まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:経済大国

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/04/17(月) 10:57:21.66 ID:CAP_USER
    ソウル光化門一帯はセウォル号惨事3周年追悼集会とパク・クネ前大統領の弾劾・拘束に反対するデモなどで慌ただしく、平壌(ピョンヤン)のキム・イルソン広場は「太陽節」(キム・イルソン元主席誕生日)を記念して1年6カ月ぶりに開かれた大規模軍事パレードで緊張感が走った。

    日本の安倍晋三総理は休日の15日、王室庭園だった東京の「新宿御苑」で朝から「桜を見る会」を主催した。外国メディアを含む日本各界各層から招待された1万6000人余りは午前2時間ほど総理夫妻とともに過去の日王と王族らが楽しんだその場所で、桜の花が庭園の池や散歩道などに舞うまっ盛りの光景の中に入った。

    参席者らは主宰側が提供した茶菓と酒を楽しんだり、焼き鳥やソバ等の簡単な食べ物を食べて春を満喫した。安倍総理は短い挨拶の言葉を除いては大部分、列に並んで自分を待つ参席者らの間で一緒に写真を撮ったり握手して挨拶を交わした。後列に押されて総理と目さえ合わせられなかった人々のために、昭恵夫人が後から人々の間を行き来して挨拶を交わした。人気絶頂の芸能人と熱狂的ファンのようだ。

    毎年4月初・中旬、総理主催で開かれるこの行事は桜の花の見事さの中で国政の最高指導者と国の民間のきずなを結ぶことや思い出作りという戦後日本の政治疎通行事の一つとして位置付けられ、共有と共感の場を作ってきた。安倍総理は挨拶の言葉で「(執権5年目で)5年間風雪を耐えてきたが、今年の前半は本当に風雪に耐えているなあという考えを強くした」と打ち明けた。

    「学校敷地安値売却スキャンダル」から苦境にはまった状況を念頭に置いたものだった。時事通信の15日の世論調査の結果、総理側の釈明を「納得できない」という回答が68.3パーセントにもなり、内閣支持率も2カ月落ちた。

    少女像葛藤に対する日本側の駐韓大使長期召還という類例のない強硬策やドナルド・トランプ政府の対北朝鮮強硬策に便乗した韓半島危機論強調なども最近のこの様な国内政治的状況と無関係でないように見える。

    平壌の挑発と北京の攻勢的姿勢も日本列島の全般的な保守回帰を刺激している。世界化の反発が自国中心主義と排外的雰囲気を噴出させ、トランプ政権を誕生させて、世界的な不安定と不確実性を高めた状況で東北アジアの不安定は日本をさらに内側に引きこもらせている。

    国内的苦境挽回のために対外的危機を浮上させ、強硬対応する傾向は昔も今もまれなことでもないが、老いゆく経済大国日本は成長期の余裕と寛容を大きく失った様相だ。

    着物など伝統服に着飾って自国の最高指導者の手をとり、目を一度合わせようと1、2時間余り列を成して待つ忠誠心の高い日本人たち。彼らの同質的一体感と一糸乱れぬ同調性のエネルギーを私たちの国益と東北アジア平和のためにどのように活用し対処すべきだろうか。

    爪をたてた中国、核・ミサイルで脅威を高めるキム・ジョンウンの北朝鮮、予測不確実性が高まったトランプ政権の政策?。さらに息づまった東北アジア生存環境の中で対日関係はあっても良く、無くても済むような関係ではない。来月スタートする政権に今、当面の安穏を越えて私達の子供たち世代の明日のための戦略的知恵を期待してみる。

    イ・ソクウ東京特派員
    no title


    ソース:ソウル新聞(韓国語) [特派員コラム]安倍総理との桜の花祭り/イ・ソクウ東京特派員
    http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20170417026002

    関連スレ:【朝鮮情勢】民進・枝野氏、安倍首相の花見を批判 「本当に危機が予想される状況なら、花見をすることはあり得ない」[04/17]
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1492368101/

    引用元: ・【韓国】 安倍総理と桜祭り~日本人の同調性エネルギーをどの様に韓国の国益に活用するか、次期政権に期待/特派員コラム[04/16] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【馬鹿につける薬無し】「老いゆく経済大国日本は成長期の余裕と寛容を大きく失った」ソウル新聞東京特派員】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/09/15(木) 06:42:42.98 ID:CAP_USER
     猛毒性がある加湿器殺菌剤を10年も販売しておきながら、いまだに本社の責任はないと主張する英国企業オキシー・レキットベンキーザー。
    虚偽の書類で車両販売許可を受け、燃費問題が明らかになっても、損害賠償どころかリコール(回収・無償修理)すら渋る独フォルクスワーゲン。
    毎年韓国で1兆ウォン以上を売り上げながら、税金を全く支払わず、地図情報を無料で提供しろと脅しをかける米グーグル。最近世界的に有名な企業の態度が示し合わせたかのように韓国人を憤らせている。

     過去にも海外のブランド業者や自動車業者が韓国で法外な値段で商売を行い、問題になったことはあった。そのたびに我々はそれをブランドに熱狂する薄っぺらい消費文化や法規制の不備のせいにしてきた。
    韓国の内需市場はあまりに小さいためどうしようもないという愚痴も聞かれた。最近の事件でもそういう側面は少なくなかった。

     しかし、韓国は今や経済規模世界10位、貿易規模世界6位だ。韓国の消費者の趣向を試験台にして、世界市場での成功を狙う世界的企業も多い。
    韓国の地位はこれまでとは大きく異なるのだが、それでも外国企業の態度は改善するどころかひどくなった。それには納得できない。

     別の観点が必要だと感じたのは、昨年秋にグーグルの親会社、アルファベットのエリック・シュミット会長と会ってからだ。シュミット会長は1時間以上に及ぶ韓国メディアとの懇談の半分近くを韓国の政治、経済、社会に関する討議に割いた。
    自分やグーグルに対する質問には既知の答えを繰り返すか、回答を避けた。税金、社会貢献といった企業の役割を追及すると厳しい表情で、「韓国の法を守り、義務を果たす」と答えた。

     企業経営者が現地事情を把握しようと努力し、経営戦略を隠そうとするのは当然だ。「法律を守る」と言っているのだから、それ以上何を言う必要があるのか。
    韓国が自由化、貿易の開放という原則を守るため、外国企業との通商摩擦をできるだけ避けてきたことは否定できない。1990年代以降、市場開放で韓国企業が外国企業と競争し、世界的な企業に成長したことも事実だ。
    「法律に反しなければ問題ない」というグーグルの態度は制限なき自由貿易時代には不文律のように思えた。

     とはいえ、世の中は既に変わった。欧州連合(EU)がグーグルを独占禁止法違反の疑いで調査し、無料で欧州メディアのニュースを使用したとして、使用料の支払いを要求した。
    米国は国家安全保障を口実に中国による半導体、バイオ企業の買収を妨害した。中国とインドですら自国産業保護のための垣根を高めている。以前は口にすることもなかった貿易障壁を持ち出しているのだ。

     これまで韓国の政府・財界は主に保護主義的な流れで輸出企業が被害を受けた場合、どう対処すべきか悩んできた。韓国に進出した外国企業には「開放と自由」を保障するとして、不公正取引や不当行為の論議を呼んでも手を触れないように慎重を期してきた。
    国家安全保障にかかわる地図持ち出し問題をめぐっても、世界的な革新、企業活動の自由を主張する声の方が優勢だ。貿易で生計を立てる韓国にとって「開放と自由」は最高の価値観には違いない。
    しかし、その限界も明確にしておく必要がある。世界的な通商秩序が変化する中、韓国だけ過去にとどまるならば、外国企業はこれからも韓国を甘く見るだろう。

    no title

    キム・テグン論説委員

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/09/12/2016091201834.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/09/12/2016091201834_2.html

    引用元: ・【朝鮮日報】「経済大国」韓国を軽視する海外有名企業[9/15]©2ch.net

    【また一文字目から間違ってる【被害者面】「経済大国」韓国を軽視する海外有名企業[9/15]©2ch.net 】の続きを読む

    1: ジャン・ポール◆Vkp7zYl5.c 2015/09/20(日)22:11:28 ID:Pb6
    前略:中国の存在感が増している。

     中国はこれまで「世界の工場」として安価な商品を全世界に供給する製造業者役を忠実に果たして
    きた。また、あらゆる資源や機械類を輸入し、購買力を武器に影響力を誇示してきた。さらに中国は
    今年、これらに加えて全く違う一面も見せた。

     中国株式市場が暴落すれば、全世界の株価が同時暴落するという現象が連続して起こっているの
    だ。これまでは上海・深センの株価が暴落すると米国は上がり、日本・韓国は下落するという図式
    だった。その影響は国によって違っていたのだ。ところが、今年は中国株式市場の崩壊が全世界に
    「同時テロ」のような形で広まった。中国は仮想の戦争ゲームにとどまらず、リアルタイムでほか
    の経済圏の利益を揺るがすようになったのだ。

     だが、2015年は中国が二つの不信を露呈した年でもある。国内では政府に対する不信感が広がり、
    国外では経済政策はもちろん、統計すら信じられない国だという烙印(らくいん)が押された。ま
    ず、中国経済に対する国外の見方の変化から見てみよう。

     習近平政権は人民元を国際通貨にしようという計画を推し進めてきた。だから韓国にも人民元取
    引所を許可した。今春には李克強首相が国際通貨基金(IMF)総裁に対し、人民元をIMF特別引出権
    (SDR)構成通貨に入れるよう要請した。米ドル・ユーロ・日本円・英ポンドの4大通貨に人民元が
    加われば、中国が手にする利得は計り知れない。中国政府や中国企業は国際金融市場で資金を安く
    調達でき、人民元借款を前面に押し出し、海外資源市場や輸出市場を拡大することも容易になる。

     ところが、IMFは中国の要求をきっぱりと拒否した。その理由は、人民元は過度に高評価されてい
    るから、というものだった。韓国も1996年の経済協力開発機構(OECD)加盟前、経済力に合わない
    ウォン高にこだわった。中国もSDR会員権を確保するため、人民元高を維持しようとしたのだ。

     結局、先月の人民元暴落により、政府が為替レートを強引に調整していることが白日の下にさら
    された。「やはり中国はまだまだだった」という声と共に、「胸の筋肉はすごいが、脳みそが足り
    ない国」「乗用車の運転免許証でジャンボ飛行機を操縦している国」という印象まで植え付けてし
    まった。経済研究所の中には「China Meltdown(Meltdown=融解、通貨大幅下落)」と大げさに分
    析した所もあった。1997年のアジア通貨危機時、韓国にも同じ表現が使われた。人民元暴落後も中
    国政府が行政力を動員して外貨流出を防いでいるのを見ると、アジア通貨危機時に失敗した韓国の
    政策をきちんと教わっていないのではという気さえする。

     しかし、もっと深刻なのは国内で不満がたまっていることだ。階層の二極化、都市部と農村部の
    貧富の格差が進む中、株価・不動産価格暴落に対する政府の政策はまったく反映されていない。景
    気浮揚資金をばらまき、金利も下げたが、効果がない。国民の不満は膨らむばかりだ。折しも経済
    成長率は下がり続けている。企業も地方政府も山のような負債を抱えている。

    つづく

    宋熙永(ソン・ヒヨン)主筆

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/09/19/2015091900442.html

    引用元: ・【朝鮮日報コラム】中国は本当に世界第2位の経済大国なのか[9/20]

    【余計なこと見るな、考えるな【朝鮮日報コラム】中国は本当に世界第2位の経済大国なのか[9/20]】の続きを読む

    souiu


    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/05/20(水) 11:21:07.50 ID:???.net
    FOCUS-ASIA.COM 5月20日(水)9時25分配信

    韓国メディア・マネートゥデイは19日、韓国の国籍を取得した海外出身者が、帰化後も様々な差別によって苦しんでいると報じた。

    記事によると、多くの韓国帰化人が、外見のために不当な差別を受けているという。彼らは様々な苦労や努力の末に韓国籍を
    取得しているが、韓国人の視線は変わらず、年齢を選ばない「タメ口」や悪口、偏見などによって「耐え難い経験」を重ねている。

    パキスタン出身で10年前に韓国籍を所得したバー経営者(43)は、横暴な客に偽酒を出したと言いがかりをつけて乱暴
    されたり、タクシー運転手に「なぜ外国人がそこに行くのか」と質問されるなど、様々な差別に苦しんでいる。アジア系を
    蔑視し、「お前の国にスイカはあるか?」「タクシーはあるか?」といった質問をする韓国人も多いという。韓国人の妻と
    歩いていて、「あの女を見ろ、外国人と結婚しちゃいけない」などと侮辱されることもあり、3人の子供たちへの差別も
    心配だという。

    中国からの帰化者(67)は、家族と食事に出かけたところ、「朝鮮族は危険だから入るな」と犯罪者扱いを受けた経験を
    持つ。仕事面でも、約束の報酬が支払われないばかりか、請求すると逆に脅迫されることもあるといい、「帰化しても韓国
    では私は永遠の朝鮮族」と話しているという。

    日本から母の母国・韓国に帰化したシンさん(27)は、企業の面接で差別を経験した。ある企業の面接では「父が日本人とは
    知らなかった。『国籍が韓国』と『韓国人』は違う」などと言われて落とされた。別の企業の面接では、「韓国についてどう
    思うか」と問われ、「私は韓国人です」と答えると、「韓国が嫌になることがあるのではないか」と言われたという。間も
    なく結婚するシンさんは、結婚後は母や妻とともにオーストラリアに移住することを決断した。「母に従って韓国に来たが、
    妻や2世にはこれ以上険しい姿を見せたくない」と話しているという。

    この報道に対し、韓国ネットユーザーからは様々な声が寄せられている。

    「韓国は問題が多く、韓国人も暮らしが大変なので、もっといい国に行ってください」

    「差別だけが問題ではない。帰化して悪用する外国人もいる」

    「米国より人種差別がひどい韓国」

    「人種だけではない、ルックスでも差別する」

    「帰化して同じ義務と責任を負うなら、韓国人としても不満はない」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150520-00000014-xinhua-cn

    引用元: ・【話題】韓国籍取得後も様々な差別に苦しむ帰化人たち 韓ネット「経済大国は幻想」「韓国は日本より排他的」

    【生粋の韓国人すら移民先探しているのに。【話題】韓国籍取得後も様々な差別に苦しむ帰化人たち 韓ネット「経済大国は幻想」「韓国は日本より排他的」】の続きを読む

    このページのトップヘ