まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:要求

    1: 蚯蚓φ ★ 2019/06/28(金) 21:56:03.96 ID:CAP_USER
    no title

    ▲「B C級戦犯」出身者の集まりである同進会会長イ・ハクレ翁[聯合ニュース資料写真]

    (東京=聯合ニュース)日帝が起こした太平洋戦争終戦後、B・C級戦犯に分類された韓国人が日本で早急な補償関連法案の準備を促したと毎日新聞が27日伝えた。

    報道によれば日帝の捕虜監視員として動員され戦後いわゆるB・C級戦犯という頸木をおった李鶴来(イ・ハクレ, 94)翁は当事者団体の同進会会長名で去る26日、法制定を促す声明を出した。声明は「日本の立法措置によって長い間の人権問題を解決しようとする法案」であって、「(韓日)両国社会で苦痛の戦後を送った当事者と遺族の名誉を回復させる意味でも制定は必ず当事者生存中に実現されなければならない」と強調した。

    同進会はイ翁を含む少数の状態と毎日は伝えた。彼は他の朝鮮人戦犯の同僚らと共に1955年にこの会議を作って64年間、日本政府を相手に補償を要求している。彼は日本国籍者ではないとの理由で日本政府の補償対象から除外された。去る26日、閉会した日本定期国会ではこれらに特別支援金を支給する内容の法案は提出されなかった。

    太平洋戦争の時、捕虜監視員などで投入された朝鮮人のうち、日帝敗戦後に開かれた連合軍主導裁判で148人が戦犯になり23人が処刑された。A級戦犯は侵略戦争を企画・開始・遂行した人々が該当し、B級戦犯は殺人・捕虜虐待・略奪などを犯した人々を意味し、C級戦犯は上級者の命令によって拷問や殺人を直接行った人々をいう。

    ソース:聯合ニュース<引かれて行った「戦犯」ヨーク... 韓国人、日で補償法案を促す>
    https://www.yna.co.kr/view/AKR20190627113800073

    引用元: ・【国内】 引きずられて行ったのに「戦犯」にされた韓国人、日本で補償法案要求[06/28]

    【あぁ、いつものタカリ屋ね【国内】 引きずられて行ったのに「戦犯」にされた韓国人、日本で補償法案要求[06/28] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/05/12(日) 18:06:40.57 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の対外宣伝サイト「朝鮮の今日」は12日、韓国側が操業を中断している南北協力事業の開城工業団地について、「再稼働の問題は米国の承認を得る問題ではない」として、韓国当局の「政策的な決断」を求めた。

    また、「開城工業地区の再稼働問題は歴史的な北南宣言を固守し、履行しようとする原則的な立場や姿勢に関連する問題」として、南北宣言の履行に向けた「真摯(しんし)な態度」や「正しい姿勢」を促した。

    韓国政府は国際社会の対北朝鮮制裁により、開城団地を再開させる状況ではないとして、制裁の枠内で再開に向けた事前準備や環境づくりに集中する立場を示している。

     北朝鮮はこうした韓国側の立場を「米国の顔色をうかがっている」などと批判している。

    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190512000800882?section=nk/index
    聯合ニュース 2019.05.12 15:02

    https://i.imgur.com/t6bV3RX.jpg
    開城団地(資料写真)=(聯合ニュース)

    引用元: ・【聯合ニュース】開城団地再稼働は「米の承認対象ではない」韓国の決断要求=北朝鮮サイト 南側は「米国の顔色をうかがっている」[5/12]

    【馬鹿しかないのか? 【聯合ニュース】開城団地再稼働は「米の承認対象ではない」韓国の決断要求=北朝鮮サイト 南側は「米国の顔色をうかがっている」[5/12] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/03/31(日) 23:49:48.09 ID:CAP_USER
    no title

    ▲イ・ナギョン総理.

    イ・ナギョン国務総理は最近、日本に向けた強硬発言について「日本自体に向けたものではなく、指導者らが無かったことを有ったように話すなど自制を要求する時だけ強く言うだろう」と明らかにした。

    イ総理は28日、中国重慶歴訪当時、記者らとの懇談会でこのように話した。

    額賀福志郎、日韓議員連盟会長は先月、現地メディアに「日王が慰安婦問題について謝罪しなければならない」というムン・ヒサン国会議長の発言と関連、「耳を疑うような発言」とし、「ちゃんと反省して韓日関係のために仕事をしてくれることを願う」とイ総理に会って抗議した、と発言した。

    これにイ総理は国政懸案点検調停会議で「最近、韓日関係に困難ができるとすぐに日本の一部政治家と前職外交官などが自国内の嫌韓気流に迎合しようとしているのか信頼に外れる言動をする」として「本人がしない話をしたと伝えたり、本人の立場でむやみに言ってはいけない言葉を言う場合もある」と指摘したことがある。

    しかし、今回の歴訪では日本について多少緩和された表現をした。イ総理は光復軍総司令部復元記念演説で「50年に及ばない日本との不幸な歴史を賢く克服し、1500年に及ぶ韓日間交流と協力の歴史を未来指向的に発展させて行こうと思う」と話した。

    イ総理は懇談会で訪日計画について「来る6月、大阪で開かれる主要20カ国(G20)首脳会議、10月には日王即位行事があり、自然な機会を活かせればよい。G20会議は私の仕事ではないようで、その次は分からない。できれば東京の路地裏のようなところで一杯飲んで東京市民に「アンニョンハセヨ(こんにちは)」と挨拶する雰囲気になったら良いと思う」と説明した。
    (後略:長官人事や千人坑について等)

    チャン・スヨン記者

    ソース:ニュース1(韓国語) 李総理「日向かった強硬発言は指導者ら自制要求する時だけ「
    http://www.news1.kr/articles/?3584952

    関連スレ:【韓国首相】 日本との不幸な歴史克服し未来志向へ [03/29]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1553840836/

    引用元: ・【韓国首相】 「日本に向けて強硬発言するのは、指導者が無いことを有るように言った時など、自制を要求する時だけ」[03/31]

    【捏造するのが韓国じゃん【韓国首相】 「日本に向けて強硬発言するのは、指導者が無いことを有るように言った時など、自制を要求する時だけ」[03/31] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/03/27(水) 09:38:28.75 ID:CAP_USER
    安倍首相・天皇の謝罪また要求=慰安婦問題で韓国議長
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190327-00000032-jij-kr
    3/27(水) 8:14配信

     【ソウル時事】韓国の文喜相国会議長は27日付の韓国紙ハンギョレ新聞に掲載されたインタビューで、慰安婦問題について「誠意ある謝罪が一番重要だ。安倍(晋三)首相、または、日本を象徴する国王(天皇)が慰安婦のおばあさん(元慰安婦)に『申し訳ない』と一言言えば、根本的な問題が解決される」と述べた。 

    引用元: ・【韓国議長】安倍首相・天皇の謝罪また要求=「国王が『申し訳ない』と一言言えば、根本的な問題が解決される」[03/27]

    【前首相の土下座すら効果なかったから 【韓国議長】安倍首相・天皇の謝罪また要求=「国王が『申し訳ない』と一言言えば、根本的な問題が解決される」[03/27] 】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/02/12(火) 18:45:11.52 ID:CAP_USER
    「新たな発見」として医学研究誌に発表された、臓器移植に関する世界の医学誌に掲載された400あまりの研究論文は、中国の収監者から摘出されたものを利用した疑いがあるとして、オーストラリアの研究団体は取り下げを要求している。

    豪の医学誌BMJオープン2月6日付に掲載された調査報告は、中国医学研究者の論文はドナーに関する国際倫理規定に違反している可能性があると指摘する。

    マッコーリー大学臨床倫理学ウェンディ・ロジャース教授とその調査チームは、2000年1月から2017年4月まで、英語圏の医学誌に掲載されたすべての中国の臓器移植に関する報告を入手、分析した。全445論文では、8万5477の移植手術が含まれる。

    その結果、99%の論文にドナーの同意を得ているかどうかに関する記述がなかった。19件の論文は、死刑囚の臓器を使用していないと主張している。これらは、中国に臓器のドナー制度が存在しない2010以前の研究だという。

    同調査報告は、中国の研究界はドナーの身元開示について透明性を強く要求していないと指摘した。

    ロジャース教授は英紙ガーディアンの取材に対して、中国研究者らは人体臓器を研究できるという状況について「全員が『自分の知ったことではない』というような言いぶりをしている」と語気を強めた。

    さらに「この野蛮な(臓器の収奪)問題について、世界は沈黙してはいけない」と付け加えた。

    2017年、著名な医学誌「肝臓国際(Liver International)」は、中国の執刀医が係わった、4年間にわたる564の医学論文を取り下げた。
    医学専門家は、短期間で多数の研究可能な人体と臓器を入手することは不可能としている。しかし、研究論文に使用された臓器は「心停止あるいは脳死」だった。

    ロジャース教授らは、死刑囚臓器の禁止を含む非倫理的研究を受け入れないとの方針を持つ「米国臓器移植誌(Journal of American Transplantation)」や、「臓器移植社会(The Transplantation Society,TTS)」の公認医学誌でさえ、疑わしい論文を発表していると指摘する。

    ロジャース教授らの調査結果は「世界の移植界は、死刑囚の臓器を使った研究発表を禁止する倫理基準を守れていない。倫理審査を受けていない研究論文が存在しており、これらの論文は広範に利用され研究成果が得られているとすれば、共犯の疑いも沸く」とかいた。

    「死刑囚の臓器利用のある研究報告のある全論文を直ちに取り下げを要求する。そして中国の臓器移植研究をどう取り扱うのか、将来の方針についての議論を国際サミットに呼びかける」と結論付けた。

    2016年、カナダの人権弁護士デービッド・マタス氏と同政府元アジア太平洋担当大臣デービッド・キルガー氏、在英調査ジャーナリストのイーサン・ガットマン氏は報告書で、中国では公式発表数やドナー提供数と合致せず、ドナー数をはるかに上回る移植手術が行われていると述べた。

    報告によれば、中国政府は移植件数が年間1万件と発表しているが、中国移植手術病院の個別報告などを統合すれば年間6万~10万件が行われているという。また、臓器の出所は、海外の関係者らの証言や体験により、無実の罪で囚われの身となった信仰者、少数民族、体制異見者が含まれると報告書は指摘する。

    中国衛生部は、死刑囚を含む収容者の臓器利用は停止したと主張するが、しかし「本人がドナーを望む」場合を除くとしている。

    2018年12月初旬、英国ロンドンで、中国臓器強制収奪に関する問題を裁定する模擬裁判・民衆法廷が開かれた。英国女王勅撰弁護士であるジェフリー・ニース卿が法廷顧問を務めた。

    検事、弁護士、医学専門家らによる裁定で、数日後に発表された中間報告では「疑いの余地なく、中国で長期にわたり、極めて多くの犠牲者を出して強制臓器収奪が行われてきたことを確信する」「国際的な常軌を逸脱し、人類の良心に強烈な衝撃を与える」と形容した。

    (編集・佐渡道世)

    https://www.epochtimes.jp/2019/02/40207.html
    大紀元 2019年02月12日 16時43分

    引用元: ・【新たな発見・医学研究誌】中国の400研究論文、囚人の臓器を使った疑い 取り下げ要求=豪研究団体[2/12]

    【共産党の犯罪はきれいな犯罪 【新たな発見・医学研究誌】中国の400研究論文、囚人の臓器を使った疑い 取り下げ要求=豪研究団体[2/12] 】の続きを読む

    このページのトップヘ