まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:習主席

    1: まぜるな!キケン!! 2019/05/08(水) 16:11:14.40 ID:CAP_USER
    文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が中国公式訪問で中国の習近平国家主席に会うことができなかった。国会議長の公式訪中は5年ぶり。文議長は大韓民国の儀典序列2位だ。文議長は7日、習主席の代わりに韓国国会のカウンターパートである全国人民代表大会(全人代)の栗戦書常務委員長(中国権力序列3位)と会談および夕食会をしたのに続き、8日午前には中南海で王岐山・国家副主席と会った後、全人代の王東明副委員長の主宰で昼食会をし、2泊3日の中国日程を終えた。王副主席は2018年3月の全人代で国家副主席に当選した。常務委員7人に続いて儀典序列8位。

    1992年の韓中国交正常化以降、韓国国会議長として10回目となる中国訪問をした文喜相議長は習主席との会談が実現しなかったことに関し、中国の慣例が変わったと述べた。8日に釣魚台国賓館で特派員との懇談会を終えた文議長は「中国の外交の部分が完全に変わった」とし「すべての責任が楊潔チ共産党政治局員、王岐山副主席のラインで可能になった」と説明した。続いて「会えなかったと話すのはおかしい。会う必要性がない外交になったということだ」としながらも「(中国が)米国式を追う大国意識だと考える」という評価も付けた。

    習主席が韓国の主要人物を相手にする儀典で「冷遇」という声が出たのは今回が初めてではない。2年前に文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使として訪問した李海チャン(イ・ヘチャン)元首相の座席は香港行政長官と同じ下席だった。当時も中国側は外交慣例が変わったという論理を前に出した。

    中国の外交政策が楊潔チ共産党政治局員、王岐山副主席、栗戦書常務委員長で可能になったという文議長の発言は事実と距離がある。楊潔チ政治局員は中央外事工作委員会弁公室主任にすぎない。2018年3月に断行された党・国家機構改編で従来の中央外事工作領導小組から格上げされた中央外事工作委員会は習近平主席が主任、李克強首相が副主任、王岐山副主席が委員という事項だけが公開された。2018年5月に開催された最初の外事委員会会議に栗戦書委員長は出席しなかった。楊潔チ政治局員が外事委委員かどうかも国営メディアは明らかにしていない。

    韓国国会議長の訪中は、1994年1月に李万燮(イ・マンソプ)国会議長が中国を訪問して権力序列1、2位の江沢民国家主席、李鵬首相と会談してから2014年12月の鄭義和(チョン・ウィファ)議長まで計9回。2013年12月の姜昌熙(カン・チャンヒ)議長、2014年12月の鄭義和議長はともに習近平国家主席と張徳江全人代常務委員長と会った。廬武鉉(ノ・ムヒョン)政権末期だった2007年7月の林采正(イム・チェジョン)議長だけが唯一、胡錦濤主席の代わりに権力序列2位の呉邦国全人代常務委員長と3位の温家宝首相に会った。それ以来、文喜相議長が権力序列1位に会うことができない訪中の2件目の前例を残すことになった。鄭在浩(チョン・ジェホ)ソウル大教授は「外交は記録と前例の重みを背負って生きる生物」とし「文議長の習主席との会談が不発に終わったことがは、李海チャン、鄭義溶(チョン・ウィヨン)両特使の座席配置のように韓中関係の新たな慣例として残らないか懸念される」と述べた。

    習主席は先月25-27日に北京で開かれた第2回一帯一路(陸・海上新シルクロード)国際協力首脳フォーラムに出席した38カ国の首脳全員と1週間の正式会談で会い、中国を訪問した客を礼遇した。安倍晋三首相の特使として出席した二階俊博自民党幹事長ともお互い向き合う「最高級座席」に座らせて公式会談をした。

    文議長は韓半島(朝鮮半島)平和プロセスで中国の「促進者」の役割を強調した。懇談会の冒頭発言で文議長は「韓半島平和プロセスは比較的双方と信頼関係が良い中国が促進者的な役割を強化し、交渉を迅速に進展させることができる土台になってほしいと要請した」とし「栗戦書委員長が快くそうすると答えた」と紹介した。促進者の意味については「北朝鮮・大韓民国・米国で葛藤はあるが、信頼の基本的な枠があるのは中国だけ」とし「北朝鮮を説得して信頼を回復するのに率先してほしいと伝えた」と説明した。

    ※全文はソース元参照

    2019年05月08日16時01分 [中央日報/中央日報日本語版]
    https://japanese.joins.com/article/147/253147.html?servcode=A00&sectcode=A30

    引用元: ・【中央日報】 文喜相国会議長、習主席に会えず…「中国がまた韓国冷遇」 [05/08]

    【各国で完全にゴミ扱いされてる【中央日報】 文喜相国会議長、習主席に会えず…「中国がまた韓国冷遇」 [05/08] 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/12/15(金) 09:32:43.93 ID:CAP_USER
    【北京聯合ニュース】中国を国賓訪問している韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は14日午後、北京の人民大会堂で習近平国家主席と首脳会談を行い、「両国は共同繁栄の道を共に歩き、朝鮮半島や北東アジア、世界の平和と繁栄のために協力していくべき運命的なパートナーだと信じている」と述べた。

     文大統領は「両国は最も近い隣人で、悠久の歴史と文化を共有している」として、「歴史的に両国はお互いが門戸を開放し、交流と協力を積極的に推進した際に共同の繁栄期を謳歌(おうか)できた」と指摘。「過去を振り返れば未来が分かる」として、「両国はこのところ、一時的に困難な状況にあったが、ある側面では『易地思之(相手の身になって考える)』の機会となり、溝を埋めてより大きな山を築いていくための意味のある時間だった」と強調した。

     中国は米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国配備に強く反発し、両国関係が悪化していたが、両国は今年10月31日、関係回復に合意した。

     文大統領は「習主席の言葉や行動から信頼できる指導者だと確信した」として、「国と国の関係でも信頼が最も重要であるという信念を持っている」と強調。「両首脳の信頼と友情に基づき、冷静に両国の新しい時代を切り開く基盤を固めたい」と呼びかけた。

     また、「世界の平和と安全を脅かしている北の核問題を平和的に解決し、朝鮮半島に恒久的な平和を定着させるという立場を再確認し、具体的な協力策について議論することを期待している」と述べた。

     両国が国交正常化から25周年を迎えることに言及し、「1992年の国交正常化は北東アジアでの脱冷戦秩序の序幕を開いた記念碑的な出来事だった」として、「中国は韓国の最大の貿易相手国であり、韓国は中国の3番目の貿易先となった」と説明。「きょうの首脳会談が両国と両国民が戦略的なパートナー関係を通じて成し遂げた成果をさらに一段階発展させていく転機になることを期待する」と強調した。

     1937年の旧日本軍による「南京大虐殺」から今月13日で80年を迎えたことにも言及し、「あらためて哀悼とお見舞いの意を表する」と述べた。

    聯合ニュース
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/12/14/2017121402797.html

    引用元: ・【国際】文大統領「韓中は運命的パートナー」 習主席と首脳会談

    【【厄病神と一緒の泥船パートナー】文大統領「韓中は運命的パートナー」 習主席と首脳会談 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2017/12/14(木) 08:39:59.08 ID:CAP_USER
    中国を国賓訪問するため13日に北京首都国際空港に到着した文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対し、本来出迎えに来るべき韓国の盧英敏(ノ・ヨンミン)駐中国大使の姿はなかった。盧大使は文大統領の到着した時間に南京大虐殺80周年の追悼式典が行われる南京にいたのだ。

    文大統領の訪中初日となった13日、南京では習近平国家主席や中国指導部の要人たちをはじめ、盧大使ら主要国の駐中国大使約30人の出席者を迎え、追悼式典が行われた。習主席の政権2期目に入って初の追悼式典ということもあり、中国メディアも大々的に報じた。文大統領は訪中初日、習主席不在の北京で在中韓国人との懇談会に臨んだ。

    中国国営の中国中央テレビ(CCTV)はこの日、文大統領の訪中を定時ニュースで毎回伝えるとともに、韓中関係の発展を望む両国の若者たちのインタビューを報じた。

    ただし、終末高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備に関連し「韓国が『三つのノー(THAADの追加配備をしない、米国のミサイル防衛〈MD〉に参加しない、韓米日軍事同盟はない)』の約束を今後どのように守るのかに将来の韓中関係が懸かっている」という専門家のインタビューも併せて放送した。

    中国国営英字紙・環球時報も中国の専門家らの言葉を引用し「韓国は北朝鮮核問題の解決のためにTHAADに望みを託すのではなく、中国との協力を重視すべき」「THAADの韓国配備撤回という中国の立場は変わらない。THAADの配備が完全に撤回されない限り、韓中関係の完全な回復は困難だろう」と報じた。


    2017/12/13 22:25
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/12/13/2017121303302.html

    引用元: ・【朝鮮日報】文大統領到着時に北京は空っぽ、習主席ら南京大虐殺式典へ[12/14]

    【【朝鮮日報】国賓訪問の文大統領に出迎えなし、習主席ら南京に【朝鮮日報】】の続きを読む

    1: ジャン・ポール◆Vkp7zYl5.c 2016/08/18(木)21:06:55 ID:IZI

    一部を抜粋

    まず、米情報当局から得た極秘情報を報告しよう。

    「習氏は最近、『私に恥をかかせるのか!』と、周囲に当たり散らしている。経済も外交も行き詰ま
    り、荒れている」

    この7月、オランダ・ハーグの仲裁裁判所は、南シナ海をめぐる中国の主張を「まったく根拠がない」
    と完全否定した。中国はこの裁定を「紙クズだ」と無視し、今も人工島の軍事基地化、南シナ海の強
    奪という暴走を続けている。国際法の順守を求める各国には、武力で恫喝した。許されざる無法国家
    ぶりだ。

    もし、G20で南シナ海問題が取り上げられたら、中国は袋だたきになり、習氏のメンツが潰れる。
    晴れの舞台が「恥の舞台」になり、習氏の失脚にもつながる。前出の要請は、取り上げないでくれと、
    裏で泣きついているということだ。ふざけるな、だ。

    外務省関係者がこういう。

    「参加国の中から『南シナ海問題を議題にしないならG20の意味はない、中国を外してG19を開
    催すべきだ』という強硬意見が出ている」

    海警局の公船が、尖閣周辺の接続水域や領海に連日のように侵入し、果ては、海上民兵が乗り込んだ
    とみられる約300隻もの中国漁船が集結、一時は「8月15日、尖閣上陸」情報まで流れた。はっ
    きり言おう。中国は間違いなく尖閣奪取で暴走する。

    加賀孝英(かが・こうえい)

    省略部の詳細はソースで
    ZAKZAK
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160817/frn1608171140001-n1.htm

    引用元: ・【スクープ最前線】南シナ海暴走で「G20から中国追放」論浮上 習主席の要請にあきれる参加国[8/17]

    【【スクープ最前線】南シナ海暴走で「G20から中国追放」論浮上 習主席の要請にあきれる参加国[8/17]】の続きを読む

    1: LingLing ★@\(^o^)/ 2015/09/07(月) 22:30:56.56 ID:???.net
    ■中国政府が「クマのプーさん」を検閲・ネット上で習近平国家主席に似ているという噂が流布
    no title


    中国政府が急遽、ネット上における「Winnie-the-Pooh(クマのプーさん)」画像の検閲を強化
    していることが明らかとなった。

    3日に北京市で開催された第二次世界大戦の対日戦勝利70周年を記念した大規模な軍事
    パレードの際に行われたオープンカーによる習近平・国家主席のパレードの模様が、車に乗った
    「クマのプーさん」のおもちゃにそっくりだとする噂が中国ソーシャルネット大手のWeiboで流布する
    事態となっていることが、「クマのプーさん」が検閲の対象となる原因となっている。

    車に乗った「クマのプーさん」のおもちゃの画像は、習近平国家主席の権力は「絵に描いた餅」
    的な批判が込められたものとなっており、景気後退懸念、上海株式市場の急落、そして天津
    爆発事故などのこのところ立て続けに起きている大きな社会問題に対して中国中央政府の
    対応が後手に回っていることへの痛烈な批判が込められたものともなっている。

    2013年に習近平・国家主席がオバマ大統領と並んで歩いているものが、「クマのプーさん」の
    映画の一コマにそっくりだという噂が広まった結果、中国政府は一度、「クマのプーさん」画像の
    検閲を強化したことがあったが、それ以降は、「クマのプーさん」画像は鳴りを潜めていた。
    no title


    ソース Business Newsline
    http://www.businessnewsline.com/news/201509051152310000.html

    引用元: ・【ネット】 中国政府、「クマのプーさん」画像を検閲。習主席に似ているという噂が流布=「絵に描いた餅」的な批判が込められ[09/07]

    【上海ディズニーピンチw 【ネット】 中国政府、「クマのプーさん」画像を検閲。習主席に似ているという噂が流布=「絵に描いた餅」的な批判が込められ[09/07]】の続きを読む

    このページのトップヘ