まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:罪

    1: まぜるな!キケン!! 2019/04/19(金) 20:14:18.06 ID:CAP_USER
    [ユ・ジュヨルの東北ア談説-36] 「桜」には罪がない

    四季がはっきりとした韓中日三国で、春を知らせる伝令使は断然、春の花だ。春の花には、ケナリ、ツツジ、サンシュユ、モクレンなどがある。中国ではケナリを迎春花と歌いながら、春の伝令使として迎える。我が国と日本では、桜の花ではないかと思う。

    桜は冬を過ごした枯れた枝から、人の魂をすっと抜き取るほど薄ピンクに群れを成して咲く。桜がない春は考えにくい。昨日まではつぼみだったのに、起床したら咲き乱れている桜の花は「ポップコーンのように咲く」という言葉もある。

    桜花(※ポッ・コッ)は咲く様子からその名を得たという。語源の専門家は、「脱ぐ(※ポッヌン)花」(脱花)から意味を見つける。ムクゲが100日間、咲き続いているのに比べて、桜はたった15日以内ですべて咲いてすべて散るためだ。日本の場合も「咲く」という意味の「サク」から「サクラ」になったという。(省略…)

    魅力的で華麗に咲いた桜を見ながら感じたのは、桜の花が華やかすぎて、儒教精神の強い中国や韓国では大して歓迎されなかったのではないかという気もした。春の花の中でも梅は違う。忠孝を第一とする東洋社会で、寒風がまだ冷めない早春にも雪まで覆って咲く一房の純白の梅は礼賛された。昔の先人たちの梅についての詩は多いが、桜の詩があまり見られないのも、そのような理由ではないか。

    日本でも、韓半島の渡来文化が流行していた平安時代の貴族たちは、梅をより重宝にしていた。 5月1日即位するナルヒト日王と共に使用される新しい年号「令和」は、梅を賛美する萬葉集の歌から取った。「(梅が咲いて)良い季節の初春、空気も澄んで風も和む(初春令月氣淑風和)」という歌だ。萬葉集は百済の影響が大きい日本の古代詩詩集だ。

    9世紀半ば、悲運の貴族だった管原道眞が謀陥にかかって遠く九州に追放された。彼は、庭に咲いた梅を二度と見られないことを何よりも残念がった。道眞は流配の道を行き、「東風が吹いたら香気を送ってくれ、主人がなくても春を忘れないでほしい」と頼んだ。道眞が九州に到着すると、驚いたことに自分が愛した梅が先に飛んで来たではないか。道眞の「飛梅」伝説が九州の大宰府天満宮に残っている。

    日本が大陸との関係が断絶されると、国風という日本固有の文化を発展させて、梅よりも桜が大衆的人気を得るようになった。日本最高の桜の名所は、奈良県の中心にある吉野だ。吉野に行けば 「一目千本」という言葉がある。一目で千本の満開の桜の木を見るという意味だ。吉野には桜の木を1000昔から植えて、今では30000本の桜の木が層を作って咲いている。

    7世紀半ば天智日王が弟の天武を後継者にしたが、王位継承者を息子に変えたかった。賢い天武は自ら皇太子から退いて、吉野の寺に出家した。天智が死ぬと天武は吉野豪族の支援を受けて、壬申の乱を起こして甥を追い払う。日王になった天武は困難な時代に住んでいた吉野に桜が満開した夢を見て、桜の木を神木として植えたと伝える。

    日本で桜を楽しむ文化はエド(江戸、現在の東京)時代に絶頂を迎える。長い間、平和に浸って華やかさを追求する町人文化が流行していた江戸時代に、浮世絵と共に桜の人気は爆発した。吉野の若木の桜が江戸の園芸村だった染井の樹木園で特別交配されて、培養された新種の桜「ソメイ ヨシノ」が全国に普及した。

    東京の大使館に勤務していた時だった。春になると、日本の知人から桜を楽しむハナミ(花見)会に招待された。花見会に行ったら一抱えの桜の木の下にシートを広げて敷いて、一団となって集まって座って、弁当と一緒にビールを飲んでいた。近くの桜の木ごとに、人がびっしりで空席がなかった。知人によると、穴場スポットを押さえるために同僚が朝から位置の良い木の下にシートを敷いておいて待っていたという。

    桜は日本の軍国主義に悪用された。明治維新以降、大陸侵略の先頭に立った軍国主義者たちは、華やかに咲いて瞬く間に散る桜の属性が軍人(サムライ)の精神に合致すると考えた。桜の木は、軍国主義者たちの政訓木になって、軍人が駐留する所には桜の木を植え軍人精神を涵養させた。鎮海の桜が有名なのも、鎮海が日本連合艦隊の軍港だったからだ。(つづく)

    ソース ワールドコリアンニュース
    http://www.worldkorean.net/news/articleView.html?idxno=34049

    引用元: ・【韓国】 「桜」には罪がない…桜は済州原産で、日帝が桜のイメージを政治に悪用しただけだ。[04/19]

    【韓国にしか罪はない【韓国】 「桜」には罪がない…桜は済州原産で、日帝が桜のイメージを政治に悪用しただけだ。[04/19] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2019/01/15(火) 15:14:02.56 ID:CAP_USER
    no title


     昨年、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が会見を行った際、ある記者が腰に手を当てて立ち質問したところ、文大統領の支持者らから激しい非難を受けた。「大統領の前でなんという態度だ」「礼儀がなっていない」といった書き込みがネットにあふれた。しかし非難を受けた記者は普段から「親文」として知られていた。その会見では、文大統領の支持者によるネットでの書き込み問題について文大統領に直接質問した別の記者も激しい非難や攻撃を受けた。

     一昨日行われた文大統領の年頭会見で、あるラジオ放送局の記者が突然指名された。慌てたのか自らの所属と氏名を最初に明かすことを忘れた。「経済が低迷し、国民は苦しんでいる。希望を捨てたわけではないが、未来に対する不安が非常に高まっている」と前置きし「大統領は現状を厳しく見ていると強調したが、今の政策の流れを変えず変化をもたらさない理由について知りたい」「その自信はどこから来るのか、その根拠は何か単刀直入に聞きたい」と質問した。すると文大統領の顔色が変わった。

     米国ではこの程度の質問なら攻撃的とは見なされない。かつてクリントン大統領はある記者から「ルインスキー氏のドレスについていた液体はあなたのものか」との質問を受けた。海外の首脳と会談を行った直後にさえセックススキャンダルに関する質問が相次いだ。大統領と記者の間で、見ている者が不安を感じるほど激しいやりとりが行われたこともある。

     文大統領は上記の記者の質問に「すでに30分にわたり説明した。新しい答えが必要とは思えない」として事実上、回答を拒否した。この光景を見た文大統領の支持者らは予想通りこの女性記者に対する非難を始めた。例えば「無礼でぞんざいな言い方だ」から始まり「歴史に残るごみ記者」「もっと勉強してこい」といった個人攻撃も相次いだ。政治家も非難に加わった。この記者はネットで個人情報まで公表された。影響で記者はSNS(会員制交流サイト)のIDを削除した。

     記者は質問が仕事だ。読者や視聴者が聞きたい内容を質問する義務がある。読者や視聴者は国民なので、大統領はこれに回答する義務がある。この記者の質問は非常に適切なものだった。この会見について伝える記事の見出しはどの新聞にも「経済(政策)の基調は変えない」と書かれてあったが、だとすれば大統領にその理由と根拠を尋ねるのは当然のことだ。韓国では大統領の熱烈な支持者が大統領を王のように支え守っている。「記者のくせに王に何を言うか」と言った具合だ。このような人間たちほど自分たちの都合の良いときに「民主主義」「言論の自由」などとうるさく叫ぶ。

    イム・ミンヒョク論説委員

    ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版<【萬物相】王に無礼を働いた罪>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/01/15/2019011580089.html

    引用元: ・【萬物相】 王に無礼を働いた罪~大統領に質問した記者に激しい非難や攻撃[01/15]

    【こいつら根っ子は北と一緒【萬物相】 王に無礼を働いた罪~大統領に質問した記者に激しい非難や攻撃[01/15] 】の続きを読む

    1: ひろし ★ 2018/12/04(火) 22:15:48.30 ID:CAP_USER
    2018年12月03日 14時50分 デイリーNKジャパン

    「日本は末代まで罪を償え」北朝鮮紙が主張

    北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は2日、安倍晋三首相が関係各国に対し、日本人拉致問題解決への協力を求めていることを非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

    論評は、「安倍の卑劣な哀願行為は日本軍性奴隷犯罪をはじめ、過去の日本の特大型の反人倫犯罪行為を覆い隠そうとする卑劣な術策である」と指摘。

    「日本は代を継いで贖罪(しょくざい)し、謝っても足りない過去の罪悪に対してはっきり反省し、その清算に誠実に臨まなければならない」と主張した。

    https://news.nifty.com/article/world/worldall/12240-137860/

    引用元: ・【北朝鮮】「日本は末代まで罪を償え」北朝鮮紙が主張

    【罪深いのは半島だよ【北朝鮮】「日本は末代まで罪を償え」北朝鮮紙が主張 】の続きを読む

    1: 鴉 ★@\(^o^)/ 2015/08/20(木) 11:28:28.97 ID:???.net
    2015年8月19日、英国の慈善団体ザ・チルドレンズ・ソサエティが発表した報告書によると、世界15カ国、5万3000人の子ども(10~12歳)を対象に調査した結果、韓国の子どもたちの学校や自分自身への満足度が最も低いことが分かった。
    韓国・マネートゥデイなどが伝えた。

    学校での教師との関係や、教師が生徒に平等に接しているかなど、学校生活に関する質問では、韓国の子どもの満足度が最下位だった。逆に、満足度が最も高かったのはアルジェリアとトルコだった。

    また、自身の外見に関する満足度でも韓国の子どもたちが最下位で、女児では7.1点(10点満点)、男児は7.7点にとどまった。自身への評価が最も高かったのは、女児9.6点、男児9.4点を記録したコロンビアだった。

    昨年の同じ調査では、全体的な満足度で韓国は11カ国中10位、外見の満足度では11位と最下位だった。

    これについて、韓国のネットユーザーからは次のようなコメントが寄せられた。

    「親日派の朴槿恵(パク・クネ)政権でどう教育をするんだ?セウォル号の惨事を見ても明らか。既得権政治の下で、子どもに人権はない」
    「20年後の未来を考えてから子どもを産もう」
    「韓国で不幸なのは子どもだけじゃない。物質万能主義、外見至上主義…分かり切ったことだけど、韓国は人が住む所じゃない」

    「大学入試にすべてを懸ける教育が原因だ。大学入学よりも道徳教育の方が大切なはず」
    「子どもたちよ、君たちは幸福度も世界最下位だ。すまない」
    「こんな国で子どもを産むのは罪だ」
    「教科書が最高の教材というのはうそだ。日本の漫画の方がまし」

    「外見至上主義も、物質万能主義も、政治家ではなく韓国国民みんなが作ってしまった物。国民意識の問題だ」
    「韓国の大人にはこの現実が見えないのか?生産性のない無意味な競争社会」
    「どこもかしこも外見に関する記事ばかり。記者も反省しろ」(翻訳・編集/和氣)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150819-00000082-rcdc-cn

    引用元: ・【調査】英国団体「韓国の子どもは世界一不幸。学校にも外見にも満足できず」 韓国ネット「この国で子どもを産むのは罪」

    【みんな同じ顔だもんな【調査】英国団体「韓国の子どもは世界一不幸。学校にも外見にも満足できず」 韓国ネット「この国で子どもを産むのは罪」】の続きを読む

    no title


    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 10:04:20.34 ID:???.net
    【新刊】テ・ヒウォン著 『整形』
    囚人376人、美容整形後に99%が社会復帰果たす
    就職・結婚…より良い自分になるための精神治療の一種?

    ひどく不細工なジャズミュージシャンの男がいた。セクシーな悪役タイプの不細工ではなく、失敗者タイプの不細工だ。
    「ほかのミュージシャンたちよりも何倍も才能があるが、不細工なのでチャンスが巡ってこない」というマネージャーの
    しつこい説得により、彼はその都市で一番有名な医者から整形手術を受ける。隣の部屋には「有名なことで有名な女」
    リンディ・ガードナーがいる。「下品で嫌けが差すような世俗的な全てを要約し代弁する女」だ。彼は自嘲(じちょう)する。
    有名になるために顔をいじった「音楽界のリンディ・ガードナー」になろうとした自分自身のことを。日系英国人カズオ・
    イシグロの短編小説『夜想曲』だ。『整形』というタイトルの本を読みながら、この男女二人のことを思い出した。

    この本の裏表紙には次のような文章がある。「果てなき自己改造のスパイラルから自由な者とは誰なのか?」。
    そうだ。この本は「より美しく、より若く、より魅力的に見えることを拒否できる者がいるのだろうか」と問いかける
    本なのだ。誰がこの「リンディ・ガードナー」を非難できるだろうか? 誰が整形しようとする人を非難できるだろうか? 
    人並みでない者は人並みになるために、人並み以上の者はさらにそれ以上のものを得るために、顔や体にメスを
    入れる。整形は不細工な男や不細工な女だけのものではない。金もうけや人生で成功したい者は非難されないのに、
    なぜ整形する者は非難されなければならないか? 生まれたままの姿に満足して生きなければならないという
    「身の程を知った生き方」の強要ではないのか? それは前時代的な認識の一種ではないのか?

    醜いのは罪だった。一昔前のことを考えてもそうだ。米国の美容整形外科医たちは劣っているというコンプレックス
    の概念を支持し、自らを「心を治す外科医」と定義する。韓国の美容整形外科第1世代に当たるユ・ジェドク氏は、
    満足な手術ができたとき「医師は患者を精神的に救ったことになる」という論文を発表した。1963年のことだ。
    だから整形は積極的で情熱的な精神科治療の一種だったのだ。では、現在はどうなのだろうか。

    この本の著者にインタビューされた女性たちは語る。「就職や昇進のために」「より良い(?)結婚のために」
    「整形した人が得をする世の中で、(整形していない自分は)損をしている感じがするから」手術した、と。
    より良い自分になりたいということだ。つまり、やはり精神や心の問題になる。そうだ。肉体は心を支配するのだ。
    確かにそうした面もあると思う。同書にはこうしたことに関連した興味深い事例が引用されている。米国人医師
    ジョン・ピック氏が1948年、学術誌に整形で顔を変えた囚人376人を10年間追跡調査した結果を発表した。
    囚人たちのうち再び収監されたのは1.07%だけで、残りの99%は社会復帰に成功、その理由を「容姿に自信を
    持ったからだ」と分析したのだ。さらに、この囚人たちの容姿がもっと早く変わっていたら、犯罪者には
    ならなかっただろうとも主張している。急進的な考え方だ。この論旨を犯罪予防学の観点で受け入れれば、
    不細工な者たちを国が整形させれば犯罪を予防できるという話になるからだ。

    何だか苦々しい。不細工に生まれたのも、金がないのも、出世できないのも、全て罪になる時代だ。私は
    「罪人」ではないと誰が言えるだろうか。「私は人並みだ」とか「私は普通だ」と主張することもできるだろう。
    だが、人並みとは、人並み以上の人たちと一緒になった瞬間、劣っていることになるのだ。これこそ集団の
    論理であり、人間は集団に属するしかない。人間にとって生きていくこととは自分を証明することだ。
    より良い自分を果てしなく証明し続けなければならない。何としてでも、やらなければならない。

    死ぬまで問いかける。私たちは人並みの人生に満足しなければならないのか? もっと愛されることのできる
    可能性を啓発(あるいは開発)してはいけないのか? 何と答えるべきなのか。88ページ、1万5000ウォン
    (約1600円)

    小説家ハン・ウンヒョン

    ソース:朝鮮日報 2015/04/19 06:04
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/04/18/2015041800864.html

    引用元: ・【韓国】醜いのは罪、今の私は人並みじゃない[04/19]

    【嫌な社会だな【韓国】醜いのは罪、今の私は人並みじゃない。 損をしている[04/19]】の続きを読む

    このページのトップヘ