まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:終了

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/29(木) 15:25:44.39 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】

    韓国の外交部は29日、国会外交統一委員会への懸案報告で、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の終了を決めたことについて、「日本政府が韓日間の信頼毀損(きそん)や安全保障上の憂慮を提起し、敏感な軍事情報交流を目的に締結した協定を持続させるのは国益に合致しないと判断した」として、日本が両国の安保協力環境に重大な変化を招いたためだと説明した。

    また、日本側に不当な輸出規制措置の撤回を求める一方、韓国大法院(最高裁)が日本企業に賠償を命じた強制徴用訴訟問題を解決できるよう、外交当局間の対話の努力を続ける方針を示した。 

    来月下旬に米ニューヨークで開かれる国連総会で、日本側の輸出規制措置の不当さを訴える計画も明らかにした。

    日本とのGSOMIAの終了決定に公に不満を表明している米国とは韓米合同防衛態勢を強固に維持し、北朝鮮の核・ミサイル脅威に対応するため、韓米日の3カ国安保協力も引き続き推進するとした。

    北朝鮮が先月末から短距離ミサイルなどを相次いで発射しているが、対話を通じて問題解決を図るとの原則は維持していると評価。米国も失望感を示しながらも非核化を巡る米朝協議を続ける立場を堅持したとして、北朝鮮と米国は対話の扉を開いていると説明した。

    その上で、米朝協議が早期に再開されるよう米側と緊密に連携するとともに、中国や日本、ロシアなど主要関係国にも支援を要請する方針を明らかにした。


    2019.08.29 14:47
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190829002300882?section=news

    引用元: ・【韓国外交部】 軍事協定終了 「日本が安保協力環境に重大変化招いたため」 [08/29]

    【いや破棄したのお前だろ 【韓国外交部】 軍事協定終了 「日本が安保協力環境に重大変化招いたため」 [08/29] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/25(日) 16:19:17.38 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】

    韓国の青瓦台(大統領府)や政府が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の終了を決めた背景には、同協定を延長した後、日本が協定を一方的に破棄する可能性があるとの判断も大きく働いたようだ。

    韓国政府が7月、日本に高官級の特使を派遣し、8月には日本政府高官との協議を試みるなど、外交的な解決を目指したが、これを無視し続けた日本側が「外交挑発」を敢行する可能性を考慮したという。

    韓国政府高官は聯合ニュースに対し、「政府と青瓦台の安保室で(協定延長の)賛否を巡って激論が交わされた。深く考慮したことの一つは、われわれの対話の努力に日本が応じなかったこと」と明らかにした。

    また、「(協定の更新期限の)24日以前に協定を延長しても日本は結局、28日に『ホワイト国(輸出管理の優遇対象国)』から(韓国を)除外する措置を取るとみた」と伝えた。

    その上で、「その後、日本が一方的にGSOMIAを破棄する可能性があった」として、「われわれが協定を延長し、日本がこれを破棄すれば、ばかを見ることになる」と説明。

    「(日本にとっても)非常に負担になる決定であるにもかかわらずホワイト国から韓国を除外するほど強気に出たのは、『韓国政府とは(共に)できない』と判断したとみなければならない」との認識を示した。

    韓国政府としては、対立の解消を促した米国の呼びかけまで拒否して関係改善の努力を行わなかった日本と信頼関係を維持することは難しいと考えたようだ。

    韓国大法院(最高裁)が日本企業に強制徴用被害者への賠償を命じた判決に日本が経済報復で対抗したことで本格化した両国の対立は一層深刻化しており、関係改善は困難を極める。

    ただ、青瓦台関係者は22日、記者団に対し、「日本が不当な報復を撤回し、友好協力が回復されれば、いろいろな措置が再検討される」として、関係回復の可能性を排除しなかった。


    2019.08.25 10:57
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190825000500882?section=news

    ★1の立った時間 2019/08/25(日) 12:09:49.21

    ★1
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1566702589/
    ★2
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1566704724/
    ★3
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1566706511/
    ★4
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1566708758/
    ★5
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1566711610/
    ★6
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1566714537/

    引用元: ・【協定終了】延長決定後に日本が破棄する可能性も考慮=「我々が協定を延長し日本がこれを破棄すれば、ばかを見ることになる」★7[8/25]

    【にわかには信じ難い人達 【協定終了】延長決定後に日本が破棄する可能性も考慮=「我々が協定を延長し日本がこれを破棄すれば、ばかを見ることになる」★7[8/25] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/24(土) 09:25:30.00 ID:CAP_USER
    (動画=YouTube)
    https://youtu.be/Ar5tL19kjws



    <アンカー>
    青瓦台(大統領府)は、GSOMIAの延長を希望した米国が終了決定について、憂慮を表明したのは当然であると明らかにしました。

    しかし韓米同盟が揺らぐのではなく、むしろ一段階進展するきっかけになるはずだと述べました。

    ホン・ソンフィ記者の報道です。

    <レポート>
    青瓦台の安保室が二日目のブリーフィングを行いました。

    焦点は韓米同盟に合わせられました。

    米国と緊密に協議してきたとし、韓米同盟は揺らがないということです。

    <キム・ヒョンジョン(青瓦台安保室第2次長)>
    「むしろ韓米同盟関係を一段階アップグレードさせて、今よりも一層堅固な韓米同盟関係になることができるよう、努力して行くでしょう」

    米国側の反応は理解しているとのことです。

    米国はGSOMIAの延長を希望していましたが、そのような結果が出ず、失望するのは当然であるということです。

    そして米国との協議の過程も明らかにしました。

    国家安全保障会議(NSC)が先月からホワイトハウスNSCと有線協議を9回行い、ボルトン補佐官(米国国家安全保障)の訪韓時もこれを相談したと述べました。

    また、先月のホワイトハウスを訪問した時も我々の立場を説明したと言いましたが、青瓦台とホワイトハウスの議論があったことを示唆しました。

    キム次長はまた、今回の決定が自国優先主義がはびこる状況で、韓米同盟の強化を導くきっかけになるだろうと明らかにしました。

    <キム・ヒョンジョン(青瓦台安保室第2次長)>
    「我々が安保の力量を強化して行けば、これは米国が希望する同盟国の安保貢献の増大にも合致し、最終的には韓米同盟の強化に繋がるだろう」

    この状況でするべき事は、偵察衛星などの戦略資産の拡充のような国防力の強化であると述べました。

    キム次長の発言は、日米同盟を強化して徐々に東アジアでの影響力を養う日本に対抗して、国防力の強化をテコに韓米同盟も堅固にするという政府の考えが反映されたものと見られます。

    KBSニュース、ホン・ソンフィでした。

    ソース:KBS(韓国語)
    http://news.kbs.co.kr/news/view.do?ncd=4269202&ref=A

    引用元: ・【韓国】韓国大統領府、「(GSOMIA終了で)米国の失望は当然、だが韓米同盟は一層堅固になるだろう」[08/24]

    【どんな脳内変換すりゃw 【韓国】韓国大統領府、「(GSOMIA終了で)米国の失望は当然、だが韓米同盟は一層堅固になるだろう」[08/24] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/26(月) 21:05:54.68 ID:CAP_USER
    日本の不当な措置 撤回なら軍事協定終了決定見直し=韓国首相

    【ソウル聯合ニュース】韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は26日、国会予算決算特別委員会で、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の終了を決めたことについて、「終了決定が効力を発揮するのは11月23日」とした上で、「(対韓輸出規制など)日本の不当な措置が元に戻れば、わが政府もGSOMIAを再検討する方式が望ましい」との認識を示した。

     協定の終了を決めた背景に関しては、「日本が根拠も示さず、韓国を安全保障上信頼できない国であるかのようにレッテルを貼り、いわゆる『ホワイト国(輸出管理の優遇対象国)』からも除外した」とし、「安保協力が難しいとされた韓国が日本に軍事情報を与えることが正しいのかという状態に置かれていた」と説明した。

     また、「GSOMIAは2016年11月に締結され、それ以前に戻ることになるが、その2年前の14年に韓米日3カ国の情報共有取り決め(TISA)が締結されている」として、「TISAを通じて軍事情報を共有できる体制はある」と強調した。

    kimchiboxs@yna.co.kr

    聯合ニュース 2019.08.26 16:33
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190826002900882

    ★1が立った日時 2019/08/26(月) 16:37:15.85
    ※前スレ
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1566808164/

    関連
    【聯合ニュース】日本説得したが「限界」 韓国首相[8/26] ★2
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1566821073/

    引用元: ・【GSOMIA破棄】日本の不当な措置 撤回なら軍事協定終了決定見直し=韓国首相[聯合ニュース][8/26] ★3

    【嘘つきで一貫性なく他人頼り 【GSOMIA破棄】日本の不当な措置 撤回なら軍事協定終了決定見直し=韓国首相[聯合ニュース][8/26] ★3 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2017/10/11(水) 09:26:50.07 ID:CAP_USER
    韓国と中国の通貨スワップ契約が10日に満了した。韓国政府と韓国銀行は通貨スワップを再延長するため中国側と継続して交渉したが、この日までに成果を出すことはできなかった。韓中通貨スワップはひとまず終了した。ただ中国指導部の最終決心により新たな韓中通貨スワップ契約が締結される可能性は開いていることがわかった。

    ◇ウォン・元通貨スワップひとまず「終了」

    10日の企画財政部と韓国銀行によると3600億元(約560億ドル)規模の韓中通貨スワップ契約は正式に満了した。通貨スワップは金融市場の変動性が急激に大きくなるなど非常状況に備え通貨を交換できるようにする契約だ。外貨準備高とともに外国為替市場の安全弁の役割をする。

    韓国政府と韓国銀行はこの日も契約を再延長するために交渉を行ったが結論を出すことができなかった。韓国銀行の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁はこの日記者らと会い、「まだすべてが完結しておらず、韓中当事者間の関連会議がきょうもある。既存の契約が満了する前に協議が終えられればより良いが、そうできないこともある」と話した。

    韓国と中国は昨年から通貨スワップ再延長に重点を置いて意見を調整してきた。だが今年に入り韓国の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備により中国との対立が大きくなり交渉は遅々として進まなくなったと分析される。外国為替当局関係者は「5月の文在寅(ムン・ジェイン)政権発足後、再延長に力を入れ中国側と水面下で交渉を続けてきた。秋夕(チュソク)連休直前まで交渉が続いたがTHAAD問題で負担を感じた中国側実務陣は相対的に消極的だった」と話した。

    韓国銀行と中国人民銀行は金融危機当時の2008年12月に初めて1800億元規模の通貨スワップ契約を締結した。2011年には通貨スワップ規模を3600億元に、満期は2014年10月に延長する契約を結んだ。2014年10月にはこれを3年延長した。韓中通貨スワップ規模は韓国の全通貨スワップ契約締結額1220億ドルの半分に迫るほど割合が大きい。

    ◇「既存条件のまま新たな契約推進」

    韓国政府と韓国銀行内外では契約満期を過ぎたが事実上再延長する側に実務陣間の溝は狭まったという話が出ている。既存契約は終わったが通貨スワップ規模など細部条件が満了前の契約と同じ新たな契約を締結するという説明だ。こうなれば既存の韓中通貨スワップが再延長されるのと同様の効果がある。外国為替当局関係者は「規模など細部条件は既存契約とほとんど同じで協議対象ではない。協議の核心は満期再延長の可否」と話した。

    中国も通貨スワップに反対する理由は多くない。人民元の国際化を推進する中国が香港(4000億元)に続き2番目に規模が大きい韓国との通貨スワップ契約を中断するのはむしろ負担になるという分析だ。金東ヨン(キム・ドンヨン)副首相兼企画財政部長官はこの日ソウルの中小企業中央会で開かれた中小企業人懇談会直後に記者らと会い、「中国も人民元国際化のために(通貨スワップ締結に)関心が多い」と話した。

    金副首相はただ、「まだ協議中で現段階では話しにくい、発表時期が決まれば最大限早く知らせる」と付け加えた。

    習近平中国国家主席の執権2期指導部を確定する第19回共産党全国代表大会が18日に始まるためその後に通貨スワップ関連の正式発表が行われる可能性があるとの見通しが多い。ただ通貨スワップという経済問題がすでにTHAAD配備とかみ合わさり政治問題になっているだけに、再延長が不発となる可能性を排除しにくいという見方もある。再延長が不発となっても韓国の金融市場に及ぼす衝撃はそれほど大きくないだろうというのが専門家らの大半の意見だ。


    2017年10月11日08時52分
    http://japanese.joins.com/article/235/234235.html?servcode=A00&sectcode=A30

    引用元: ・【中央日報】韓中通貨スワップ延長、中国指導部の判断だけ残った[10/11]

    【【そうだといいね】中央日報「韓中通貨スワップひとまず「終了」、衝撃はそれほど大きくない」】の続きを読む

    このページのトップヘ