まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:英語表記

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2016/04/28(木) 21:03:04.50 ID:CAP_USER.net
    no title


    わが国の国号、すなわち国名はなぜ大韓民国なのか?この質問に対して、これまで次のような二種類の回答があった。しかし、この様な説明が正しいのかについては正確な検証作業がそれほどされてこなかった。

    A:中国で辛亥革命を起こして清を倒し1912年に建った国の名前を中華民国といったが、大韓民国は中華民国の民国を模倣したもの。
    B:大韓民国の民国は米国と同じ民主国家を示す言葉の略語だ。

    東国(トングク)大学ファン・テヨン政治外交学科教授が出した『大韓民国国号の由来と民国の意味』(清渓、2016.4)はなぜ我が国の国号が大韓民国になったのかについていろいろ史料を発掘し検証している。さらに進んで韓半島統一後も国号は大韓民国にすべきだと提言する。

    ファン教授は大韓民国のルーツについて「明確な」説明を示す。「大韓民国の大は一つに統合されて大きい」という意味だ。韓は馬韓・辰韓・弁韓の三韓のように我が国を示す固有の言葉だ。民は文字通り民で国は国だ。従って大韓民国は「三韓を統一した大きな韓の民の(民が主人の)国を示す」という説明だ。

    「韓が我が国を示すということは、高宗(コジョン)が大韓帝国を宣言する前から日本では征韓論が提起され、朝鮮時代にも明や清の外交文書で朝鮮を韓と呼んだ事例がたくさんある。民国は朝鮮王朝実録、特に英祖、正祖実録に多く登場する。王朝実録を翻訳しながら民国を'民と国と翻訳する場合があるが、これは'民の国'を意味する一つの単語」という指摘だ。

    民国の語源は3000年余り前に遡る。『書経』に出てくる'民惟邦本 本固邦寧'が民国の語源というものだ。民惟邦本は'民はただ国の根本'という意味で本固邦寧は'根本が丈夫でこそ国が安らかだ'という言葉だ。二つの言葉をつなげば「民は国の根本で、その根本(民)が丈夫でこそ国が平安だ」という民国が成立する。

    ファン教授は「中華民国から持ってきたとすれば3.1運動直後、自主独立国家を取り戻すために樹立した上海臨時政府が国号から自主的ではなく事大主義的であり、民主国家の略語ならば'大韓民国は民主共和国'と規定した憲法1条は同語反覆」と指摘する。

    彼は「韓半島統一国家の国号も大韓民国が望ましい」と提言する。「韓国の大韓民国と北朝鮮の朝鮮人民民主共和国から一部を取り出して国号を定めなければならない」という一部の主張は歴史性と民族性と合理性が欠如しているという指摘だ。「国民が主人の国という民国と昔から統一韓半島を示す大韓を合わせた、大韓民国こそ名実共に統一韓国の国名に遜色がない」という説明だ。

    ファン教授は「大韓民国の英文表記は”Republic of Korea (ROK)”だが、これも大韓民国の本来の意味に合うように”National State of Great Korea (NOKまたはNGK”にしなければならない)と指摘する。

    no title

    マネートゥディ、ホン・チャンソン、CMUユニット長

    ※この記事は迅速で深い分析情報を伝えるVIPマネートゥデイ(vip.mt.co.kr)に2016年4月26日(20:09)に掲載された記事です。

    ソース:マネートゥデイ(韓国語) 我が国名前が大韓民国の理由
    http://news.mt.co.kr/mtview.php?no=2016042620001168060

    前スレ:http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1461834828/
    ★1の立った時間:2016/04/28(木) 18:13:48.68

    コピペ対策

    引用元: ・【韓国】 我が国の国名が大韓民国である理由~英語表記も本来の意味に合わせて”National State of Great Korea”にすべきだ★2[04/27]

    【どの辺がグレートなのか【韓国】 我が国の国名が大韓民国である理由~英語表記も本来の意味に合わせて”National State of Great Korea”にすべきだ★2[04/27]】の続きを読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2014/09/09(火) 14:17:13.48 ID:???.net
    香港メディア・東網は8日、「武漢地下鉄の英語表記が笑いの種に、『前に進んでください』が『アホ』に」と題した記事を掲載した。

    湖北省武漢市の地下鉄の英語表記が変だとして、ネット上で笑いの種となっている。ホーム上に乗車口であることを示すために記された
    「GO ON」という表記が、真ん中のスペースが省略されて「GOON」(アホ)になっている。指摘を受けた武漢地下鉄の運営会社は
    「今後、改善していきたい」としている。

    ネットユーザーがマイクロブログで指摘したところによると、武漢地下鉄にある複数のホームのすべてに「GOON」表記が施されていた。
    武漢に留学中の米国人留学生は「言いたいことは分かるが、この間違いはひどすぎる」と不快感をあらわにしている。ネットユーザーが
    “大捜査”を行った結果、地下鉄2号線の車両に掲げられた「優先席」表記は「give way」(道を譲る)、「滑るからお気をつけて」は
    「Warning Slippery Surface」という警告メッセージになっていることも判明した。

    (編集翻訳 小豆沢紀子)

    ソース:XINHUA 2014年09月09日
    http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/394770/

    引用元: ・【中国】武漢地下鉄の英語表記が笑いの種に、「GO ON(前に進んでください)」が「GOON(アホ)」に―香港メディア[09/09]

    【間違ってないだろ 【中国】武漢地下鉄の英語表記が笑いの種に、「GO ON(前に進んでください)」が「GOON(アホ)」に―香港メディア[09/09]】の続きを読む

    このページのトップヘ