まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:脅迫

    1: 白井黒子◆KuRokoMU3c 2014/05/14(水)11:07:04 ID:???
    『タンチキ』しようとしていた女従業員監禁20台事業主拘束


    前借金をピンはねして逃げる俗称『タンチキ』をしようとしていた遊興酒屋女性従業員を監禁して、ピンはねしたお金の9倍を越える巨額の借用証を使うように強要した事業主と従業員など4人が警察に捕まった。

    江原(カンウォン)麟蹄(インジェ)警察署は13日、風俗店女性従業員を監禁・脅迫した疑惑(暴力行為など処罰に関する法律違反)で事業主キム某(25)さんを拘束して共犯である従業員チョン某(25)さんなど3人を不拘束立件した。

    キム氏は去る9日午前4時頃、麟蹄郡(インジェグン)のあるモーテルで遊興酒屋従業員であるA(33・女)氏を車両に乗せて寒溪嶺(ハンゲリョン)近隣の自身の山荘に引っ張っていって監禁し、5千600万ウォン相当の借用証を使うように脅迫・強要した疑惑を受けている。

    調査の結果、キム氏などは去る8日、自身の遊興酒屋に前借金600万ウォンを受けて就職したAさんがこれを取りまとめて逃げようとするとすぐにこのような犯行をしたと警察は明らかにした。

    この過程でキム氏はAさんを山荘とモーテルなどの地を引っ張っていって前借金の9倍を越える巨額の借用証を使うようにしたことが明らかになった。

    Aさんは監視が粗末な合間を利用してタクシー運転手を通じて警察に申告した。

    韓国日報(韓国語)
    http://news.hankooki.com/lpage/society/201405/h2014051317493774990.htm

    引用元: ・【韓国】前借金奪って逃げようとした女従業員監禁・脅迫した風俗店主を拘束(麟蹄)[05/13]

    【【韓国】前借金奪って逃げようとした女従業員監禁・脅迫した風俗店主を拘束(麟蹄)[05/13]】の続きを読む

    1: 白井黒子◆KuRokoMU3c 2014/05/12(月)20:09:29 ID:???
    入院中である前彼女訪ねて行って焚身威嚇した男性捕まって


    京畿(キョンギ)一山(イルサン)警察署は12日、別れた恋人にまた会ってくれとしながら体にガソリンを浴びせて脅迫した疑惑(脅迫および現住建造物予備放火)でチュ某(39)さんを捕まえて調査している。

    チュさんはこの日午前8時30分頃、高陽市(コヤンシ)一山(イルサン)西区ある病院に入院中であるパク某(34・女)氏を訪ねて行って会わないという理由で自身のからだにガソリンを浴びせて火をつけようとした疑惑などを受けている。

    チュさんの行動に同じ病室にあった患者8人が外側で待避することもした。

    チュさんは病院職員が制止するとすぐに逃げて近隣で捕まった。

    警察は『約3年交際したチュさんに別れ通知をするとまた会ってくれとしながら何回も威嚇した』という被害者の陳述に沿って調査を終え次第チュさんに対する拘束令状を申し込む方針だ。

    韓国日報(韓国語)
    http://news.hankooki.com/lpage/society/201405/h2014051216005721980.htm

    ▽関連記事
    【韓国】「会ってくれない…」~前ガールフレンドの車盗む(清州)[04/29]
    http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1398840261/
    【韓国】「会ってくれない」…女性を監禁・暴行、家に放火した60代に懲役4年(済州)[04/15]
    http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1397557190/
    【韓国】「会ってくれない…」~前ガールフレンドを拉致して逃亡(清州)[04/10]
    http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1397107964/
    【韓国】心変わりしたガールフレンド拉致・監禁 20代に執行猶予[03/29]
    http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1396070904/

    引用元: ・【韓国】「会ってくれない…」~入院中の前ガールフレンド訪ねて焚身脅迫(一山)[04/29]

    【【韓国】「会ってくれない…」~入院中の前ガールフレンド訪ねて焚身脅迫(一山)[04/29]】の続きを読む

    このページのトップヘ