まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:義士

    1: まぜるな!キケン!! 2019/04/12(金) 23:07:59.06 ID:CAP_USER
    no title


    アンカー:明るい笑顔で普段は「愉快な青年」と呼ばれた写真の主人公は1932年、東京の真ん中で日王に向かって手榴弾を投げた李奉昌(イ・ボンチャン)義士です。イ義士が日王に向けた義挙を控えてかたい決意を新たにした宣誓文、また、金九(キム・グ)先生に送った親筆手紙の原本が正式文化財に登録され明日から一般公開されます。ホン・シニョン記者が先にお見せします。

    レポート:「私は祖国の独立と自由を回復するため、韓人愛国団の一員になって敵国の首魁を屠殺することを誓います。」

    1931年12月13日、イ・ボンチャン義士が偉業のために日本に発つ直前、上海で宣誓式を挙行して書いた文です。そして12月24日、東京からキム・グ先生に手紙を送ります。彼は当時、キム・グの仮名だった「ペク・チョンソン」先生に父親の手紙で、「義挙」を「物品」にたとえ「物品は確かに翌月中に売れるからなにとぞご安心ください」と書いたのです。これにキム・グは12月28日、義挙資金として100円を送ります。

    そして10日後の1932年1月8日、イ・ボンチャンは東京の真ん中で日王が乗った馬車に手榴弾を投げます。現場で逮捕された青年イ・ボンチャンはその年9月30日に死刑宣告を受け、三十二才の若さで殉国しました。偉業は失敗しましたが、イ・ボンチャン東京義挙はこれに続くユン・ボンギルの上海義挙とともに韓国独立に対する世論を広く知らしめました。

    [イ・キヒョン/国立中央博物館学芸研究家]「(臨時政府活動が)沈滞期に陥っていた状況でキム・グ先生は義烈闘争がこれを突破する方法だと考え、最初に義烈を闘争したのがイ・ボンチャン義挙です。その後に起きた義挙の端緒になりました。」

    平凡な青年だったイ・ボンチャンが抗日闘争を決心し臨時政府がある上海に渡って義挙を実行するまで…その過程をそっくり見せる三件の遺物が文化財として登録され、明日から一般に公開されます。原本が公開されるのは初めてです。ひどい拷問にも最後まで微笑みを浮かべ、恐れも気迷いもなかったという青年イ・ボンチャン。彼が眠る孝昌(ヒョチャン)公園も「独立運動記念公園」として新しく造成される予定です。

    MBCニュース、ホン・シニョンでした。

    ソース:MBCニュース(韓国語) 笑いながら「日王」に爆弾…「愉快青年」手紙出てきて
    http://imnews.imbc.com/replay/2019/nwdesk/article/5245346_24634.html

    引用元: ・【韓国】 笑いながら「日王」に爆弾投げたイ・ボンチャン義士…「愉快な青年」の手紙、一般公開[04/11]

    【昭和天皇の暗殺を試みて【韓国】 笑いながら「日王」に爆弾投げたイ・ボンチャン義士…「愉快な青年」の手紙、一般公開[04/11] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/06/24(土) 20:40:00.23 ID:CAP_USER
    2017年、私たちは誰でも自由と幸福を享受できる大韓民国に住んでいる。しかし、これは現在を生きる私たちの努力で作られたのではない。1945年8月15日、解放を迎えるまで変節者などの懐柔と日帝の無慈悲な弾圧を耐え抜いた独立活動家たち、そして愛する家族を離れて国を守護する執念を見せた数多くの参戦勇士たちがもたらした結果だ。

    1910年、韓日併合条約で国権を喪失した後、侵奪された国権を取り戻すために多くの独立活動家の犠牲が相次いだ。柳寛順(ユ・クァンスン)烈士は17才で独立万歳運動を主導した容疑で西大門(ソデムン)刑務所に収監され、尹奉吉(ユン・ボンギル)義士は24才の時に日王誕生祝い記念式場に爆弾を投げて国内外で独立のために闘う人々に希望と勇気を与えた。

    限りない日帝の侵奪と独立運動に背を向ける人々に対し、多くの人々が闘争に飛び込み独立のために命を捧げる人の数は減らなかった。独立活動家の犠牲で光復の喜びをむかえてほどなく、1950年6月25日早朝、北朝鮮の南への侵略で6・25韓国動乱(朝鮮戦争)が勃発した。6・25韓国動乱による被害は想像できないほどだった。

    参戦した国軍兵士の数は60万に達っし、そのうち13万人余りが戦死し、45万人余りが負傷を負った。彼らにも戦争という状況は途方もない恐れであっただろう。しかし、命を捧げて国を守護するという彼らの「殺身成仁」精神で私たちは自由な大韓民国に生きている。私たちはこれらの犠牲を決して忘れてはならないだろう。

    解放から70年余り、休戦から60年余りが過ぎた今、私たちはどれほど胸深く彼らの犠牲を賛えているだろうか。残念なことにますます私たちの社会から護国英雄たちに対する関心が弱くなっている。過去を忘れた民族に未来はないという言葉がある。国のために自身を犠牲にした方々の殺身成仁精神を記憶し継承していかなければならない。

    その時代を直接経験しなかった現代人は愛国精神を継承することが難しいと考えるかも知れない。しかし、これは大層なものではなく日常生活でも十分に実践することができる。少し後なら、国軍将兵と殉国烈士の忠誠を賛える韓国殉国烈士の日だ。近づく韓国殉国烈士の日に国家のために犠牲になった方々を記憶して正しく太極旗を掲揚することが、すなわち愛国精神を継承する出発点ではないか。

    京畿東部報勲支庁補償科、パク・ジヘ主務官
    no title


    ソース:京畿日報(韓国語) [寄稿]護国英雄らの愛国精神を賛えて
    http://www.kyeonggi.com/?mod=news&act=articleView&idxno=1366428

    引用元: ・【韓国】 護国英雄たちの愛国精神を賛えよう~自由と幸福を享受できる今の大韓民国があるのは彼らのおかげ[06/22] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【思いっきりテロリスト賞賛】「尹奉吉(ユン・ボンギル)義士は日王誕生祝い記念式場に爆弾を投げて人々に希望と勇気を与えた」京畿道の京畿日報(韓国語)】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/07/05(水) 20:25:10.16 ID:CAP_USER
    no title

    ▲ネオフォニックオーケストラ音楽監督チョン・ウンデ氏が李奉昌(イ・ボンチャン)義挙を挿絵で描いた1932年1月17日付フランス新聞を上げて見せている。/ソン・ヒョンジュ記者

    1988年、フランス留学中だったチョン・ウンデ(63) ネオフォニックオーケストラ常任指揮者兼音楽監督はパリのセーヌ川河畔の古書露天商一帯を散歩していた。過去の新聞が置かれた仮屋台を見ていたところ、たった今描かれた様な、韓服を着た人物が馬車に向かって爆弾を投げて人々がびっくり驚天する挿絵を発見した。馬車の割れた窓ガラスからおびえた人の顔が見え、馬に乗った警備兵の一人は地面に倒れている。

    1932年1月17日フランス週刊誌「L'illustre du Petit Journal」の表紙だった。挿絵の下の説明には「東京で起きた襲撃」と記されていた。その年の1月8日、東京桜田門で李奉昌(イ・ボンチャン、1900~1932)義士が日王ヒロヒト(裕仁)に向かって爆弾を投げた事件だった。偉業は失敗したが日本内閣を総辞職させ独立運動に活気を吹き込んだ。

    チョン監督は「朝鮮青年が日本の首都のど真ん中で王に向かって爆弾を投げたことが世界的に大きな衝撃を与えた事実を知ることができた」と言う。チョン監督は「誰かが先に買ってしまったらまずい」と考えて急いでこの資料を購入した。帰国して居間の壁にかけておいたところ、訪問客が「あれは何か」と不思議がった。

    彼は朝鮮日報紙令3万報発行をむかえてこの資料をソウル銅雀区(トンジャクク)にある朝鮮日報ニュース博物館「ニュージアム」に寄贈した。「若い学生たちの教育資料に活用できたら良いです。私たちの烈士の独立運動が韓国だけでなく、世界的な影響を及ぼしたことが分かるようにですね。」

    ユ・ソクチェ記者

    ソース:朝鮮日報(韓国語) 「イ・ボンチャン義士爆弾投擲、世界に衝撃与えた」
    http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2017/07/03/2017070302993.html

    前スレ:http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1499170039/
    ★1の立った時間:2017/07/04(火) 21:07:19.60

    引用元: ・【韓国】 「東京の真ん中で日王に爆弾投擲した李奉昌(イ・ボンチャン)義士、世界に衝撃与えた」~仏紙の挿絵★2[07/04] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【英雄はテロリスト。ヒロインは慰安婦】「若い学生たちの教育資料に活用」李奉昌(イ・ボンチャン)義士の、日王に爆弾投擲した偉業】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/02/20(月) 22:43:32.43 ID:CAP_USER
    no title

    ▲1931年韓人愛国団に入団当時の尹奉吉義士の姿/義挙直後、日本軍警に連行されていく尹奉吉義士の姿、国家報勲処

    [インサイト]ムン・ジヨン記者=二十五の年に祖国のために命を捧げた尹奉吉(ユン・ボンギル)義士の話が国民の募金を通じて映画化される。

    最近、尹奉吉義士の「弁当爆弾」義挙を扱った映画「鋼鉄の虹」製作スタッフはクラウド・ファンディング・サイトを通じて映画製作のための1次ファンディングに成功し3000万ウォンを集めた。イ・ミニョン監督の映画「鋼鉄の虹」は尹奉吉義士が志を抱いて家を出て1932年12月19日、中国上海虹口公園で日本騎馬隊と憲兵隊など1万人の日本軍に向かって爆弾を投げた義挙を描く。

    演出を引き受けたイ・ミニョン監督は2年余りの間「梅軒ユン・ボンギル記念事業会」「梅軒ユン・ボンギル月進会」など関連団体を訪ね歩き収集した資料からシナリオを完成させた後、昨年12月15日からファンディングに出た。「鋼鉄の虹」は80億以上の予算が必要とされる大型プロジェクトで中国上海文化投資有限公司と80億ウォンの投資契約を結んだ。

    しかし、韓国内THAAD配置発表以後、中国政府の投資許可保留で難航しており、イ監督が直接(株)鋼鉄の虹を設立して製作費の募金を始めたと伝えられた。1次ファンディングに成功した「鋼鉄の虹」関係者はインサイトとの電話通話で「3月1日頃開設されるサイトを通じて第二次ファンディングを始める予定」と明らかにした。

    「鋼鉄の虹」は来る4~5月中にキャスティングとメイン投資作業を終えて2018年8月15日封切りを目標に製作中であることが分かった。

    一方「鋼鉄の虹」のイ・ミニョン監督は2004年から10年間、1950年代初め独島(ドクト、日本名:竹島)を占領しようとする日本艦隊に対抗して体だけで独島を守った鬱陵島(ウルルンド)青年33人の「独島義勇守備隊」の実話を素材にした映画「独島守備隊」への投資を受けようとした。しかし、企業が日本市場から不利益を受けるか心配して投資を敬遠し結局「独島守備隊」プロジェクトは無期限保留された状態だ。

    ムン・ジヨン記者

    ソース:インサイト(韓国語) 日帝に対抗して'爆弾'投擲した尹奉吉義士扱った映画出てくる
    http://www.insight.co.kr/newsRead.php?ArtNo=94446

    引用元: ・【韓国】 日帝に対抗し「爆弾」を投げた尹奉吉義士(ユン・ボンギル)を扱った映画『鋼鉄の虹』、製作開始[02/20] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【悪質なテロリストじゃん】韓国国民の募金で映画化「尹奉吉義士の日本軍に向かって爆弾を投げた義挙を描く」】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/08/15(月) 23:31:25.44 ID:CAP_USER
    no title

    写真はハルビン駅。

    2016年8月15日、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が光復節(日本からの解放記念日)を祝う式典の演説の中で、韓国で抗日闘争の「英雄」とされる安重根(アン・ジュングン)に関し言い間違いをしたとして物議を醸している。

    朴大統領はこの日ソウル市内で開かれた式典で演説し、「植民統治36年という苦痛と悲しみの長い月日の間、わが民族は過酷な収奪に遭っても光復の希望を失うことなく、国を取り戻すために命を懸けて闘った」とした上で、
    「安重根義士におかれては、極寒のハルビンの監獄で『天国に行ってもわが国を取り戻すため力を尽くす』という遺言を残された」と紹介した。

    安重根は1909年10月、前韓国統監だった伊藤博文をハルビン駅構内で襲撃し逮捕され、中国の旅順監獄に送られた後、同地で翌10年3月に処刑されている。つまり遺言を残した場所はハルビンではあり得ない。

    朴大統領の演説はテレビなどで生中継されたため、この「言い間違い」への指摘はSNSなどですぐに広がった。
    大統領府関係者はその後、「大統領のお言葉のうち訂正すべき点がある。『極寒のハルビン監獄』と言ったが旅順監獄だ」として謝罪の言葉を述べている。

    朴大統領は同日の演説で日韓関係について「歴史を直視する中で未来志向的な関係を新たにつくっていくべき」と述べたが、演説文自体の歴史的事実のチェックはおろそかになってしまったようだ。

    これについて、韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。

    「情けない」
    「国定教科書(韓国政府が主導し制作中の歴史教科書)にはもうハルビンって書いちゃったんだろう」
    「こんな人が国を率いる大統領だなんて」
    「知ったかぶりするからばれちゃうんだよ」

    「この間違いは親日派だからか、書かれたものをただ読んだからか…2つに1つだ」
    「無知な頑固がどれだけ恐ろしいものかがよく分かる」
    「まるで国民を相手に忍耐力テストでもしてるみたいだ。そのうち本当に爆発するぞ」

    「これはさすがにわざとでは?」
    「安重根義士が誰かは知ってるのかな」
    「何年かしたら、道で国民から石でも投げられるんじゃないか?心配になるよ」
    「そろそろ第2の安重根が必要だ」(翻訳・編集/吉金)

    http://www.recordchina.co.jp/a147648.html

    引用元: ・【韓国】日本に「歴史直視」求めた朴大統領、歴史的事実をまさかの言い間違い=韓国ネット「情けない」「そろそろ第2の安重根が必要」©2ch.net

    【【コリアン・ナチズム】朴大統領「安重根義士はハルビンの監獄で遺言を残された」←嘘でした】の続きを読む

    このページのトップヘ