まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:自民党

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/25(月) 22:47:20.23 ID:CAP_USER
    経済産業省の保坂伸貿易経済協力局長は25日、自民党の会合に出席し、韓国が輸出手続きで優遇される「グループA(ホワイト国)」に復帰するには、これまで規制強化の理由として挙げた3点の改善が必要だとの認識を示した。

     経産省は、日韓の2国間政策対話が開かれていないなど信頼関係が損なわれている▽通常兵器に関する輸出管理の不備▽輸出審査体制、人員の脆弱(ぜいじゃく)性――の3点を規制強化の理由として挙げている。

     保坂氏は「三つがクリアされない限り、ホワイト国に戻すことはない」とし、韓国側の対応が必要との見解を示した。発表内容について双方の不一致も指摘されているが、会合では出席議員から「韓国の理解が不足しているならば丁寧に説明し、情報共有しやすい環境を作ることも必要だ」との意見も出た。

    11/25(月) 21:15配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191125-00000080-mai-bus_all

    引用元: ・【日韓】 「韓国のグループA復帰には3点の改善必要」自民党外交部会で経産省局長説明 [11/25]

    【説明しても韓国人は理解できまいよ【日韓】 「韓国のグループA復帰には3点の改善必要」自民党外交部会で経産省局長説明 [11/25] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/07/24(水) 14:19:42.77 ID:CAP_USER
    no title

    ▲日本で21日行われた参議院選挙の結果を分析した内容。福岡では連立与党の自民党と公明党候補が1,2位に並んで当選した。ユーチューブ映像キャプチャー

    韓国人が多く訪れた観光地を中心に今回の日本参議院選挙で執権自民党候補が大挙当選して国内世論が沸き立っている。「韓国観光客のおかげで暮らしているのに、韓国に対する貿易報復措置を断行した自民党を支持したのだから、もっとこらしめなければならない」ということだ。

    23日、オンライン コミュニティには日本参議院選挙結果と不買運動がさらに必要な理由を言及した文が多数アップされた。それによれば韓国人観光客が多く訪れた地域で自民党を支持する傾向が明確だった。特に韓国人が食べさせたと言えるほど韓国観光客が多い福岡で自民党と公明党候補が並んで1,2位に選ばれた。

    福岡は空港に訪問する外国人全体のうち韓国人が1位(63%)を占めるほど韓国人観光客が多い。北海道、大阪、東京、京都など主要地域住民たちも全て自民党系統候補を支持した。春、冬観光地で有名な北海道では3議席中、2議席を自民党が持っていった。汽車旅行と独特の旅館で最近、人気を博している青森と観光客の中で韓国人の比率が高い静岡でも自民党候補が当選した。

    第二次世界大戦の時、原子爆弾被害をこうむった長崎と2011年原発事故を体験した福島の場合「戦争できる日本への改憲」を主張する与党勢力に反対すると思われたが、選挙の結果は同じだった。

    このような分析結果が共有され、オンライン・コミュニティでは日本製品不買運動と日本旅行自制運動をさらに強く推進しなければならないという声が出ている。

    あるインターネットユーザーは「韓国人が観光で食べさせているすべての都市が自民党を選んだ、というなら飢えて悟ることになるだろう」(チェ***)だと主張した。「もう日本旅行に行ってはならない理由がさらに明らかになった。あんなところに旅行に行くことは敵に弾丸を買うようなものだ」(mic***)、「“日本旅行に行かずに放射能(食べ物)も食べてはならないという考えに一層なる」(イ***)、,「日本では不買運動は長く続かないと言うが、そうではないことを見せなければならない」(sun***) などの文がアップされた。

    一方21日、日本参議院選挙で政府与党の自民党と公明党など連立与党は与党指向無所属3人を合わせて合計144議席を確保、過半数の123席を越えることに成功した。しかし、改憲勢力の連立与党と維新の会を合計しても160席に終わり改憲発議のための3分の2議席(164席)確保には失敗した。

    ユン・ハンスル記者

    ソース:韓国日報(韓国語)<“韓国が食べさせた日本観光地で執権自民党選ぶとは”>
    https://www.hankookilbo.com/News/Read/201907231114070070

    前スレ:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1563941515/
    ★1のたった時間:2019/07/24(水) 13:11:55.80

    おいこら対策

    引用元: ・【日本旅行自制】 「韓国が食べさせてきた日本の観光地が選挙で自民党を選ぶとは…飢えて悟ることになる」★2[07/23]

    【恩着せがましい【日本旅行自制】 「韓国が食べさせてきた日本の観光地が選挙で自民党を選ぶとは…飢えて悟ることになる」★2[07/23] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/04/16(火) 12:57:00.94 ID:CAP_USER
    韓国中小企業中央会会長が今年7月に会長団と日本を訪問し、自民党の二階俊博幹事長に会うと、中小企業中央会が14日明らかにした。 

      中小企業中央会によると、二階幹事長が金基文(キム・ギムン)中小企業中央会会長に就任を祝う電話をかけた後、韓国の中小企業を日本に招待しながら「日韓企業間の交流拡大案について議論したい」という意向を伝えた。 

      金会長と二階幹事長は2009年に初めて会った後、韓国と日本を行き来しながら親交を深めてきたという。 

      韓日経済界の交流は昨年の韓国最高裁の強制徴用賠償判決で冷たい雰囲気に包まれている。昨年11月に韓日商工会議所会長団会議が無期限延期となり、今年5月に開催される予定だった韓日経済任会議も突然延期された。 

      このため今回の中小企業会長団の日本訪問が韓日間の経済交流に活気をもたらすかどうかが注目される。

    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=252396&servcode=a00&sectcode=a10
    [ⓒ 中央日報日本語版]2019年04月16日 11時26分

    no title

    金基文(キム・ギムン)中小企業中央会会長(右)と二階俊博自民党幹事長(写真=中小企業中央会提供)

    引用元: ・【中央日報】韓国中小企業会長団が7月に訪日 自民党の二階俊博幹事長に会う…韓日経済交流は活気を取り戻す?[4/16]

    【 麻生に会わなきゃ意味ねーべ 【中央日報】韓国中小企業会長団が7月に訪日 自民党の二階俊博幹事長に会う…韓日経済交流は活気を取り戻す?[4/16] 】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/10/31(火) 23:44:48.44 ID:CAP_USER
    【グローバルアイ】「自民党の圧勝、これは実話か」

    衆議院選挙が行われたが、日本の政治は変わっていない。「『安倍1強』の独走が気に入らない」「アベノミクスは全く体感できない」「憲法9条改正に反対する」などの声が絶えず出ているが、自民党はむしろ力をさらに強めた。「生きづらい。変えてみよう」というのが韓国の政界だが、日本ではなぜ変化が起こらないのか。

    選挙の序盤、民進党の党代表が公認を放棄した。公認権を新生政党に任せた。流行語のように「これは本当に実話か」だ。韓国ならどんなことになっていただろうか。すぐに党代表から退けという声を浴びたはずだ。二度と政界に足を踏み入れることができないほど厳しい世論にさらされたかもしれない。

    しかし党の所属議員は概して代表の決定にうなずいた。後になって一部が「無所属で出馬する」と手をあげた程度だ。見兼ねた支持者が党を作れなどと後押しした。新生立憲民主党の55議席はそのようにして生まれた。

    安倍晋三首相を支持しないという40代の知人に尋ねた。知人は「北朝鮮を政権延長に利用するのが最も気に入らない」と言いながらも「今回の選挙で自民党候補に投票した」と語った。安倍政権の延長につながるという点を知りながらだ。このような矛盾する行動をどう理解するべきか。

    「安定感のためだ。日本ではかつて首相が毎年交代し、名前も分からない時期があった。安定的に一人の首相が長くするのがいい」という言葉が返ってきた。「現政権が気に入らなければ野党(立憲民主党)に投票するのがよいのでは」と尋ねると、一緒にいた別の知人も首を横に振った。

    立憲民主党の前身の民主党は2009年から3年間に3人の首相が交代し、アマチュア政治を余すところなく見せた。経験が不足している状況で政権を握ったため実力がなかった。その後は機会をつかめず実力をつけられない悪循環の中に置かれたのが日本の野党の現実だ。

    変えたくても代案がない国民はほとんど自暴自棄状態と変わらない。53.8%の歴代2番目に低い投票率、「支持政党なし」 という正体不明の政治団体に12万票以上が集まるのを見ると、政治に対する日本国民の関心がどれほど遠ざかっているかが分かる。

    「生きづらい。変えてみよう」が韓国式なら、「できれば変えるのをやめよう」が日本式の情緒という点を改めて感じた。日本で強い野党を見るにはかなりの時間が必要と思われる。私たちはその間、自分たちが望む方向で日本を眺めてきたのではないだろうか。安倍首相が最長寿執権記録を目の前にしている今こそ冷静な分析が必要な時だ。

    ユン・ソルヨン東京特派員

    ソース:中央日報 2017年10月31日10時13分
    http://japanese.joins.com/article/939/234939.html?servcode=100&sectcode=140
    前スレ
    【中央日報】自民党の圧勝、これは実話か[10/31]★2
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1509452807/

    引用元: ・【中央日報】自民党の圧勝、これは実話か[10/31]★3

    【【韓国が困り果てる選挙結果】「自民党の圧勝、これは実話か」中央日報】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/23(月) 08:53:40.20 ID:CAP_USER
    【社説】崖っぷちの安倍政権を救った北核危機

    危機に陥った安倍内閣が勝負をかけた総選挙が予想通り昨日、自民党の大勝で終わった。今回の選挙は事実上、安倍内閣に対する信任投票だった。自民党は安倍首相の私学スキャンダルなどで支持率が急落すると、その突破口として衆議院を解散して選挙を行った。

    選挙の序盤は安倍首相に対する有権者の失望が大きく、小池百合子東京都知事が率いる希望の党と新生野党の立憲民主党の善戦が期待された。

    しかし後半に入るとこれら野党の戦略上の問題が浮き彫りになり、自民党の圧勝で選挙は終わった。これで安倍首相が推進してきた平和憲法改正は弾みがつくことになった。

    安倍首相の望み通り2020年までに改憲が実現すれば、日本は戦争を遂行できる「普通の国」に生まれ変わる。軍事力も強まるだろう。日帝の悪夢が生々しく残る韓国としては決して喜べることではない。しかし北東アジア覇権を狙う中国が日々軍事力を高めている状況だ。

    韓国としては日本の再武装を防ぐ適切な方法もないが、軍事大国化をただ警戒の眼差しだけで見ることはできない。これを中国の軍事的膨張に対抗する均衡の錘として活用する案も考える必要がある。

    今回の自民党の楽勝には何よりも北朝鮮の核危機が決定的に作用した。強力な自主国防を前に出した安倍政権は北朝鮮の核・ミサイル発射実験が繰り返されるほど日本有権者の危機意識をあおり票を集めた。

    結局、崖っぷちの安倍首相を救ったのは北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)政権の火遊びとこれを放置した中国だったということだ。

    今のような情勢が続けば、北東アジアは中国と日本が軍事的に対峙する葛藤地域に変貌する。これによって銃刀の論理だけがこの地域で横行することになれば、北朝鮮はもちろん中国もその責任を負わなければならないだろう。

    http://japanese.joins.com/article/651/234651.html

    引用元: ・【中央日報】崖っぷちの安倍政権を救った北核危機…改憲が実現すれば日本は戦争を遂行できる「普通の国」に生まれ変わる[10/23]

    【【こりゃ当分安倍政権は安泰だわ】「北朝鮮と中国のせいで自民党が勝利した」中央日報】の続きを読む

    このページのトップヘ