まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:脱日本

    1: まぜるな!キケン! 2019/09/19(木) 16:03:08.18 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】素材・部品・装備(装置や設備)産業の日本への依存度を下げるため、韓国政府がドイツのフランクフルトで19日(現地時間)から2日間の予定で投資誘致活動を行っている。産業通商資源部が19日、伝えた。

    日本の対韓輸出規制強化を受け、韓国政府は素材・部品・装備の供給を安定させるため国産化を積極的に支援すると同時に、短期間での技術国産化が難しい品目については海外企業を対象にしたM&A(合併・買収)や投資誘致にも取り組む方針を示している。

     最初の活動地としてドイツを選んだのは、これらの産業の一部で日本以上の競争力を持つため。素材・部品の世界シェアは2017年にドイツが9.3%、日本は5.8%だった。

     現在、フランクフルトモーターショーが開催中で、世界の主要な半導体、ディスプレー、化学素材、自動車関連の企業がこぞって参加していることから、韓国政府はこれら企業を対象に投資説明会や個別協議を行っている。

     産業通商資源部は初日の19日には投資家ラウンドテーブルを開き、ドイツの企業経営者らに高付加価値の素材・部品・装備分野の対韓投資チャンスが広がっていることを強調するとともに、両国間の有望な投資協力分野を提示した。

     ラウンドテーブルに出席した半導体材料や液晶素材のメーカー、独ヘレウスの幹部は「韓国は優秀な人材やIT(情報技術)インフラ、大規模生産施設の運営経験などを備えた魅力的な投資先」だとし、「韓国に対する追加投資を積極的に考えたい」と話した。

     産業通商資源部は、具体的な対韓投資計画を練っている3社とは個別に協議を実施。それぞれ、機能性プラスチック分野の増額投資計画、液晶素材・部品関連の投資計画、太陽光モジュール用セルの生産のための新規設備投資計画について議論したという。

     韓国政府は、ドイツを皮切りに11月に米国、来年前半に英国でも素材・部品・装備関連企業を対象にした投資説明会を開く計画だ。

    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190919002300882?section=economy/index
    聯合ニュース 2019.09.19 15:52

    引用元: ・【聯合ニュース】素材・部品「脱日本依存」へ ドイツで投資誘致活動=韓国政府[9/19]

    【資金繰りから技術まで他国任せかよ【聯合ニュース】素材・部品「脱日本依存」へ ドイツで投資誘致活動=韓国政府[9/19] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2016/03/07(月) 12:27:14.85 ID:CAP_USER.net
    ロッテグループの辛東彬(シン・ドンビン)会長(日本名・重光昭夫)が韓日両国のロッテグループで支配構造の頂点にあるロッテホールディングスの臨時株主総会でこのほど、
    辛東主(シン・ドンジュ)SDJコーポレーション会長(日本名・重光宏之)に再び勝利を収めた。辛東主氏の辛格浩(シン・ギョクホ)ロッテグループ総括会長の長男で、辛東彬会長の実兄に当たる。
    弟の辛東彬氏は昨年8月と今回の株主総会で2連勝し、ロッテグループの経営権を固めたのに対し、辛東主氏は大きな打撃を受けた。

    ■ホテルロッテなどの上場加速

     今回の勝利を契機として、辛東彬氏はホテルロッテの韓国での株式上場をはじめ、支配構造改善作業を急ぐ方針だ。
    辛東主氏はホテルロッテの現時点での上場に反対してきた。ホテルロッテが韓国で上場すれば、同社に5.45%を出資する光潤社と辛東主氏の影響力が低下し、ロッテグループの「脱日本・韓国化」が明確となる。

     当面経営権争いの焦点は、辛格浩総括会長に対する成年後見人を置くかどうかだ。
    ソウル家裁は今月9日に行う2回目の審査で、辛格浩氏に対する精神鑑定などを行う予定だ。成年後見人を置くのが相当だとの決定が出れば、「父が後継者に指名した」と主張する辛東主氏は不利な立場に追い込まれる。

    チェ・ソンジン記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/03/07/2016030700657.html

    引用元: ・【経済】ロッテお家騒動、弟2連勝で「脱日本・韓国化」加速[3/07]

    【さようなら~【経済】ロッテお家騒動、弟2連勝で「脱日本・韓国化」加速[3/07]】の続きを読む

    このページのトップヘ