まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:累計

    1: まぜるな!キケン!! 2021/03/25(木) 21:13:27.19 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国防疫当局は国内における新型コロナウイルスの感染者数が累計10万人を超えたことに関連し、
    この数カ月間に感染者数が急増したことに注目していると明らかにした。また流行の「第3波」は進行中であり、
    海外から変異株が流入するリスクも高まっていることから、緊張感を持って防疫に取り組んでほしいと呼び掛けた。

    中央防疫対策本部の権ジュン郁(クォン・ジュンウク)副本部長は25日の定例会見で
    「感染者数が増加した傾向をみると、第3波で急激に増え、防疫当局はこれまで以上に緊張している」と話した。 

    この日午前0時時点での感染者数は累計10万276人になった。昨年1月20日に国内で最初の感染者が確認されて以降、
    約1年2カ月で10万人に達した。新規感染者数が200人台になった昨年11月14日(新規205人、累積2万8336人)を
    第3波の起点とすれば、それから約4カ月半で7万1940人増加しており、これは全体の71.7%に当たる。

    権氏は「10万人、5万人といった数字より、感染者数の累計が10万人に達するまでの期間が重要で、
    短期間に多くの感染者が発生し、急増している最近の状況を重くみている」と強調した。 

    ただ権氏は、感染者数が世界各国より少ないレベルであるとし、
    「人口10万人当たりの感染者数などでは欧州や米国と比べて低いのが事実だ。日本と比較しても半分程度にとどまっている」と説明した。

    また、国内での感染者数が約2カ月にわたり300~400人台で推移しており、
    明確な減少傾向がみられないことなどから流行の第3波が進行中との見方を示し、防疫での協力を繰り返し要請した。 
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20210325005700882

    引用元: ・【韓国】 コロナ感染者累計10万人突破  第3波で急増 [影のたけし軍団ρ★]

    【K防疫とかあれだけ偉そうなこと言って 【韓国】 コロナ感染者累計10万人突破  第3波で急増 [影のたけし軍団ρ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/07/07(日) 18:01:43.32 ID:CAP_USER
    【世宗聯合ニュース】韓国は日本との国交正常化後、50年以上にわたり対日貿易収支赤字から脱したことがない。専門家は、これまで韓国が日本の部品・素材の技術力に頼ったまま半導体・ディスプレー産業などを育て、日本への依存度が依然として高い状況だと指摘している。問題解消に向けては国産化と輸入先の多角化が必要だが、短期間での解決は難しい見通しだ。

    韓国貿易協会と関税庁の統計によると、1965年から2018年の韓国の対日貿易赤字の累計は6046億ドル(約65兆6590億円)だった。

    韓日は1965年に請求権協定を締結し国交を正常化させ、初めて貿易を始めた。当時の対日貿易赤字は1億3000万ドル。

     その後、韓国の急激な経済成長とともに赤字額も増え始め、1974年は12億4000万ドルとなり、1994年は118億7000万ドルに跳ね上がった。2010年に361億2000万ドルまで増えたこともあった。その後、赤字額はやや縮小したが依然200億ドル台にとどまっている。

     韓国の昨年の貿易赤字を輸入先別にみると、日本が240億8000万ドルで最も大きく、サウジアラビア(223億8000万ドル)、カタール(157億7000万ドル)、クウェート(115億4000万ドル)などの順だった。日本を除いては韓国が依存せざるを得ない原油輸出国だ。

     産油国でもない日本との貿易で赤字が続いているのは技術的問題があるため。韓国はこれまで素材・部品の技術力を日本に依存したまま、半導体・ディスプレー産業の規模を拡大してきた。

     日本政府が対韓輸出規制を強化した3品目のうち、フッ化ポリイミド、レジスト(感光材)は世界の供給量の90%、エッチングガス(フッ化水素)は70%が日本で製造されている。

     一方、韓国が黒字を記録している品目は鉱物性燃料(31億9000万ドル)、天然真珠・貴金属(5億6000万ドル)、魚類・甲殻類(3億7000万ドル)など、いくらでも代替が可能な分野だ。

     対外経済政策研究院のキム・ギュパン先進経済室長は「これまで韓国は米国や日本の資本と技術に依存し経済成長を遂げてきたが、日本の技術に依存した産業構造の弱点が明るみになった状況だ」と指摘した。2010年代に自動車部品の分野では成果を出したが素材分野では依然として日本の技術に追いつけずにいると説明した。

     慢性的な対日貿易赤字から抜け出す方策は結局、技術力の強化を通じた部品・素材の国産化と輸入先の多角化に帰結する。与党・共に民主党、政府、青瓦台(大統領府)は半導体素材部品産業に毎年1兆ウォンずつ集中投資を行うと明らかにした。

     韓国政府は日本による輸出規制が強化された3品目をはじめ海外依存度が高い中核的な部品・素材・装備の積極的な国産化に向けた方策を今月中に発表する計画だ。

     韓国の輸出先多角化は日本の業界も最も懸念している部分だ。

     2010年に中国が尖閣諸島を巡る紛争で日本へのレアアース(希土類)輸出を規制した。当時、レアアースの対中依存度が90%に達した日本はオーストラリア、ベトナム、カザフスタンなどでレアアース開発権を確保し、依存度を50%以下に下げた。

     この日本の例のように、韓国が日本に代わる仕入れ先を確保した場合、日本の部品・素材業界にとって痛手になる可能性もある。

     ただ、日本のレベルの技術力を確保するには長期間を要する。延世大経済学科のソン・テユン教授は「資金を投入して解決される問題だったなら以前に解決されただろう。人員や技術習得の問題があるため、長期的な課題としてみるべきだ」と指摘した。

    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190707000700882?section=japan-relationship/index
    聯合ニュース 2019.07.07 17:12

    引用元: ・【聯合ニュース】国交正常化後50年以上続く対日貿易赤字 累計65兆円超=韓国[7/7]

    【じゃ買わなきゃいいよ 【聯合ニュース】国交正常化後50年以上続く対日貿易赤字 累計65兆円超=韓国[7/7] 】の続きを読む

    このページのトップヘ