位もすべて倶知安町など北海道のリゾート密集地域に集中した。外国人観光客が日本の地方都市まで訪れるようになり地方の地価も恩恵を得ているということだ。日本メディアは「20年間経済の足を引っ張っていた『資産デフレ』現象が解消されている」として歓迎している。

    もう少し詳しく見てみると、すべての日本不動産がうまく行っているのではない。日本経済新聞によると東京など大都市周辺の40年以上の老朽集合住宅密集地域の地価はこの10年で9%落ちた。韓国の大都市周辺に建てられた新都市のマンション価格が大きく下がったと考えれば理解が早い。人が暮らしにくいほど老朽化しているが収益性不足により再建築が不可能なために現れる現象だ。

    ◇韓国も外国人引き込まなくては

    全国の空き家も800万軒に達する。さらに東京など大都市周辺にも空き家が生じている。持ち主のいない土地はソウルの67倍に迫る。子孫が相続を放棄して放置されてから長くなり所有主がわからなくなった土地だ。産業構造の変化により深刻な差別化現象が現れていると日本メディアは解釈する。

    差別化にもかかわらず平均公示地価全体が上がったというのは外国人観光客のパワーがそれだけ大きいという傍証だ。外国人観光客が増えれば食べる所、寝る所、買う所などに対する空間需要もそれだけ増えるため別の見方をすれば当然のことだ。

    韓国でも外国人観光客が地価を左右することがすでに起きている。外国人観光客が2011年の979万人水準から2016年に1700万人に急増した時、済州(チェジュ)とソウルの明洞(ミョンドン)、弘大(ホンデ)、梨泰院(イテウォン)、カロスキルなどは類例のない好況を享受した。明洞の4階建てビルの1カ月の賃貸料は5億ウォンを軽く超えた。弘大入口駅、孔徳(コンドク)駅、ソウル駅など仁川(インチョン)空港鉄道沿線は新たなホットプレースとして浮上した。

    好況はそれほど長くは続かなかった。中国人観光客と日本人観光客の急減が内需景気沈滞とかみ合わさりほとんどの広域商圏が萎縮した。代表商圏である明洞ではビル全体が空室になる事例が続出している。

    外国人観光客誘致を経済政策の重要軸とすべきという専門家らの指摘に共感する。日本の事例で見るように内国人の空席を外国人観光客で満たせば人口減少時代にも景気低迷と資産デフレを防げる。

    http://japanese.joins.com/article/253/243253.html?servcode=100&sectcode=100

    引用元: ・【中央日報】外国人観光客が押し上げた日本の地価

    【もう日本はほっといてくれ【中央日報】外国人観光客が押し上げた日本の地価 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/07/23(月) 14:42:55.81 ID:CAP_USER
    2018年07月23日09時35分
    [?韓国経済新聞/中央日報日本語版]
    外国人観光客の減少、最低賃金引き上げ、週52時間勤務、内需沈滞などが重なり、ソウルの中心商圏までが急速に冷え込んでいる。明洞(ミョンドン)と江南(カンナム)駅周辺にも空き店舗が増え、「権利金」が数億ウォン単位で急落している。

    22日に訪れた明洞にはまるごと空いた4-5階建てビルもあった。明洞3通りの4階建てビルは1カ月前に廃業した後、まるごと空いていた。ファッションブランド「BOY LONDON」があったところだ。近隣の不動産仲介士は「賃借人が出て行った後に賃貸料を20%引き下げたが、まだ新しい賃借人はいない」と話した。この建物の隣のビル1階にも「賃貸(for lease)」と書かれた紙が貼られている。別の不動産仲介士は「6カ月前から空いている。昨年から始まった商圏の沈滞が最低賃金が上がった今年からさらに深刻になった」と説明した。

    ソウル江南商圏でも1階の空き店舗が目に入った。江南教保(キョボ)タワー通りの向かい側のビル1階は1年以上も空いた状態だ。SC第一銀行があったところだ。アウトドアブランド「メレル」と女性衣類「リスト」が入店していた近隣1階の店舗も年初から空いている。付近の不動産仲介士は「中国人観光客で好況だった時期の月賃貸料1600万-1700万ウォン(約160万170万円)にこだわっていて、新しい賃借人が見つからない」と話した。

    週52時間勤務の影響でオフィス商圏も直接的な打撃を受けている。ソウル駅前ソウルスクエア1階にあるコーヒー専門店は「権利金」を従来の5億ウォンから7000万ウォンに引き下げたが、新しい賃借人はまだ見つかっていない。

    http://japanese.joins.com/article/407/243407.html?servcode=300&sectcode=300

    引用元: ・【韓国】外国人観光客減少・最低賃金引き上げ…冷え込む韓国の中心商圏

    【【韓国】外国人観光客減少・最低賃金引き上げ…冷え込む韓国の中心商圏 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2018/07/23(月) 10:13:46.02 ID:CAP_USER
    外国人観光客の減少、最低賃金引き上げ、週52時間勤務、内需沈滞などが重なり、ソウルの中心商圏までが急速に冷え込んでいる。明洞(ミョンドン)と江南(カンナム)駅周辺にも空き店舗が増え、「権利金」が数億ウォン単位で急落している。

    22日に訪れた明洞にはまるごと空いた4-5階建てビルもあった。明洞3通りの4階建てビルは1カ月前に廃業した後、まるごと空いていた。ファッションブランド「BOY LONDON」があったところだ。近隣の不動産仲介士は「賃借人が出て行った後に賃貸料を20%引き下げたが、まだ新しい賃借人はいない」と話した。

    この建物の隣のビル1階にも「賃貸(for lease)」と書かれた紙が貼られている。別の不動産仲介士は「6カ月前から空いている。昨年から始まった商圏の沈滞が最低賃金が上がった今年からさらに深刻になった」と説明した。

    ソウル江南商圏でも1階の空き店舗が目に入った。江南教保(キョボ)タワー通りの向かい側のビル1階は1年以上も空いた状態だ。SC第一銀行があったところだ。

    アウトドアブランド「メレル」と女性衣類「リスト」が入店していた近隣1階の店舗も年初から空いている。付近の不動産仲介士は「中国人観光客で好況だった時期の月賃貸料1600万-1700万ウォン(約160万170万円)にこだわっていて、新しい賃借人が見つからない」と話した。

    週52時間勤務の影響でオフィス商圏も直接的な打撃を受けている。ソウル駅前ソウルスクエア1階にあるコーヒー専門店は「権利金」を従来の5億ウォンから7000万ウォンに引き下げたが、新しい賃借人はまだ見つかっていない。


    2018年07月23日09時35分
    http://japanese.joins.com/article/407/243407.html?servcode=300&sectcode=300

    引用元: ・【中央日報】 外国人観光客減少・最低賃金引き上げ…冷え込む韓国の中心商圏 [07/23]

    【【中央日報】 外国人観光客減少・最低賃金引き上げ…冷え込む韓国の中心商圏 [07/23] 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2018/03/17(土) 09:33:10.36 ID:CAP_USER
    2018年3月13日、韓国・チャンネルAによると、韓国南部の大邱(テグ)に登場した「眠る原始人」像が物議を醸している。

    記事によると、大邱達西(タルソ)区は2万年前の旧石器時代の遺品が出土した事実を知らせるべく、2カ月間にわたる工事を経て先月末に同像を完成させたそうだ。

    その姿は横向きに眠る原始人の上半身で、長さ20メートル、高さ6メートル。設置するだけで予算2億ウォン(約2000万円)がかかったとされる。区は同像と共に先史時代をテーマに通りを活性化させ、観光客を誘致しようとしているという。

    しかし記事は、住民から「興味深い」「ランドマークになるだろう」など期待が寄せられる一方で、撤去を求める声も上がっていると伝えている。実際に、住民1700人が撤去の請願書を区議会に提出したとのこと。

    これに対し、区役所側は「いち早くここを名所にすることが最も良い方法なのではないか」とし、引き続き住民の説得を試みているそうだ。

    韓国ではこれまでもさまざまなモニュメントが物議を醸してきたが、今回もネット上では2000件近くのコメントが寄せられ、

    「あんなものに2億ウォンも使ったの?」
    「おいおい、もっと上手に造ってくれよ」
    「それなのに福祉に使う予算はないの?」

    など非難の声が相次いでいる。

    また「今度は誰の懐にお金が入ったのかな」などと疑うコメントもちらほら。現地の住民だというユーザーからは「試みはいいけど、場所がね。住宅地じゃん」との声が上がった。


    2018年3月16日(金) 23時40分
    http://www.recordchina.co.jp/b581780-s0-c30.html

    ※韓国語ニュース動画
    「大邱に登場した「20m原始人」... 名物vs凶物の論争」
    http://voda.donga.com/view/3/all/39/1251308/1

    引用元: ・【韓国】 観光客を呼び込みたい!韓国の都市が造った巨大モニュメントが不評(ニュース動画あり) [03/17]

    【【韓国】 観光客を呼び込みたい!韓国の都市が造った巨大モニュメントが不評(ニュース動画あり) [03/17] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/06/15(金) 19:43:29.10 ID:CAP_USER
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2018/06/15/0400000000AJP20180615005300882.HTML

    【東京聯合ニュース】5月に韓国を訪れた日本人観光客が約22万8000人で、前年同月比43.1%増加したことが分かった。在日韓国大使館や韓国観光公社が15日までに明らかにした。

     4月は21万3853人で同29%増えた。

     日本人観光客が前年に比べ増加したのは、南北の融和ムードが広がったことに加え、韓日関係の改善や、平昌冬季五輪の開催などが影響したものとみられる。

     在日韓国大使館は14日、名古屋で駐日総領事や外交部、雇用労働部、文化体育観光部、韓国観光公社、若者の雇用創出と海外就職を支援する「K-Moveセンター」などの関係者による会議を開き、訪韓日本人観光客の増加やその理由についての情報を共有した。

     また在日韓国大使館は訪韓日本人観光客数の今年の目標値を当初270万人から300万人に上方修正することにした。

     この日の会議では、韓国の若者の日本での就職を拡大するため、関連業務担当者による会議体を発足させることも決まった。

    引用元: ・【韓国】5月の訪韓日本人観光客が前年比43%増 韓日関係改善が影響か[06/15]

    【【韓国】5月の訪韓日本人観光客が前年比43%増 韓日関係改善が影響か[06/15] 】の続きを読む

    このページのトップヘ