まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:臓器

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/02/12(火) 18:45:11.52 ID:CAP_USER
    「新たな発見」として医学研究誌に発表された、臓器移植に関する世界の医学誌に掲載された400あまりの研究論文は、中国の収監者から摘出されたものを利用した疑いがあるとして、オーストラリアの研究団体は取り下げを要求している。

    豪の医学誌BMJオープン2月6日付に掲載された調査報告は、中国医学研究者の論文はドナーに関する国際倫理規定に違反している可能性があると指摘する。

    マッコーリー大学臨床倫理学ウェンディ・ロジャース教授とその調査チームは、2000年1月から2017年4月まで、英語圏の医学誌に掲載されたすべての中国の臓器移植に関する報告を入手、分析した。全445論文では、8万5477の移植手術が含まれる。

    その結果、99%の論文にドナーの同意を得ているかどうかに関する記述がなかった。19件の論文は、死刑囚の臓器を使用していないと主張している。これらは、中国に臓器のドナー制度が存在しない2010以前の研究だという。

    同調査報告は、中国の研究界はドナーの身元開示について透明性を強く要求していないと指摘した。

    ロジャース教授は英紙ガーディアンの取材に対して、中国研究者らは人体臓器を研究できるという状況について「全員が『自分の知ったことではない』というような言いぶりをしている」と語気を強めた。

    さらに「この野蛮な(臓器の収奪)問題について、世界は沈黙してはいけない」と付け加えた。

    2017年、著名な医学誌「肝臓国際(Liver International)」は、中国の執刀医が係わった、4年間にわたる564の医学論文を取り下げた。
    医学専門家は、短期間で多数の研究可能な人体と臓器を入手することは不可能としている。しかし、研究論文に使用された臓器は「心停止あるいは脳死」だった。

    ロジャース教授らは、死刑囚臓器の禁止を含む非倫理的研究を受け入れないとの方針を持つ「米国臓器移植誌(Journal of American Transplantation)」や、「臓器移植社会(The Transplantation Society,TTS)」の公認医学誌でさえ、疑わしい論文を発表していると指摘する。

    ロジャース教授らの調査結果は「世界の移植界は、死刑囚の臓器を使った研究発表を禁止する倫理基準を守れていない。倫理審査を受けていない研究論文が存在しており、これらの論文は広範に利用され研究成果が得られているとすれば、共犯の疑いも沸く」とかいた。

    「死刑囚の臓器利用のある研究報告のある全論文を直ちに取り下げを要求する。そして中国の臓器移植研究をどう取り扱うのか、将来の方針についての議論を国際サミットに呼びかける」と結論付けた。

    2016年、カナダの人権弁護士デービッド・マタス氏と同政府元アジア太平洋担当大臣デービッド・キルガー氏、在英調査ジャーナリストのイーサン・ガットマン氏は報告書で、中国では公式発表数やドナー提供数と合致せず、ドナー数をはるかに上回る移植手術が行われていると述べた。

    報告によれば、中国政府は移植件数が年間1万件と発表しているが、中国移植手術病院の個別報告などを統合すれば年間6万~10万件が行われているという。また、臓器の出所は、海外の関係者らの証言や体験により、無実の罪で囚われの身となった信仰者、少数民族、体制異見者が含まれると報告書は指摘する。

    中国衛生部は、死刑囚を含む収容者の臓器利用は停止したと主張するが、しかし「本人がドナーを望む」場合を除くとしている。

    2018年12月初旬、英国ロンドンで、中国臓器強制収奪に関する問題を裁定する模擬裁判・民衆法廷が開かれた。英国女王勅撰弁護士であるジェフリー・ニース卿が法廷顧問を務めた。

    検事、弁護士、医学専門家らによる裁定で、数日後に発表された中間報告では「疑いの余地なく、中国で長期にわたり、極めて多くの犠牲者を出して強制臓器収奪が行われてきたことを確信する」「国際的な常軌を逸脱し、人類の良心に強烈な衝撃を与える」と形容した。

    (編集・佐渡道世)

    https://www.epochtimes.jp/2019/02/40207.html
    大紀元 2019年02月12日 16時43分

    引用元: ・【新たな発見・医学研究誌】中国の400研究論文、囚人の臓器を使った疑い 取り下げ要求=豪研究団体[2/12]

    【共産党の犯罪はきれいな犯罪 【新たな発見・医学研究誌】中国の400研究論文、囚人の臓器を使った疑い 取り下げ要求=豪研究団体[2/12] 】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/09/17(日) 12:11:56.97 ID:CAP_USER
    https://i.imgur.com/xFy0btl.jpg
    移植用臓器を運ぶ医師たち(大紀元資料)

    韓国国内の調査によると、海外で臓器移植した韓国人患者2206人のうち、9割以上が中国で手術を受けていたことがわかった。中国では、ドナー希望者が少ないにもかかわらず移植手術件数が増加し、極めて短時間で臓器移植を受けられることから、収監された「良心の囚人」から強制摘出した臓器が利用されている可能性があると、専門調査家らは指摘している。

     韓国・慶熙大学附属病院の移植血管外科教授アン・ヒョンジュン氏の調査を東亜日報11日付が報道。2000年から2016年の間に、韓国で移植手術を受けていないが、臓器移植後の免疫治療を受けた患者数は2206人で、そのうち97.3%にあたる2147人が、中国で手術を受けたことを認めたという。

     ヒョンジュン教授は、ソウル峨山病院と他42カ所の主要な臓器移植患者リハビリテーション病院の患者を対象に調査を行った。この結果を示す論文「韓国人の臓器移植傾向」は、世界臓器移植学会誌『移植(Transplantation)』に掲載された。

    「中国人」として移植手術を受けた韓国人患者たち

    韓国人患者らは主に臓器を待つ患者間のSNS(ソーシャルネットワーク)を通じて仲介者と連絡をとり、臓器移植のために中国に行く。しかし、患者に移植された臓器が、誰のものか、どこから運ばれてきたのか、知る術はない。

     韓国釜山では昨年9月、中国の病院と連携して韓国人患者を臓器移植ツアーに参加させたブローカー集団のボス・金(男、韓国国籍)が臓器移植法等違反の疑いで逮捕された。金は、「中国の病院なら移植までの待機時間は1~2週間以内」と宣伝していた。

     釜山警察によると、金容疑者は2006年から2011年、仲間とともにインターネット上で「臓器移植患者協会」などの複数のサイトを開設し、慢性腎不全、肝臓癌、重度の肝硬変、心臓病などを患う人に対して臓器移植を仲介していた。

     提示された金額は、腎臓が4000~6000万ウォン(期間中の年次平均為替レートで360~540万円)、肝臓は6000万~1億ウォン(同540~900万円)、心臓は1億ウォン(同900万円)など、世界平均より極めて安価だ。米国での手術の場合、デポジット料などが追加され数億円になる場合もある。

     中国政府は2008年、外国人の臓器移植を形式上では禁止したものの、13カ所の上海の病院は金容疑者の組織と連携し、韓国人患者らを中国人の名義で入院させ、移植手術を行ったとされる。

     釜山警察は、合計87回にのぼる肝臓、腎臓、心臓移植の仲介があり、「そのなかに『生きている人から臓器を摘出した』事例も含まれている」と強調した。

     手術中に死亡した患者や、帰国後まもなく亡くなった患者も存在するほか、帰国後に副作用が現れて、再び手術が必要になるという症例も多いことを明かし、実際の数はもっと多い可能性があると考えられている。

    国際人権報告書「中国の違法移植臓器は法輪功学習者から」

     2016年6月、前カナダ外務省アジア太平洋州担当大臣のデービッド・キルガー(David Kilgour)氏、人権弁護士のデービッド・マタス(David Matas)氏、米国の著名ジャーナリストのイーサン・ガットマン(Ethan Gutmann)氏の3人は、中国における臓器収奪問題に関して米国連邦議会委員会の公聴会で調査報告書を発表、中国における臓器移植の主な供給源は、収監された「良心の囚人」で最も多い、法輪功学習者である可能性が高いと指摘した。

     3人は中国共産党による生きている法輪功学習者からの強制臓器摘出を世界に暴露し、問題への関与停止を国際社会に呼びかけた功労を称えられ、2010年、2017年ノーベル平和賞にノミネートされた。

     2008年の臓器移植に関する国際宣言「イスタンブール宣言」以降、臓器売買が疑われる国への移植ツーリズムの禁止や、患者を引率するブローカーの取り締まり、紹介した医師の懲戒処分など、厳しい規制を設ける国が増加した。患者も、帰国後に免疫抑制の治療を受けられなかったり、医療保険が適応されないなどの制限が課される。しかし、法的拘束力はないため、署名国の法整備が求められている。 
    no title

    臓器移植の闇ブローカー主犯格 韓国に帰国し自首
    (翻訳編集・齊潤)

    2017年09月16日 18時39分 大紀元
    http://www.epochtimes.jp/2017/09/28385.html

    引用元: ・【中国医療の闇】海外で臓器移植した韓国人、97%は中国=調査[9/16] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【『生きている人から臓器を摘出した』事例も】海外で臓器移植した韓国人、97%は中国で】の続きを読む

    このページのトップヘ