まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:被害者

    1: ダーさん@がんばらない ★ 2018/03/27(火) 08:47:45.98 ID:CAP_USER
    ムン大統領のベトナム戦争関連の謝罪を糾弾する!

    ベトナム戦争は休戦協定に違反したベトコンの不法南侵で始まり、派兵された韓国軍はこのような戦争犯罪で5000人が死亡した。良民虐殺は主張に過ぎず、韓国の公式調査では確認されていない。しかも、キム・デジュン大統領が似たような謝罪をしたことがあるのに、ムン・ジェイン大統領がなぜまた謝罪をするのか?

    趙甲濟/趙甲済ドットコム代表

    ベトナムを国賓訪問中のムン・ジェイン大統領は23日、「韓国とベトナムが模範的な協力関係を発展させている中で、我々の心に残っている両国間の不幸な歴史について遺憾の意を表する」と述べたと報じられた。ムン大統領はこの日、ベトナム主席宮殿でチャン・ダイ・クアン・ベトナム国家主席との首脳会談の冒頭でこのように明らかにし、「両国が未来志向的な協力を促進するために一緒に力を合わせて行くことを希望する」と述べた。

    ムン大統領のこのような言及は、ベトナム戦争当時、韓国軍の派兵と民間人虐殺問題などについて公に遺憾の意を明らかにしたものとメディアは分析した。ムン大統領は昨年11月、ベトナム・ホーチミン市で開催された「ホーチミン-慶州世界文化エキスポ2017」のイベントに送った映像祝辞を通じて「韓国はベトナムに心の借金を負っている」と述べている。

    クアン主席は続くプライベート会談でムン大統領の過去の歴史に対する遺憾表明について「ベトナム戦争過去史に対する韓国政府の真心を高く評価する」、「過去の痛みを癒し、両国間の友好関係を強固なものにし、相互協力を強化するために、韓国政府がさらに努力するように願う」と話したという。

    過恭非禮と賊反荷杖が重なった。ベトナム戦争は休戦協定に違反したベトコンの不法南侵で始まり、派兵された韓国軍はこのような戦争犯罪で5000人が死亡した。良民虐殺は主張に過ぎず、韓国の公式調査では確認されていない。しかも、キム・デジュン大統領が似たような謝罪をしたことがあるのに、ムン・ジェイン大統領がなぜまた謝罪をするのか?

    これは国軍統帥権者として国軍の誇らしい海外派兵を汚す歴史自害行為である。大韓民国の国軍は自由を守るためにベトナム戦争に派兵され、国益を増進させた。ベトナムの共産化はサイゴンのティファナ政権と米国が責任を負うことであって、パク・チョンヒ政府や国軍は間違っていない。ベトナム政府も韓国政府に一度も謝罪を要求したことはない。ムン大統領はベトナムの共産化は正義で、これを阻止しようとした米国、韓国、オーストラリアなど自由陣営の努力は恥ずかしいことだと考えているようだ。そうなら、ムン・ジェイン大統領の思想を問わざるを得ない。

    ソース:Newdaily 2018.03.26 06:23:53(韓国語)
    http://www.newdaily.co.kr/site/data/html/2018/03/26/2018032600002.html

    続きます

    引用元: ・【韓国】ムン大統領の謝罪を糾弾する!韓国はベトナムから多くの苦痛を受けた。まさに我々が被害者だ[03/27]

    【【韓国】ムン大統領の謝罪を糾弾する!韓国はベトナムから多くの苦痛を受けた。まさに我々が被害者だ[03/27] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/09/27(水) 00:59:57.95 ID:CAP_USER
    現在上映中の映画<アイ・キャン・スピーク>は日本軍「慰安婦」被害者のイ・ヨンス、キム・クンジャハルモニの実話を土台に作られた。帰国後も忘れられない苦痛の記憶による日本軍「慰安婦」被害者の苦しみと証言が含まれている。

    1991年8月、旧日本軍「慰安婦」であったキム・ハクスン、ハルモニの被害証言後、日本軍「慰安婦」問題が問題化した。当時、大多数の日本人たちは日本軍「慰安婦」問題が話題になることに強い拒否感を示した。

    過去の歴史事実について謝罪する必要性が全く感じられないという日本嫌韓論者らの発言が日本の最大有力総合月刊誌「文芸春秋」1992年3月号に特集対談記事でのせられた。記事は我が国の政治・経済・歴史など韓国社会全般に対する反と嫌の感情を噴出させる内容と非難で構成されていた。

    この記事を契機に我が国と日本の日刊紙に「嫌韓」(韓国・韓国人に対する嫌悪)という議論が出現し、嫌韓は今も韓・日関係にあって現在進行形だ。従って韓・日関係にあって嫌韓を解決するためには、日本軍「慰安婦」問題の真の解決を省くことはできない。

    日本軍「慰安婦」問題は韓日間の問題だけでなく、地球村全体の問題という観点から接近し批判しなければならないだろう。また、歴史歪曲と痛みを越えて両国が未来に進むためには日本軍「慰安婦」の本質を凝視し、いかなる利害得失も考えず、ひたすら被害者に対する謝罪と反省が前提にならなければならない。

    ノ・ユンソン|高麗(コリョ)大中日語文学科博士課程修了

    ソース:京郷新聞(韓国語) [京郷の広場]慰安婦と「嫌韓」の輪
    http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201709262056005&code=990402

    引用元: ・【韓国】 慰安婦と「嫌韓」の輪~嫌韓を解決するために「慰安婦」問題の真の解決が必要だ[09/26] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【これだから韓国人は信用されないw】「 「嫌韓」を解決するために「慰安婦」問題の真の解決を。ひたすら被害者に対する謝罪と反省が前提」京郷新聞(韓国語)】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/10/04(水) 09:15:45.33 ID:CAP_USER
    【光州聯合ニュース】日本による植民地時代に強制徴用された韓国人被害者の高齢化が進み、賠償を受けられないまま亡くなる被害者が増えている。

     韓国行政安全部の過去史関連業務支援団によると、政府から医療支援金の支給を受けている徴用被害者は現在6570人で、4年前(1万3854人)の半分以下に減少した。

     これについて、韓国の市民団体「勤労挺身隊ハルモニ(おばあさん)とともにする市民の集まり」は、医療支援金受給者は生存中の徴用被害者の一部に過ぎないが、80~90代の被害者が次々と亡くなっていることを証明していると指摘した。

     同団体の李国彦(イ・グクオン)代表は、高齢の被害者たちが日本の戦犯企業に法的責任を問う訴訟への参加について「いつ結論がでるか分からない」と落胆するケースが多いとした上で、「これまで訴訟に乗り出した人は遺族を含めても1000人余りに過ぎない」と説明した。

     また、「裁判の速度が遅ければ戦犯企業だけが有利になる。大法院(最高裁)が迅速な判断を下すべきだ」と指摘した。

     同団体によると、徴用被害者5人が2000年に三菱重工業に損害賠償を求めた訴訟は17年間も続き、原告は全員他界した。

     被害者4人が05年に新日本製鉄(現新日本住金)を相手取り起こした訴訟は、13年7月にソウル高裁で勝訴したが被告側が上告。原告のうち2人は大法院の判決が出る前に亡くなった。

     韓国で進められている強制徴用関連の訴訟は15件で、このうち3件は大法院の判決を待っている。今まで大法院の判決が下された強制徴用関連の訴訟はない。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/04/2017100400198.html

    引用元: ・【韓国】高齢化進む強制徴用被害者 賠償まで道のり遠く

    【【何チンタラやってんの(笑】高齢化進む強制徴用被害者「裁判の速度が遅ければ戦犯企業だけが有利。大法院が迅速な判断を下すべき」】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/18(金) 10:21:09.23 ID:CAP_USER
    韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は17日、北朝鮮がどのような行動を取ったら取り返しのつかない状況になるのかという、いわゆる「レッドライン」(禁止線)について「大陸間弾道ミサイル(ICBM)を完成させ、それに核弾頭を搭載して武器化するに至ったとき」と語った。

    文大統領はこの日、大統領府(青瓦台)で開かれた就任100日記念の記者会見で「北朝鮮はいよいよ、そのレッドラインの臨界値に近づきつつある」として、このように語った。国際関係において敵性国が「レッドライン」を越えたと判断された場合、外交的手段に代わって武力や軍事的方法を動員することになる。

    韓国政府の関係者は「歴代政権を見渡しても、大統領が『レッドライン』を規定したのは今回が初めて。北朝鮮による核兵器開発問題の厳しさを反映している」と語った。

    文大統領は「現段階では、北朝鮮によるさらなる挑発を防がなければならない。もし北朝鮮が再び挑発したら、北朝鮮はより強硬な制裁措置に直面し、耐えることはできないだろう」と語った。

    しかし、文大統領のこうした「レッドライン」の基準に対しては「ならば、韓国を狙った核ミサイルの完成はレッドラインではないということか」という反論も出た。ICBM級のミサイルの核兵器化だけを「レッドライン」として提示したにすぎず、当の韓国が核兵器の射程に入って脅威を受けることになる中距離・短距離ミサイルの核兵器化には言及がなかったからだ。

    盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時代に大統領府の国防補佐官を務めた金熙相(キム・ヒサン)韓国安保問題研究所理事長は「ICBM級の核兵器は、米国大統領の基準で見ると『レッドライン』。韓国が核攻撃の射程に入る『レッドライン』はスカッドやノドン・ミサイルの核兵器化であって、既にラインを越えて久しい」と語った。

    文大統領はこの日「北朝鮮の核・ミサイル問題における最も中心的な当事者、最も大きな利害関係者はまさにわれわれ韓国」と語ったが、北朝鮮が核で韓国を脅す場合について言及はなかった。

    文大統領はこの日も、8月15日の演説と同じく、平和的解決や「戦争はいけない」というメッセージを強調した。文大統領は「韓半島(朝鮮半島)で二度と戦争はない。米国のトランプ大統領も、北朝鮮に対していかなるオプションを使用するにせよ『その全てのオプションについて韓国と十分に協議し、同意を得たい』と約束したことがある」と語った。

    また、対北朝鮮関係については「対話は必要だが、対話そのものが目的ではない」として、対北朝鮮特使も条件が整って初めて送ることができる、と語った。

    このほかにも、文大統領は増税について「韓国国民の公論が集約されれば検討できるだろうが、現時点では政府が発表した増税案だけで十分に財源を賄うことが可能」と語った。不動産保有税の引き上げについては「今の段階では検討していない」と語った。

    鄭佑相(チョン・ウサン)記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/08/18/2017081800946.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/08/18/2017081800946_2.html


    【社説】レッドラインを越えた北に「越えるな」と警告した文大統領

    韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は17日、就任100日の記者会見で、北朝鮮の核とミサイルの「レッドライン」(禁止線)について「大陸間弾道ミサイル(ICBM)を完成させ、それに核弾頭を搭載して兵器化するに至ったとき」と語った。

    さらに「(レッドラインを越えていない)現段階では、北朝鮮によるさらなる挑発を防がなければならない。もし北朝鮮が再び挑発したら、より強硬な制裁措置に直面することになり、北朝鮮は耐えられないだろう」と語った。

    「レッドライン」とは通常、北朝鮮の核やミサイルに対し、外交的手段を控えて非外交的手段を選ぶようになる転換点のことを指す。米国の立場からすると、レッドラインは文大統領が語った内容そのままという可能性が高い。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/08/18/2017081800951.html

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【朝鮮日報】北朝鮮危機:韓国の視点がない文大統領の「レッドライン」発言 北朝鮮の核が認められ既成事実化すれば最大の被害者は韓国に [無断転載禁止]©2ch.net

    【【自分でけり付けろよ】北朝鮮危機:韓国の視点がない文大統領の「レッドライン」発言 北朝鮮の核が認められ既成事実化すれば最大の被害者は韓国に】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/07/31(月) 19:29:31.01 ID:CAP_USER
    今月23日、慰安婦被害女性がまた一人亡くなった。金君子(キム・クンジャ)さんの他界で旧日本軍慰安婦生存者は37人になった。「慰安婦再交渉」問題をめぐり、韓日政府の間には緊張感が漂っている。慰安婦問題を国際的に公論化しても有利ではなさそうな日本が強情に主張を変えない理由は、米国の支持があると信じているためだ。

    意外にも、20世紀に米国は、韓日関係において決定的瞬間に2度、日本の肩を持った。その第一は1905年7月29日に締結された桂・タフト密約(桂・タフト協定)だ。大韓帝国とフィリピンの植民支配を日本とアメリカが互いに認め合うことを秘密裏に約束した。

    日露戦争が同年9月、日本の勝利で終わる直前に交わされた。これは李承晩(イ・スンマン)初代大統領が米国で独立運動していた時期に米国を圧迫した要素でもある。1882年に朝鮮と米国の間で締結された朝米守護通商条約に米国が違反していたためだ。

    ◆サンフランシスコ条約は米国の第二の裏切り

    第二の裏切りは第2次世界大戦後、日本の戦争賠償問題を協議するサンフランシスコ平和条約(1951)でだ。韓国にとって決して平和だとは言えない「平和条約」だった。当初、高額の賠償金を含めて強力な措置を講じる予定だった米国は、日本の責任問題に対してほぼ全面的に沈黙する姿勢を見せた。

    中国共産党に対して蒋介石軍が劣勢となり、台湾に追われたことを受けて米ソ冷戦が始まったためだ。日本に力をつけさせてアジアの共産化を防ぐ方向に戦略を修正したのだ。

    ソウル大の李泰鎮(イ・テジン)名誉教授(74)はこのような歴史の「スケープゴート」だった慰安婦女性が今でも代理戦をしていると見ている。日本侵略の不法性問題を正面から取り扱えない中で、慰安婦問題がこれその代わりをしているというのだ。慰安婦問題は人権・女性問題なので、世界の人々から普遍的な支持を受けている。だがそれにも限界がある。

    李教授は「人権問題を越えて植民支配の強制性に対する歴史認識を確実にすることが根源的解決法」と述べた。

    もともと朝鮮時代の政治史を専攻していた李教授が日本侵略の不法性問題に専攻を変えたのは1992年のことだ。同年5月、ソウル大奎章閣(キュジャンガク)に所蔵されていた大韓帝国公文書整理事業を主管している時に、日帝の統監部職員が純宗(スンジョン)皇帝の詔勅・法令などの決裁過程で、皇帝の署名を偽造して処理した文書60点余りを発見した。

    すでに25年が過ぎたその瞬間から今まで、李教授の「強制併合無効化」闘争は続いている。

    日本侵略の正体を暴こうと出発した研究は、大韓帝国に対するさげすみで一貫した日本の歴史わい曲を訂正する方向に進んだ。1995年『日本の大韓帝国強占』から始まり、2000年『高宗時代の再照明』を出版して大きな一歩を残した。昨年出した『日本の韓国併合強制研究』、最近出版した『終わっていない歴史-植民支配清算のための歴史認識』等がそのような作業の一環だ。

    最近もロシア・フランス・日本などで学んだ後輩の学者と定期的に勉強会を開き、文書の読解や討論を続けている。

    今も重みのある研究書を出す理由を尋ねると、李教授は「今後研究できる時間もそれほど多く残されていないように思われて、焦る気持ちもある」とし「2015年12月28日、韓日両国政府間で交わされた『慰安婦合意』のような良くない事例が出てくる状況を改善するために微力ながら尽くしたい」と述べた。

    http://japanese.joins.com/article/839/231839.html
    http://japanese.joins.com/article/840/231840.html
    http://japanese.joins.com/article/840/231841.html

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【韓国】日帝侵略は無効、歴史知らずに慰安婦被害者が代理戦 加害者・日本は緻密、被害者・韓国は粗末[7/31] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【日本人には理解できない逆恨み】中央日報「日帝侵略は無効、歴史知らずに慰安婦被害者が代理戦 加害者・日本は緻密、被害者・韓国は粗末」】の続きを読む

    このページのトップヘ