まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:糾弾

    1: ばーど ★ 2018/05/08(火) 00:20:05.93 ID:CAP_USER9
    ※たまたまスレです

    EU(欧州連合)の27カ国の大使が、中国のシルクロード・プロジェクト、すなわち一帯一路政策を厳しく批判する報告書をまとめた。「自由貿易を妨げ、中国企業に利するように設計されている」と糾弾している。

    ドイツのハンデルスブラット紙(Handelsblatt:ドイツの日本経済新聞に当たる)電子版が4月に伝えた。

    以下は、重要な部分を翻訳・構成したものである(見出しは筆者)

    ■中国は自国の利益しか考えていない

    ハンデルスブラット紙が見た報告書では、2013年に発表されたこの一帯一路計画は、「自由貿易を推進するEUのアジェンダに反するもので、補助金を受けた中国企業に有利に働くようなパワーバランスを推進するものである」と述べた。

    この普通ではないレベルで噛みついた報告書は、7月のEUと中国のサミットに向けての準備の一環である。

    EU28カ国の中で、ハンガリー大使だけが署名しなかった。

    欧州委員会は、中国が威信をかけたこのプロジェクトに対して、EUの一つの共通の立場を築くための戦略文書の作成に取り組んでいる。

    報告書において、27人のEU大使達は、中国は自国の利益に合うようにグローバリゼーションを形作ろうと望んでいると書いている。

    同時に、この中国のイニシアチブは、過剰生産能力の削減、新たな輸出市場の創出、原材料へのアクセスのセーフガードのような、中国国内の政治目的を追求するものであるとも述べた。

    もし中国が、公的調達の透明性に関する欧州の原則や、環境や社会に対する欧州の原則を遵守しないのなら、欧州企業は良好な契約を締結できない可能性があると、彼らは警告している。

    ■知的財産権の侵害と投資条件の不確かさ

    あるEU外交官は、中国はWTOが定める知的財産権の保護に関するグレイなエリアにつけこむことがとても上手であり、ルールを破ることにためらいを感じていないと述べた。

    「中国の交渉相手にこの点を指摘すると、彼らは常に多くの理解を示すが、現実にはほとんど変わらない」という。

    中国は、中国の開発プログラムから直接的に利益を得ている外国企業の正確な情報を、今までのところまだ提供していない。

    2014年に400億ドル(約4,5兆円)のシルクロード基金が設立され、ロード沿いの国々に投資することになったが、誰が投資に適格で、そしてどのような条件で資格があるのかは不明である。

    ■ドイツ政府機関が告発

    2月にドイツの調査が発表された。これはGTAI(German Trade and Invest)、つまりドイツの政府機関である対外貿易投資のマーケティング機関と、ドイツ商工会議所協会によるものである。

    この調査によると、一帯一路政策は、法的枠組みが不確実である政治的に不安定な国々に集中していることが多い。GTAIのマネージング・ディレクターは、過去に中国の国営銀行に資金を供給されたプロジェクトの約80%は、中国の企業に行ってしまっていると述べた。

    ハンデルスブラット紙が見たドイツの報告書は、中国は調達に関して透明性に興味がないと記している。

    ■EUが署名を拒否

    昨年の5月、ドイツのブリギッテ・ツィプリース経済・エネルギー大臣(当時)がシルクロード・イニシアティブの壮大な始動のために北京に赴いた。彼女とEU高官たちは、中国政府との共同宣言に署名するつもりだった。 しかし現実のものとはならなかった(訳注:ドイツ、フランス、英国、ギリシャ、エストニア、ハンガリー等が拒否し、EUとして署名に至らなかった)。

    EU側は「交通インフラにおけるすべての投資家の平等な機会」を保証するべきである、また同様に、国際基準にあった透明性を保証するべきである、のように合意の文言の多くを変更したかった。しかし、中国は改正案を取り入れることを拒否したのだった。

    >>2以降に続く

    5/6(日) 15:51
    https://news.yahoo.co.jp/byline/saorii/20180506-00084888/

    ★1が立った時間 2018/05/07(月) 15:16:27.04
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1525673787/

    引用元: ・【国際】EU27加盟国の駐中国大使が「一帯一路」を厳しく糾弾 「中国に利するように設計。自国の利益しか考えていない」★2

    【【国際】EU27加盟国の駐中国大使が「一帯一路」を厳しく糾弾 「中国に利するように設計。自国の利益しか考えていない」★2 】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★ 2018/03/27(火) 08:47:45.98 ID:CAP_USER
    ムン大統領のベトナム戦争関連の謝罪を糾弾する!

    ベトナム戦争は休戦協定に違反したベトコンの不法南侵で始まり、派兵された韓国軍はこのような戦争犯罪で5000人が死亡した。良民虐殺は主張に過ぎず、韓国の公式調査では確認されていない。しかも、キム・デジュン大統領が似たような謝罪をしたことがあるのに、ムン・ジェイン大統領がなぜまた謝罪をするのか?

    趙甲濟/趙甲済ドットコム代表

    ベトナムを国賓訪問中のムン・ジェイン大統領は23日、「韓国とベトナムが模範的な協力関係を発展させている中で、我々の心に残っている両国間の不幸な歴史について遺憾の意を表する」と述べたと報じられた。ムン大統領はこの日、ベトナム主席宮殿でチャン・ダイ・クアン・ベトナム国家主席との首脳会談の冒頭でこのように明らかにし、「両国が未来志向的な協力を促進するために一緒に力を合わせて行くことを希望する」と述べた。

    ムン大統領のこのような言及は、ベトナム戦争当時、韓国軍の派兵と民間人虐殺問題などについて公に遺憾の意を明らかにしたものとメディアは分析した。ムン大統領は昨年11月、ベトナム・ホーチミン市で開催された「ホーチミン-慶州世界文化エキスポ2017」のイベントに送った映像祝辞を通じて「韓国はベトナムに心の借金を負っている」と述べている。

    クアン主席は続くプライベート会談でムン大統領の過去の歴史に対する遺憾表明について「ベトナム戦争過去史に対する韓国政府の真心を高く評価する」、「過去の痛みを癒し、両国間の友好関係を強固なものにし、相互協力を強化するために、韓国政府がさらに努力するように願う」と話したという。

    過恭非禮と賊反荷杖が重なった。ベトナム戦争は休戦協定に違反したベトコンの不法南侵で始まり、派兵された韓国軍はこのような戦争犯罪で5000人が死亡した。良民虐殺は主張に過ぎず、韓国の公式調査では確認されていない。しかも、キム・デジュン大統領が似たような謝罪をしたことがあるのに、ムン・ジェイン大統領がなぜまた謝罪をするのか?

    これは国軍統帥権者として国軍の誇らしい海外派兵を汚す歴史自害行為である。大韓民国の国軍は自由を守るためにベトナム戦争に派兵され、国益を増進させた。ベトナムの共産化はサイゴンのティファナ政権と米国が責任を負うことであって、パク・チョンヒ政府や国軍は間違っていない。ベトナム政府も韓国政府に一度も謝罪を要求したことはない。ムン大統領はベトナムの共産化は正義で、これを阻止しようとした米国、韓国、オーストラリアなど自由陣営の努力は恥ずかしいことだと考えているようだ。そうなら、ムン・ジェイン大統領の思想を問わざるを得ない。

    ソース:Newdaily 2018.03.26 06:23:53(韓国語)
    http://www.newdaily.co.kr/site/data/html/2018/03/26/2018032600002.html

    続きます

    引用元: ・【韓国】ムン大統領の謝罪を糾弾する!韓国はベトナムから多くの苦痛を受けた。まさに我々が被害者だ[03/27]

    【【韓国】ムン大統領の謝罪を糾弾する!韓国はベトナムから多くの苦痛を受けた。まさに我々が被害者だ[03/27] 】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★@無断転載は禁止 2017/02/09(木) 09:04:07.54 ID:CAP_USER
    在ソウル日本大使館といえば道一つ挟んだ向かいの歩道に「慰安婦像」があって、それを囲むようにした反日デモが毎週行われている。海外安全情報として現地在住や渡航の日本人が注意を促されることでも知られ、各国大使館の中で恐らくこれほど韓国人から脅威を受けている所はないと思っていた。ところが最近、同じように脅威を感じていると思われる大使館がある。米国大使館だ。

    国政介入事件に憤った国民によるろうそくデモは今も毎週末行われているが、非難の矛先がついに米国にまで及び始めた。理由は北朝鮮弾道ミサイルを迎撃する新型地対空ミサイルの韓国導入を米国が主導したというもの。そもそもデモが行われてきた場所が米国大使館前の広場であり、先週末のデモではある発言者が「この地の生命と平和を無視する大使館がそこにある!」「言葉だけの友邦か。米国を糾弾する!」と気勢を上げると会場から拍手喝采が湧き起こった。

    ちょっと待てと言いたいところだ。迎撃ミサイル導入は韓国の安保のためだったはず。それがいつの間にか逆さまの論理になって悪者扱いでは米国もたまったものではなかろうに。ただ、「アメリカ・ファースト」のトランプ大統領が損してまで韓国を守り続けるとは思えない。あまり図に乗って米非難を続けると、日本のような大使一時帰国を飛び越えて駐留軍撤収という手段に訴えかねない。危ない、危ない…。

    ソース:Viewpoint 2017/2/07
    http://vpoint.jp/world/korea/81821.html

    引用元: ・【韓国】「生命と平和を無視!」「言葉だけの友邦。糾弾する!」会場は拍手喝采…ろうそくデモの矛先、ついに米国へ[02/09] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【通常運転だろw】「米国を糾弾する!」ろうそくデモの矛先、ついに米国へ】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2016/06/02(木) 23:34:27.41 ID:CAP_USER
    先週、全世界の耳目が原爆投下71年で初めての米大統領広島訪問に集まった。特に被爆犠牲者のためのオバマの黙祷、そして彼が流麗な文章で伝えた平和と反戦のメッセージに対する反響は大きかった。一見、これはその直前のベトナム訪問(そしてそれ以前のキューバ関係改善)と共に米国外交史の画期的変化を意味するようだ。しかし、この様な外見上の変化より事実、さらに目立ったのは、20世紀中盤から始まった米国の東アジア政策の一貫性および連続性だ。

    日本はナチスドイツと共に第二次大戦の主戦犯国だ。その規模はナチの犯罪に達し得ないかもしれないが、日本の蛮行はある歴史家が15年戦争(1931~45)と命名した期間、すなわちさらに長く強行された。しかし、日本は終戦後、ドイツほど戦犯扱いされなかった。ドイツの場合、苛酷だった戦犯裁判過程と共に、巨大な領土喪失、1,300万に及ぶドイツ系住民の強制移住、そして何よりも国土分断が後に続いた。彼らは自身の戦争犯罪を認めて謝罪する過程も経たし、これは現在も進行中だ。

    反面、日本の場合はクリル列島(千島列島)と露日戦争直後、彼らが獲得したサハリン南部をソ連に返還したのが領土損失の全てだった。自然に住民の再配置も、日本国民国家の再編もなかった。そして分断は日本列島ではなく、とんでもない(?)場所で起きた(記者注:朝鮮半島のこと)。終戦50周年になってはじめて本格的に始まった戦争責任謝罪もやはりドイツレベルには徹底的に行われなかった。

    戦犯日本が受けたこのような‘軽い’処罰は米国の戦後東アジア政策と深い関係がある。1945年8月の終戦直後、日本列島を占領した米軍は国務部の指示の下、当初、帝国日本の理念、政治制度、対内外経済体制などに対する全面的な改革を準備していた。米国務部は特に軍部、財閥、大地主など戦争を起こした核心勢力を徹底的に懲らしめて日本の経済力を弱体化させ、彼らが再び軍事的復活を夢見ないようにするつもりだった。

    だが、ヨーロッパで冷戦が本格化した1947年、その政策基調は突然変わった。日本の経済を生き返らせて彼らをインドシナ半島を含む東アジア経済圏の核心部とする計画が優位を占めたのだ。この経済圏がソ連の膨張を防ぐ防波堤になると同時に、米国の商品市場および資本輸出の空間として活性化すべきという論理だった。(中略)

    この様な米国の日本興し政策の中で、過去に対する骨身にしみた反省は日本政府ではなく、ひたすら一部の良心的知識人と民間団体だけの持分になった。かえって政府と右翼は戦犯国にはとうてい似合わない歩みをしばしば行った。彼らが任意(?)の歴史的根拠を突きつけて東北アジア各国と繰り広げる‘領土紛争’はその著しい例だ。事実、戦犯には領有権主張のための歴史的根拠が最初から意味を持たない。徹底した戦犯審判の結果、国家の歴史的起源の地である‘プロイセン’地域を手放すことになったドイツを想起すればよい。

    ベトナムから日本につながった今回のオバマの歩みは今はソ連に代わった中国勢の拡張を牽制すると同時に日本を軸にした東アジア経済圏を固める実利的計算を含んでいる。そして、これは冷戦開始後、米国政府が推進してきた東アジア政策の連続線上にある。その線上で米国は1947年のように2016年にも日本を戦犯扱いしなかった。むしろオバマの広島訪問は日本がわずかながら残っていた戦犯意識から抜け出す役には立ったようだ。

    オバマが平和と反戦に真に意があるなら、今からでも日本を戦犯と確かに規定してその責任を厳重に問う態度が必要だった。同時に彼は原爆犠牲者に加えた米国の前代未聞の暴力について謝罪するべきであった。戦犯国日本に対する国対国の政治的謝罪ではなく、彼の表現のように「罪のない人々」に対する人道主義次元の謝罪の話だ。

    とにかく、オバマの今回の広島訪問が米国の国益に大きく寄与した。彼は謝罪ではなく哀悼を通じて、米国の民間人爆撃に対する正当性を否定しないと同時に、世界史で唯一無二の原爆加害者という気まずい道徳的重荷を減らさせた。そして彼らの東アジア政策の実利まであげた。一方、日本政府はそのおかげで自分たちだけのための‘過去清算’をできるようになったようだ。ただし、その姿勢では両国の国益以上のこと、すなわち平和と反戦の価値を見出すことはできない。

    ノ・ギョンドク・光州(クァンジュ)科学技術院教授・西洋史
    http://image.hankookilbo.com/i.aspx?Guid=60598fd48e7c4d6997693f210289794e&Month=DirectUpload&size=640

    ソース:韓国日報(韓国語) [ノ・ギョンドクコラム]オバマと広島
    https://www.hankookilbo.com/v/21b93393422d4a2da514e3f4a31e2de9

    引用元: ・【韓国】 オバマと広島~オバマは日本を戦犯とはっきり規定し、その責任を厳重に問う態度が必要だった/光州科学技術院教授[06/02] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【コリアン・ナチズム】 「オバマは今からでも日本を戦犯国して糾弾しろ。そして韓国人に謝罪しろ」光州科学技術院教授】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2015/12/21(月) 12:46:40.78 ID:CAP_USER.net
    no title

    ▲「朴槿恵を処刑せよ!」のプラカード(TV朝鮮キャプチャ)

     今月19日、ソウル・光化門広場で「第3次民衆総決起」と題する集会が行われた。全国
    民主労働組合総連盟(民主労総)などが朴槿恵(パク・クンヘ)政権を糾弾するという趣
    旨で開催したもので、「朴槿恵を処刑せよ!」というシュプレヒコールまで飛び出した。

     この日の集会には約2500人(警察の推計)が参加し、先月14日の第1次総決起(約6
    万8000人)、今月5日の第2次総決起(1万4000人)に比べ、参加者が大幅に減った。

     参加者たちは集会を「騒擾(そうじょう)文化祭」と名付けた。ソウル都心で暴力デモ
    を主導した容疑などで逮捕された、民主労総のハン・サンギュン委員長に対し、警察が騒
    擾容疑を適用したことを皮肉ったのだ。

     参加者たちは「騒がしい文化祭を開こう」と呼び掛け、ブブゼラ(南アフリカの楽器)
    やタンバリン、棒状の風船など、大きな音の出る道具を持って集まり、騒音を出した。あ
    らゆる反政府的なシュプレヒコールも飛び出した。民主労総のチェ・ジョンジン副委員長
    は「(朴槿恵)政権は狂っている。大統領はまともな精神ではない」と主張した。全国農民
    会総連盟(全農)のキム・ヨンホ議長は「朴槿恵の権力を破滅に追いやろう」と主張し、
    政府に向かって「この汚いX(隠語)ども、くたばれ!」と叫んだ。一部の参加者は「朴槿
    恵を処刑しろ!」「良心の囚人、李石基(イ・ソッキ)=元統合進歩党議員=を釈放せよ!」
    「ハン・サンギュンを釈放せよ!」などと書かれたプラカードを掲げ、シュプレヒコール
    を叫んだ。

     警察は集会の主催者側に対し、無届けでの集会・デモ開催容疑を適用し処罰すると発表
    した。警察の関係者は「集会および示威(デモ)に関する法律(集示法)やソウル市条例
    などにより、政治的な目的での集会・デモが禁止されている光化門広場で集会を開くため、
    名前だけ『文化祭』としたインチキ政治集会だ」と話した。

    イ・スンフン記者

    ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版<「朴槿恵を処刑せよ!」「大統領はまともな精神ではない」>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/12/21/2015122101236.html

    引用元: ・【韓国】「朴槿恵を処刑せよ!」「大統領はまともな精神ではない」~ソウル都心で「朴槿恵糾弾」集会[12/21]

    【言論弾圧を正当化するための自作自演だったりしてw 【韓国】「朴槿恵を処刑せよ!」「大統領はまともな精神ではない」~ソウル都心で「朴槿恵糾弾」集会[12/21]】の続きを読む

    このページのトップヘ