まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:補償金

    1: 荒波φ ★@\(^o^)/ 2015/10/30(金) 11:00:40.89 ID:???.net
    韓日首脳会談の実施が決まったのを受け、「日帝強占下遺族会」など10団体が29日、ソウル・汝矣島の国民銀行前で記者会見を行い、
    国会で継続審議中の「被害補償特別法案」を今回の通常国会で必ず成立させるよう、
    朴槿恵(パク・クンヘ)大統領と鄭義和(チョン・ウィファ)国会議長に求めた。

    日本の植民地時代に強制動員された被害者の遺族たちは
    「植民地時代に連れていかれて犠牲になった先祖たちに対する補償がいまだに実現していない。
    1965年の韓日基本条約締結に際し、日本政府から受け取った資金のうち3億ドル(現在のレートで約360億円)は、
    軍人・軍属の遺族たちのための補償金であるため返還すべきだ」と主張した。

    遺族団体はこれと合わせ、被害者に対する補償金の支給に関し、与党セヌリ党のイ・チョルウ議員が発議した被害補償特別法案
    (対日抗争期の強制動員の被害調査および国外強制動員犠牲者などの支援に関する特別法の一部改正案)を制定する必要性を強調した。

    この法案は、植民地時代の強制動員によって死亡したり、行方不明になったりした人たちの家族に対し、
    補償金1億ウォン(約1060万円)と、毎月100万ウォン(約10万6000円)の生活支援金を支給するという内容を骨子としている。

    遺族団体はまた、

    ▲日本全国に散らばっている強制動員犠牲者の遺骨の韓国への送還
    ▲強制動員被害者遺族支援財団の設立-などを韓国政府と国会に求めた。

    日本の裁判所は、植民地時代の強制動員による被害の補償をすべきだという遺族たちの要求に対し
    「請求権協定によって補償問題は完全かつ最終的に解決した」との意向を貫いてきた。

    これに対し韓国政府は2010年3月「対日抗争期の強制動員の被害調査および国外強制動員犠牲者などの支援に関する特別法」を制定し、
    強制動員の被害者に対し1人当たり最大2000万ウォン(約210万円)までの慰労金を支給した。

    だが遺族たちは「韓日基本条約締結に際し、日本政府から受け取った補償金3億ドルを、当時の政権が遺族たちの同意を得ずに使った」として、
    国が遺族たちに1人当たり2億ウォン(約2100万円)の補償金を支給すべきだと主張している。


    2015/10/30 08:06
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/10/30/2015103000543.html

    引用元: ・【韓国】強制動員:補償法案、「日本政府から受け取った補償金を返還すべき」 被害者遺族が成立求める[10/30]

    【日本からどんだけ請求されるとおもってんだw【韓国】強制動員:補償法案、「日本政府から受け取った補償金を返還すべき」 被害者遺族が成立求める[10/30]】の続きを読む

    1: 反日犯罪民族 ◆SHINE.1vOk @もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/01/07(水) 12:14:04.96 ID:???.net
    韓国の食用犬23匹、米国で新たな生活へ 写真7枚 国際ニュース:AFPBB News
    http://www.afpbb.com/articles/-/3035781


    【1月6日 AFP】韓国で食用として育てられていた犬23匹が、今週から米国でペットとして新たな生活を始める。その第一陣が5日、米首都ワシン
    トン(Washington D.C.)に近いバージニア(Virginia)州アレクサンドリア(Alexandria)に到着した。

    ?この「移住」は、東アジアの犬肉食に反対する動物愛護団体らの運動の一環。ワシントンに拠点を置く国際人道協会(Humane Society
    International、HSI)が、韓国の首都ソウル(Seoul)北西に位置する一山(Ilsan)で発見した食用犬の養犬場に掛け合い、犬を手放すことを承諾
    させた。

    ?犬たちはアレクサンドリアにある動物福祉同盟(Animal Welfare League)に落ち着き、これからペットとして引き取られていく。個人的にも犬好き
    だという韓国の養犬場主は補償金を受け取り、これからはブルーベリーを栽培するという。

    ?HSIではこれまで中国やフィリピン、タイ、ベトナムの現地団体などとともに犬肉売買に反対する活動を展開してきたが「需要があるために実際
    に犬を食用として飼育している韓国のような例はまれ」だという。また韓国で食用として飼育されていた犬が救出され、米国へ渡るのも初めて。韓
    国では年間120万から200万匹の犬が食用として消費されており、犬肉を供給する養犬場は「少なくとも数百件はある」とHSIでは説明している。(c)AFP


    no title

    引用元: ・【韓米】韓国の食用犬23匹、米国で新たな生活へ 「需要があるために実際に犬を食用として飼育している韓国のような例はまれ」

    【アメリカが食用犬の輸入を始めたということだな【韓米】韓国の食用犬23匹、米国で新たな生活へ。韓国の養犬場主は補償金を受け取り。】の続きを読む

    1: 白井黒子◆KuRokoMU3c 2014/05/13(火)13:40:55 ID:???
    大邱(テグ)地下鉄惨事救助してケガした40代「補償金要求」焼身騒動


    2003年大邱(テグ)地下鉄惨事の時、被害者を助けて浮上した40代が12日、後遺障害補償金支給を要求して焼身騒動を行った。

    大邱市(テグシ)と大邱(テグ)中部警察署などによればこの日午前10時50分ほど中区(チュング)大邱(テグ)市役所本館地下駐車場入口広場でソン某(48・達城郡(タルソングン))さんが体にガソリンをばらまいた後、自殺すると叫んで市庁職員などによって病院に移された。ソンさんは持ってきた1.5リットルのペットボトルに含まれたガソリン半分ほどを体にばら撒いたが即座に制止されて負傷は全く負わなかった。

    ソンさんは2003年2月18日、中央路(チュンアンノ)駅近隣ヘルスクラブにいる間、地下鉄駅舎から煙が沸き上がるのを見てケガ人を救おうと飛び込んで有毒ガス吸入で気道などをケガした。政府が支給した法的補償金1億ウォンとは別に国民義援金で支給した6,700万ウォン余りの特別慰労金を受けた。ソンさんは以後喉頭炎など後遺症のせいでまともな職場を求めることができず、最近では公園などの地でドロップを販売するなど深刻な生活苦に苦しめられたと分かった。

    大邱(テグ)地下鉄惨事のケガ人104人は2008年後遺障害治療費支給などを要求して大邱市(テグシ)を相手に訴訟を起こして裁判所調整を出して国民義援金から19億ウォンの補償を受けた。当時個人の事情で訴訟に参加できなかったソンさんは大邱市(テグシ)を相手に後遺障害補償金支給をずっと要求したが拒否された。大邱市(テグシ)関係者は「事情はかわいそうだが根拠なしに国民義援金を執行できない」として「訴訟をすることになれば支援を惜しまない」と話した。

    警察はソンさんが落ち着けば精神鑑定を依頼する予定だ。

    韓国日報(韓国語)
    http://news.hankooki.com/lpage/society/201405/h2014051220445421950.htm

    引用元: ・【韓国】大邱地下鉄惨事で救助してケガをした40代、補償金要求して焼身騒動[05/12]

    【【韓国】大邱地下鉄惨事で救助してケガをした40代、補償金要求して焼身騒動[05/12]】の続きを読む

    このページのトップヘ