まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:行動

    1: 蚯蚓φ ★ 2019/02/12(火) 19:27:33.49 ID:CAP_USER
    痛惜の念。去る1990年、日王アキヒト(明仁)が当時の盧泰愚(ノ・テウ)大統領訪日の際、日本の植民地支配と関連して言った言葉だ。「痛惜の念を禁じえない」とは謝罪なのかどうか、曖昧な発言をめぐり韓国内では少なからぬ反発が起きた。

    痛惜は辞典で「大変残念で惜しい」と解説している。痛惜に「念」や「禁じ得ない」のようなどんな修飾語を付けても痛惜は痛惜であるだけに謝罪でないのは明らかだ。

    日本は植民地支配や太平洋戦争、日本軍「慰安婦」問題と関連してその被害者らが納得するほどの謝罪をした場合が殆どない。謝罪はしたようでも、その後、日本が見せた姿勢を見れば謝罪を謝罪として受け入れるのは難しい。

    1993年、河野官房長官は慰安婦に対する日本軍の強制性を認めた談話すなわち「河野談話」を、2年後、村山総理は植民地支配と侵略に対する痛切な反省の意を表わして心より謝罪するという「村山談話」を出した。河野談話と村山談話を見れば日本が過去を反省し、その被害者らに謝罪したと見なされるが、それだけだった。

    慰安婦問題をめぐり韓国と日本が現在の尖鋭な葛藤を生じさせている。その中心には安倍総理がいる。安倍は2015年、米国ハーバード大講演で日本軍慰安婦は人身売買の被害者で、言葉では言いようのない苦痛にあった人身売買犠牲者を考えると胸が痛むと言った。それと共に慰安婦強制動員を認めた河野談話を維持するといった。しかし謝罪はしなかった。

    日本が真に慰安婦問題などについて反省しているならば、機会があるごとに謝ってまた反省していることを行動で見せてこそ正しい。それでこそ被害者らが謝罪として受け入れられる。しかし、日本は河野談話を維持する、いついつ謝罪したという言葉だけ繰り返す。

    しかも14人のA級戦犯を合祀した靖国神社を総理をはじめとする閣僚らが公式参拝している。歴史教科書にも植民地支配と侵略戦争などを単純に羅列だけしながら蛮行を隠す。第一次世界大戦と第二次世界大戦を加減なしに教科書にのせ、アウシュビッツ収容所に修学旅行して学生たちに祖父世代の誤りを繰り返さないよう教えるドイツと比較される部分だ。
    (後略:韓国議員の謝罪について)

    ソ・ヨンフン(社会部長・副局長)
    http://www.knnews.kr/edb/nimages/2019/02/20190212.01010122000001.01L.jpg

    ソース:慶南日報(韓国語) 痛みを与えたとすれば?-ソ・ヨンフン(社会部長・副局長)
    http://m.knnews.co.kr/mView.php?idxno=1276804&gubun=#_enliple

    前スレ:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1549944627/
    ★1のたった時間:2019/02/12(火) 13:10:27.54

    引用元: ・【韓国】 痛みを与えたとすれば?~機会あるごとに謝り、反省を行動で見せるのが正しい★2[02/12]

    【どこの未開人の理屈だよ【韓国】 痛みを与えたとすれば?~機会あるごとに謝り、反省を行動で見せるのが正しい★2[02/12] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/09/21(金) 22:46:23.59 ID:CAP_USER
    no title

    ▲韓国・文在寅大統領が置かれている状況は、他国とは比べものにならないくらい苛酷だ(写真:北朝鮮ニュース)

    アメリカの外交当局者とやりとりしている人間の間で最近、誰の目にも明らかになってきたことがある。米韓関係の行く末を不安視する声が急速に広まっているのだ。

    一見すると、米韓関係は良好だ。韓国の文在寅大統領はアメリカのドナルド・トランプ大統領を褒めちぎり、トランプ大統領の北朝鮮政策を持ち上げるだけでなく、良好な2国間関係を維持しようとあらゆる手を打っている。国際貿易の専門家からは、韓国は通商面でもトランプ大統領の要求に異例の譲歩姿勢で応じている、といった見方も出ている。

    米韓はこのままいくと衝突する可能性

    文大統領はもちろん、米韓関係を危機にさらしたいと考えているわけではない。無用な緊張を避けられるのであれば、かなり大きく譲歩することすらいとわないスタンスだ。ただ、客観的にいって、韓国とアメリカはこのままいくと衝突する可能性がある。北朝鮮をめぐる双方の国益が明らかにずれてきているからだ。アメリカ政府内で米韓関係の行く末に懸念が強まっているのは、理由のないことではない。

    アメリカ政府が北朝鮮を重要視するのは、核を手にしているからにほかならない。はっきり言って、それ以外にアメリカが北朝鮮を相手にしなければならない理由などない。核さえなければ、遠く離れた、どうでもいい小国にすぎないからだ。しかし、北朝鮮はロシア、中国に次いで、アメリカ本土を核攻撃できる世界第3の国になろうとしている。アメリカが快く思わないのは当然だ。つまりアメリカの北朝鮮政策は、ほぼ核問題一本に絞られているといってよい。

    だが、韓国にとって核問題とは、南北が分断していることから派生してきた数ある問題のうちの1つでしかない。また韓国では、核問題が必ずしも今にも爆発しそうな圧倒的緊急課題と考えられているわけでもない。確かに、長い目で見れば北朝鮮の核兵器は韓国を制圧する目的で使用される可能性もなくはない。しかし、このようなシナリオが現実化する確率はどちらかといえば低い。近い将来に核攻撃が行われる可能性が低いことは、もっとはっきりしている。

    一般に想像されているほど、韓国は北朝鮮の核に脅威を感じてはいないということだ。韓国政府は表向き平和的な統一や非核化、その他ほぼ実現不可能な素晴らしい展望を口にしてはいるが、本音では北朝鮮をなだめながら平和と安定、つまり現状を維持することが最優先課題だと考えている。現状維持のために核問題に目をつむらなければならないのだとしたら、それはそれで仕方がない、というスタンスなのである。

    確かに、米韓に横たわる認識のずれや国益の違いは昔から存在していた。しかし、トランプ大統領と文大統領が両国のトップになったことで、矛盾は以前にも増して目立つようになってきた。
    (中略:元記事参照)

    もちろん、トランプ大統領は同盟国の国益を考慮するような人物ではない。韓国政府がいくら抵抗を試みたとしても、アメリカ政府のスタンスを変えることなどできないだろう。だが、このような事態となれば、米韓の同盟関係には大打撃となる。

    つまり、アメリカと韓国が衝突するのではないかという政策当局者の心配は絵空事ではない。米韓首脳の思想的傾向や性格の違いにも原因はあるが、それ以前に双方の国益がそもそも大きく食い違っているからだ。

    (文:アンドレイ・ランコフ/韓国・国民大学教授・北朝鮮ニュース取締役)

    ソース:東洋経済<韓国とアメリカが「衝突」する日が迫っている>
    https://toyokeizai.net/articles/-/238683

    関連スレ:【南北韓】 「朝鮮半島は統一により韓国が消滅する」~国際政治学者・藤井厳喜氏/千葉「正論」懇話会[09/20]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1537460850/

    引用元: ・【米韓】 韓国とアメリカが「衝突」する日が迫っている~トランプ大統領の突飛な行動がリスク要因に [09/21]

    【【米韓】 韓国とアメリカが「衝突」する日が迫っている~トランプ大統領の突飛な行動がリスク要因に [09/21] 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2017/12/07(木) 11:45:19.91 ID:CAP_USER
    中国の高高度ミサイル防衛システム(THAAD)を巡る報復が緩和され、2日、中国人団体観光客32人が260日ぶりに韓国を訪れた。中国人観光客の帰還は嬉しいことだが、低価格ショッピング中心の「安物観光」の慣行は、少しも変わっていない様子だ。

    東亜(トンア)日報が3回にわたって連載した「中国人観光客の長城に閉じ込められた韓国観光」シリーズは、このように、中国への依存度の高い観光産業の問題点を指摘し、発展方向を示した現場報告書である。

    中国の9ヶ月間の「限韓令」により、韓国観光産業が焦土化したのは、これまで中国人低価格団体観光客に過度に頼ってきたからだ。各旅行会社は、中国現地の旅行会社に1人当たり8万?20万ウォンの手数料を払って顧客を誘致後、この費用を免税店、ショッピングセンターのインセンティブで埋めてきた。

    午前は東大門(トンデムン)、午後は明洞(ミョンドン)を回る「ショッピング尽くめ」の理由だ。観光客誘致の多角化が提起されなかったわけではないが、免税店でさえ「最大の利益を最短時間で上げるためには、中国市場にすべてをかけざるを得ない」という現実において、市場の多角化は優先順位から後回しにされざるを得なかった。

    観光コンテンツまで不足しているので、外国人観光客の韓国再訪問率は2回が12.7%、3回が6.7%へと激減している。もっと大きな問題は、中国の団体観光が絶たれた後に、韓国の旅行会社のこのような営業慣行が東南アジアにまで拡散し、「韓国観光は安物」という認識が広がっていることである。

    35ドル(約3万8000ウォン)の韓国3泊4日の観光商品を利用したベトナム観光客たちが帰って行って、果たして韓国をどう思い出すのか恐ろしい。

    政府と観光業界が膝を交えて、医療観光やヒーリング観光のように、高級観光客を対象とする商品開発に乗り出す時だ。外国人専用投資開放型(営利)病院設立などの規制緩和も考慮する必要がある。地方自治体も観光客のためのユニークな体験インフラを開発し、ソウルと済州(チェジュ)集中現象を分散する必要がある。それでこそ、観光客らが再び韓国を訪れる。

    保寧(ボリョン)マッドフェスティバルは、泥という特産物一つで、今年62万人の外国人を誘致した。今のように安物中国人観光に依存する行動が繰り返されれば、大韓民国ブランドも安物に転落するしかない。


    December. 07, 2017 08:55
    http://japanese.donga.com/List/3/0501/27/1149197/1

    引用元: ・【東亞日報】「韓国観光は安物」という認識が広がっている 安物の中国人観光を卒業して高品格観光に[12/07]

    【【そもそも韓国自体が安物国家だから】「安物中国人観光に依存する行動が繰り返されれば、大韓民国ブランドも安物に転落する」【東亞日報】】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/12/05(火) 20:20:43.23 ID:CAP_USER
    2017年12月05日14時13分
    [? 中央日報日本語版]

    ベトナム外交アカデミー対外政策戦略研究所のトゥ・アィン・トゥアン副所長が韓国とベトナム関係について「過去のことは過去のことであるだけ」とし、未来志向的な韓国とベトナム関係を呼びかけた。
    no title


    1日(ベトナム現地時間)、アィン・トゥアン副所長は韓国外交部共同取材団とのインタビューで「『過去にあったこと』に対してはベトナムではとても一貫した主張を持っている」として「過去を捨てて未来へ向かおうということ」と説明した。

    最近、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が「韓国はベトナムに心の負債がある」と述べた発言に対し、「過去のことを知らないわけではなく確かに知っているが、未来へ向かうために過去のことを蒸し返さない努力をしなければならない」とし「両国がこれから未来に向けて共に進んでいきたい」と強調した。また「韓国政府がもう一度過去のことを思い起こさせるか、そのような余地のある行動をしないでほしいという願いもある」とも述べた。

    彼は「韓国は戦略的パートナーの関係にある国家でこれをとても重視している」として「両国政府と両国民の期待と願いに合わせて関係を発展させていきたい」と話した。

    http://japanese.joins.com/article/172/236172.html?servcode=A00&sectcode=A00&cloc=jp|main|top_news

    引用元: ・【歴史】「韓国-ベトナム、過去を捨てて未来へ向かおう」 ベトナム外交アカデミー副所長

    【【嘘つき売春婦ババアに言ってやれよw】ベトナム外交アカデミー副所長「韓国政府は過去のことを思い起こさせるような行動をしないでほしい」  】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/09/30(土) 23:29:35.71 ID:CAP_USER
    no title

    ▲麻生太郎副首相//ハンギョレ新聞社

     「北朝鮮に非常事態が起きれば、難民が船に乗って新潟、山形、青森の方には間違いなく漂着する。どのように対応すべきか。警察で対応できるか。自衛隊の防衛出動か。じゃあ射殺か。真剣に考えた方がいい」

     麻生太郎副首相が23日、宇都宮市で講演し、北朝鮮難民を撃ち殺すこともありうるとしてした話だ。麻生副首相は妄言が多い政治家だ。「創氏改名は朝鮮人が願ってしたこと」 「死にたいと思っている高齢者はさっさと死ねるようにしなければ」 「(憲法改正で)ナチの手法を学ぼう」など多様な妄言を吐いた。最近も「(政治は)結果が大事だ。何百万人殺したヒトラーは、 やっぱりいくら動機が正しくても駄目だ」と話して、後に発言を撤回した。

     麻生副首相の妄言は一度や二度ではないが、今回の北朝鮮難民発言にはきわめて背筋が寒くなる。北朝鮮の脅威という前提を付ければ、どんな発言や行動も正当化されうるという日本社会の一部の空気を感じることができるためだ。麻生副首相は、北朝鮮難民射殺可能性発言は撤回していない。

     6月には谷本正憲石川県知事も県の傘下基礎自治体長会議で、北朝鮮の国民を餓死させなければという発言をした。ミサイル発射と関連した対策を話しながら「軍事食糧攻撃で北朝鮮の国民を餓死させなくてはならない」とも話した。谷本知事は、発言が問題になるとすぐに発言を撤回したが、「北朝鮮の方式は暴挙を越えている。(北朝鮮の)国民が痛みを感じる制裁をしなければ意味がない」とも話した。

     北朝鮮脅威論は、日本国内で差別と排除の理由になったりもする。こうしたことが最も象徴的に起きているのは、日本国内にある朝鮮学校だ。今月13日、東京地方裁判所は朝鮮学校を高校無償教育の対象から除外した政府の措置は適法だと判決した。裁判所は朝鮮学校が朝鮮総聯合会(総聯)を通じて北朝鮮と関係があるという日本政府の判断が不合理と見ることはできないとし、このような判決を下した。言い換えれば、朝鮮学校は北朝鮮と関係があるかもしれないので高校無償化の対象から除くという話だ。

     日本の高校無償化政策は、2010年民主党政権時期に均等な教育機会の提供を目的に始まった。開始当時から朝鮮学校は朝鮮総聯との関係を理由に支援対象として保留された。だが、制度の目的自体が教育の機会均等なので、前提は支援対象に原則的に入れるという意が内包されているが、自民党政権に変わった2013年からは行政規則の改定で朝鮮学校を完全に支援対象から排除した。だが、制度の趣旨と関係のない政治・外交的問題を理由に朝鮮学校だけを支援対象から排除するのは差別に当たるという指摘が多い。実際、先月28日に大阪地方裁判所は、朝鮮学校の除外は「教育の機会均等とは関係のない政治的意見に基づいている」として、政府敗訴判決を下した。

     東京朝鮮学校高校無償化裁判で原告側弁護団は判決後に、裁判所が北朝鮮と総聯、朝鮮学校に対する未確認の各種記事を主要な判断根拠とする態度を見て驚いたと話した。13日の裁判の後、東京都内で開かれた集会で朝鮮学校の母親会のある会員は「私たちもここで生きている限り一人の人間だ。私たちはここに明確に存在している」と訴えた。

     北朝鮮による核実験とミサイル発射の反復は、地域の安定を害する行為であり賛成できないと考える。だが、北朝鮮の脅威という口実さえ付けさえすれば、人を殺すという話でも何気なく言えて、本来の制度の趣旨とは関連のない差別的措置が正当化される状況には同意できない。

    チョ・ギウォン東京特派員
    http://img.hani.co.kr/imgdb/japan/news/resize/2017/0928/150660331641_20170928.jpg

    韓国語原文入力:2017-09-28 18:42
    http://www.hani.co.kr/arti/opinion/column/812987.html 訳J.S(1604字)

    ソース:ハンギョレ新聞日本語版[コラム]北朝鮮が理由ならば
    http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/28599.html

    引用元: ・【韓国】 「難民は射殺」~北朝鮮の脅威が理由なら、どんな発言や行動も正当化される日本社会[09/29] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【だから日本に来るなよ】ハンギョレ新聞東京特派員「「難民は射殺」~北朝鮮の脅威が理由なら、どんな発言や行動も正当化される日本社会」】の続きを読む

    このページのトップヘ