まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:親日派

    1: まぜるな!キケン!! 2019/06/26(水) 21:21:35.80 ID:CAP_USER
    国家が親日派の李海昇(イ・ヘスン)氏(1890~1958)の子孫に渡された土地の一部を還収することになった。

    26日、ソウル高裁民事第13部(キム・ヨンビン部長判事)は国家が李海昇氏の孫を相手取って起こした所有権移転登記訴訟の控訴審で原告敗訴およそ1審を覆して一部勝訴判決を下した。

    この日、裁判所は李海昇氏の孫に行政訴訟で勝訴判決を言い渡して返してもらった土地一部の所有権を国家に渡すように言い渡した。合わせて、すでに土地を処分して得た利益3億5000万ウォン(約3200万円)余りも国家に返還するよう言い渡した。

    2007年親日反民族行為真相究明委員会(以下、委員会)は李海昇氏を親日財産帰属法が規定した「韓日合併の功績でを爵位受けた者」とみなして親日反民族行為者と名指した。

    これに伴い、李海昇氏の孫が相続を受けた財産の一部である土地192筆を国家に帰属することにした。

    この土地の価値は当時の市価で300億ウォン台に達すると伝えられた。このような処分に従わなかった李海昇氏の孫は国家帰属処分を取り消すとして委員会を相手取って行政訴訟を起こし、財産帰属対象を「韓日合併の功績で爵位を受けたり、これを継承したりした者」と定めた親日財産帰属法の弱点を食い込んで2010年大法院(最高裁)で最終勝訴した。

    当時、李海昇氏の孫は「侯爵爵位は韓日合併の功績ではなく、王族という理由で受けたものだから財産帰属の対象でない」という論理を主張した。

    非難の世論が起きると国会は2011年親日財産帰属法で「韓日合併の功績で」という部分を削除した。同時に、改正法を遡及適用することができるという付則も新設した。

    その後、国家は大法院の2010年判決が手続き上誤ったとして再審を請求する一方、李海昇氏の孫を相手取って民事訴訟を起こした。

    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=254876&servcode=a00&sectcode=a10
    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2019年06月26日 18時09分

    no title

    韓国忠清北道清州市(チュンチョンブクド・チョンジュシ)にある親日派名義の土地

    引用元: ・【韓国】韓国裁判所「親日派の土地の一部を国家に返せよ」…国家敗訴の1審判決が覆される[6/26]

    【どこが法治国家なんだよw 【韓国】韓国裁判所「親日派の土地の一部を国家に返せよ」…国家敗訴の1審判決が覆される[6/26] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/09/13(木) 20:54:49.44 ID:CAP_USER
    今回のジャカルタ-パレンバン、アジア大会で我が国は3位だった。わずか4年前、仁川(インチョン)アジア大会では2位だったのに今回は負けた。ところが大韓民国国民みながこの結果に満足している表情だ。血が逆流し、亡くなった金九(キム・グ)先生が墓からむくっと起きられるだろう。

    我が国は24年前、1994年、広島アジア大会で日本に金メダル一つ差で2位を渡した以外は1986年ソウル、1990年北京、1998年バンコク、2002年釜山、2006年ドーハ、2010年広州、2014仁川の全てで中国に続き28年間2位を占めた。

    日本は50-60年代の敗戦の痛みを癒して国家の復興を宣伝するため、エリート体育に大々的に投資をし、1951年インドのニューデリー、アジア大会から1978年タイ、バンコク、アジア大会まで28年間アジア大会で1位だった。

    1964年、東京オリンピック以後、生活体育中心の政策を進めてきた日本は生活体育を通した選手育成を志向しながら体育のすそ野を広げたが、それ以前まで維持したエリート体育に対する支援と関心が急速に弱まり、オリンピックなど国際大会での成績がずっと落ちた。

    初めはずっと上位圏(64年~84年20年間3位~7位)を維持し、生活体育がよく定着した。しかし1982年からアジア大会で1位を中国に奪われ、1988年、ソウル五輪からは我が国に押されながら10位圏外に押し出されることになった。

    生活体育を通じてエリート選手を養成する計画は見事に外れ、日本は30年間オリンピック、アジア大会などの国際大会で大韓民国に押されて低調な成績をおさめた。

    国際大会の成績が韓国にずっと遅れをとるとすぐに自尊心に大きな傷を受けた日本は自らのエリートスポーツ選手育成システムについて疑い始め、長考のあげく得た結論が韓国の選手育成システムを習おうだった。

    2000年代中盤から韓国をベンチマーキングした日本は2008年、泰陵(テルン)選手村をまねた味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)を建設して最高の選手育成システムを定着させ、2015年にはスポーツ庁(長官級)を新設して大々的に予算を投じてエリートスポーツを通した日本の世界化を進行している。これを通じて日本はオリンピックとアジア大会でいよいよ韓国を圧倒しエリートスポーツ強国として復活した。

    大韓民国のスポーツは総体的な危機に陥っている。学齢人口低下で非人気種目はやっと命脈を維持し、大学は定員縮小にともなう予算不足、地方自治体と企業が保有している実業チームは運動部の効用切り下げなどを理由にチーム解体を進めている。

    国家を代表して他国と競争する他はないエリート体育の価値は相変らず有効だ。スポーツを通じて得られる国民的士気や自負心などの精神的な価値は何より崇高で私たちの先祖がそうだったように私たちが守らなければならない私たち民族の偉大な自尊心だ。

    世界的な選手は一日で作れない。スポーツはそういうものだ。国家代表選手たちの兵役問題が連日「話題」だ。しかし、再び日本と戦うために出場しなければならない選手たちの士気を落としてしまって大韓民国の自尊心が踏みにじられる様なことが起きてはならない。

    独島(ドクト、日本名:竹島)を自らの土地だと言い張って、私たちの先祖をじゅうりんし韓民族を抹殺しようとしたあの人たちがスポーツを前面に出して日章旗を持って出ている。スポーツを通した国威宣揚を防ぐ者!日本に負けても憤慨しない者!日帝時代の親日派と異ならない。

    チョン・ムンヒョン忠南大学教授
    http://m.joongdo.co.kr/view.php?key=20180913010005725#cb

    ソース:中道日報(韓国語) [スポーツ老眼鏡]日本に負けました。満足しますか?
    http://m.joongdo.co.kr/view.php?key=20180913010005725#cb

    引用元: ・【韓国】 アジア大会、日本に負けました。満足ですか?~忠南大教授「韓民族を抹殺しようとした人々に負けて平気なのは親日派」[09/13]

    【【韓国】 アジア大会、日本に負けました。満足ですか?~忠南大教授「韓民族を抹殺しようとした人々に負けて平気なのは親日派」[09/13] 】の続きを読む

    1: らむちゃん ★@無断転載は禁止 2017/04/09(日) 19:52:47.69 ID:CAP_USER
    2017年4月6日、韓国・EBSによると、韓国の梨花女子大学の学生らが、初代総長の金活蘭(キム・ファルラン)の銅像に「親日行為」を知らせるための立て札を立てると宣言し、注目を集めている。

    梨花女子大学の初代総長であり、女性教育の先駆者と言われている金活蘭は、日本植民地時代にコラムや講演を通じて学徒兵の募集と慰安婦への参加を積極的に奨励した親日派として知られている。

    有志の学生らは2日、立て札プロジェクトの趣旨について「大学の校庭に設置された金活蘭の銅像は日本植民地の名残であるため、親日行為を明示しなければならない。

    金活蘭が親日派であることは知っているが、どんな親日行為をしたかについては知らない学生が多い」と説明し、「大学に売国奴である親日派の銅像があることが恥ずかしい」と訴えた。

    学生らは銅像の撤去を最終的な目標に見据えているが、まずは2学期が始まる9月までに銅像の前に立て札を立てようと募金活動を行っている。

    全文はソース元で、レコードチャイナ 2017年4月6日 13時00分 (2017年4月9日 00時00分 更新)
    http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20170406/Recordchina_20170406026.html

    引用元: ・【韓国】「親日派の銅像が恥ずかしい」韓国の大学生らが撤去に向け活動=韓国ネット「教育上よくない」「そこまで気にすること?」 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【ガチで捏造反日教育で育った世代やねw】梨花女子大学の学生「初代総長は売国奴である親日派」銅像の撤去が最終的な目標】の続きを読む

    1: 鴉 ★@無断転載は禁止 2017/03/06(月) 20:48:54.90 ID:CAP_USER
    親日派騒動が影響? カン・ドンウォンが予定をキャンセル

     母方の曽祖父が親日派だとして騒動に巻き込まれていた俳優カン・ドンウォンが、予定されていた映画『隠された時間』コメンタリー収録の日程を取り消した。


     映画『隠された時間』を配給する(株)ショーボックスの関係者は6日午後、スターニュースの取材に対し「きょう(6日)、カン・ドンウォンが参加する予定だった『隠された時間』コメンタリーの収録は取り消しになった」と語った。

     この関係者は「今回のコメンタリー収録は『隠された時間』DVD制作に関連するもので、監督および主演カン・ドンウォン、シン・ウンスが参加する予定だった。この日程は、少し前から変更しようとしており、きょうの予定は取り消された。今後、日程を調整してあらためて行う予定」と説明した。

     続いて、カン・ドンウォンの日程取り消しについては「具体的なことはよく分からない」と言葉を濁した。

     カン・ドンウォンは最近、母方の曽祖父イ・ジョンマン氏に親日的な行動があったという記述について削除を要請し、物議を醸していた。その後、所属事務所のYGエンターテインメントとカン・ドンウォンは公式に謝罪を行った。その一方、カン・ドンウォンの母方の祖母が独立運動家ノ・ウォンピルの子孫だということも明らかにした。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170306-00002128-chosun-asent

    引用元: ・【韓国】「母方の曽祖父が親日派だ」騒動の影響?俳優カン・ドンウォンがコメンタリー収録の日程を取り消し [無断転載禁止]©2ch.net

    【【リアル李くん日記】「母方の曽祖父が親日派」俳優カン・ドンウォンの収録が取り消しに】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/08/22(月) 12:17:21.00 ID:CAP_USER
    no title

    李錫総裁が17日、全州韓屋村(チョンジュ・ハノクマウル)にある「皇孫の家」承光斎を後にしている。
    no title

    2004年日本皇居前で「韓日併合無効」と書いたプラカードを持ってデモする李錫総裁(写真1)。筆文字で事必帰正を書く李総裁(写真2)。

    「なぜ朝鮮がこのように力なく滅びたのでしょうか? 祖父の高宗(コジョン)皇帝を親日派が『無能な国王』と呼びました。それが第一の理由です。このことで王朝はかなり格を下げられてしまいました。
    世界に519年も続く王朝の歴史を持つ国はありません。このことが忘れ去られようとしています」。

    高宗を「祖父」、興宣(フンソン)大院君を「曽祖父」と呼ぶ朝鮮の「最後の皇孫」李錫(イ・ソク)社団法人「皇室文化財団」総裁(75)の言葉だ。李総裁は高宗の5人目の息子・義親王の12男9女の11男だ。
    高宗のもとに産まれた9男4女のうち、成人まで育った子供は純宗(スンジョン)と1907年に皇太子に封じられた英親王、義親王、徳恵翁主の3男1女のみだ。高宗の一人娘であり「最後の皇女」だった徳恵翁主は李総裁の叔母にあたる。

    映画『徳恵翁主』に対する歴史美化議論が広がるなかで、今月17日、全羅北道全州(チョルラブクド・チョンジュ)の韓屋村(ハノクマウル)にある「皇孫の家」承光斎で李総裁と会った。
    承光斎は1897年、大韓帝国を宣言した高宗皇帝時代の年号である光武から「光」を取り、つなぐという意味の「承」を合わせ「高宗皇帝の意志を継承する家」という意味を持つ。
    李総裁はこの日、猛暑にもかかわらず伝統の韓服姿で文化探訪客に「朝鮮王朝519年」について熱弁を振るっていた。

    英親王と徳恵翁主のおいである李総裁は先月30日、ソウルのある映画館で『徳恵翁主』を観覧した。試写会に先立ち、李総裁は京畿道南楊州市(キョンギド・ナムヤンジュシ)の洪裕陵(ホンユルン)にある父親の義親王と徳恵翁主の墓参りをした。
    「8月15日が父の祭事なので前もって墓参りをしました。叔母の徳恵翁主の墓地が(義親王の墓から)10メートルも離れていません。そこでチョル(敬意を示すお辞儀)をして報告をしました」。

    権丕暎(クォン・ビヨン)の小説『朝鮮王朝最後の皇女 徳恵翁主』を原作にした映画『徳恵翁主』は19日基準の累積観客数が444万人を突破し、興行は順調だ。だが、映画に自身の血縁が登場する李総裁の思いは一般の観客とは違わざるをえない。
    しかも106年前、日帝によって大韓帝国が滅びなかったなら、李総裁は2004年から自身が留まっている495平方メートルの「民宿型韓国式家屋」承光斎ではなく、
    43万2703平方メートルの「雄壮な宮廷」景福宮(キョンボックン)で王族の一員として大韓帝国を治めていたかもしれなかった。

    このような背景のためか、李総裁は立憲君主制改憲を主張した。2006年8月に李総裁が創設した皇室文化財団は「朝鮮皇室復元運動」も行っている。最近では、全国で復元運動を支持する「独立軍」も1万人余り集めたという。次は李総裁との一問一答。

    --映画を見た感想は。

    「私は映画『徳恵翁主』を作ったホ・ジノ監督と撮影前に会っておくべきだったと思いました。悲しく滅びた王朝なので何か特別な感じがあるべきなのに、映画はフュージョン料理のようなスタイルです。歴史を正確に知ってから映画を作るべきだったのに。
    叔父の英親王も上海臨時政府に行く機会がありました。それも曖昧にして省いています。徳恵翁主もみじめに対馬島主と強制結婚させられたが初夜からむちで打たれたと聞きました。傲慢だということで。
    だから後年は精神錯乱に認知症まで患って亡くなりました。観客にある感情を与えるためには深くしっかりと歴史を勉強をした後に映画を撮るべきではなかったかと考えます」

    http://japanese.joins.com/article/682/219682.html

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【韓国】義親王の上海臨時政府亡命が成功していれば大韓帝国は続いていたかもしれない[8/22]©2ch.net

    【【コリアン・ナチズム】追放された朝鮮王の子孫「朝鮮が滅びたのは親日派のせい」】の続きを読む

    このページのトップヘ