まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:経常収支

    1: まぜるな!キケン!! 2019/06/06(木) 08:47:22.50 ID:CAP_USER
    韓国経済を唯一支えてきた輸出が不振に陥り、経常収支が結局7年ぶりに赤字に転落した。83カ月連続で続いた経常収支黒字は国内外が韓国経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)が強固だと判断する際に使われる代表的な指標だ。韓国政府は経常収支赤字について、「一時的現象」だとし、深刻さを否定しようとしているが、経済専門家は半導体と対中輸出にばかり依存してきた韓国経済の虚弱な体質が表面化したと受け止めている。

     韓国銀行(中央銀行)は5日、4月の経常収支が6億6000万ドルの赤字だったと発表した。今回の赤字はギリシャ、スペインなど南欧の財政危機で欧州への輸出が減少した2012年4月(1億4000万ドルの赤字)以来7年ぶりだ。米中貿易戦争による世界的な貿易量減少などが輸出の足かせとなり、経常収支を構成する項目のうち、貿易収支に打撃を与えた。4月の輸出は前年同月比6.2%減の483億ドルで、輸入は1.8%増の426億3000万ドルとなり、貿易収支黒字は56億7000万ドルにとどまった。前年同月の黒字幅(96億2000万ドル)を41%下回った。

     慢性的に赤字だったサービス収支は逆に赤字幅が縮小し、過去28カ月で最低の14億3000万ドルにとどまった。出国者の増加が鈍化し、中国、日本からの観光客が増えたおかげだ。4月の経常収支赤字の最大の原因になるとみられていた外国人投資家への配当金は前年同月(76億6000万ドル)を下回る67億8000万ドルだった。過去2番目に多い額だが、貿易収支黒字の減少に比べれば影響は小さかった。

     企画財政部(省に相当)のイ・オクウォン経済政策局長は「今回の経常収支黒字は一時的な現象だ」と強調した。経常収支は季節性が大きく作用し、4月には外国人への配当支払いが増えるためだ。イ局長は「月別の実績よりも基調的な流れが重要だ。5月の経常収支は再び黒字になるとみられる」と主張した。しかし、専門家は「4月の赤字は一時的なものかもしれないが、輸出減少など貿易収支黒字の縮小は明らかな基調だ」と懸念している。国内総生産(GDP)に占める経常収支黒字の割合が2015年の7.2%をピークに昨年は4.4%まで低下したことがそれを物語っている。現代経済研究院のチュ・ウォン経済研究室長は「通貨危機以降は造船業が、最近は半導体がそれぞれ『輸出国韓国』をけん引してきたが、主力産業だけでは輸出をけん引することが難しくなっている」と指摘した。

     こうした中、外部環境はますます不安だ。世界銀行は4日、世界経済の成長率見通しを1月時点の2.9%から2.6%へと0.3ポイント下方修正した。米中貿易戦争がエスカレートし、主要国の経済が予想を上回るペースで鈍化していることを理由に挙げた。韓銀は今年の経常収支黒字が665億ドルに達すると予想しているが、来月には黒字幅の予想を引き下げる可能性が高まった。

    金垠廷(キム・ウンジョン)記者

    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2019060680005
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/06/06 08:37

    関連
    【ムンジェノサイド】韓国の経常収支 7年ぶりに赤字転落=4月
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1559696332/

    引用元: ・【朝鮮日報】経常収支が7年ぶりの赤字、「一時的現象」と言い張る韓国政府[6/6]

    【 短すぎる絶頂期だったな 【朝鮮日報】経常収支が7年ぶりの赤字、「一時的現象」と言い張る韓国政府[6/6] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/06/05(水) 09:58:52.45 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が5日発表した国際収支(速報値)によると、4月の経常収支は6億6000万ドル(約714億円)の赤字だった。赤字は、欧州債務危機が拡大した2012年4月以来。当時は欧州連合(EU)への輸出減少により経常収支が赤字を記録した。

     経常収支は商品・サービスの輸出入で発生する商品収支(貿易収支に相当)とサービス収支、給与・賃金と投資に伴う利子や配当を差し引きした所得収支(第1次所得収支)、経常移転収支(第2次所得収支)で構成される。

     このうち、輸出の減少により商品収支の黒字幅が減少したことが、4月の経常赤字の最大の要因だ。

     輸出は483億ドルで、前年同月比6.2%減少した。前年同月比での輸出減少は5カ月連続。1~4月の累計は1858億ドルで、前年同期間比7.8%減少した。

     韓国銀行は、輸出減少が続いている背景に「半導体単価の下落、世界の貿易量不振」があると説明した。

     輸入は426億3000万ドルで、前年同月比1.8%増加した。1~4月の累計は1605億2000万ドルで、5.3%減少した。

     韓国銀行は、輸入が前年同月比で4カ月ぶりに増加に転じた原因として「原油価格など原材料の輸入価格上昇、機械類の輸入減少傾向の鈍化、家電製品など消費財の輸入増加」を挙げた。

     サービス収支は14億3000万ドルの赤字で、赤字幅は16年12月以来2年4カ月ぶりの低水準となった。サービス収支の構成項目のうち、旅行運輸収支が改善したためだ。

     中国人・日本人を中心とする入国者(観光客)の増加傾向が続き、旅行収入(17憶ドル)は14年11月以来4年5カ月ぶりの高水準を記録した。

     一方、韓国国民の海外旅行(出国者)が減少し、旅行支出は23億7000万ドルにとどまった。

     商品収支の黒字幅が縮小し、サービス収支の赤字が続く中で所得収支が大幅な赤字を計上したことが4月の経常収支赤字につながった。

     所得収支は43億3000万ドルの赤字を記録した。前年同月(56億2000万ドルの赤字)に比べ赤字幅は減少したが、3月(7億4000万ドルの赤字)と比べると急増した。

     これは外国人投資家の配当シーズンと重なった結果で、配当所得収支は49億9000万ドルの赤字を記録し、過去3番目の高水準となった。

     経常移転収支は7億5000万ドルの黒字だった。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/06/05/2019060580030.html

    引用元: ・【ムンジェノサイド】韓国の経常収支 7年ぶりに赤字転落=4月

    【わざわざ被害を増大【ムンジェノサイド】韓国の経常収支 7年ぶりに赤字転落=4月 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/06/03(月) 09:35:39.89 ID:CAP_USER
    韓国の5月の輸出が前年同月比で9.4%減少した。4月(2.0%減)よりも減少幅が拡大した。輸出品目でトップの半導体の輸出が31%も減少し、対中輸出も20%の落ち込みだった。

    5月の貿易収支は22億7000万ドルの黒字だったが、前年同期を64%も下回った。輸出がマイナスに転じたのは6カ月前からで、不吉な兆候だ。

    韓国政府は商品、サービス、所得の各収支を総合した経常収支は83カ月連続の黒字が4月でストップする可能性があるとの見方を示している。4月の経常収支が外国人への配当支払いで小幅の赤字になるとの予想だ。

    外国人への配当は毎年4月に海外に流出するドル建て資金だ。経常収支が7年ぶりに赤字となれば、主因は輸出減少なのだが、それを認めたくないために他の理由を付けた格好だ。

    5月の貿易収支黒字が4月(40億ドル)の約半分に減少した点からみて、経常収支の赤字が5月も続く可能性がある。輸出全体の21%を占める半導体の価格(8ギガビットDRAM)が最近4ドルを割り込んだ。市場は半導体価格の回復時期が来年4-6月にずれ込むとの見方が出ている。

    輸出は韓国経済を支える柱だ。韓国政府は2005年以来13年ぶりに昨年の民間消費の伸び(2.8%増)が経済成長率(2.7%)を上回ったと自慢しているが、輸出は昨年の経済成長率に半分程度寄与した。

    今年の成長率予測値(2.5%、韓国銀行)のうち内需と輸出の寄与度はそれぞれ1.5ポイント、1.0ポイントだ。輸出のマイナスが続けば、成長目標の達成は難しくなる。

    韓国経済の対外信用度を支えてきた2本の柱は財政の健全性と経常収支黒字だ。財政の健全性は税金ばらまきで急激に損なわれており、経常収支までもが7年ぶりに赤字となれば、対外信用度に赤信号がともりかねない。

    外国為替市場では既に不安な兆候が見られる。ウォンの対ドル相場は年初来で7%も下落し、1ドル=1200ウォンを割り込むウォン安水準が迫っている。

    こうした中で韓国経済に悪影響を与える米中貿易紛争はエスカレートする一方だ。

    中国は今月から米国産の輸入品600億ドル相当に25%の報復関税をかけ始めた。米国は中国の反発に構うことなく、報復関税の対象から除外されていた残る輸入品3000億ドル相当にも追加報復関税をかけることを検討している。

    米中貿易戦争は関税戦争から「為替戦争」「技術戦争」へと拡大する可能性が高い。「安全保障は米国、経済は中国」という構図をこれ以上持続することが難しい状況になった。

    不安な国民は金やドルを買い、企業は海外投資に没頭している。そうした状況にもかかわらず、大統領は「韓国経済は成功に向かっている」と述べ、経済副首相は「下半期には改善する」という言葉ばかりを繰り返している。


    2019/06/03 08:40
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/06/03/2019060380008.html

    引用元: ・【朝鮮日報】 韓国経済最後のとりで、揺らぐ経常収支黒字  大統領は「韓国経済は成功に向かっている」 [06/03]

    【言ってることは間違ってないwww 【朝鮮日報】 韓国経済最後のとりで、揺らぐ経常収支黒字  大統領は「韓国経済は成功に向かっている」 [06/03] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/07/02(土) 22:18:07.26 ID:CAP_USER
    今年5月の韓国の経常収支が103億6000万ドルの黒字となり51カ月連続の黒字を記録した。今年に入ってから最大規模だ。

    韓国銀行が1日に発表した「5月の国際収支(暫定分)」によれば、経常収支の黒字は103億6000万ドルと集計された。経常収支は2012年3月から51カ月連続での黒字で最長記録となった。黒字の規模は4月の33億ドルに比べ再び大幅に増えた。
    韓国銀行は輸出の減少幅が大幅に低くなりながら経常収支の黒字が再び増えたと説明した。

    商品輸出は397億9000万ドルで1年前より6%減少した。これと同時に商品の輸入も328億1000万ドルで1年前より9%減少した。輸出の減少幅よりも輸入の減少幅がより大きいために黒字が発生するという不況型黒字の様相を継続した。

    サービス収支は、建設収支やそのほかの事業サービス収支などが改善されて赤字規模が4月の16億2000万ドルから11億4000万ドルに減った。金融勘定では89億3000万ドルの純資産の増加を記録した。

    http://japanese.joins.com/article/735/217735.html

    引用元: ・【経済】韓国5月の経常収支、今年に入り最大規模の黒字記録…51カ月連続 不況型黒字の様相を継続[7/02]©2ch.net

    【韓国5月の経常収支、大幅黒字。4月の3倍以上!】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/06/02(木) 10:10:40.09 ID:CAP_USER
    輸出不振の影響で、韓国の4月の経常収支黒字が激減した。基幹産業である造船・海運業の競争力が低下し、構造調整に苦しむ中、輸出統計にも赤信号がともった。

    韓国銀行によると、4月の経常収支黒字は33億7000万ドルで、3月(100億9000万ドル)の3分の1に落ち込み、昨年4月(77億3000万ドル)の半分に満たなかった。
    月次ベースでは2014年1月(18億7000万ドル)以降で最低だった。

    4月の輸出は前年同月比19.2%減少し、輸入の減少幅(18.7%減)を上回った。主力品目の輸出が軒並み落ち込んだ。
    ディスプレー用パネルの輸出が30.7%減少したほか、家電製品(25.0%減)、乗用車(18.3%減)、精密機器(16.5%減)、
    鉄鋼製品(13.9%減)などが2桁台の落ち込みとなった。

    輸出不振の影響で、産業生産も停滞している。統計庁がこのほど発表した4月の産業生産は、前月を0.8%下回り、3カ月ぶりのマイナスとなった。
    造船受注残高が急減し、造船業が90%を占める「その他輸送設備」の生産が前月を12%下回った。

    これは世界的な景気低迷で世界の貿易が縮小する中、中国などライバル国に追い上げられたためとみられる。
    外部環境は当面改善が見込めないため、韓国の輸出体質の改善が急がれるとの指摘が出ている。

    ■世界的な貿易縮小の影響

    世界貿易機関(WTO)によると、今年1-3月の世界71カ国の相互貿易額は6兆9450億ドルで、前年同期(7兆5260億ドル)に比べ7.7%減少した。
    第1四半期の世界の貿易額が6兆ドル台に落ち込んだのは、2010年(6兆4480億ドル)以来6年ぶりだ。

    世界の輸出で3.5%を占め、国内総生産(GDP)に占める輸出の割合が半分を超える韓国は、世界貿易の縮小による影響を直ちに受ける。
    1-3月の韓国の輸出減少幅(13.3%減)は、アジアでシンガポール(14.4%減)、インドネシア(14.0%減)に次いで大きかった。

    経済協力開発機構(OECD)は先月16日に発表した韓国経済に関する報告書で、
    「輸出依存度が高い韓国経済の特性上、世界貿易の回復が遅れることは、韓国経済の持続的成長にとって最大のリスク要因だ」と警告した。

    各国による保護貿易の動きが強まり、世界的な需要低迷が続く中、世界貿易の見通しも明るくない。

    国際通貨基金(IMF)は「世界的な貿易の伸びの鈍化傾向は景気変動とは関係ない構造的な要因であり、
    世界経済が回復しても以前にように貿易が増えることはない」と診断した。

    ■中国に追われ、中国国内でも苦戦

    縮小する世界市場で韓国は中国に追い上げられている。
    国連貿易開発会議(UNCTAD)によると、2005-14年の中国の世界貿易市場に占めるシェアは7.6%から13.3%へと5.6ポイント上昇したが、
    韓国は2.9%から3.3%へと0.4ポイント上昇するにとどまった。

    韓国銀行によると、電子、機械、石油化学、鉄鋼金属など4大主要産業の世界シェアは中国の3分の1前後だ。
    半導体は05-13年の間に韓国のシェアが9%から11%に上昇したが、中国は5%から20%へとシェアを高め、韓国を抜いた。

    韓国の輸出の26%を占める最大市場中国でも韓国の存在感は低下している。輸出から消費へと経済体質を転換している中国の政策に対応が遅れている格好だ。
    昨年韓国は対中貿易で469億ドルの黒字を上げたが、消費財部門では122億ドルの赤字だった。

    ■原油安で産油国の消費減少

    原油安は中東・中南米など原材料輸出国の消費を低迷させ、韓国の輸出に悪影響を与える。
    5月31日現在でWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油価格は1バレル49ドルで、26ドルにまで低下した年初よりは持ち直したが、
    60ドルを上回っていた昨年5-6月と比べれば依然安値だ。

    1-3月の韓国の中南米・中東向け輸出はそれぞれ前年同期比で30%、22%減少し、主要地域別で最も減少幅が大きかった。

    また、石油化学も原油安で輸出単価が下落するという直撃を受けている。
    1-3月の石油化学輸出は30%減少し、ディスプレー用パネル(35%減)に次いで減少幅が大きかった。

    韓国貿易協会国際貿易研究院のキム・グクス院長は「大企業の輸出依存度を低下させ、しっかりした輸出中小企業を育成する一方、
    輸出先も中国一辺倒から脱却する努力が必要だ」と指摘した。

    2016/06/02 09:17
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/02/2016060201019.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/02/2016060201019_2.html

    引用元: ・【朝鮮日報】韓国の輸出に赤信号、経常収支黒字が3分の1に[06/02]©2ch.net

    【韓国の4月の経常収支黒字、先月比3分の1、前年の半分以下】の続きを読む

    このページのトップヘ