まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:蟻

    1: まぜるな!キケン!! 2023/08/18(金) 16:52:02.99 ID:aHxoC40X
    「超伝導体テーマ主」下限が続出… アリ「地獄のような週末が始まった」

    パワーロジックス(047310)とドゥクソン(004830)が並んで下限値を記録するなど、超伝導体テーマ株が一斉に急落した。『最大株主の食い逃げ』問題があった西南堂も28%近く下落し、下限値に接近した。世界的な学術誌ネイチャーが『LK-99』について「超伝導体ではない」と発表した影響が2日にわたり続いている。

    18日、パワーロジックスは前取引日に比べ6500ウォン(29.95%)下落した1万5200ウォンで、下限値で取引を終了した。

    パワーロジックスは、過去11日から16日まで3取引日連続でストップ高を記録し、2万1000ウォン台まで上昇したが、この日の急落により1万5000ウォン台に押し戻された。前日、株価急騰で取引が1日停止されていたが、この日取引が再開されると直ちに下限値を記録した。

    同様の理由で前日取引が停止されていたドゥクソンもこの日、29.98%下落して下限値で終了した。ドゥクソンも、前日14日と16日、2取引日連続でストップ高を記録し、1万3000ウォン台まで上昇したが、この日は9000ウォン台に下落した。

    前日、下限値を記録した西南(294630)も前日に比べ2040ウォン(27.83%)下落した5290ウォンで取引を終了した。

    新聖デルタテック(065350)はこの日、投資リスク銘柄として指定されたため、この日の取引が停止された。新聖デルタテックは前日の取引開始早々に25%近く上昇したが、取引中に13%下落するなど、ローラーコースター相場を展開している。

    これに対し、個人投資家たちはオンラインの銘柄討論室などで「金曜日、下限値が続出とは、まるで地獄のような週末が始まった」「週末中ずっと鬱々しそうだ」「これからテーマ株はやらない」といった反応を投げかけている。

    先述のように、ネイチャーがLK-99は超伝導体ではなく、不純物の硫化銅がまるで超伝導体のように見えるという内容を発表したため、超伝導体テーマ株が連鎖的に急落した。

    16日(現地時間)、ネイチャーは「科学界がLK-99のパズルを解いたようだ」とし、「科学的な探偵作業を通じて、この物質が超伝導体でないという証拠を見つけ、実際の特性を明らかにした」と述べた。さらに「硫化銅などが電気抵抗の急激な減少や磁石の上での部分浮上が現れる原因」とし、「これは超伝導体が示す特性と類似して見える」と説明した。

    アメリカ連邦準備制度の追加緊縮化に対する懸念や、中国発の悪材料が重なり、国内株市場全体が下落したことも悪材料として作用した。以下略

    https://v.daum.net/v/20230818162733346

    引用元: ・【韓国】超伝導体関連株が暴落 蟻「地獄の週末が始まった」 [動物園φ★]

    【蟻にしても馬鹿過ぎる 【韓国】超伝導体関連株が暴落 蟻「地獄の週末が始まった」 [動物園φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2023/01/24(火) 01:27:15.12 ID:o/CWwmAZ
    ヘラルド経済 1.23 午前10時45分

    「10万ウォンまで行った株価が9000ウォンに減って数千万ウォン吹き飛んだ」

    「特例上場第1号」の有望なバイオ企業に数えられたセリバリーだ。金利引き上げと景気低迷でバイオに対する身代金が大きく下がったが、同社の場合は少しひどい。2021年1月に10万ウォンを超えた株価は現在9000ウォン台に暴落した。株価がなんと90%以上垂直下落した。信じていた投資家たちは「人生を台無しにされた」と泣いている。

    セリバリーは去る2018年11月、特例企業第1号企業としてコスダックに上場した。上場以後ライセンスアウトを通じて売上を出すと言ったが、4年が過ぎた今もこのような成果を出せずにいる。セリバリーがパーキンソン病治療薬候補物質(iCP-Parkin)を開発するというニュースに、投資家たちはお金を集めて駆けつけた。しかし、数年以上にわたり非臨床の段階にとどまっている。セリバリーは毎年数百億ウォンの損失を出している。損失規模も大きくなっている。上場以後、特例期間5年が満了すれば営業利益を出さなければならない。中略

    セリバリーは新薬候補物質と研究用試薬を研究開発するバイオ会社だ。パーキンソン病治療薬、膵臓がんなど4種のバイオ新薬開発を完了することを目指している。赤字企業でも成長性を基盤にコスダックに入場できる「特例上場」の利点を受けた。

    業界関係者は「新薬開発技術の成果を掲げてコスダックに入成した後、一度も提示した目標を達成できなかった」とし「奇妙な化粧品事業にのみ進出して投資者の失望だけを買っている」と話した。中略

    バイオ業界関係者は「かなりのバイオ業者が資金調達に困難を経験している状況で、『特例上場第1号』という象徴性ある会社が上場する際に提示した約束を守らなければ、バイオに対する不信がより大きくなるしかない」と伝えた。

    https://n-news-naver-com.translate.goog/article/016/0002094043?ntype=RANKING&_x_tr_sl=auto&_x_tr_tl=ja&_x_tr_hl=ja

    引用元: ・【韓国】韓国バイオ企業、株価が90%暴落 蟻「人生が台無しだ」 [動物園φ★]

    【出来もしないおおぼらを吹いたと 【韓国】韓国バイオ企業、株価が90%暴落 蟻「人生が台無しだ」 [動物園φ★]】の続きを読む

    このページのトップヘ