まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:縮小

    1: ひろし ★@\(^o^)/ 2016/04/20(水) 22:27:28.82 ID:CAP_USER.net
    2016年4月19日、環球時報(電子版)は韓国文化産業交流財団が先日発表した韓流関連の報告書を紹介し、中国が依然として韓流の消費大国であると伝えた。

    同報告書では、国内外での韓流の現状や韓流関連の消費データをまとめている。それによると、2015年、韓国の俳優イ・ミンホやキム・スヒョン、
    韓国の人気グループ・EXOといった韓流スターが海外でも認知され人気を集めたことが韓流の拡大に貢献した。

    海外進出した韓流スターのけん引に加え、漫画やグルメなどの分野でもグローバル化を展開している。韓流が中東やアフリカ諸国にまで拡大する一方で、
    日本では市場が縮小。韓流の代表的な消費国である中国の地位は揺るがず、依然として韓流の消費をけん引するという。(翻訳・編集/内山)

    http://www.recordchina.co.jp/a131246.html

    引用元: ・【韓流】世界に広がる韓流=日本では縮小するが、中国の「韓流消費大国」の地位は揺るがず―韓国報告 [04/20]

    【遠征売春婦のことか? 【韓流】世界に広がる韓流=日本では縮小するが、中国の「韓流消費大国」の地位は揺るがず―韓国報告 [04/20]】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 18:47:43.60 ID:CAP_USER.net
    【ソウル聯合ニュース】韓国貿易協会の国際貿易研究院は14日、2012年3月15日の発効から4年を迎える韓米自由貿易協定(FTA)の評価と今後の見通しに関する報告書を発表した。

    no title

    コンテナの積み下ろし作業が行われている港=(聯合ニュース)

     報告書で同院は輸出を取り巻く環境が悪化している中、昨年の韓国の対米輸出はFTAにより関税が撤廃されたり引き下げられたりした品目を中心に安定した輸出成果をあげたと説明した。

     韓国の米国市場でのシェアは昨年3.2%を記録した。2008年の2.3%以降、増加傾向を見せており、2012年の2.6%から13年には2.8%に、14年には3.0%に増加した。

     昨年の韓国の対米輸出額は698億3000万ドル(約7兆9400億円)で前年比0.6%減少した。

     一方、米国とFTAを締結していない日本のシェアは2000年に記録した12.1%から減少を続けており、昨年は5.9%。韓国との差は過去最低の2.7ポイントとなった。

     韓米FTAにより関税が撤廃または引き下げられた品目における韓国の昨年の輸出は前年比5.1%増加したが、日本は同7.8%減、中国は同4.2%増となり、韓国の増加率が上回った。

     電機・電子(12.5%増)、機械(12.4%増)、ゴム(11.3%増)、農水産食品(12.9%増加)などの分野は2桁の増加率となった。

     米国からの輸入は昨年440億2000万ドルで前年比2.8%減少した。乗用車、液化石油ガス(LPG)などの輸入が増加したものの、穀物、飼料、医薬品などの輸入が減り、全体では減少となった。

     韓米FTA締結の際に懸念されていた農・畜・水産物分野の輸入は10.3%減少した。

     米国産の乗用車の輸入は4年間で年平均36.6%増加した。昨年は前年比32.6%増えた。今年1月から米国産乗用車の関税が4%から0%になり、今後さらに増える見通しだ。
    韓国産乗用車の対米輸出についても今年から2.5%の関税が完全に撤廃されたため、増加するとみられる。

     国際貿易研究院のパク・ジウン首席研究員は「現在は米国への輸出額の95.7%に対して無関税で輸出が可能だ」とした上で、
    世界経済の先行きに対する懸念から韓国の輸出が振るわない中、韓米FTAを積極的に活用して米国市場を攻略する必要があると話した。

    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2016/03/14/0200000000AJP20160314003300882.HTML

    引用元: ・【経済】韓国の米市場シェア3.2% FTA効果で日本との差縮小[3/14]

    【だが、輸出輸入ともにマイナスという現実【経済】韓国の米市場シェア3.2% FTA効果で日本との差縮小[3/14]】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/02/18(木) 16:44:59.88 ID:CAP_USER.net
    2016年02月18日11時02分
    [? 中央日報日本語版]

    韓国の輸出額が世界主要71カ国のうち6位を記録した。

    18日、世界貿易機関(WTO)によると、昨年、韓国の輸出額は5269億ドルで初めて6位に入った。昨年、全世界主要71カ国の輸出額は15兆2150億ドルで前年比11%減少した。韓国も8%減少した。

    しかし、韓国が世界輸出に占める割合は3.35%から3.46%に上昇し、韓国の世界輸出順位は2008年の12位から7年ぶりに6ランク上昇した。

    昨年、世界最大の輸出国は2兆2749億ドルを輸出した中国が占め、米国(1兆5049億ドル)、ドイツ(1兆3289億ドル)、日本(6251億ドル)などが後に続いた。

    韓国と日本の輸出額の差は2008年は3600億ドルだったが昨年は981億ドルで、7年前に比べて4分の1水準まで減少した。

    http://japanese.joins.com/article/192/212192.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp|main|top_news

    引用元: ・【経済】韓国の昨年の輸出額、世界6位…日本との差が大幅縮小

    【でも・・・、ヘル朝鮮www 【経済】韓国の昨年の輸出額、世界6位…日本との差が大幅縮小】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2016/02/18(木) 20:55:01.23 ID:CAP_USER.net
     昨年12月末の中国政府による米国債保有額が10カ月ぶりの低水準に減少していたことが、米財務省の16日の
    発表で分かった。下落した人民元相場の下支え策として実施したドル売り元買いの市場介入によってドルの外貨準備が減った。

     発表によれば、海外勢で米国債を最も多く保有する中国の同月末の保有残高は1兆2500億ドル(約142兆円)と、
    前月比で184億ドル減少した。前年同期比ではほぼ変わらずだった。米国債保有で中国に次ぐ日本は224億ドル減少して
    1兆1200億ドルとなった。

     2015年通期では外国勢の米国債保有総額は6兆1700億ドルと、前年の6兆1600億ドルから増加した。このうち、
    中央銀行など公的機関による保有額は272億ドル減少し4兆1000億ドルとなった。

     外国投資家による12月の米長期証券投資は294億ドルの売り越し。米財務省短期証券(TB)や株式スワップなどの
    短期証券を加えた全体額でも1140億ドルの売り越しとなった。

     外国政府が12月中に売却した米国債、公共機関債、社債、株式を合わせた米国証券の合計売り越し額は513億ドルに達し、
    月間の減少額としては過去最大となった。

    (ブルームバーグ Scott Lanman)

    サンケイビズ 2016.2.18 05:00
    http://www.sankeibiz.jp/macro/news/160218/mcb1602180500026-n1.htm

    関連スレ
    【ブルームバーグ】中国が米国債を売却、人民元買い支えでドル必要-関係者[8/27:] [転載禁止](c)2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1440678317/

    引用元: ・【米国債】中国の米国債保有額縮小、142兆円に 10カ月ぶりの低水準[2/18]

    【順調に溶かしてるようで安心した【米国債】中国の米国債保有額縮小、142兆円に 10カ月ぶりの低水準[2/18]】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 17:35:13.79 ID:CAP_USER.net
    サムスン電子とSKハイニックスが世界1・2位の市場占有率を誇っているDRAMの価格が下がり続けている。DRAMの生産量は増えているのにスマートフォンなどDRAMが入った製品の販売量は減っているからだ。
    価格下落が続けば2つの会社の実績にも悪影響を及ぼす恐れがあるというのが業界の憂慮だ。

    16日、市場調査機関DRAMエクスチェンジによれば先月のDRAM(DDR3、4ギガバイト基準)価格は前月対比で7.56%下落した。昨年ずっと続いていたDRAM価格の下落が今年も続いたのだ。
    1個あたりの価格は1.59ドルで、前年同期(3.38ドル)対比で半分以下になった。

    前方産業の不振が最も大きな原因だ。DRAMエクスチェンジは「今年1-3月期のノートブックPCの出荷量が昨年10-12月期よりも20%程度減少する」としながら「DRAM企業が在庫を減らすために価格を下げ続けている」と説明した。
    一方、DRAMの生産量は着実に増加している。企業が微細化工程を発展させ続けているからだ。微細化が進めば1枚のウエハー(半導体の原材料であるシリコン基板)で生産される半導体の量が増える。設備増設がなくても生産量を増やせる。

    サムスン電子とSKハイニックスのDRAM市場占有率はそれぞれ45.9%、27.6%に達する。圧倒的な占有率だが、それだけDRAM価格が下落すれば大きな打撃を受ける可能性がある。

    これに伴いDRAMメーカーは今年の投資を昨年よりも減らす計画だ。供給調節に出るのだ。サムスン電子は今年、半導体に115億ドル(約13兆8000億ウォン)を投資すると発表した。昨年(135億ドル)より15%程度減らす。
    キム・ジュノSKハイニックス社長も最近「今年計画していた投資金額6兆ウォンのうち相当部分を3次元(3D)NAND型フラッシュメモリーに投資する」としながらDRAM投資は減らす可能性があると示唆した。

    ※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

    http://japanese.joins.com/article/142/212142.html

    引用元: ・【経済】DRAM価格が1年で半分に…サムスン・SKハイニックス、投資縮小[2/17]

    【安売りしといて泣き言言うなよw 【経済】DRAM価格が1年で半分に…サムスン・SKハイニックス、投資縮小[2/17]】の続きを読む

    このページのトップヘ