まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:自動車

    1: まぜるな!キケン!! 2020/03/01(日) 10:42:14.66 ID:CAP_USER
     韓国が2019年、世界の自動車生産国のうち7位にランクインした。

     韓国自動車産業協会が発表した「2019年10大自動車生産国の現況」と題する報告書によると、韓国の生産台数は395万台で前年に比べ1.9%減少したが、2018年に続き世界の自動車生産国のうち7位をキープしている。

     2019年の世界の自動車生産台数は計9323万台で、前年に比べ4.9%減少した。自動車生産台数で世界1位の中国は前年比7.5%減の2571万台を生産。以下、2位米国、3位日本、4位ドイツ、5位インド、6位はメキシコだった。

    ©朝鮮日報日本語版
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200301-00080014-chosun-asent

    3/1(日) 10:37配信

    引用元: ・【自動車産業】2019年自動車生産台数1位は中国、韓国は? 2位米国、3位日本、4位ドイツ、5位インド、6位はメキシコ[3/1]

    【 7大自動車強国ですね わかります 【自動車産業】2019年自動車生産台数1位は中国、韓国は? 2位米国、3位日本、4位ドイツ、5位インド、6位はメキシコ[3/1]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/01/24(金) 09:58:33.88 ID:CAP_USER
    韓国自動車企業の経営難が部品会社の危機につながっている。国内自動車部品会社の4社に1社は赤字を免れず、業界全般に危機感が広がっているという指摘が出ている。自動車業界によると、2018年の部品上場企業83社の営業利益率は平均2.3%にすぎなかった。うち21社(25.3%)が赤字だった。

    1次協力会社505社に範囲を拡大すると状況はさらに深刻だ。これら会社の平均営業利益率は1.9%と、上場企業の平均値を下回った。赤字企業も23.6%の119社だった。産業研究院のチョ・チョル研究委員は「規模が小さい部品会社であるほど外圧に大きな影響を受ける。2019年(1-9月)に入っても赤字企業は4社に1社(24.1%)程度だった」と説明した。

    自動車部品会社の危機が本格化したのは7年前からというのが業界の分析だ。2010年以降、自動車企業が海外生産を拡大し、部品会社の規模も拡大したが、2013年から成長が鈍ったという説明だ。中国など海外での自動車生産が減少した影響が大きい。国内部品産業で発注者ブランドによる生産(OEM)の売上高は2012年から増えず、2014年以降は持続的に減少している。2019年(1-11月基準)の部品会社の輸出は前年同期比3.1%減少した。

    チョ研究委員は「自動車企業の経営悪化と生産減少で国内の部品生産基盤が崩れている」とし「赤字が続く双龍自動車、ルノーサムスンなどに納品する会社の経営状況は最悪水準」と伝えた。

    週52時間勤務制など政府の規制までが重なり、部品会社が危機に追い込まれている。韓国自動車産業協会の鄭晩基(チ ン・マンギ)会長は「最も急がれるのは弾力勤務制や選択勤務制などの週52時間勤務制補完立法だ」と述べた。

    ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/261853?servcode=300&sectcode=320

    2020.01.24 09:20

    引用元: ・【韓経】韓国自動車部品会社も危機…4社に1社が赤字[1/24]

    【ここで労組の出番ですよ~ 【韓経】韓国自動車部品会社も危機…4社に1社が赤字[1/24]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/01/11(土) 15:26:55.09 ID:CAP_USER
     9日夜、ルノーサムスン自動車釜山工場の生産職社員は会社からテキストメッセージと無料通信アプリ「カカオトーク」のメッセージを受け取った。タイトルは「部分職場閉鎖公告」。「10日から別途に告知があるまで釜山工場を部分閉鎖する。即時に組合員たちは工場から退去し、許可なく事業場に立ち入ることができなくなる」という内容だった。社内向けホームページにも公告が掲載された。

     しかし、これは工場の完全閉鎖するための措置ではない。最小限でも工場を回すための会社側の『窮余の策』だ。なぜ工場を稼動させるために部分閉鎖をするという事態になったのだろうか。

    ■工場を稼働させるため部分閉鎖

     10日午後、釜山市江西区にあるルノーサムスン自動車の工場。午後4時になるとジャンパーを着た人々が通勤用バス20台に乗って工場の門を出た。この工場はもともと昼夜交代で一日18時間稼働だった。しかし、この日は昼間の作業のみ行われた。工場は勤労希望書を出した約1720人が稼働させた。同社労働組合はストライキを宣言したが、これらは「仕事をする」と言ってストライキに賛同せずに出勤した人々で、全社員の約80%に当たる。

     ルノーサムスン労働組合は賃金および団体協約交渉が決裂すると、先月20日に全面ストを宣言した。初日の参加率は43.5%だったが、最近は30%まで下がった。「ストではなく工場を稼働させる方が優先だ」としてストライキから離脱する人々が増えたのだ。同社は、これらの人々を中心にし、工場を部分的ながら稼働させることができた。

    イム・ギョンオプ記者
    ※続きは元ソースでご覧ください。

    ソース
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2020/01/11 10:01
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/01/11/2020011180016.html

    引用元: ・【韓国自動車】工場回そうと職場閉鎖…ルノーサムスンの「悲しくも滑稽な現実[01/11]

    【まんま朝鮮王朝の歴史だな【韓国自動車】工場回そうと職場閉鎖…ルノーサムスンの「悲しくも滑稽な現実[01/11]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/10(日) 12:37:41.13 ID:CAP_USER
    機械翻訳

    自動車販売、10年ぶりに最低...輸出も「緊張」
    記事入力2019.11.10

    [アンカー]
    今年、韓国の自動車販売の世界金融危機以降、10年ぶりに最も少ないことがわかった。

    こうした中、米国が輸入車に高い関税をつけるかを決定することにした期限が三日後に迫り、関心が集まっています。

    取材記者接続します。 チェ・アヨン記者!

    今年に入って韓国の自動車販売、10年ぶりに最も少なかったが、昨年よりどのくらい減ったのですか?

    [記者]
    韓国自動車産業協会が公開した内容をアップ。

    今年に入って10月まで、韓国の自動車メーカーの国内外の販売量はすべて324万2千台と集計された。

    前年同期比0.7%減のでしょう。

    279万台売れた2009年の世界金融危機以降、10年ぶりに最も不振ですが。

    特に輸出は198万6千台、1年前に比べて0.3%減少し、10年ぶりに最も少なく、

    国内販売も1.2%減少し、3年目減少が続いています。

    このように、輸出と国内販売の両方鈍化し、今年400万台の販売もめくり容易ではない見通しが出てきます。

    https://translate.googleusercontent.com/translate_c?act=url&depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn%3Fmid%3Detc id1%3D111%26rankingType%3Dpopular_day id%3D052%26aid%3D0001363937 ate%3D20191110%26type%3D2%26rankingSeq%3D2%26rankingSectionId%3D101&usg=ALkJrhjPAigulcbTdrPl2liCZSCvaweagw

    引用元: ・【ムンジェノサイド】自動車販売、過去10年で最低

    【もう死んでるなぁ 【ムンジェノサイド】自動車販売、過去10年で最低 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/10(日) 21:38:32.42 ID:CAP_USER
    韓国の自動車産業がリーマン・ショック後、最も振るわない。輸出と国内販売がいずれも鈍化し、
    今年は年間生産台数が400万台を割り込む可能性が高まった。

    韓国自動車産業協会によると、韓国完成車メーカーの1~10月の販売台数(輸出と国内販売)は324万2340台で、
    前年同期比0.7%減少した。1~10月としては2009年(278万5914台)以降で最も少ない。

    このままの流れが続く場合、年間販売台数は2015年(456万3507台)から4年連続で減少が続くとみられ、
    400万台達成も容易ではないと予想される

    400万台を達成するには11、12月の2か月間に月平均37万9000台以上を販売しなければならないが、
    1~10月の月平均販売台数は32万4000台にとどまった。

    同期間の輸出台数は198万5632台で、前年同期比0.3%減少し、09年(169万6279台)以降で最低となった。
    ただ、輸出額は354億ドル(約3兆8700億円)で同6.8%増加した。

    国内販売も振るわない。同期間の国内販売台数は125万6708台で、同1.2%減少した。

    販売不振で自動車生産台数はリーマン・ショック後初めて400万台を割り込むとの見通しが出ている。

    1~10月の自動車生産台数は326万6698台で、同0.4%減少した。
    年間400万台を達成するためには年末までに月平均約36万7000台を生産しなければならい。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-00000019-yonh-kr

    引用元: ・【韓国崩壊】自動車生産 輸出と国内が鈍化、リーマン・ショック以降最低に 

    【国内と国外がダメになっただけ 【韓国崩壊】自動車生産 輸出と国内が鈍化、リーマン・ショック以降最低に  】の続きを読む

    このページのトップヘ