まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:製造業

    1: まぜるな!キケン!! 2020/04/21(火) 10:27:07.23 ID:CAP_USER
    新型コロナ事態が韓国経済で製造業の重要性を改めて確認させている。環境汚染の「主犯」、付加価値が低い「煙突産業」などと汚名を着せられてきたが、世界的な経済危機の中でも製造業が役割を果たして韓国経済が持ちこたえているということだ。

    国際通貨基金(IMF)が最近発表した報告書「世界経済見通し」によると、半年前と比較した韓国の今年の経済成長率予測値下落幅(3.4%ポイント)は経済協力開発機構(OECD)36加盟国のうち最も小さい。今年の成長率予測値はマイナス(-1.2%)だが、主要20カ国・地域(G20)のうちインド(1.9%)・中国(1.2%)・インドネシア(0.5%)に次いで4番目に高い。新型コロナ事態による被害を最小化した国に挙げられる。防疫の成果が良好であるうえ、伝染病拡大による被害が大きい産業への依存度が低いのがその理由だ。

    相対的に製造業の比率が高くサービス業の比率が低い経済構造も、衝撃を緩和するのに大きな役割をした。企画財政部によると、韓国の国内総生産(GDP)の製造業の比率は27.8%と、韓国と似た構造を持つドイツ(21.6%)や日本(20.8%)よりも高く、米国(11.6%)や英国(9.6%)とは大きな差がある。金容範(キム・ヨンボム)企画財政部第1次官はフェイスブックで「新型コロナ危機は我々のそばにある工場がどれほど重要であるかを気づかせている」とコメントした。

    一方、韓国のサービス業依存度は62%と、米国(80%)、スペイン(75%)、ドイツ(69%)などより低い。対面接触が多いサービス業は伝染病拡大の直撃弾を受けるほかはない。金次官は「人的交流制限で直接的な打撃を受けた観光産業の比率は韓国は3%と、欧州などの主要国に比べて4分の1水準にすぎない」とし「批判を受けながらも国内に根付いて事業を営んできた数十万の製造業者と従事者が我々の隠れた英雄だと言いたい」と強調した。

    韓国の主力産業の情報通信技術(ICT)は対外悪材料の中でも輸出減少幅を最小化し、韓国の輸出の支える役割をしている。サムスン電子が平沢(ピョンテク)2期ラインを年内に稼働し、SKハイニックスが京畿道利川(イチ ン)M16工場を今年下半期に竣工するなど、不確実性が高まる中でも新設・増設投資は計画に基づいて進行している。自動車・鉄鋼・石油製品なども輸出が例年より減少し、業況も悪化しているが、事実上「開店休業」状態の航空・流通・観光・外食分野などと比べると状況は相対的に良い方だ。

    コロナ発の雇用ショックにもかかわらず、製造業は比較的善戦した。新型コロナによる休業・休職が増え、先月の一時休職者は1982年に統計を出し始めて以降最多の160万7000人に増えた。過去最多は2014年8月の87万8000人だった。増加幅も126万人と過去最大になった。

    一時休職者の増加は小売・宿泊飲食店業(20万5000人)、教育サービス業(20万人)で多かった。増えた一時休職者のそれぞれ3分の1程度だ。残りの3分の1は政府雇用事業の延期などの影響で保健業および社会福祉サービス業と公共行政業に分布した。統計庁の関係者は「社会的距離による外出自粛や始業延期などで打撃を受けた」と説明した。

    一方、製造業と鉱工業はそれぞれ5万3000人増にとどまった。カン・ソンジン高麗大経済学科教授は「打撃が相対的に少ない製造業で経済衝撃を緩衝している」とし「規制緩和と企業環境の改善を通じて、海外に出ていった製造企業をまた国内に呼び戻す『リショアリング』政策をコロナ克服対策として推進する必要がある」と助言した。

    しかし新型コロナ事態が落ち着かなければ、輸出依存度が高い韓国経済の特性上、製造業も追加の打撃が避けられない。すぐに4-6月期から危機を迎えるという見方もある。

    先週、大韓商工会議所と自動車・鉄鋼・石油化学・機械・造船の5業種協会が共同で開催した産業界新型コロナ対策会議で、韓国投資証券のアナリストのキム・ジンウ氏は「4-6月期に供給への支障と需要の減少が重なった否定的な数値が出始めれば、経済主体の不安心理はさらに悪化するしかない」と指摘した。続いて「自動車産業の不振は関連産業の鉄鋼がまともに影響を受け、4-6月期に鉄鋼販売量の減少と採算性の悪化が同時に発生すると予想される」とし「石油化学も関連製品の需要が4-6月期に急激に縮小するなど否定的な影響が避けられない状況」と話した。

    ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/265079?servcode=300&sectcode=320

    2020.04.21 10:14

    引用元: ・【中央日報】韓国の製造業の比率、米・英の2-3倍…コロナ危機で経済支える [4/21]

    【倒産ラッシュだろ 【中央日報】韓国の製造業の比率、米・英の2-3倍…コロナ危機で経済支える [4/21]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/02/18(火) 10:46:48.75 ID:CAP_USER
     韓国、中国、日本、ドイツの「製造業4大国」のうち、昨年は韓国の輸出成績が最悪だったことが分かった。

     全国経済人連合会(全経連)は17日、世界貿易機関(WTO)の統計を分析した結果、昨年1-9月の韓国の輸出が前年同期比9.83%減少し、中国(0.09%減)、日本(4.5%減)、ドイツ(5.21%減)に比べ減少幅が大きかったことを明らかにした。

     韓国は2008年の世界的な金融危機以降、過去10年間にわたり、主な品目で世界シェアを伸ばしてきた。世界の20大貿易品目(原油・ガスを除く)の韓国のシェアは08年時点の4.30%から18年には6.58%へと2.28ポイント上昇した。中国のシェアは同じ期間に11.0%から20.83%へとほぼ2倍になり、ドイツは1.64ポイント伸び、日本は0.43ポイント低下した。

     全経連のオム・チソン国際協力室長は「韓国の輸出の4分の1、海外投資の3分の1を占める中国経済の成長が新型コロナウイルスによる感染症の影響で鈍化すると予想され、今年はさらに攻撃的な通商戦略が求められる」と話した。

    辛殷珍(シン・ウンジン)記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020021880004

    2020/02/18 08:42

    引用元: ・【朝鮮日報】韓国の輸出、製造業4大国で最悪[2/18]

    【大国になったことねーだろwww雑魚がw 【朝鮮日報】韓国の輸出、製造業4大国で最悪[2/18]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/02/01(土) 08:16:37.61 ID:CAP_USER
     韓国経済をリードしている製造業が急速に弱体化している。米中貿易紛争により輸出が減少している上、最低賃金引き上げや週52時間勤務制などの政策で企業の競争力まで下がっているためだと分析されている。

     統計庁が31日に発表した「2019年12月および年間産業活動動向」によると、昨年の造船・自動車・半導体などの製造業生産能力は、前年に比べ1.2%減少した。これは、統計作成が開始された1971年以降の48年間で最大の減少幅だ。製造業生産能力とは、通常の操業環境で製造会社が製造できる最大の生産量のことをいう。製造業生産能力が下がるということはそれだけ設備投資が減少したということで、このような傾向が長期化すれば潜在成長率の低下につながる。製造業生産能力が減少したのは、文在寅(ムン・ジェイン)政権発足後の2018年(-0.2%)が初めてで、昨年は2回目だった。昨年は製造部門だけで雇用が8万1000件減少した。景気悪化は製造業にとどまらず、産業全般に及んでいる。昨年の全産業生産増加率は前年比で0.4%の増加にとどまった。これは、統計の作成を開始した2000年以降で最低の値だ。統計庁は、製造業・鉱業などを含む鉱工業と建設業の不振が産業生産増加率の足を引っ張っていると見ている。

     鉱工業生産は電子部品(-12.1%)や機械装備(-3.6%)などの分野が不振で、前年比0.7%の減少だった。これは、アジア通貨危機時の1998年(-6.4%)以来の最低値だ。製造業の平均稼働率も前年比0.6ポイントダウンの72.9%で、1998年(67.6%)以来、21年ぶりの最低値だった。それだけ景気が悪く、稼働していない工場が増えているという意味だ。

     設備投資の増加率は機械類(-8.8%)と船舶などの輸送機器(-4.1%)投資が共に減少し、世界金融危機時代の2009年(-9.6%)以降で最も低い-7.6%を記録した。建築工事(-9.4%)実績が減り、既に行われた工事実績を表す建設既成(完成工事高)は前年より6.7%減少した。消費を示す小売販売額指数は2.4%増加したが、2018年(4.3%)と比較すると増加幅は半分だった。

     このように最悪の経済指標が出ているのにもかかわらず、政府は景気楽観論ばかり展開している。昨年12月の生産・消費・投資などが11月に続き2カ月連続で増加したためだというのだ。洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政相は同日、フェイスブックに「景気改善のサインがより顕著に現れている姿だ」と投稿した。

     だが、今年の経済展望は政府の言葉のように明るいものばかりではない。米中貿易紛争が完全に解決したわけではない上、最近になって「武漢肺炎」という悪材料まで重なり、中国の成長率が急落するものと予想されているからだ。

    ユン・ヒョンジュン記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020020180002

    2020/02/01 08:02

    関連スレ
    【韓国】ドルウォン1193(+5.52 +0.46%)  KOSPI 2119(-28.99 -1.35%)
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1580453347/

    引用元: ・【朝鮮日報】昨年の韓国製造業生産能力、統計開始以来最大幅の減少[2/1]

    【大丈夫、新型肺炎のせいにするから 【朝鮮日報】昨年の韓国製造業生産能力、統計開始以来最大幅の減少[2/1]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/10/31(木) 16:25:32.58 ID:CAP_USER
    9月の韓国国内の産業生産と消費が前月比で減少した。投資は設備投資が増えたが、建設投資は減少した。製造業の生産能力も最長期間の下落傾向(14カ月)が続いた。

    統計庁が31日に発表した9月の産業活動動向によると、9月の暫定全産業生産指数は前月比0.4%減の108(季節調整)だった。7月、8月と連続で増加した指数が9月にまた減少に転じた。

    ◆設備投資、前年比11カ月連続で減少

    鉱工業生産は前月比で機械装備・自動車を中心に2%増加した。しかし卸小売・金融業などサービス生産が1.2%減少し、全体の生産指数が下落した。

    設備投資は航空機など運送装備への投資の減少にもかかわらず、半導体製造装備など機械類への投資が増えたことで前月比2.9%増えた。しかし前年同月比では1.6%減となり、11カ月連続の減少となった。建設投資も建築・土木がそれぞれ前月比3.5%減、0.5%減となり、2.7%減少した。

    消費は飲食料品など非耐久財や衣服など準耐久財、通信機器・コンピューターなど耐久財の販売が共に減少し、2.2%減となった。生産と投資・消費など主要指標が下落したが、鉱工業生産指数の一部の指標の影響で現在の景気状況を表す同行指数循環変動値は横ばいとなった。

    ◆製造業生産能力14カ月連続で下落

    産業の根幹となる製造業関連の指標は依然として不振が続いている。事業体が正常な操業環境で生産できる最大量を意味する製造業生産能力は前年同月比で2.2%減少し、14カ月連続で下落した。統計の作成を始めて以降、最長期間の下落だ。ただ、製造業の平均稼働率は前月比2.2%ポイント上昇した75.6%となった。

    9月の産業指標は一時的に上昇した8月と比べると景気不振傾向を反映した。ただ、未来の景気を表す先行指数循環変動値は0.1ポイント上昇した。統計庁のキム・ボギョン産業動向課長は「9月は台風などで野外活動が減り、宿泊・飲食業と輸送・倉庫業、芸術・スポーツ・レジャーなどサービス業生産が減少した」と分析した。

    https://s.japanese.joins.com/JArticle/259127
    ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.31 13:49

    引用元: ・【韓国】9月の産業生産・消費が減少…製造業生産能力は14カ月下落「過去最長」[10/31]

    【ムンムン保有国なんだから余裕余裕w 【韓国】9月の産業生産・消費が減少…製造業生産能力は14カ月下落「過去最長」[10/31] 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2019/04/15(月) 19:02:08.62 ID:CAP_USER
    韓経:韓国、1-3月期の製造業体感景気冷え込む…成長率も5四半期来の最低か
    2019年04月15日09時23分
    [?韓国経済新聞/中央日報日本語版]

    製造業の体感景気が3四半期連続で悪化したことがわかった。産業研究院は14日、1048社の製造業者を対象に景況判断指数(BSI)を調査した結果、1-3月期の製造業市況が77、売り上げが75と集計されたと発表した。前四半期より市況は10ポイント、売り上げは13ポイント下落した。

    BSIは企業が認識する景気状況を示す指標だ。基準値である100以下に落ちるほど体感景気が悪化したという意味だ。市況BSIは昨年4-6月期から3四半期連続で下落した。昨年4-6月期の市況は92だった。

    業種別で見れば今年1-3月期の造船・その他運送を除いたすべての製造業分野で売り上げが下落傾向だった。

    鉄鋼金属分野の打撃が大きかった。鉄鋼金属売り上げBSIは71で、昨年10-12月期より24ポイント落ちた。自動車売り上げは69だった。前四半期より23ポイント下落した。半導体売り上げやはり前四半期比9ポイント下落の79と集計された。産業研究院のミン・ソンファン研究委員は「今年1―3月期の売り上げBSIはほとんどの製造業者が下落傾向に転じたのが特徴。自動車と機械業種を中心に沈滞速度が速かった」と説明した。

    製造業の体感景気が冷え込んでいるのは1-3月期の投資と輸出がともに振るわなかった影響と分析される。産業通商資源部によると前四半期の製造業分野への外国人直接投資(FDI)は申告ベースで12億800万ドルとなり前年同期比21.5%減った。金属と金属加工製品は90.1%減少した。産業通商資源部関係者は「欧州連合(EU)が域内投資に集中している上に米国と中国は貿易紛争中のため海外投資が減った」と話した。

    韓国銀行が25日に発表する1-3月期の実質国内総生産(GDP)速報値が5四半期来の最低値を記録するだろうとの見通しも出てきた。ソシエテジェネラルのエコノミストのオ・ソクテ氏は1-3月期の成長率を前四半期比0.3~0.4%と予想した。現実化すれば2017年10-12月期のマイナス0.2%以来5四半期来の最低値だ。

    https://japanese.joins.com/article/343/252343.html?servcode=300&sectcode=300

    引用元: ・【韓国】韓国製造業絶不調

    【姑息な日本人の策謀で 【韓国】韓国製造業絶不調 】の続きを読む

    このページのトップヘ