まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:自殺

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/26(火) 13:17:27.54 ID:CAP_USER
    韓国の女性グループ「KARA」の元メンバーで歌手のク・ハラさんが24日自宅で遺体で見つかり、自殺の可能性が高いとみられています。
    人気女性アイドルグループ「f(x)」の元メンバーだったソルリさんも、14日に自ら死を選んでいます。

    2人は生前、ネット上の悪質な書き込みに苦しめられていたことが知られているため、再びこの問題について声があがっています。

    芸能人が悪質な書き込みに対処する方法は事実上、名誉棄損などで訴えることしかありません。
    現行の法律では、インターネットなどを使ってうその事実で他人の名誉を傷つけた場合、
    7年以下の懲役または5000万ウォン以下の罰金に処すことができると定めていますが、実際には、ネット上の悪質な書き込みは、ほとんどが低い罰金にとどまっています。

    韓国では、ネット上への書き込みに実名登録を必要とする「インターネット実名制」が2007年にポータルサイトなどを中心に導入され、
    2012年に憲法裁判所の違憲決定によって廃止されていますが、この制度の再導入を求める声が上がっています。

    さらに、ネット上の悪質な書き込みを規制するための法案が国会に提出されていますが、審議が進んでいません。

    ポータルサイト「ダウム」は、芸能ニュースのコメント欄を廃止していますが、「ネイバー」は、ののしり言葉だけを制限しており、ほかのサイトでは、なんら制限がありません。
    悪質な書き込みを根絶するためには、制度の見直しとともに、ネットユーザーらの意識の変化が重要だと、業界関係者は口をそろえています。
    http://world.kbs.co.kr/service/news_view.htm?lang=j&Seq_Code=74058

    引用元: ・【韓国】 相次ぐ芸能人の自殺  ネットの悪質コメント禁止求める声広がる

    【負の感情のみが突出して進化【韓国】 相次ぐ芸能人の自殺  ネットの悪質コメント禁止求める声広がる 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/09/30(月) 17:44:49.98 ID:CAP_USER
    2019年9月30日、韓国は、自国で生きることを諦め海外移住希望者が急増している崩壊中の国。昨年度、小中高校生の自殺が、709人に上った。統計をスタートさせた2011年以降で最も多い。実質的な幸福度はドンドン悪化している。

     自殺願望を抱いた児童生徒のカウンセリング支援を行う「学生(児童生徒)精神健康支援センター」の予算は、年々減り続けている。2015年時点では1億3900万円計上されていたが、今年は8400万円まで減っている。

     しかし、仮に予算を増やして対策を講じたとしても、自殺願望を持つ子どもたちが増加傾向にあり、どこまで予算を増やせば良いのか予測もつかない。「ノイローゼを訴える子どもたちは、自殺・自傷コンテンツに接すれば、即極端な選択をする可能性が高い。市や道の教育庁と地方自治体で直接精神科の専門医を雇用し、当事者たちをケアし、治療するシステムを構築しなければならない」と提唱する専門家も多くいる。

     出産率の低下は、本年度は1人を割っている。つまり児童生徒数も減っているものの、自 する子どもは増えている。これは、大昔、疫病や生活環境のために自然死による幼児の現象ではないのだ。現代社会における問題なのだ。

     韓国は「恨」の文化が定借している。自分を害する者には、命をかけても恨み通す。その文化が低年齢化していると推測できる。

     また、ゲームやパソコンの普及で、リセットしたら、自分の居やすい環境にリセットできると単略した思考も、この自殺には関係するだろう。

     そして、国家のトップ、本来なら尊敬しなければならない大人が、平気で嘘をつく韓国社会と自分の未来に希望を抱けないのも原因として考えられる。

     恨みを教えるよりも、今韓国に必要なのは、他者を許すことではないだろうか。

     財閥系のオーナー経営者一族が、従業員を怒鳴りつけたり、殴る蹴るの暴力行為を犯している映像がテレビで報道されたのもこの数年の出来事だ。

    【編集:UH】

    http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=5912&&country=1&&p=2
    -Global News Asia- 2019年9月30日 9時15分

    引用元: ・【憾みの国・韓国】「生きる希望を失い小学生も自殺を選択」実質的な幸福度はドンドン悪化[9/30]

    【まぁ、ヘル朝鮮だし。 【憾みの国・韓国】「生きる希望を失い小学生も自殺を選択」実質的な幸福度はドンドン悪化[9/30] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/16(月) 04:10:10.53 ID:CAP_USER
    2017年10月14日、海外網によると、韓国は自殺する人が多く、経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で最も自殺率が高いが、とりわけ若者の自殺増加が懸念されている。

    韓国紙・亜州経済によれば、韓国統計庁が発表したデータでは16年に10~19歳の若者の自殺率は人口10万人あたり4.9人で、15年の同4.2人から悪化。11年以降は、全体的な自殺率は下がってきているのに対し、10代の若者の自殺率は上昇している。

    若者の自殺が増加している原因のひとつとして、テレビドラマや漫画が挙げられている。15年8月から1年間の夜9~12時に放送されたドラマは70作だが、そのうちの68.5%にあたる48作に自殺シーンがあった。

    重圧は大きいのに社会的階層が固定化し、どんなにがんばってもその努力が報われない状況に置かれた“絶望する若者”たちは登場人物の自殺シーンが多い韓流ドラマを見すぎると、「自殺も生きていく上での選択肢のひとつ」だと錯覚してしまうという。(翻訳・編集/岡田)

    https://news.nifty.com/article/world/china/12181-193797/

    引用元: ・【韓国】韓流ドラマの見すぎは自殺を誘発する?―韓国メディア[10/16]

    【【流行りなのか】「若者の自殺増加は韓流ドラマのせい」韓流ドラマの68.5%に自殺シーン】の続きを読む

    1: のっぺらー ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/07/23(日) 18:29:43.07 ID:CAP_USER
    韓国中部、忠清北道の槐山ダムの管理責任者である男性(59)が、23日までに自殺したとみられる遺体で見つかった。
    ダムは16日の集中豪雨で浸水被害が出た地域の上流にあり、被害はダムの放水が原因だとの批判が出ていた。

    同ダムは50年前に完工。
    貯水能力が低い一方、流入量が多く、管理する韓国水力原子力は「大雨なら1時間で満水になる」と説明。
    韓国では近年、豪雨被害が目立ち、半世紀前の基準で造られたダムが危険要因になっている。

    男性は20日、浸水地域の復旧ボランティア活動をした際に住民に詰問され、
    直後に所長を務める発電所で首をつっているのが見つかった。

    写真:23日、浸水被害が出た地域で復旧作業にあたる韓国軍部隊の兵士ら
    no title


    以下ソース:共同通信 2017/7/23 18:15
    https://this.kiji.is/261782207770920445?c=39546741839462401

    関連スレ
    【国際】韓国でも豪雨被害、6人死亡1人行方不明 浸水・冠水被害広がる [無断転載禁止]©2ch.net
    http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1500355142/

    引用元: ・【韓国】槐山ダム責任者自殺 下流の浸水で批判か 浸水地域のボランティア活動中に住民に詰問され[07/23]©2ch.net

    【【結局ヤクザの因縁】ダムの管理責任者が自殺 豪雨浸水地域の住民に詰問され】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/12/07(水) 23:07:25.88 ID:CAP_USER
    友人の女性実業家による国政介入事件で辞任表明まで追い込まれた韓国の朴槿恵大統領。支持率は1桁台を緩やかに下降し、レームダック化している。実は韓国大統領が悲惨な末路を迎えるのは初めてではなく、もはやお約束といってもよいほどの出来事だ。新興国とはいえ、国家元首が国民から糾弾されるという尋常ならざる事態がなぜ相次ぐのだろうか。

    ■側近に殺された朴大統領の父親

    最初に歴代大統領の末路をおさらいしたい。初代の李承晩氏は大規模デモによって国を追われてアメリカに亡命。次の尹●(=さんずいに普)善氏は軍部クーデターで辞任したが、そのクーデターを主導したのが朴大統領の父親、朴正煕氏だった。朴氏は3人目の大統領となり長期政権を築いたが側近に暗殺された。

    短命に終わった4人目は飛ばして、5人目の全斗煥氏は引退後に内乱罪と不正蓄財罪で死刑宣告を受けた後に恩赦された。6人目の盧泰愚氏も不正蓄財で収監。2人を断罪した7人目の金泳三氏だが、退任後に不正蓄財で次男と妻の親族が逮捕され晩節を汚した。

    拉致事件で知られ、長年アメリカに亡命していた8人目の金大中氏もやはり任期中に息子や親族の不祥事が発覚。退任後には息子と妻の親族が収賄罪で逮捕された。9人目となる弁護士出身の盧武鉉氏に至っては、退任後に兄が収賄罪で逮捕され、自身にも嫌疑がかかっただけで飛び降り自殺してしまった。

    現職・朴氏の前任に当たる10人目の李明博氏は、任期中に兄が収賄で逮捕されたが本人はまだ無事だ。しかし、これまでの歴史を振り返るといつ司直の手が伸びても不思議ではない。

    ■行き過ぎた縁故主義とコネ社会

    朴大統領のスキャンダルが発覚して以来、連日のように大統領府(青瓦台)に国民が大挙し、その数は200万人を超えたとも伝えられる。

    「選挙のたびに『この人こそ清廉潔白だ』と確信できるような人を選んでいるにもかかわらず、蓋を開ければ『お前もか!』というわけです」

    All About社会ニューガイドで作家の松井政就氏が呆れたように述べ、「裏切られた感が強く、あのような大きな怒りが爆発するといえます」と付け加える。

    クリーンなイメージが支持され、大統領に就任するなり、前任の不正を暴くことが韓国政界では常態化していたわけだが、政権末期には自らの周辺に不祥事が発覚してしまう。国民の失望も大きいだろう。

    松井氏は、腐敗が繰り返される最も大きな理由として「韓国の縁故主義」、つまり「コネ社会」を挙げる。今回、朴大統領を食い物にしたとされる被告たちも、正規のルートで採用したブレーンではなく個人的な知人だった。コネによる政治介入が大問題をもたらしたのだ。

    「日本にもコネ採用は存在するが、度が過ぎると組織が崩壊するのは同じ」と松井氏。「行き過ぎた縁故主義やコネ社会がなぜ腐敗につながるかというと、身内しか信用しないという意識が、やがて、身内だけで甘い汁を吸ってしまおうという発想を招いてしまう」と指摘する。さらに身内以外のその他大勢のモチベーションはダダ下がりだろう。

    ■「自由に意見を言えなくなっている」

    一部の財閥に依存した経済体質、エリート官僚を目指す受験戦争の激しさ、整形が当たり前という就活戦線……。韓国の風潮には背景に縁故主義、コネ社会をうかがわせるものが多い。松井氏も「こうした縁故主義、コネ社会は(政治以外の)また別のところにも悪影響を及ぼしている」とみる。

    松井氏は「韓国では人が自由に意見を言えなくなっている」と危惧し、「現実社会で発言が不自由になると、その捌け口としてネットでの乱暴な言動につながります」と嘆く。

    http://oshiete.goo.ne.jp/watch/entry/1fda8acba1ef60d79c2ffe7e45d9c5a0/

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【韓国】逮捕、自殺、暗殺も…韓国大統領の末路がことごとく悲惨なワケ[12/07] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【ハッキリ言ってやれよ】逮捕、自殺、暗殺も…韓国大統領の末路がことごとく悲惨なワケ】の続きを読む

    このページのトップヘ