まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:美徳

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/02/18(日) 01:10:03.55 ID:CAP_USER
    no title

    ▲ドナルド・トランプ大統領

     他人の不幸や痛みの前で笑わないのが人の基本的な美徳だ。残念なことに米国のトランプ大統領にはそのような人徳を見い出し難い。彼は旧正月の直前に韓国GMが群山(クンサン)工場閉鎖の方針を明らかにして1万人余りが失業の危機にあっているというのに「GMはデトロイトに戻るだろう」と喜んで、法人税を減免した自身の功績を訴えている。どんなに国際関係は情けがないとしても、常識から大きく逸脱した発言だ。

     トランプ政権の貿易政策はますます目の前の自国の利益だけ追求する道に向かっている。自国の企業の市場の位置づけ強化や米国内の雇用拡大に役に立つ措置ならば国際法や慣行、他国との信頼関係をいとも簡単に無視している。特に対米貿易の黒字が大きな国をターゲットとして、各種の貿易報復措置を総動員している。近い将来中国産と韓国産の鉄鋼・アルミニウム製品に対するダンピング調査結果を発表する予定で、韓国産などの洗濯機とソーラー製品について16年ぶりに緊急輸入制限措置を発動している。

     トランプ氏は12日には中国、日本、韓国を名指しして米国産製品に他国が付けている税金ほどの関税を付ける「互恵税」をまもなく導入すると明らかにした。我が韓国との自由貿易協定(FTA)については交渉が不調なら廃棄すると話している。どこまで実行に移すかは不明なものの「貿易では同盟ではない」というトランプの話は今後どんなことが起きるか予断を許さない。

     米国の措置は長い目で見て同国内の消費者にも大きな害を及ぼすことになるはずだ。現在はこのような説得が通じると期待しにくいが、それでも両者の協議を強化せねばならない。不合理な措置については世界貿易機構(WTO)への提訴などで対処し、同じ立場の国家と協力を模索すべきだ。最悪の場合、米国の措置に正面から対抗する報復措置も綿密に検討しておかなければならない。

    韓国語原文入力::2018/02/14 17:42
    http://www.hani.co.kr/arti/opinion/editorial/832315.html原文:訳T.W

    ソース:ハンギョレ新聞日本語版[ 社説 ]「GMアメリカに戻る」と拍手した非常識なトランプ
    http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/29806.html

    関連スレ:【経済】 「私が大統領になったから韓国GM工場は閉鎖され、彼らはデトロイトに戻ってくる」…トランプ氏、業績自慢[02/14]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1518610395/

    引用元: ・【韓国】 「GMがアメリカに戻る」と拍手した非常識なトランプ~他人の不幸や痛みの前で笑わないのが人の基本的な美徳だ[02/15]

    【【韓国】 「GMがアメリカに戻る」と拍手した非常識なトランプ~他人の不幸や痛みの前で笑わないのが人の基本的な美徳だ[02/15] 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/08/26(水) 04:03:24.03 ID:???.net
    配信日時:2015年8月25日(火) 12時23分

    2015年8月22日、韓国・朝鮮日報は、日本人が他人に迷惑を掛けることを嫌い「すみません」の
    言葉を乱発する理由について、「強要された近代化の結果」だとしたナム・ジョンウク崇実大学教授のコラムを掲載した。

    日本人に学ぶこととして、他人に対する配慮を挙げる人は多い。自分の息子がテロ集団の人質にされ
    命が危ぶまれる状態でも、騒ぎを起こして申し訳ないと語る母親の姿に日本人らしさがうかがえる
    という。しかしナム教授は「これは美徳ではなく病だ」と断罪し、「日本で共同体の利益を優先
    する近代化が進められた」ため、と原因を分析した。自由な「個人」が消え、「私」よりも
    「私たち」が優先される社会だからこそ、「すみません」が乱発されるというのだ。

    またナム教授は、「過去の一時期、日本は『帝国』になるための一条件である『文化力』を持ち
    合わせていないのに、他国の文化をつぶし、植民地化したという歴史がある」とし、日本が
    周辺国に過去のことを語る時、まず「すみません。分をわきまえない行いをしました」とすべき、と主張した。

    これについて、韓国のネットユーザーからは次のようなコメントが寄せられている。

    「何かと言うと『経済発展』を乱発する韓国人、強要された近代化が原因」
    「日本を歴史的に支配してきた文化は、侍の刀だ。刀の前では、強い者が常に正義であり、善悪は
    必要ない。だから日本人は強い者の前でぺこぺこし、弱い者に対して無慈悲なほどに無視したり
    野蛮な行いをしたりする」

    「日本の犬になった人間や、その子孫たちを支持する韓国人よりも、日本の方がはるかにまし」
    「日本人の『すみません』よりも、北米の『ソーリー(sorry)』の方が回数は多い。ヨーロッパも
    北米と似たようなものだ」
    「この記事の内容そのものが恥ずかしい」
    「日本人の悪口を言う前に、礼儀のない韓国の若者に言うことがあるはず」

    「日本人の法を守る精神は、お手本にするべき」
    「日本に勝とうとするなら、経済でも軍事でも文化でも、とにかく力を付けるべき」
    「日本に文化力がないって?韓国が一生懸命に追い付こうとしているものこそ、日本の文化力なのに」(翻訳・編集/和氣)

    http://www.recordchina.co.jp/a117338.html

    引用元: ・【朝鮮日報】「日本人のすみません乱発は美徳ではなく病気」「日本は周辺国に『分をわきまえない行いをしてすみません』と言うべき」

    【韓国の謝罪要求の乱発の方が病気だよ 【朝鮮日報】「日本人のすみません乱発は美徳ではなく病気」「日本は周辺国に『分をわきまえない行いをしてすみません』と言うべき」】の続きを読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/02/18(水) 15:31:56.63 ID:???.net
    韓国・聯合ニュースは18日、インターネット上で韓国の主張を発信する運動を展開する“民間外交使節団”「VANK(バンク)」の活動
    を紹介した。

    報道によると、バンクは1999年に大学生だったパク・キテ団長が設立。これまでの16年で子供から高齢者まで13万人が参加した。
    参加者は「サイバー外交官」「韓国広報大使」などと呼ばれている。

    主力となっているのは若年層で、世界各国の教科書や地図サイト、大企業のサイトなどで歴史や領土などについての“誤り”を発見
    すれば電子メールを送り、修正させるのが主な活動だ。「独島は韓国の地です。竹島ではなく、独島と表記してください」「日本海
    (Sea of Japan)は、誤った表記です。東海(East Sea)と修正してください」といった文面を送り続けているという。

    バンク関係者は、世界の地図の中で「東海」表記が占める割合が、バンク設立当時の3%から現在は29%に増えたことを紹介し、
    その成果を強調している。また、独島についても、24か所で日本領から韓国領に訂正されたという。

    このほか、「『直指心体要節』が世界で最も古い金属活字本」「韓国は中国の植民地ではなかった」といった情報も発信。16年でこうした
    “誤り”を462件修正させてきたという。

    バンクは、「日本の慰安婦蛮行を告発する21世紀の新ハーグ特使」養成などの活動も行っている。バンク関係者は「外国では韓国を
    貧困国や戦争国家と見る視線がまだ多い。日帝強制占領と朝鮮戦争を乗り越え、経済成長や民主化、韓流ブームを成し遂げた韓国
    の底力を国際社会にしっかり知らせなければならない」と話している。

    このニュースに対し、韓国ネットユーザーからは以下のようなコメントが寄せられている。

    ソース:Focus-Asia 2015年02月18日
    http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/409624/
    http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/409624/2/
    関連
    【韓国】韓国に対する正しい認識促す、市民団体16年で462件…韓国の底力を国際社会に知らしめなければ[02/18]
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1424229013/

    続きます

    引用元: ・【韓国】16年間で462件の“誤り”を修正させたVANK=韓国ネット「真実を教えるのは美徳」「東海主張はやりすぎでは…」[02/18]

    【もっと生産的なことをした方がいいと思うぞw 【韓国】16年間で462件の“誤り”を修正させたVANK=韓国ネット「真実を教えるのは美徳」「東海主張はやりすぎでは…」[02/18]】の続きを読む

    このページのトップヘ