まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:結婚

    1: まぜるな!キケン!! 2019/09/05(木) 14:52:06.75 ID:CAP_USER
    韓国の国会で2日、未婚の女性学者に対し、ある男性議員が「国家に対する義務を果たしていない」と批判する一幕があった。3日付で中国メディアの海外網が伝えた。

    記事によると、発言を受けたのは、韓国人女性として初めて米ハーバード大学で経済学の博士号を取得し、韓国公平交易委員会(日本の公正取引委員会に相当)の次期委員長にも指名されている経済学者の趙成旭(チョ・ソンウク)氏。保守政党・自由韓国党の鄭甲潤(チ ン ・カプユン)議員は趙氏に対して、「韓国最大の問題は、女性が出産していないことだ」「素晴らしい履歴書をお持ちのようだが、結婚も出産もしていないようでは、国家に対する責任を果たしているとは言えない」などと発言したという。記事は「この不可解な非難を受けた後、趙氏は困惑したような表情を見せたものの、反応を示さなかった」と説明した。

    記事によると、このことに対し、ネットでは批判が集中している。ネットユーザーらは「鄭議員の言論は完全に女性の権利侵害に当たる」「韓国は家父長制社会だ。韓国の女性は、子育てにお金がかかることや、自分のキャリアにとって障害になることを理由に、ますます出産や育児をしたがらなくなっている」などと指摘しているという。

    韓国の統計庁が発表した出生統計によると、昨年の合計特殊出生率は前年の1.05人から0.98人に急減し、1970年の統計開始以来、初めて1.00人を下回った。
    Record china
    2019年9月5日(木) 14時20分
    https://www.recordchina.co.jp/b742094-s0-c30-d0148.html

    引用元: ・【韓国の国会】韓国議員「結婚も出産もしていないようでは…」、女性学者への発言に批判集中[09/05]

    【そんなことどーでもいいからw 【韓国の国会】韓国議員「結婚も出産もしていないようでは…」、女性学者への発言に批判集中[09/05] 】の続きを読む

    1: らむちゃん ★ 2017/10/30(月) 20:28:40.93 ID:CAP_USER
    サーチナ2017-10-30 13:12
    http://news.searchina.net/id/1646876?page=1

     2016年9月に台湾出身の江宏傑氏との結婚を発表した卓球の福原愛選手。今月には第一子出産も報じられ、おめでた続きだが、中国でも福原選手の結婚・出産は非常な喜びをもって受け入れられている。中国では台湾は中国の一部とみなされているので、中国で大人気の福原選手が「中国人と結婚した」と鼻を高くしているふしもあるのだろう。

     このように、中華系の男性と結婚する日本人がいることから、中国メディアの今日頭条は26日、中国を理解している日本人女性であればあるほど、中国人と結婚したがると主張、その理由を分析する記事を掲載した。

     記事はまず、日本と中国は隣国であり共通点も多いものの、日本では女性の地位が「信じられないほど低い」と主張。イスラム圏やアフリカと大差ないと感じるという。結婚相手が日本人か中国人かで女性の人生が変わるとさえ主張した。その良い例が「福原愛選手」と最近2度目の離婚で話題となった俳優の「いしだ壱成氏」の2組だという。

     福原選手が優しい夫に愛され、姑との関係も良好で「幸せいっぱい」なのはよく知られている。それに対し、いしだ氏は元妻に「7つの掟」を課していたため、妻が耐えきれなくなって離婚したのではないかと報道されている。それは、毎朝コップ1杯の水を用意すること、次に白湯を用意し、シャワー中にバスタオルと着替えを用意し、サラダには7種類のドレッシングを、帰宅時には45度の風呂を用意、入浴中に服とカバンを片付け、その日の領収書はその日のうちに精算するというものだ。記事は、この2組は真逆であると主張した。

    (全文は配信先で読んでください)

    引用元: ・【中国報道 】日本人女性でも「中国を知る人ほど、中国人男性と結婚したがる」

    【【民族浄化の一環か? 】日本人女性でも「中国を知る人ほど、中国人男性と結婚したがる」 中国メディア】の続きを読む

    1: 山梨◆lKceO1.r3A 2016/06/26(日)22:29:35 ID:O15
    2016年6月24日、中国新聞網は記事「結婚数、出生数が現象=出生率低迷が深刻―韓国」を掲載した。

    韓国統計庁は23日、人口動態統計を発表した。今年1~4月の出生数は14万7900人。前年同期から5.6%のマイナスで、2000年の統計開始以来、初めて15万人を下回った。4月期だけではな前年比マイナス7.3%とさらに大きな落ち込みを見せている。

    韓国統計庁人口動態課の李課長によると、出生数減少の主要因は結婚数の現象だ。今年1~4月の結婚数は9万4200組と2005年以来となる10万組となった。

    (後略)


    全文は「レコードチャイナ」の「韓国の出生数がさらに減少、結婚あきらめた「三放世代」増加で社会危機―中国メディア」で
    http://www.recordchina.co.jp/a142878.html

    引用元: ・【韓国】韓国の出生数がさらに減少、結婚あきらめた「三放世代」増加で社会危機―中国メディア [H28/6/26]

    【【韓国】韓国の出生数がさらに減少、結婚あきらめた「三放世代」増加で社会危機―中国メディア [H28/6/26]】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 2015/03/02(月) 10:56:21.45 ID:???.net
    去る1日の午後4時8分頃、大邱市(テグシ)達西区(タルソグ)聖堂洞(ソンダンドン)の
    某マンション駐車場で、結婚を拒否された事に激怒したAさん(29歳・男)が焚身して
    死亡した。

    大邱・聖堂警察署によれば、Bさん(33歳・女)に結婚を求めたAさんがBさんからの
    拒否の話を聞くと自ら身体に火をつけた。

    AさんとBさんは2年間同居していたが、3ヶ月前に生活苦で別れた状態だった事が
    分かった。

    Aさんが自分の車に積んでいたガソリンを自らの身体に浴びた後、ライターで火を
    つけたと思われると警察は伝えた。

    Aさんを拒否したBさんは、足首にけがをして近くの病院で治療を受けている。

    一方、警察は正確な事件の経緯を調査している。

    ソース:デイリーアン(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=119&aid=0002065912

    【アイゴリズム体操ww 【韓国】男「結婚しよう」→女「拒否」→男『焚身』(大邱)[03/02]】の続きを読む

    1: すらいむ ★@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 11:19:07.24 ID:???.net
     未成年の娘に性的暴行を加えた同居中の男が釈放されるよう企み、娘に男との結婚を
    強要した母親が起訴された。

     ソウル中央地検の女性・児童犯罪捜査部(ファン・ウンヨン部長)は8日、児童福祉法
    違反などの罪で45歳の女を在宅起訴した。検察によると、この女と同居していた男(42)は
    女の娘(当時15歳)に対し、2012年12月から数回にわたって性的暴行を加えたとして、
    昨年8月に逮捕・起訴された。女はその後、娘に男と結婚するようそそのかし、法廷で
    「自分の意思で結婚した」という趣旨の証言をするよう強要した疑いが持たれている。

     検察は女に対し、娘が性的暴行によって妊娠したにもかかわらず、捜査機関に届け出る
    などの適切な措置を講じなかったことについて、児童福祉法違反罪を適用した。検察は
    昨年11月に発足した「児童犯罪諮問団」の意見を受け入れ、女の親権喪失宣告を裁判所に
    申し立てる方針だ。女の娘は現在、児童保護機関などの支援を受け、性的暴力被害者支援
    センターで出産した子どもを育てている。

     検察の関係者は「家庭内での児童に対する性的暴行事件で、保護者としての適切な保護を
    怠っただけでなく、加害者を釈放させるために未成年の被害児童に精神的な虐待行為をした
    実母を立件するとともに、支援団体と協力して、被害児童のために積極的に保護する措置を
    講じた。これらはいずれも韓国で初めてのケースだ」と説明した。

    アン・ジュンヒョン記者
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2015/02/09 11:10
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/02/09/2015020901399.html

    引用元: ・【韓国】未成年の娘に性的暴行を加えた同居中の男が釈放されるよう企み娘に男との結婚を強要、45歳母親を起訴[02/09]

    【他の追従を許さない【韓国】未成年の娘に性的暴行を加えた同居中の男が釈放されるよう企み娘に男との結婚を強要、45歳母親を起訴[02/09]】の続きを読む

    このページのトップヘ