まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:裁判所

    1: 白井黒子◆KuRokoMU3c 2015/03/03(火)21:35:51 ID:???
    【社会】軍での性暴行後遺症で防火、治療監護を命じる

    ソウル高等法院は軍隊で性暴行されて不安症となり、考試院に放火した容疑で起訴されたA被告(29)に、懲役1年6ヶ月を宣告して治療監護を命じた。
    裁判所はA被告が犯行当時、情緒不安定性人格障害と自殺・自害衝動の症状が見られる心身微弱状態であったと判断されるとし、再犯の危険性もあると明らかにした。

    innolife.net
    http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=18&ai_id=196076

    引用元: ・【韓国】軍での性暴行の後遺症で防火、裁判所が治療監護を命じる[03/03]

    【放火と防火は朝鮮語で区別できない 【韓国】軍での性暴行の後遺症で防火、裁判所が治療監護を命じる[03/03]】の続きを読む

    1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2015/02/13(金)19:52:03 ID:iRC
    2015年2月13日、韓国・聯合ニュースによると、インターネットのウェブサイトに書いた記事で
    韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の名誉を毀損(きそん)したとして在宅起訴された
    産経新聞の加藤達也前ソウル支局長が、出国禁止措置の取り消しを求めて申し立てた仮処分の審理で、
    ソウル行政裁判所は加藤前支局長の申請を棄却する決定を下した。

    加藤前支局長は6日、出国禁止の延長措置は違法であるとして、法務部長官を相手に、
    同措置の取り消しを求める訴訟を起こすとともに、出国禁止措置の執行停止を求める仮処分を申し立てていた。

    これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

    「日本に帰ることは諦めて、おとなしく裁判を受けろ。どうせ何カ月もかからないだろう」
    「加藤前支局長の記事が正しいことを韓国国民は知っている」

    「加藤前支局長に対する措置は正しい。どんなに朴大統領が無能だといっても、
    あんな記事を書くなんてひど過ぎる。日本が慰安婦問題などで歴史を歪曲(わいきょく)していることを考えると、
    言論の自由だと簡単に済ませてはいけない」

    「徹底的に捜査して、少しでも悪意があったとわかったらすぐに牢屋にぶち込め!」
    「嫌韓の雰囲気を作り上げた日本社会の責任だ」

    「日本に帰らなくても、親日派の国会議員の家に行けば日本を感じられる。考え方も加藤前支局長と似ていて、分かり合えるのでは?」
    「また韓国の品格が下がった(笑)」(翻訳・編集/堂本)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150213-00000053-rcdc-cn

    引用元: ・【韓国】韓国裁判所、産経前ソウル支局長の出国禁止解除請求を棄却=韓国ネット「言論の自由で済ませてはいけない」「すぐ牢屋にぶち込め」「嫌韓を作り上げた日本社会の責任!」[2/13]

    【北も南も拉致国家 【韓国】韓国裁判所、産経前ソウル支局長の出国禁止解除請求を棄却=韓国ネット「言論の自由で済ませてはいけない」「すぐ牢屋にぶち込め」[2/13]】の続きを読む

    souiu


    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2014/11/26(水) 21:25:39.64 ID:???.net
    韓国紙「中央日報」の25日付の報道によると、韓国最高裁は先ごろ、2011年に発生した「15歳女子中学生妊娠事件」について
    終審判決を下し、強姦罪と言い渡された45歳の男性に無罪判決を言い渡した。裁判所によると、ショート・メッセージや書簡の内容
    で見れば、2人は恋愛関係にあるからだ。

    2011年8月、当時15歳の中学校3年生のAは交通事故で入院した。この期間中、あるレクリエーション会社を経営する当時45歳
    の男性BはAに出会った。Bは2人が知り合った翌日にAにキスをし、その1週後に性的関係を持った。その後、2人は性的関係を
    何度も繰り返したためAは妊娠した。Aは、Bを裁判所に訴え、Bが性的関係を強要したと主張し、Bはレイプ容疑で拘束されたが、
    2人が愛情のためいっしょにいたと主張した。韓国地裁は一審でこの事件の本質が性的暴力であると認定し、Bに懲役12年を
    言い渡し、2審で刑期を3年減らしたが、相変わらず有罪だと認定した。

    しかし4ヶ月後、韓国最高裁は無罪の主張により、ソウル高裁へ移送した。この事件を担当する裁判所の3部は「AがBに発信した
    メッセージでは、AがBに対し一目惚れしたことは明らかであり、書簡にも『貴方のことが好きだ』、『貴方といっしょに暮らしたい』などの
    文句を書いていることが分かった。これらのメッセージや書簡の内容から判断すれば、AがBに好感を持ち、その後、愛情に発展した」
    と表明した。

    (翻訳 李継東)

    ソース:新華ニュース  2014年11月26日 17時36分
    http://news.livedoor.com/article/detail/9510380/

    引用元: ・【韓国】韓国 男性が女子中学生を妊娠させ、裁判所が愛情として無罪判決[11/26]

    【 こんな国の人間を日本に入れるなよ。 【韓国】韓国 男性が女子中学生を妊娠させ、裁判所が愛情として無罪判決[11/26]】の続きを読む

    yaru


    1: 白井黒子◆KuRokoMU3c 2014/07/05(土)13:48:18 ID:???
    裁判所、故郷隣人たちの目撃談で日帝徴用被害認定
    「客観的資料なくても慰労金支給しなければ」


    故人が日帝強制徴用のせいで負傷して死亡したのか判断する時、客観的資料がなくても彼の故郷隣人たち目撃談だけで被害事実を認められるという裁判所判決が下されてきた。

    ソウル行政法院行政12部(イ・スンハン部長判事)はキム某さん遺族が慰労金を支給しろとし対日抗争期強制動員被害調査および国外強制動員犠牲者など支援委員会を相手に出した訴訟で原告勝訴で判決したと4日明らかにした。

    遺族の主張によれば1904年生まれであるキム氏は1940年4月、日本に引きずられて行って炭鉱で重労働をしている間にひどいケガをした。炭鉱側は1943年4月、労働能力を失ったキム氏を故郷へ送りかえした。

    炭鉱で殴打されたキム氏は家に帰ってきても後遺症が激しくて農作業をできなくて弱々しく病んで53才に死亡した。

    遺族はキム氏が対日抗争期強制動員被害者に決定されたが慰労金支給申請は棄却されるや訴訟を起こした。委員会側はキム氏が強制徴用せいでケガしたという事実を後押しする客観的資料がないとし対抗した。

    これに対し裁判所は故郷でキム氏とともに生きた隣人たちの目撃談を根拠に遺族の手をあげた。

    裁判所は「隣人たちが各自作成した保証書によれば故人は日帝によって強制動員されて激しい労役をしたし日本人監督者などから殴打されて帰国後にも後遺症で苦痛を受けて死亡したと見られる」と判示した。

    裁判所は「日帝が崩壊が差し迫らなかった時、故人を帰国させたのは彼が労働力を相当部分失ったためであるものと推定される」として「死亡当時高齢ではなかった点も考慮した」と付け加えた。

    先立って同じ裁判所はヤン某氏遺族が出した似た趣旨の訴訟で故人の親戚陳述を根拠に遺族の手をあげて「時代状況などを考慮する時犠牲者側が客観的・具体的資料を提出するのは事実上不可能だ」と指摘したことがある。

    デイリー韓国(韓国語)
    http://daily.hankooki.com/lpage/society/201407/dh20140704063721137800.htm

    引用元: ・【韓国】「客観的資料なくても慰労金支給しなければならない」~裁判所、故郷の隣人たちの目撃談で日帝徴用被害認定[07/04]

    【韓国には外交も、法律も、良心もない。 -【韓国】「客観的資料なくても慰労金支給しなければならない」~裁判所、故郷の隣人たちの目撃談で日帝徴用被害認定[07/04]】の続きを読む

    1: 白井黒子◆KuRokoMU3c 2014/06/24(火)14:48:43 ID:???
    ソン・ヒョナ、3回売春5000万ウォン受けて…罰金200万ウォン求刑"くやしい"


    no title

    ▲ソン・ヒョナ『売春疑惑』罰金刑(写真=パク・インヨン インターン記者)


    売春疑惑で起訴されたタレント、ソン・ヒョナが罰金200万ウォンを求刑された。

    23日ソン・ヒョナは水原(スウォン)地方法院安産支援で開かれた5次公判に姿を現わした。

    この日5次公判にはソン・ヒョナをはじめとする核心証人と知られたA、Bさんが参加した。裁判は非公開で進行され、約5時間30分ほど必要とされて午後7時を過ぎてやっと裁判が終わった。

    裁判を終わらせたソン・ヒョナは取材陣の質問に答えないで急に裁判所を抜け出た。

    ソン・ヒョナ側弁護人は「ブリーフィングをする事項はない。来る8月8日に宣告期日が捕えられ、全ての事はその時明らかになるだろう」と明らかにした。

    先立ってソン・ヒョナは昨年12月、2010年2月から3月間、3回にかけて一個人事業家と性関係を結んだ後合計5,000万ウォン余りを受けた疑惑で不拘束起訴された。これに対し裁判所はソン・ヒョナの有罪を認めて罰金刑の略式命令を下したが、『くやしい』という立場を明らかにしたソン・ヒョナは無嫌疑を立証するために正式裁判を請求した。ソン・ヒョナは去る3月から4回の公判を進めてきた。

    一方裁判所はソン・ヒョナに罰金200万ウォンを求刑して宣告公判は来る8月8日午前10時と決めた。また、相手の男性には罰金300万ウォン、ブローカーには懲役1年6ヶ月を求刑した。

    (後略)

    デイリー韓国(韓国語)
    http://daily.hankooki.com/lpage/society/201406/dh20140624103216137780.htm

    引用元: ・【韓流】裁判所、『売春疑惑』ソン・ヒョナに罰金200万ウォンを求刑[06/24]

    【韓国の女 全員罰金じゃん-【韓流】裁判所、『売春疑惑』ソン・ヒョナに罰金200万ウォンを求刑[06/24]】の続きを読む

    このページのトップヘ