まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:自殺率

    1: まぜるな!キケン!! 2020/12/07(月) 12:03:35.77 ID:CAP_USER
    人口1万6677人(11月基準)の慶北英陽郡(キョンブク・ヨンヤングン)で昨年12人が自ら命を絶った。自殺率(人口10万人当たり自殺者数)は66.6人、全国最高だ。韓国の自殺率(26.9人)の2.5倍に達する。昨年英陽郡の自殺予防関連予算は1億9500万ウォン(約1872万円)だった。全体(2800億ウォン)の0.07%だ。それもこの予算の半分以上が人件費だ。

    限られた予算で高齢層自殺予防のための「心の健康100歳」など精神健康プログラムを運営する。英陽郡精神健康センターには看護師・社会福祉士など4人が勤務中だ。専門心理相談士はいない。軍単位の地方自治体は相談専門人材を探すことが夢のまた夢だ。破格的な待遇も難しい。

    英陽郡関係者は「予算規模は毎年似たような水準」とし「幸いに暫定値ではあるが、今年自殺死亡者が昨年より減った」と話した。

    全南長興郡(チ ンナム・チャンフングン)では昨年20人が自ら命を絶った。自殺率は人口10万人当たり42人で相当高い。自殺予防予算は8920万ウォンで全体の0.01%だ。英陽郡より少ない。人件費を除けば事業費は3000万ウォン。かろうじて命を守る教育、高齢者向け移動相談プログラムなどを運営する。

    韓国の自殺率は経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で最も高い。2003年から昨年まで1年(2017年)を除いて1位だ。その理由の中の一つは地方自治体・中央政府のケチな投資だ。

    6日、安全生活実践市民連合と地方自治体によると、市・郡・区229カ所の昨年平均自殺予防予算は1億5987万ウォンだった。全国地方自治体の全体予算(229兆ウォン)の0.016%だ。自殺企図者や遺族のためのカスタマイズ型支援事業に手も出せないところが多い。自殺を企てたことのある人は再び企てる危険が一般人より25倍高い。自殺遺族の自殺率は8倍以上高い。

    地方政府は自殺が減らない原因さえ把握できていない。人材も不安定だ。地方自治体精神健康福祉センター職員の相当数は非正規職だ。勤続期間は平均37.6カ月だ。安全生活実践市民連合のイ・ユンホ安全政策本部長は「ほとんど自治体長が自殺を個人の問題にして予防活動の重要性を認識できない」と指摘する。

    中央政府も同じだ。2日、558兆ウォンの「スーパー予算」が国会で成立したが、自殺予防予算はせいぜい368億ウォンだ。政府要求案より国会が20億ウォン近く計上したが、それでも全体の0.007%に過ぎない。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は2018年初め、2022年までに自殺・交通・産業災害など3つの分野の死亡者を半分に減らすと発表した。だが、人口10万人当たり自殺率は減るどころか、2017年24.3人から昨年26.9人に増えた。昨年国民1人当たり予算自殺予防が1129ウォンで交通事故(1万1607ウォン)、産業災害分野(勤労者1人当たり2万998ウォン)よりはるかに少ないことと関係がある。

    国民の力のユン・ジェオク議員によると、韓国は過去10年間(2011~2020年)自殺予防に1109億ウォンを使ったが、日本厚生労働省は4兆958億ウォンを使った。日本の昨年自殺率は人口10万人当たり16人で1978年関連統計作成以来最も低い。

    ユン議員は「自殺死亡者を半分に減らすというのは(現在としては)実現不可能だと思う」と話した。保健福祉部のヨム・ミンソプ精神健康政策観は「全般的に予算が足りないが、今後引き続き拡充していくつもり」と話した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/58588a95fe3639415a3fc3f58a2c337d2fc46281

    引用元: ・【韓国】自殺率OECD1位なのに…予防には予算の0.01%[12/7] [首都圏の虎★]

    【救いようのない地獄だわな 【韓国】自殺率OECD1位なのに…予防には予算の0.01%[12/7] [首都圏の虎★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/10/04(日) 09:13:02.03 ID:CAP_USER
    YTN 2020-10-04 00:25

    [アンカー]
    韓国の出生率が年々最低値を更新する中で、極端な選択をする死亡者はOECD最高水準となる不名誉を記録しました。

    今年から初めて自然な人口減少が確実視されているなど暗い見通しが相次いで出ており、根本的な認識転換が急がれます。

    キム・テミン記者の報道です。

    [記者]
    コロナ事態が襲った今年は、ただでさえバタバタしていてさらに難しい年でした。このような変化に最も敏感に反応したのは、結婚と出産でした。今年7月までの婚姻件数と出生児数はそろって10%近く大幅に低下しました。同じ期間で計算して比較したとき、歴代最低レベルを更新しました。一方で高齢人口は増え、今年から死亡者数が出生児数を上回る自然人口の減少が始まる見込みです。2025年からは韓国の人口の5人に1人が65歳以上となる超高齢化社会に突入します。

    問題はここで終わりません。厳しい現実に自らの人生を捨てる人もまだ増える傾向です。昨年、韓国の10代から30代までの死亡原因の1位、40代と50代の死亡原因の2位は「極端な選択」でした。意図的な自傷行為で死亡した人の割合は、OECD加盟国の中で最も高いレベルです。

    キム・スヨン統計庁人口動向課長「前年比で0.9%程の増加をしており、年齢別に見ると20?30代の女性、そして月で見ると10?12月の間に増加幅が大きくなります」

    このように、人の生活を示す指標が全部底をはっているのは、それだけ「2020年の大韓民国」が生きていくのが難しく大変な社会だということを意味します。

    したがって根本的な問題を解決するには、断片的な政策に依存することなく、認識の転換が必要だというのが専門家たちの意見です。

    パク・ギョンスク ソウル大学社会学科教授「社会の持続可能性が非常に危険であるという表れと私たちが理解する必要があると考えます。多くの人々が生活のバランスを見つけることができるよう、安全な生活を過ごしていくことができるよう、基本的な社会安全網が堅く保護をすることが非常に重要な課題だと思います」

    熾烈な競争社会の陰を示す人生の指標を改善するには、何よりも疎外された階層の不安を理解しようとする認識転換が急がれます。

    https://translate.googleusercontent.com/translate_c?depth=2&hl=ja&pto=aue&rurl=translate.google.com&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.nate.com/view/20201004n00224%3Fmid%3Dn1006&usg=ALkJrhgPmM32WTxUs5g2Sf4rD_esygzUAQ

    引用元: ・【韓国】自殺率「最高」・出生率「最低」... 韓社会の不名誉 [動物園φ★]

    【リセマラしても【韓国】自殺率「最高」・出生率「最低」... 韓社会の不名誉 [動物園φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/09/22(火) 13:43:17.50 ID:CAP_USER
    昨年 韓国では「一日平均38人」が自殺していたことが明らかとなった。また 2年連続で経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で「1位」という不名誉を味わうこととなった。

    韓国統計庁は今日(22日)、このような内容を盛り込んだ「2019年 死亡原因統計」を発表した。この統計によると、昨年 故意に自害で死亡した人は1万3799人であった。これは 一日平均37.8人ということになり、その前年より129人(0.9%)増加した数値である。

    韓国の昨年の自殺死亡率(人口10万人あたりの自殺数)は26.9人である。OECD基準で計算した韓国の年齢標準化自殺率は24.6人で、これはOECDの平均である11.3人に比べて2倍以上高い。また2019年基準のOECD加盟国の中でも最も高い数値である。韓国は2018年から2年連続で世界での自殺率が最も高い国となっている。

    韓国の昨年の自殺死亡者を性別でみると、男性が9730人、女性が4069人となり、男性のほうが2.4倍多かった。自殺率も男性が38.0人、女性が15.8人であった。

    年齢別では高年齢ほど高い数値となり、80歳以上の自殺率が67.4人で最も高かった。

    ただ 10代と20代の自殺率がその前年に比べてそれぞれ2.7%、9.6%増加している。他の年齢の自殺率はほとんどが減少している。

    WoW!Korea 9/22(火) 12:51
    Copyrights(C) News1 wowkorea.jp
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a0fa5bb36e3038d542031bca40e703d70941615c

    2019年 OECD国家「年齢標準化 自殺率」の比較(画像提供:wowkorea)
    no title

    引用元: ・【韓国】自殺率「OECD1位」…「一日平均38人」 [09/22] [新種のホケモン★]

    【40分で1人【韓国】自殺率「OECD1位」…「一日平均38人」 [09/22] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/26(火) 11:48:56.81 ID:CAP_USER
    韓国の自殺率は経済協力開発機構(OECD)加盟国で最悪だ。
    一昨年、2位になったのは、自殺率が韓国を上回るリトアニアがOECDに加盟したためだ。

    ところが昨年、韓国はリトアニアを抑えて再び自殺率1位になった。
    人口10万人当たりの自殺者数が韓国は26.6人で、OECD平均(11.5人)の2倍をはるかに超える。

    昨年だけで1万3670人が自ら命を絶った。一日当たり平均37.5人なので、38分間に1人の割合で最悪の選択をしているということだ。

    世界で韓国より自殺率が高い国は10カ国前後で、ほとんど名前を耳にしないような国々だ。
    昨年、韓国の自殺率が10%ほど増えたのは「模倣効果」のためだろうと韓国保健福祉部では分析している。

    2017年末から有名人の自殺が相次ぎ、そのたびに自殺件数も増えているそうだ。
    事実、2017年9月に小説家でもある馬光洙(マ・グァンス)元延世大学教授が自殺して以降、男性アイドルグループSHINeeのメンバー・ジョンヒョンさん、
    政治家の魯会燦(ノ・フェチャン)氏、タレントのチョ・ミンギさんらが相次いで自ら命を絶っている。

    先月、女性アイドルグループf(x)のメンバーだったソルリさんが自ら命を絶ったのに続き、
    ソルリさんの親友でKARAの元メンバー、ク・ハラさんが自宅で死去しているのが24日、発見された。

    ソルリさんは25歳、ク・ハラさんは28歳で、最高の人気を享受したトップアイドルだった。
    2人ともインターネット上のアンチコメントにさいなまれ、私生活で問題を抱えていたというが、公開された遺書がなく、実際の理由は分かっていない。
    前日までいつもどおりソーシャル・メディアにメッセージや写真を投稿していた若い芸能人の突然の悲報に驚き、当惑する。

    テレビで明るい姿だけを見せていた芸能人の悲劇的な選択は、一般の人々に大きな影響を与える。
    人気女優だった崔真実(チェ・ジンシル)さんが2008年、その弟で俳優の崔真永(チェ・ジニョン)さんが
    2010年に自ら命を絶った時、人々は大きな衝撃を受けた。

    2人の死には2年という間隔があったが、今回の事件はわずか1カ月あまり後のことだった。
    有名人がこの世を去ると同年代の人々が影響を受ける、いわゆる「ウェルテル効果」を心配せずにはいられない。
    香港の俳優レスリー・チャンさんが高層ビルから飛び降りた時は9時間にファン6人が後を追った。

    韓国が「自殺率1位の国」という汚名をそそぐには、自殺に対する社会的認識が変わらなければならない。
    韓国保健福祉部によると、「自殺は苦痛を受けている状況から抜け出すための選択」という肯定的な認識がこれまでよりも増えており、自殺を拒否する姿勢は減っているという。

    人生を自ら放棄することがどれだけ悪い選択であり、社会に悪影響を与えるのか、子どものころから教育しなければならない。
    自殺後に美化されたり、ひいては英雄視されたりする社会的風土では自殺は防げない。

    有名人の自殺をめぐって「かわいそうだ」というニュースばかり競い合うように発信するメディアも問題だ。
    http://ekr.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/26/2019112680094.html

    引用元: ・【韓国】 自殺率1位の国

    【韓国が好きな1位だぞ、喜べよ 【韓国】 自殺率1位の国 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/07/23(月) 14:40:30.96 ID:CAP_USER
    2018年07月23日13時14分
    [? 中央日報/中央日報日本語版]

    13年連続で経済協力開発機構(OECD)のうち自殺率が最も高かった韓国が今年2番目になった。国会自殺予防フォーラムによると、韓国は36のOECD加盟国のうち自殺率が2番目に高かった。自殺率が最も高かったのは10万人あたりの自殺率が26.7人のリトアニア。

    韓国がOECD自殺率で2番目になった2005年以降初めて。しかし喜べることではない。統計を見るとOECD統計サイトに登録された韓国の自殺率は10万人あたり25.6人(2016年基準)で変化がない。韓国では一日平均36人、年間1万3092人が自殺している。その韓国が突然2番目になったのは5月30日にリトアニアがOECDに新しく加盟したからだ。

    リトアニアは「バルト3国」のうち最も南側にある国で、1991年にソ連から独立した。専門家は独立後、国民の期待ほど社会・経済的な発展がなく、価値観の混乱、貧富の差などの問題が深刻化したことで自殺率が急騰したとみている。

    ペク・ジョンウ慶煕大病院精神健康医学科教授は「自殺率が高いリトアニアが新しく加盟したことで2番目になったのであり、大きな意味があるわけではない。5月に加入したためOECDが公式発表した統計ではない」と説明した。

    http://japanese.joins.com/article/416/243416.html?servcode=400&sectcode=400

    引用元: ・【話題】13年連続で「OECD自殺率最高」の韓国、今年は2番目に

    【日本以上に生き辛い【話題】13年連続で「OECD自殺率最高」の韓国、今年は2番目に 】の続きを読む

    このページのトップヘ