まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:花

    1: まぜるな!キケン!! 2019/03/20(水) 22:53:42.77 ID:CAP_USER
    http://res.heraldm.com/content/image/2019/03/19/20190319000801_0.jpg

    [ヘラルド経済] 我が国の神聖な国花ムクゲが実は日本の日の丸を象徴する日本の花という主張が提起されて混乱が起きている。

    カン・ヒョバック慶煕(キョンヒ)大法務大学院教授は19日、「ムクゲはその形状が日の丸に似て日本の人々が愛する花」とし、「日帝強制支配期、日本人たちによって韓国で奨励されたムクゲが韓国の国花に変わった事実を広く知らしめたい」と話した。

    外交官出身のカン教授は上海領事在職中に教科書に出てくる尹奉吉(ユン・ボンギル)義士の写真が実際の尹奉吉義士と違う人物という疑惑を国内で初めて提起した本人だ。
    (中略:尹奉吉の写真は日帝が用意した偽物説)

    カン教授が今回持ち出した疑惑は「韓国の国花ムクゲは果たして本当に私たち韓国人の花なのか」という問題だ。彼は「初めはムクゲに関する過去の文献を探し、私たちの国花に対する誇りを探そうと思った。ところが調べれば調べるほどムクゲが私たちの国花という常識は無惨にこわれ、日本の人々がかなり以前からムクゲを日の丸に似た花として愛好してきた、というぞっとする事実を知ることになった」と話した。

    カン教授は「簡単に言えばムクゲの生育可能地域を見るだけでも、ムクゲは韓国人の花ではなく、日本人の花」とし、「ムクゲは北海道から沖縄まで日本全域で咲く反面、韓国では過去、車嶺(チャリョン)山脈の南だけで生育可能だったし、次第に国産ムクゲの種子が改良されて最近は休戦ライン近くまで生育可能地域が上がった」と話した。

    彼は「休戦ラインの南なら400キロ前後で1000里に該当し、愛国歌に出てくる「ムクゲ三千里、華麗な山河」という一節自体が事実と異なることになる。過去、私たちの先祖は私たちの疆域について「四千里」という表現を使い、「三千里」という表現を使わなかった。また、ムクゲは愛国歌が書かれた当時、三千里かけて咲く花でもなかった」と話した。

    彼は「ムクゲは韓国より日本で広く自生し土着化した植物」とし、「日本ではムクゲ(ムグンファ)を『ムクケ』と呼び、その姿が日の丸とよく似ているので日本人たちから幅広く愛されている」と話した。

    合わせてカン教授は「もう一つ、韓国の古文献をいくら探してもムクゲに関する記録は見つからない。反面、日本の古文献ではムクゲへの言及が容易に発見される。この様な点を見てもムクゲが私たちの情緒より日本情緒に符合する花に見える」と付け加えた。

    カン教授は「旧韓末以前の古時調や歌詞のような文学作品で私たちの先祖がムクゲについて詠じた事例を目を洗って見ても探すのが難しい。茶山チョン・ヤゴン先生がムクゲへの言及を残しはしたが、茶山はムクゲについて『活気がなく空の谷に捨てられるだろう』と酷評を残した」と伝えた。

    カン教授は「最近、韓国で日帝強制支配期に日本軍が使った旭日昇天旗を戦犯旗と規定し、この問題のために済州国際観艦式に日本軍艦が参加しない事件が発生したこともある。それだけ私たちは日本旭日旗に敏感だ」として「しかし、日本で旭日旗と似ているという理由で日本人たちの愛を受ける花がムクゲ」と話した。

    カン教授は「ムクゲが韓国の人々の花ならば日帝強制支配期、日本人たちはムクゲを弾圧したはずだ。ところがむしろ日帝はムクゲを奨励した。日本はムクゲを神の花という意味で『神花』と呼ぶ場合もあった」と虚脱した姿を見せた。

    彼は「光復後、今まで数十年間、日本人たちは韓国の国花に位置づけられたムクゲを眺めて満足げな微笑を浮かべているだろう。私たちに果たして自尊心があるならば、これから無心にムクゲのルーツについて正しくなされた研究を進め、その結果によって正しい決定を下さなければならない」と話した。

    キム・スハン記者

    ソース:ヘラルド経済(韓国語) [キム・スハンのリーサルウェポン]ムクゲが日章旗の象徴だと?
    http://biz.heraldcorp.com/view.php?ud=20190319000719

    関連スレ:【韓国】 8月8日は「ムクゲの日」~日帝は民族精神抹殺のためムクゲに否定的イメージを植えつけた[08/07]
    https://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1344435717/
    【朝鮮日報】 日帝に迫害された「ムクゲ」、国花にふさわしい学名を ~ムクゲの原産地は韓国[10/18]
    https://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1445136186/
    【韓国】 「桜の花祭り」ではなく「春の花祭り」と言うべきだ~日帝は民族抹殺政策に基づきムクゲを抜いて桜を植えた[04/22]
    https://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1429712406/

    引用元: ・【韓国】 ムクゲの花は旭日旗を象徴する日本の花。国花にしている韓国を見て日本人が笑っている[03/20]

    【また嘘だろうなw 【韓国】 ムクゲの花は旭日旗を象徴する日本の花。国花にしている韓国を見て日本人が笑っている[03/20] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/04/06(土) 16:25:34.47 ID:CAP_USER
    no title

    ▲チョン・サムジョ詩人

    街路樹の桜の花がぱっと開き、通りごとに大騷ぎになる。見事な花祭りだ。この花祭りに数百回は参加すべきだろうと誓うかのように人々は花の下でそわそわする。美しい。豊かだ。

    数十万株にもなるという鎮海だけでなく、私たちの私的推薦も桜の花が多い。私的に推薦する桜の花の元祖格はどうしても泗川里(サチョンリ)城の桜だ。この桜の下で一日を飲酒・歌舞で楽しむ人々をすぐに思い出せるほど私たち地元の人々は泗川里城の桜が好きだ。

    今年も泗川里城一帯では桜祭りが開かれるという。この桜の花の豪華さと人々にあたえる喜びをしばらく後回しにしておいて、私たちの故郷、泗川里城に桜がどうして植えられることになったのかを考えてみれば、一方で苦々しい感じがするのを禁じ得ない。

    泗川里城に千本余りの桜を植えたのは日本人だという。その人は壬辰年倭乱後の丁酉災乱(慶長の乱)の時の1598年にこの泗川里城を防御して明国軍が主軸だった朝鮮と明国の朝明聨合軍をはね除け戦功をおさめた日人の子孫という。

    時は日帝強制占領期初期の1918年だと記録されている。1597年末頃、日人らは彼らの退路を心配してこの泗川里城一帯に城を築いて駐留することにしたという。恐らく周辺の多くの私たち国民が労役に動員され、彼らが計画した城なので当然、日本式城の倭城だった。この倭城の泗川里城を陥落するため、朝明聨合軍は倭軍の4倍ほどに当たる三万人以上だったが、不幸にも戦闘中、火砲の誤射による弾薬の爆発で混乱に陥って莫大な戦死者を残して敗退したという。

    この時死んだ朝明聨合軍の数が私たちの記録では八千人、倭人の記録では三万人という。この戦闘は壬辰倭乱の中で倭軍がおさめた代表的勝利とされる。そのせいか、過去の一時は日本の学生たちが我が国に修学旅でくる時、この泗川里城を訪れることがたびたびあった。泗川里城を復元しなければならないという理由の一つに日本観光客誘致の助けになるという人もいた。

    その日本学生や日本人観光客が何をしに泗川里城を訪れたのだろうか。彼らが勝った戦場を探して彼らの愛国心を鼓吹しようという意図ではなかったか。

    より一層理解できないことはこの泗川里城を復元すると言いながら倭城を復元したことだ。歴史の記録を調べれば、この泗川里城にはすでに高麗の時やそれ以前に築造した私たちの方法の土城があったという。その土城を基礎にして倭軍らが倭城を築いたのだ。

    その倭城により数多くの怨みの霊が飛び交うその場に、その怨みの霊を慰められなくとも莫大な税金を投じて、何故、倭城を築いた意図は何か。今も倭城の跡を消して派手でないかもしれないが、本来の土城形態を補完する方案を講じていかなければならないだろう。

    桜の花が日本人のどの様な精神を代弁するとしても、あえて遠ざける理由はない。それは日本人の事情であって、私たちはその桜の花を花以外の目的で使おうとする不純な意図にまきこまれてはならないという考えを泗川里城の悲劇と共に思い出してみる。

    記者注:泗川の戦い(しせんのたたかい)は、文禄・慶長の役における合戦の一つ。絶望的な戦力差があったにもかかわらず、劣勢な島津軍が勝利した伝説的な戦い(Wikipedia)。

    ソース:ニュース泗川(韓国語) [イニャンマルリ]桜の花を見て泗川里城を考えるということ
    http://www.news4000.com/news/articleView.html?idxno=31459

    引用元: ・【韓国】 桜の花を見て思う壬辰倭乱~勝った倭人の子孫が泗川里城に桜を植えたワケ[04/04]

    【とても正常な精神の持ち主だとは思えない【韓国】 桜の花を見て思う壬辰倭乱~勝った倭人の子孫が泗川里城に桜を植えたワケ[04/04] 】の続きを読む

    1: LingLing ★ 2018/03/20(火) 22:56:28.40 ID:CAP_USER
    ■今春、桜の雨にフリージアの花の香り、漂わす君が降る
    [より長く]リュ・アウンのフラワークラス(11)

    春を知らせる「桜」。[写真韓国観光公社]
    no title


    春風がそよそよと吹いてくる。 自然に暖かい風に乗って散歩もして旅行を楽しむこともある。

    道を歩けば、色々な種類の花が道端で風に身を任せて揺れて、私たちを迎えてくれる。雪解けた地で育って私たちの心まで暖かくしてくれて、他の季節よりも春に咲く花がさらに嬉しくて親しんでいる。

    春の花、代表的に思い浮かぶ花がある。 「君よ~君よ~君よ~」私たちにお馴染みのメロディーが耳元から離れないその花のことだ。まさに桜だ。

    ・朝鮮孝宗の時、桜で矢を作成

    今回扱う最初の花は桜だ。桜の原産地を日本と思っている人が多い。しかし、王桜の原産地は日本ではなく済州島であることが判明しており、以後、私たちは桜の木に対する認識を改めるようになった。

    済州島に宣教師としてきたフランス人のタケ神父が1908年漢拏山で王桜を、1912年にはドイツの植物学者ケーネが漢拏山観音寺付近で王桜を、それぞれ発見して学界に報告したので、済州島が自生地という説が非常に有力になった。

    no title

    王桜の原産地は日本ではなく済州島であることが明らかになった。 [写真リュ・アウン]

    また、朝鮮孝宗時期に矢柄を作るための材料に桜の木を使用した記録がある。 『韓国動植物図鑑』に桜の木は全部で17種と列挙されているが、その中で韓国で純粋に自生しているのが5種だという。

    桜の花言葉は純潔、絶世だ。一輪の花が咲いて行く過程は、私たちの人生と似ている。若さの一瞬を頂点として歳月の流れに沿って少しずつ老いて行くように、一瞬の趣と色味を存分に誇る華麗な花も、静かで寂しいもので終わる。

    桜が咲いている姿は雄大で美しく、地域ごとに桜祭りを開いて楽しむ。春の夜空に見事に咲き誇るが、短い時間で落ちる姿がとても印象的な花。花びらが特に薄くて一つ一つ飛び散って落ちて、花の雨が降るような錯覚すら覚える。

    また、もうすぐ春の祭りが開かれるが、春の雨が降れば葉だけが青く残る。ちょっとの間ですぐに消えてしまう、人生の最も美しい瞬間が感じられる儚さというか。私たちの人生も桜と似ているのではと思う。

    桜は単純な花瓶を利用して、インテリア効果が見られる作品でもある。桜の枝を買って、家にある小さなガラス瓶など花瓶に分けて挿すと、春を通して家の中でも、桜を楽しむことができる。

    no title

    桜の枝を家にある花瓶に分けて挿すと、春を通して家の中でも、桜を楽しむことができる。 [写真リュアウン]

    初めてのときめきを大切にしたフリージア
    no title

    純情、天真爛漫、「あなたのスタートを応援して」という花言葉を持ったフリージア。[写真、リュ・アウン]
    (後略…)

    リュ・アウンパウムフラワー代表

    ソース 中央日報(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=101&oid=025&aid=0002805678

    引用元: ・【韓国】 春の花、桜とフリージア。王桜の原産地は日本ではなく済州[03/20]

    【【韓国】 春の花、桜とフリージア。王桜の原産地は日本ではなく済州[03/20] 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2018/03/01(木) 11:11:10.94 ID:CAP_USER
    「卒業式特需」を迎える韓国の花屋が、しおれた花束を持ってきて払い戻しを要求したり、注文しておきながら取りに来なかったりする「すっぽかし客」に頭を抱えている。

    ソウル市蘆原区のある花屋のオーナー(53)は最近、客と言い争いになった。近くの中学校の卒業式のため花束を購入していった客が、数時間後に「卒業式の会場に一度も入らなかった」との理由で払い戻しを要求してきたのだ。

    枝にはすでに傷が入っていたほか、花びらはややしおれていたため、商品として再び販売できる状態ではなかった。しかし、客があまりにも騒ぎ立てるため、同店のオーナーは結局3万ウォン(約3000円)を払い戻した。

    花束を持って写真撮影した後に、払い戻しを要求してくる客もいる。ソウル市城東区のある花屋のオーナー(33)は「卒業式の終了後、『花がしおれた』として払い戻しを要求してくる客がいる。写真を撮影した後に持ってきたに違いない」と話す。

    大邱市のある大学の卒業式で花束を売っていたキムさん(40)は「直接花を選んでいったにもかかわらず、卒業式の終了後に『気に入らない』との理由で返金するよう要求してくる客もいた」と眉間にしわを寄せる。

    花屋のオーナーたちは、ほとんどのケースで払い戻しを拒否する。すでに商品価値が低下してしまっているためだ。特に冬は、室内外を行ったり来たりするため、気温差で花が早くしおれてしまうほか、風に当たって傷みやすくなるためだ。

    中には、客の抗議が恐ろしくて、仕方なく払い戻しに応じるオーナーもいる。ソウル市江北区で花屋を経営するキムさん(46)は「店の入り口をふさいだまま、ずっと払い戻しを要求するお客さんがいたが、他のお客さんたちの手前もあり、払い戻しに応じるほかなかった」と渋々語る。

    電話で花束を特注しながらも、取りに来ない客もいる。花束を取りに来るよう電話を掛けたり携帯メールを送ったりしても、無視するという。特注した場合、客のニーズに合わせて花束を構成するため、他の客に売ろうとすれば、値段を下げる以外になく、結局損をするのは火を見るよりも明らかだ。

    ある花屋のオーナー(32)は「卒業式シーズンには、注文しておきながらも、1日に3、4件が取りに来なかったことがあった。全て廃棄処分にした」という。

    こうした中、頭金を受け取るなどの対策を講じている花屋もある。ソウル市蘆原区のある花屋は、こうしたケースに対処するため、6000-1万ウォン(約600-1000円)の頭金を受け取ることや、直接訪問してくる客だけを受注対象とすること、などの対策を講じている。


    2018/03/01 10:59 / 朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/03/01/2018030100716.html

    引用元: ・【韓国】 卒業式後にしおれた花束を返品して払い戻しを求める「モンスター卒業生」 花束特注もドタキャン [03/01]

    【【韓国】 卒業式後にしおれた花束を返品して払い戻しを求める「モンスター卒業生」 花束特注もドタキャン [03/01] 】の続きを読む

    1: LingLing ★ 2017/12/21(木) 20:47:26.24 ID:CAP_USER
    [青年ドリーム] 慰安婦ハルモニたちの「押し花」作品のモチーフ…花柄かばん - 洋服作って収益の半分寄付

    [東亜日報] 「マリーモンド」ユン・ホンジョ代表
    no title

    ユン・ホンジョマリーモンド代表は、創業を準備する青年たちに、「就職難の代案として安易に創業を選択してはいけない」とし、「創業に対する確固たるビジョンと情熱、責任感が必須条件」と助言した。アン・チョルミン記者
    -------------------------------------------------------------------------------

    ソウル城東区の「マリーモンド」の店舗は、一面に花でいっぱいだ。スマートフォンケース、かばん、ノート、タンブラー、洋服など、すべての製品が色とりどりに咲いた花々のパターンをまとわせた。慰安婦被害者おばあさんを象徴する花を選定した後、パターン化作業を経て設計した。

    マリーモンドが有名になったのは、アイドル歌手兼女優のスジの影響が大きかった。 2015年1月に仁川国際空港で撮られたスジの「空港ファッション」の写真で、彼女の手に握られた色鮮やかな花柄のスマートフォンケースがひと際目立った。マリーモンド製品だった。
    参考画像:http://imgnews.naver.net/image/277/2015/01/21/2015012110412491099_1_99_20150121110507.jpg

    その時、慰安婦被害おばあさんを助ける企業の製品ということが分かった。 2014年、4億4000万ウォンだった売上高は、1年越しで16億3000万ウォンに急増した。昨年は45億ウォン、今年は100億ウォンに達すると予想される。

    マリーモンドのユン・ホンジョ代表(31)は、青年事業家だ。高麗大経営学科に通う時、大企業入社が夢だった平凡な学生だった。軍から除隊後の2011年の学会「エナクタス(Enactus)」活動で、慰安婦被害おばあさんに会い、彼の人生は180度変わった。ユン代表は、「学会自体、大学生が地域社会の問題を改善するためビジネスのプロジェクトを実行する団体だった」とし、「京畿広州市『ナヌムの家』で、おばあさんたちに初めて会ったが、負債意識を感じた」と語った。

    彼は学会の友人3人と創業に乗り出した。創業アイテムは、慰安婦被害おばあさんに心理治療の意味で作った押し花作品をモチーフにしたデザイン製品だった。韓国社会的企業振興院が主管したソーシャルベンチャー育成事業に選定されて、1年間インキュベイティングを経験した。 2012年の収益の半分を慰安婦被害おばあさんたちに寄付するソーシャルベンチャー「マリーモンド」を創業した。ユン代表は、「創業1年かけて現代車の鄭夢九財団から1億ウォンの創業支援金を受けてデザイン専門人材を増やすことができた」とし、「4人で始めたマリーモンドは、現在62人の従業員を置くまでに成長した」と述べた。

    マリーモンドは、営業利益の約半分を韓国挺身隊問題対策協議会や蝶基金など慰安婦被害者関連団体に寄付している。 「優しい企業」として口コミに乗って、アイドルグループエクソ(EXO)のメンバー・ディオ、俳優イ・グァンスら、芸能人が直接売場を訪問して製品を購入するほどだ。ユン代表は、「ソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)に投稿された報告写真を見て従業員も芸能人が直接購入したことを知った」とし、「品物を売った販売員さえ、『なぜ気付かなかったのか?』と言いながら惜しんだ」と述べた。

    マリーモンドは最近、二人の慰安婦被害おばあさんの押し花作品のほか、他のおばあさんに会って彼女たちの生活を調査している。おばあさんたちを代弁する花を選定して、様々な花のデザインの作品をパターン化している。別名「花ハルモニ」プロジェクトだ。

    ユン代表は「韓国だけでなく、多くのアジア太平洋諸国に慰安婦被害お婆さんが存在する」とし、「慰安婦被害おばあさんたちの尊さを海外にも知らせることができる作業を夢見ている」と伝えた。

    キム・ジョンウン記者

    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=101&oid=020&aid=0003116386

    引用元: ・【韓国企業】 慰安婦ハルモニを花になぞらえ商品化する「マリーモンド」…収益の半分を挺対協など関連団体に寄付[12/21]

    【【反日がビジネスになる国】「マリーモンド」が 慰安婦を花になぞらえ花柄かばんや洋服を商品化 利益の約半分を挺対協などに寄付【東亜日報(韓国語)】】の続きを読む

    このページのトップヘ