まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:義務

    1: きゅう ★ 2018/11/29(木) 18:50:43.61 ID:CAP_USER
    【平壌11月28日発朝鮮中央通信】日本が「拉致問題」を持って国際社会を騒がせている。

    最近も、日本首相の安倍は米副大統領ペンスに会って「拉致問題に協力」してくれることを哀願したのに続いて、国際会議参加のためにシンガポールに行っても東南アジア諸国の首脳らに会って同情外交を行った。

    これは、日本軍性奴隷犯罪をはじめ過去、日帝が働いた特大型の犯罪行為を覆い隠すための卑劣な策動の一環である。

    われわれが累次にわたって公式に宣明したように、「拉致問題」はわれわれの人道的措置によってすでに解決済みの問題である。

    日本当局が朝鮮政府の誠意を冒とくして持ち出した「証拠」の非科学的・謀略的真相が初めからあらわになり、「拉致被害者」が列島の各地で発見されていることは、存在しないこの問題の虚偽性をより明白にしている。

    にもかかわらず、しつこく強行される安倍一味の反朝鮮騒動は、彼らが「拉致問題」を口実にして全く異なる目的を追求していることを反証するだけである。

    すでに日本は、国際社会から戦犯国、反人倫犯罪国とらく印が押されている。

    日帝は不法な朝鮮占領の期間だけでも、野蛮な強制徴兵、徴用政策の下で840万人余りの朝鮮の青壮年を拉致、誘拐、連行して戦場と死の苦役場に駆り出し、20万人の朝鮮女性を「皇軍」の性奴隷に転落させ、100余万人の無この朝鮮人を虐殺した。

    日本が本当に人権に関心があるなら当然、前代未聞の特大型の反人倫犯罪から問題視して反省と謝罪、賠償を正しくしてこそ、正しい理屈になるであろう。

    しかし、日本は今まで自分らを「被害者」に描写して「拉致問題の解決が優先で、過去清算は後の事」という不穏当な妄言まで吐いている。

    こんにち、内では過去の犯罪を賛美する歴史わい曲策動に狂奔し、外ではあらゆるずる賢い手段と方法を総動員して反人倫犯罪を早急に清算すべきだという国際社会の要求をうやむやにしようとあがいているのが、日本の現在の実態である。

    結論は、明白である。

    日本が念仏のように唱えている「拉致問題」もその延長線にすぎず、世界の視線をわれわれに集中させて自分らの罪悪を覆い隠そうとすることである。

    稚拙な劇で汚らわしい過去を覆い隠すことができると思うなら、それは妄想である。

    21日、南朝鮮で幾ばくかの金銭で性奴隷問題から逃れようとしていた日本反動層の悪巧みの所産である「和解、治癒財団」が解体されたのも、その端的な一例である。

    過去清算は、日本が朝鮮民族と人類に対して担っている法的・道徳的義務である。

    日本が侵略と略奪の歴史を闇に埋めようと術策を弄するほど、不法非道で道徳的に低劣で鉄面皮なざまを国際社会にさらにはっきりとさらけ出すだけである。

    日本は現実を直視しなければならず、過去の犯罪を覆い隠そうとする稚拙な行為を直ちに中止すべきである。---

    http://www.kcna.kp/kcna.user.article.retrieveNewsViewInfoList.kcmsf

    引用元: ・【北朝鮮】過去清算は、日本が朝鮮民族と人類に対して担っている法的・道徳的義務である [11/28]

    【請求は韓国に勝手にやってくれ【北朝鮮】過去清算は、日本が朝鮮民族と人類に対して担っている法的・道徳的義務である [11/28] 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2018/02/12(月) 19:01:14.46 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】

    韓国政府は12日、李洛淵(イ・ナクヨン)首相が外国人政策委員会・多文化家族(国際結婚、移民者の家庭)政策委員会を開き、2022年までの5年間適用される外国人・多文化家族政策の基本計画を策定した。

    基本計画によると、政府は公平性を考慮し、韓国に帰化した外国人男性にも兵役の義務を課すことを検討する。

    現在、韓国国籍を取得した外国出身男性は自ら志願した場合のみ軍に入隊することになっているが、少子高齢化が進んで兵役の義務を果たす年齢の男性が減少していることや、事実上兵役を免除されている帰化者に対し公平性の問題が提起されていることなどを踏まえ、兵役の義務を負わせるかどうかを検討する。

    一方、農業や畜産業、漁業などに従事している外国人労働者の一部がビニールハウスのような劣悪な施設に居住させられていることに対する批判が相次ぐ中、政府は今後住居の最低基準を設け、これを守らない事業者などへの労働者の新規派遣を行わない方針も定めた。

    このほか、性暴力犯罪を犯した雇用主や労災を隠蔽(いんぺい)した事業者に対して外国人労働者の雇用を制限するなど、人権保護制度を強化する。

    基本計画で政府は移民政策の目標をこれまでの「移民の量的拡大」だけでなく「(移民者の)質的高度化」との両軸にするとした。

    そのために賃金、経歴、学歴などが反映される総合点数制のビザ制度を導入し、優秀な研究者を呼び込むなど高所得・高学歴の外国人を積極的に受け入れる一方、不法滞在者を摘発し、退去させるシステムも強化する。


    2018/02/12 18:01
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2018/02/12/0900000000AJP20180212002900882.HTML

    引用元: ・【韓国】帰化者への兵役義務を検討へ 外国人政策基本計画策定[02/12]

    【【韓国】帰化者への兵役義務を検討へ 外国人政策基本計画策定[02/12] 】の続きを読む

    1: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/05/10(火) 11:23:44.26 ID:CAP_USER
    2016年5月9日、韓国・朝鮮日報は、韓国人男性に課せられる兵役の義務を逃れる方法の一つとして、精神疾患を装う例が増えていると報じた。

    12年から活動する韓国兵務庁・特別司法警察官らが過去4年間で「兵役逃れ」を摘発した144例をみると、その大半を「精神疾患の偽装」「故意による入れ墨」「故意による体重の増・減量」が占めている。

    1990年代終わりから2000年代初めまでの「お決まり」の手口と言えば「肩の脱臼手術」「高血圧の偽装」「近眼など視力の偽装」だったが、これと大きく様変わりしているのだ。

    35歳の男性は、05年から5年間で42回にわたり診察を受け、幻聴や対人恐怖症を訴えた。実際には異常がないことを悟られないように医者の前では一言も話さず、障害に関する診断書を獲得、ついに10年に兵役免除となった。

    しかしこの男、居酒屋経営の幹部として働くなど、精神疾患とは縁遠い人物だったという。また韓国では昨年、歌手のキム・ウジュが「幽霊が見える」など精神病患者のふりを2年間続け兵役を逃れたとして、懲役1年の実刑を受けたことが話題になった。

    専門家からは、精神疾患には客観的な確定診断を出せる検査法がないため、こうした兵役逃れを摘発するのは難しくなるだろうと懸念の声が上がっている。

    一方兵務庁は昨年から精神疾患を訴える徴兵対象者がいた場合、国立科学捜査研究院で検証する方法を取っている。検証を経て兵役が免除となっても、最大2年間の追跡監察が行われるという。

    この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

    「自分だけ抜け駆けする行為は間違っているけど、そこまでして逃れたくなる原因が何なのか、解決することから考えてほしい」
    「韓国軍は人格と時間を捨てる場所。若い時代の2年を過ごすなら、いっそ米軍に行った方がいい」
    「兵役に行っても後悔するだけ。もともとあった愛国心すらなくなる」

    「芸能人や政治家の子どもが特にこういう手を使う」
    「軍隊に行っても残るものが何もない。行かなくて済むなら行かないのが正解」
    「軍に青春をささげても、国は何もしてくれない」

    「徴兵する時は『国の息子』、軍でけがをしたら『他人の家の息子』」
    「兵士のほとんどは国を守るという使命感を持っていない。それより、どうしたら時間が早く過ぎるかを考えながら除隊までの日数を数えている」
    「うその兵役逃れのせいで、本当の兵役免除者が迷惑を被る」

    Record china  配信日時:2016年5月10日(翻訳・編集/吉金)
    http://www.recordchina.co.jp/a137484.html

    引用元: ・【韓国】兵役逃れの手口が巧妙化、幽霊が見えると心の病気のふりも[5/9] [無断転載禁止]©2ch.net

    【韓国人男性の兵役義務を逃れる方法「精神疾患の偽装」「幽霊が見える」】の続きを読む

    このページのトップヘ