まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:自尊心

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/21(水) 11:29:27.57 ID:CAP_USER
    日本戦犯企業の公共購買参加を制限する法案が相次いで発議されている。ソル・フン共に民主党最高委員は国家と公共機関発注事業から日本戦犯企業の入札を排除する国家契約法改正案を去る16日発議した。同党キム・ジョンウ議員は戦犯企業が投資した外国人投資法人と随意契約を禁止する法案改正案を出した。全国17の広域地方自治体も似た内容の条例案制定を推進することにした。

    ソル議員などは改正案の趣旨について「過去を清算しなかった日本戦犯企業の国家契約参加を制限することによって国家と民族の自尊心と主体性を守るためのもの」と説明した。

    調達庁によれば2014年から今年前半期まで政府と地方自治体などが日本戦犯企業から買い入れた製品とサービスなどの購買額は3586億ウォンに達する。もし二つの法案がどちらも通過すれば日本戦犯企業が国家契約を得ることは事実上不可能になる。

    日本政府の不当な輸出規制は非難されて当然だ。しかし、戦犯企業の公共事業参加を排除すると国家と民族の自尊心と主体性が守られるのかは疑問だ。むしろ日本を相手に事業する国内企業により大きな被害を与える可能性が高い。

    国際規範にも外れる。世界貿易機構(WTO)政府調達協定は「内国民待遇」と「差別禁止」を規定している。特定国家の特定企業だけに不利益を与えるのは違反する可能性が高い。

    日本政府は自由貿易秩序を傷つけるという国際世論の批判に直面している。私たちも同じように報復すれば、それを批判する名分が薄れる。日本が一方的報復をしても私たちは節制された対応をするのが国際世論戦で有利だ。

    日本の貿易報復に対してはすでに市民の自律的不買運動が活発になされている。政府と政界が生半可に割り込めば不買運動を官が背後で操作していると誤解を生むかもしれない。韓国と日本はとちらも感情的対応を自制する時だ。互いに相手方を刺激する行動を慎んで関係回復に出なければならない。

    日本政府は19日、サムスン電子に対して二番目の規制品目輸出を許可した。韓国政府の対話提案にも速く応じることを望む。

    ソース:FNNニュース社説(韓国語)<日戦犯企業制裁、WTOルールは守ってこそ>
    http://www.fnnews.com/news/201908201728576606

    引用元: ・【韓国】 日本戦犯企業制裁、それで国家と民族の自尊心と主体性は守られるのか~WTOルールは守れ[08/20]

    【まずは国際法を守れ【韓国】 日本戦犯企業制裁、それで国家と民族の自尊心と主体性は守られるのか~WTOルールは守れ[08/20] 】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2016/11/02(水) 14:16:41.93 ID:CAP_USER
    no title



    朴露子(パク・ノジャ、Vladimir Tikhonov) ノルウェー、オスロ国立大教授・韓国学
    no title


    韓国語原文入力:2016-11-01 19:49
    http://www.hani.co.kr/arti/opinion/column/768343.html 訳J.S(3913字)

    韓国ハンギョレ新聞社
    http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/25548.html

    大韓民国は財閥王国ではあるが、国家の経済的役割、経済に対する介入範囲は依然として無視できない水準にある。「コネクション」と「金」は、企業によるその力の私有化を意味する。もちろん被害を受けるのは大多数の被統治者だ。「企業後押し」の代価として最高権力者の側近が企業から「私設税金」(?)を得るのは、こうした構造の下では極めて自然に見える。

    資本というものも互いに競争する数百の財閥・中堅企業だ。多くの場合には具体的な利害関係が相互に衝突し、権力者を相手に競争的にロビー活動をしなければならない時もある。そうする時でこそ世の中の「チェ・スンシル」が持っている財貨、すなわち権力への私的接近は、本当に黄金の価値を発揮する。

    この頃「チェ・スンシル ゲート」を見守りながら度々既視感を抱く。以前にもどこかで見たような感じだ。政権の陰の実力者の娘が不正入学をした? 1957年に李承晩の養子で、その最側近であるイ・ギブンの息子イ・ガンソクのソウル大法学部不正編入学事件が全国で話題になったことがあった。

    その時も、政界の実力者の息子が政治家・官僚の上に君臨し、その時も政権側の不正編入学の要求に教授と総長が手をあげて妥協する一方、学生たちが同盟休校などの闘争を行った。大統領、最側近、親戚らの跋扈は、大韓民国政治体制のおきまりのパターンに見えるだけだ。

    私は今でも、1997年に当時の金泳三(キム・ヨンサム)大統領が息子キム・ヒョンチョルの不正に対して公開謝罪するラジオ放送を聴いていたタクシー運転手が「自分の息子の管理もできないあいつは、それでも大人か?」と唾を吐くように罵ったことを生々しく記憶している。

    ところで、金泳三の生涯のライバルで後任者である金大中(キム・デジュン)大統領の息子3人もすべて不正にかかわって有罪判決を受けたことを考えてみれば、これは一個人の問題というよりは構造的問題だと見なければならない。

    つづく

    引用元: ・【韓国】[寄稿 オスロ国立大教授]大韓民国、私有化さる 「性も、宗教信仰も、人間の自尊心もすべて売買される社会」[11/2] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【嫌な社会だなあ 】オスロ国立大教授「韓国は性も、宗教信仰も、人間の自尊心もすべて売買される社会」】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/08/21(日) 18:55:20.25 ID:CAP_USER
    no title


     光復節を翌日に控えた8月14日、退勤後に映画『徳恵翁主』を見に行ったが、終始不愉快だった。主人公の徳恵翁主はもちろん英親王についても、映画での描かれ方があまりに事実と懸け離れていたからだ。
    映画を見ながら、こう思った。「朝鮮の王室があれほど覚醒していたら、そもそも国を奪われることもなかっただろう」

     映画で徳恵翁主は、対馬藩の貴族、宗武志との強制的な結婚を全力で拒否する。しかし実際は、結婚前から統合失調症を患っており、自分の意志をきちんと表現できる精神状態ではなかった。
    その結婚に怒ったのは、徳恵翁主ではなく朝鮮の世論だった。国は滅んでも一時は皇室ですらあった家門が、対馬の一介の貴族と婚姻を結ぶことを恥辱と感じた。
    1931年5月8日に二人が結婚すると、朝鮮日報紙は結婚式の写真から宗武志の姿を削除し、ウエディングドレス姿で立っている徳恵翁主一人を残すことで、民族的な怒りを代弁した。

     映画の中で英親王が亡命を試みたシーンは、さらにあきれた。英親王が亡命を試みたという事実はない。亡命どころか、27年5月には家族同伴で世界遊覧に出掛けた。
    海外の独立志士は、英親王が上海に立ち寄るというニュースを聞き、英親王を拉致して独立運動に合流させようとした。しかしこの情報を事前に入手した日本側が、英親王の上陸をやめさせてしまった。
    英親王自身も、安楽な暮らしを捨てて苦難の独立運動に身を投じるつもりは全くなかった。

     作家の宋友恵(ソン・ウへ)が書いた英親王の一代記『最後の皇太子』では、オランダのホテルに滞在している英親王の元に海外の独立運動陣営から送られた手紙のことが紹介されている。
    「殿下がもし、高宗皇帝が(中略)ハーグに密使をお送りになっていた事実をお忘れならば、(中略)殿下を日帝から奪還し、上海や蘆嶺にお連れする計画も立てましたが、
    そもそも殿下のお心が弱く、日本の軍人を先に立てて行かれながら欧州旅行をお楽しみになるばかりとは、なんと情けないことではありませんか!」

     日本が戦争に敗れると、英親王は「どうかこれまでと同じ待遇を続けてもらえないか」と日本の内閣に哀願した-という証言もある。
    光復(日本の植民地支配からの解放)後は、マサチューセッツ工科大学(MIT)に留学した息子・李玖(イ・グ)の卒業式に出席するため日本国籍を取り、日本のパスポートを取得するということまでやった。
    日本国籍取得という英親王の意向に接した宮内庁側が、逆に「いかに息子に会いたいからとはいえ、いま一度しっかりお考えください」と押しとどめたほどだ。

     映画を見た翌日、「否定的な国家観を克服しよう」と訴える、朴槿恵(パク・クンヘ)大統領の光復節の演説を聞いた。その通りだと思う。光復後に韓国が歩んできた道は、世界のどこに出しても誇れる成果に違いない。そんな自負が過剰になったのだろうか。
    このところ、祖国を滅亡に追いやった事実すら隠したり、自尊心を押し立てて歴史を脚色したりといったことが、しばしば行われている。

     最近、高宗が露館播遷(ろかんはせん、高宗がロシア公使館に移って執政したこと)の際に逃げた道を「高宗の道」として復元するという韓国政府の計画が発表された。
    「日本がねじ曲げた大韓帝国のアイデンティティーの回復」「大韓帝国の誕生につながる露館播遷」などの意味付けがなされた。お笑いぐさだ。
    王妃を失い、一介の後宮の駕籠(かご)に身を隠したみすぼらしい逃亡を、自主独立の美辞麗句で飾ろうとするものではないか。
    亡国に至る痛嘆の歴史を胸に刻み、二度と再び韓民族が外部勢力に屈服することがないようにすべく、映画では描かれなかった厳然たる真実をはっきりと記す。

    no title

    金泰勲(キム・テフン)世論読者部長

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/08/19/2016081902092.html

    引用元: ・【朝鮮日報】映画『徳恵翁主』、韓国人の自尊心をくすぐる歴史「脚色」[8/21]©2ch.net

    【また文化的証拠を作ってしまったのか 【コリアン・ナチズム】映画『徳恵翁主』、韓国人の自尊心をくすぐる歴史「脚色」】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2016/03/13(日) 10:44:26.99 ID:CAP_USER.net
     韓国の司法体系について「有銭無罪、無銭有罪」だと批判している人が少なくないように思える。罪を犯した人が相応の処罰を受け、
    適正に刑を執行されることはニュースにはならない。だが、その二つの過程の一方がぎくしゃくすると、大きなニュースになり、上記のような
    声が出てくる。専門家たちは「手続き上問題のない事案」によって市民の非難にさらされることもある。

     嶺南製粉の社長夫人、ユン・ギルジャ受刑者のケースがこれに該当する。ユン受刑者は娘婿の不倫を疑い、その相手だと考えた
    女子大生Hさんを殺害するよう自らのおいに指示した。拉致されたHさんは頭を空気銃で6発撃たれ死亡した。Hさんはユン受刑者の
    おいの母方のいとこに当たる。結局、娘婿の不倫は虚偽だったことが分かった。殺人教唆の罪で無期懲役を言い渡されたユン受刑者は、
    偽の診断書を提出して刑の執行を停止されたが、2年前にその事実が発覚し再収監された。

     Hさんの母親が先月20日「傷心死」したことが本紙の報道で明らかになった。ユン受刑者の指示でHさんが殺害されたのは2002年のことだ。
    14年も前に死亡した娘のために母親が死亡したというのか。一部の人たちは「幾ら悲しいとはいえ、亡くなった人(Hさんの母親)は異常なほど
    心が弱かったのではないか」と指摘した。

     その推測は外れた。遺族は死んだ娘が生き返るのを願っていたのではなく、犯人らが真っ当な審判を受けることを望んでいたのだ。
    だがユン受刑者は、偽の診断書を提出し、豪華な病室で過ごしていた。「有力者がバックにいるらしい」「嶺南製粉は社名を『ハントップ』に
    変えて、今でも商売を続けている」「義母(ユン受刑者)から(不倫を)疑われても、積極的に疑いを晴らそうとしなかった娘婿は、裁判官を辞めて
    弁護士になった」…このような話が次々と出ている。遺族は苦しみから抜け出すことができなかった。

     母親の葬儀を終えてから1週間後、その息子は先月29日から「一人デモ」を始めた。父親と息子は、母親が「ユン受刑者がまた特別な
    待遇を受けている」という話を聞き、さらに心を傷つけられた」と話した。

     ユン受刑者は現在、「華城職業訓練刑務所」に収監されている。一般的には出所を間近に控えた模範囚が、裁縫や溶接、製菓・製パンなどの
    職業教育を受ける所として知られている。そこに71歳にもなるユン受刑者が収監されているというのはおかしい。またそこで教育を受けてもいないというのも
    疑わしい。新たな疑惑も浮上した。2009年に設立された同刑務所が、ほかの刑務所に比べ、暖房などの設備が優れていることも背景にある。

     「なぜユン受刑者が」と聞けば、このような答えが返ってきた。

     「名前は『職業訓練刑務所』だが、一般の刑務所の機能に、職業訓練の機能を一部追加したものだ。職業訓練を受けていない受刑者も
    かなりいる(刑務所側の説明)」「この刑務所の環境が快適だという報道はかなり相対的なもので、根拠のない話だ。模範囚だけを収容
    しているのではなく、ほかの無期懲役の受刑者もいる。受刑者に関する基準をいちいち公開することはできない(法務部〈省に相当〉の説明)」。
    記者が確認したところ、この刑務所は模範囚(S1)専用ではなく、ユン受刑者と同じ等級(S3)の受刑者も収容されているというのは事実だ。
    手続き上の問題はないとみられる。

     だが疑問は残る。ユン受刑者が主に「施設が優れている」刑務所ばかりで過ごしているといううわさは事実なのか。それは単なる偶然なのか。
    あるいは誰かが配慮したからなのか。こんなに運のいい人がどれだけいるのか。ユン受刑者が刑の執行を停止されたことがあるため、多くの市民は
    この事件に関する疑惑を「合理的な疑念」と考えている。ユン受刑者も関する情報が「個人情報」に分類されれば、それだけ疑惑は深まるばかりだ。
    「量刑の基準」と同じように、「受刑の基準」も公開されるべきだ。

     このようなあらゆる事態が、法律家たちの目には「心を傷つけられた被害者遺族の意識や、大衆の感傷主義」として映るのかもしれない。

     だが、法務部の説明通り「かなり相対的なもので、根拠のない」疑念によって、韓国の司法体系に疑いの目が向けられることは、韓国国民として
    自尊心を傷つけられる。「かなり絶対的で根拠のある」説明をしてほしいものだ。被害者の家族を考慮することもまた、法務部のなすべきことだと
    考えてくれることを望む。

    朴垠柱(パク・ウンジュ)デジタルニュース本部副本部長

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2016/03/13 05:02
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/03/11/2016031102200.html

    引用元: ・【朝鮮日報/コラム】韓国人の自尊心を傷つける「根拠なき」司法不信[3/13]

    【司法より民族情緒、なんだろ? 【朝鮮日報/コラム】韓国人の自尊心を傷つける「根拠なき」司法不信[3/13]】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 21:27:10.33 ID:CAP_USER.net
     2016年1月7日、新華網は「中国の電子産業が韓国の自尊心を傷つけた。中国メーカー・小米(シャオミ)製品が
    インターネット通販で韓国人に人気」とする記事を掲載した。

     小米製の空気清浄機が昨年、ネット通販で韓国で約1万台売れた。スマートフォン(高機能携帯電話)にも
    採用されている最新技術を使い、大気汚染の原因となる空気中の微粒子物質を除去する。価格は10万ウォン
    (約1万円)で、同じレベルの性能の韓国製品の3分の1だ。韓国の小型家電メーカー関係者は「韓国製として
    売られているヒーター、加湿器などの7、8割は中国製だ。OEM(相手先ブランドによる生産)で作られている」と話す。

     中国製品はテレビ、冷蔵庫、洗濯機などの分野で韓国企業のプライドを傷付けている。32~40インチサイズの
    LCDテレビは韓国大手メーカー製なら30万~50万ウォン(約3万~5万円)。中国のハイアールやTCL製なら
    22万~35万ウォン(約2万2000~3万5000円)と安いからだ。

     韓国小売業界関係者は「かつては中国製品を避ける韓国人が多かったが、品質向上で中国製を買う消費者が
    増えている」と話している。

    (翻訳・編集/大宮)

    レコードチャイナ 2016年1月10日(日) 19時30分
    http://www.recordchina.co.jp/a126609.html

    引用元: ・【レコードチャイナ】中国の電子産業が韓国の自尊心を傷つける、その理由とは?―中国メディア[1/10]

    【安い自尊心だな 【レコードチャイナ】中国の電子産業が韓国の自尊心を傷つける、その理由とは?―中国メディア[1/10]】の続きを読む

    このページのトップヘ