まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:経済団体

    1: まぜるな!キケン!! 2019/07/15(月) 14:38:33.39 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国の経済団体、全国経済人連合会(全経連)は15日、日本政府の対韓輸出規制強化に関する申し入れ書を経済産業省に提出したと発表した。

     日本語で作成した申し入れ書で、全経連は日本政府が今月4日から半導体・ディスプレー材料3品目の対韓輸出規制を強化したことと、輸出審査の優遇対象である「ホワイト国」から韓国を外す方針を示していることについて、「再考を求める」と伝えた。

     再考を要請する理由としては、グローバルなバリューチェーンを乱したり、日本の企業・経済や対外イメージに影響を与えたりする可能性などを挙げた。

     全経連は、情報通信技術(ICT)産業は日本が素材を輸出し、韓国が部品を生産し、米国や中国、欧州で製品化するというバリューチェーンを持っているとし、日本の措置はグローバルICT企業にも悪影響を及ぼすと指摘した。

     また、規制対象品目を生産する日本企業は韓国への輸出割合が高く、すでに直接的な被害を受けているとしたほか、韓国製の半導体やディスプレーを部品として使用するソニーやパナソニック、東芝など日本大企業の2次被害も予想されると訴えた。

     全経連はさらに、「韓日両国は1965年の国交正常化以降、自由民主主義を守るため緊密に協力してきた安全保障同盟国」だとしながら、「長年の安保同盟国であることを通商問題において考慮すべきだ」と指摘した。

     全経連は日本政府に申し入れをした背景について、「日本は輸出貿易管理令の改正により、輸出規制品目を戦略物品に拡大するための議論を行っている。改正されれば規制品目は広範囲に増える可能性があるため、日本政府の説得に総力を挙げている」と説明した。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/07/15/2019071580112.html

    引用元: ・【考え直せ】輸出規制の「再考求める」 韓国経済団体が日本の経産省に申し入れ

    【韓国政府に言え【考え直せ】輸出規制の「再考求める」 韓国経済団体が日本の経産省に申し入れ 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/07/01(月) 15:15:08.92 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】

    日本政府が韓国への半導体材料の輸出規制を強化すると発表したことを受け、韓国経済団体「全国経済人連合会(全経連)」は1日、「残念でならない」として遺憾を表明した。

    両国経済は1965年の国交正常化以降、経済分野だけは「未来志向的な実用主義」に基づき、交流拡大を続けてきたと説明。日本政府による今回の措置がこうした両国間の協力的な経済関係を損ねかねないと懸念を示した。

    また、未来の共同繁栄に向け迅速に対立解消に乗り出すよう、両国政府に求めた。

    日本政府はこの日、スマートフォンなどの有機ELディスプレーに使われるフッ化ポリイミドなど3品目の韓国への輸出について、個別に審査・許可する方式に切り替えると発表した。同措置は韓国大法院(最高裁)が日本企業に賠償を命じた強制徴用訴訟問題を巡る韓国への事実上の対抗措置といえる。


    2019.07.01 14:49
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190701002400882?section=news

    【集りはお断りします 【聯合ニュース】 韓国経済団体が遺憾表明 「協力関係損ねかねない」 日本の輸出規制受け [07/01] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/04/16(火) 09:14:17.66 ID:CAP_USER
    「韓国と日本は、多くの確執がある中でも未来志向的に発展してきたし、韓日関係が良かった時は韓国経済も良かった」

    これは、韓国の経済団体「全国経済人連合会(全経連)」の許昌秀(ホ・チャンス)会長が15日、ソウル・汝矣島の全経連会館で行われた「韓日関係診断専門家緊急座談会」の開会あいさつで、「日本の政財界の指導者たちと緊密にコミュニケーションを取っていく」とした上で語った言葉だ。

    この座談会は、韓国大法院(最高裁判所)の強制徴用賠償判決などで悪化している韓日関係改善のため、全経連がSETOフォーラム(2013年に韓日友好関係を回復させるために設立された専門家フォーラム)と共同で開催したものだ。

    許昌秀会長は「全経連は韓国政治指導者の拉致問題(1973年の金大中〈キム・デジュン〉事件)で悪化した韓日関係を解きほぐし、日本の経済団体連合会(経団連)と共に『韓日財界会議』を開催した。この時から日本企業の韓国投資が相次ぎ、技術提携も本格化した」と語った。

    390社以上の日本企業が韓国に進出し、約8万2000人の雇用を提供している。2008年以降、第3国で韓日企業が共同で参加したインフラ開発プロジェクトだけでも100件を超える。

    許昌秀会長は「韓国経済は現在、輸出が4カ月連続で減少するなど容易でない状況にあるので、韓日間のビジネス・人的交流にさらに力を入れたい」とも述べた。

    この座談会には許昌秀会長をはじめ、金ユン(キム・ユン)韓日経済協会会長、韓国外交部の尹ガン鉉(ユン・ガンヒョン)経済外交調整官、長嶺安政・駐韓日本大使、申ガク秀(シン・ガクス)SETOフォーラム理事長(元駐日大使)、小此木政夫慶応大学名誉教授、朴チョル熙(パク・チョルヒ)ソウル大学国際大学院教授など、韓日両国の政財界関係者約170人が出席した。

    財界では、韓日関係の悪化により昨年の「韓日商工会議所会長会議」が無期限延期されたほか、来月行われる予定だった「韓日経済人会議」も突然、9月以降に延期されるなど、経済団体交流にも「赤信号」がともったと見られている。全経連が主催する韓日財界会議も昨年11月は特別対談形式に変更されて開催された。


    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/04/16 08:43
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/16/2019041680007.html

    引用元: ・【韓国】 経済団体会長 「韓日関係が良かった時、韓国経済も良かった」 [04/16]

    【用日いらね 【韓国】 経済団体会長 「韓日関係が良かった時、韓国経済も良かった」 [04/16] 】の続きを読む

    このページのトップヘ