まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:糞

    1: まぜるな!キケン! 2019/03/11(月) 11:03:50.90 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title


    『プン~(ぷぅ~)』。 大きな屁(おなら)をこくほど清々しい事があるだろうか?特に教室で屁をこけばあちこちで鼻を塞ぐなど、しばらくの間笑いが弾ける。このように屁は酷い臭いとともに騒々しい音を出し、疑問を生む好奇心対象No.1だ。糞も特に変わらない。新学期を迎え、屁と糞、尿を素材にした本が押し寄せた。

    『 “プン(ぷぅ)” 愉快に弾ける屁の中の科学の話(意訳)』は、みんながこくけど誰も言ってくれなかった屁に関する真実を盛り込んだ。「人間が6年9ヶ月間休まずに屁をこけば、原子爆弾のエネルギーと同等のガスを作り出せる」など、科学者が突き止めた屁に対する新たな事実と世界の人々の驚くべき屁の話を隅々まで紹介する。

    『スッキリ!爽快!便所と糞』は、トイレと排便活動を通じて科学の教科に興味を呼び起こす科学の本。人類初のトイレの様子、糞と尿が作られる過程、未来のトイレなど子どもの好奇心を呼び起こす面白い内容が満載だ。

    『糞をたらせにくい日』は、障害者の水泳選手クォン・スルチャンがいとこのトンセンと一緒に釜山旅行に行った際に起きた騒動を盛り込んだ童話。休憩所で障害者用の便所を使うハルアボ(お爺さん)と喧嘩をして、障害者に配慮していない休憩所の便所の様子などを通じ、現在の障害者に対する考えも振り返る。

    『おなら大百科』は、『世界の素晴らしいおなら大将シリーズ』の初刊である。屁をこかない動物、最も古い屁のジョークなど、51の驚くべき屁の話を8つの章に掲載した。面白い絵とともに、屁の科学と歴史、そして芸術を詳しく見る事ができる。

    『内緒でちょっとずつ読む尿Xファイル』は、尿の全てを明らかにする教養書だ。我々の体で尿が作られる過程は基本で、尿の成分と様々な活用法、歴史の中から見つけた尿の話などの情報を盛り込んだ。

    このほか、『うちのクラスの猟奇事件~誰が教室に糞をした!』は、猟奇的な糞事件の犯人を見つける世界初の糞探偵、スモモの活躍する様子を興味津々に紹介して、生態童画集『牛糞団子がころりん(意訳)』は、善良な昆虫たちの基盤をでたらめに踏みにじる人々を告発して、美しい世界を作る方法を教えてくれる。

    ソース:少年韓国日報(韓国語)
    http://kids.hankooki.com/lpage/book/201903/kd20190311060042125590.htm

    引用元: ・【韓国】『屁・糞・尿』=我々の好奇心対象No.1![03/11]

    【ただのコフィリア(糞尿愛好症)だよ 【韓国】『屁・糞・尿』=我々の好奇心対象No.1![03/11] 】の続きを読む

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/12/07(金) 10:01:27.37 ID:CAP_USER
    『うんこ』で作ったバイオガスで電気を作る研究が、UNIST(ユニスト=蔚山科学技術大学校)で始まる。UNISTは5日、(株)ミコと共同研究協力業務協約(MOU)を締結したと明らかにした。

    (写真)
    http://www.segye.com/content/image/2018/12/05/20181205003754_0.jpg
    ▲ UNISTのキャンパス内にある科日家の全景。

    協約によって(株)ミコは2kw級の固体酸化物形燃料電池(SOFC)の設備を、UNISTキャンパス内の『科日家(科学が日常的に入ってくる家)』に無償で設置する。この設備を中心に(株)ミコとキム・ゴンテ教授(エネルギーおよび化学工学部)の実用化研究が推進される。キム教授は2015年、天然ガスを直接燃料として使っても安定したSOFC用電極を開発した。設備稼動に必要な燃料供給ラインはキョンドン都市ガスが支援する。

    (中略)

    去る7月に竣工された『科日家』は、3人が同時に住める『生活型実験室』である。建物を使う人が排泄した人糞をバイオガスにする設備が構築されている。この建物に設置されるSOFCシステムは、1時間に2kwの電気を生産する。

    ソース:NAVER/世界日報(韓国語)
    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=022&aid=0003324357

    引用元: ・【韓国】人糞で電気生産[12/07]

    【クリーンエネルギー(汚物)【韓国】人糞で電気生産[12/07] 】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★ 2017/10/09(月) 07:01:04.26 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title


    クォン・ジョンセン童話の国は、『子犬の糞(こいぬのうんち)』と『モンシル姉さん』を書いた児童文学家
    の人生と作品世界を再現した場所である。

    クォン・ジョンセン(1937~2007)は20代前後に罹った肺結核と肋膜炎、腎結核で苦しみながら文章を
    書いた。

    障害無所有の人生を実践して、印税10億ウォンが入った通帳を残してこの世を去った。

    「印税を全て子どもに返す」という彼の遺言によって設立されたクォン・ジョンセン子ども文化財団は
    2014年、廃校だったイルジク南部小学校を改築して、子ども文学館である『クォン・ジョンセン童話の国』
    として構えた。

    写真は童話の国の前庭に設置された、子犬の糞の造形物。

    ソース:NAVER/アンドン=聯合ニュース(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=001&aid=0009589959

    引用元: ・【韓国】子犬の糞(写真)[10/09]

    【【バレエ作品にもしていたよね?】童話の国に設置された「子犬の糞」(写真)】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★@無断転載は禁止 2017/09/21(木) 11:59:34.43 ID:CAP_USER
    「健康状態を知らせる不思議なトイレ」

    UNISTイ・ヒョンギョン教授、21~27日DDP展示

    紫外線殺菌消毒、排泄姿勢にも役立つ

    ビビトイレ第2世代。ユニスト提供

    水をほとんど使わず、大小便で健康状態を確認し、排泄姿勢まで助けてくれるスマートなトイレが一般に公開される。

    大便をお金に変えるプロジェクト「サイエンスウォールデン(Science Walden)」の代表技術である「ビビ(BeeVi)トイレ」である。

    UNIST(総長チョン・ムヨン)はサイエンスウォールデンチームが開発したビビトイレ2種類が21日から27日までソウル東大門デザインプラザ(DDP)お知らせ2館に展示されると20日明らかにした。 「糞本位貨幣」として知られているビビトイレを直接見る機会が設けられたのである。糞本位貨幣は人糞をバイオエネルギーに変えて、その価値を通貨として使用する概念でUNISTサイエンスウォールデンチームで2015年から研究している。

    今回展示されるビビトイレは2種類である。 2015年に開発された「ビビトイレ第1世代(WALDEN 1.0)」と、これを発展させた「ビビトイレ第2世代(WALDEN 2.0)」である。

    第1世代のトイレはトイレの下部に乾燥と粉砕機を設置して糞を粉末にする。この粉末を微生物のエネルギー生産施設に入れるとメタンガスに変えて燃料として活用することができる。水を保存して排水管の設置スペースの必要がなく、従来の水洗トイレよりも小さい。朝鮮時代の白磁に似た流線型であり、化粧台の椅子を連想させる姿をしている。

    このトイレのデザインに参加したチョ・ウンホUNIST融合経営大学院の学生は、「トイレを意味するToiletの語源であるフランスのToiletteは更衣室や楽屋のように化粧を直す場所という意味」、「トイレを汚く不潔な空間ではなく、美しく健康になる空間として感じるようにトイレを設計した」と説明した。

    第1世代のトイレは、人体工学的設計を経て排泄を助ける姿勢も作ってくれる。既存のトイレと同様の高さで製作するが、便座に座るとお尻の部分がすっと下がるようにしたのである。この時、上体と脚の角度は35°になるが、この姿勢が排泄に最も有利と分かった。スプリング装置も追加して立ち上がるときにそっと押してくれる効果も備えている。

    第2世代のトイレは乾燥と粉砕機さえもなくした。糞を真空で吸ってエネルギー生産施設に直接送ることができる仕組みだ。この時、0.5リットル程度の水が必要だが、一般的なトイレに入る12リットルに比べれば少ない量である。 「超絶真空トイレ」を実装したのだ。

    この便器は、健康のための先進的な機能も追加される予定である。まず、紫外線(UV)ランプが設置されて便器の内部と便座を殺菌・消毒してくれる。また、糞や尿を分析するバイオセンサーが搭載されており、ユーザーの健康状態をスマートフォンで簡単に確認することができる。

    第2世代のトイレのデザインに参加したペ・ジョンヒョンUNISTデザインと人間工学部の学生は、「糞の粉末を移す過程で不快感までなくす方法を悩んだ」、「1世代のトイレの利点を維持しながらいくつかの機能を追加して、使用環境の清潔さを維持するためにトイレの蓋に透明なカバーを配置した」と伝えた。

    ビビトイレのデザインを総括したイ・ヒョンギョンUNIST基礎課程教授は「今回の展示で、実際に動作するモデルを初公開する」、「環境を考えながら、健康と清潔を中心に置いた未来のトイレを事前に確認できる良い機会になるだろう」と述べた。

    一方、今回の展示は「2017ソウル生活発見 - 秘密の工芸(空藝)」の一環として推進された。個人的な秘密の空間であるトイレと芸術を連結して、化粧室文化と独特なトイレなどで展示を構成した。ビビトイレは未来型トイレのセクションに配置され、トイレ空間やトイレに新しい技術が導入された作品と一緒に披露する予定だ。

    ソース:韓国日報 2017.09.20 11:27(韓国語)
    http://www.hankookilbo.com/v/9526e90706e84e19974ad3d403718e3f
    ビビトイレ第2世代。ユニスト提供
    http://image.hankookilbo.com/i.aspx?Guid=31be42fe1a5f4272b872253d722d6044&Month=201709&size=640

    引用元: ・【韓国】人糞を「糞本位貨幣」に変えるビビトイレ第2世代公開。糞尿を分析して健康状態をスマホで確認できる[09/21] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【国の基幹産業にすればいい】韓国の「糞本位貨幣」、第2世代のビビトイレ公開】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★@無断転載は禁止 2017/06/13(火) 11:42:59.65 ID:CAP_USER
    (え)
    no title


    この単語を出した瞬間、子どもは爆笑して大人は眉をひそめる。いくら何度聞いてもその度に子どもは
    興奮するが、大人は日常の中でこの言葉を言及する事自体うんざりする。一体何という言葉か?
    それは『糞』である。

    →子どもが好きな糞の物語を挙げるとすれば、『誰が私の頭に糞を垂れた?』は外せない。1993年に
    韓国に紹介されて以来、ずっと愛されているドイツの絵本である。目の悪いモグラの頭に糞を垂れ逃げ
    した犯人を追跡する内容だが、演劇とミュージカルでも公演されて人気を集めた。これに双壁を成す本で、
    1996年に絵本で出版されたクォン・ジョンセン作家の『子犬の糞』がある。「まぁ汚い」といじめられた
    子犬の糞が泣くと、すまなかったと『牛車から落ちた土塊』が慰めた。「君も必ず役に立つよ」。春が来る
    と子犬の糞はタンポポの花を咲かせる肥料になり、自分も大切な存在である事を学ぶという話だ。

    →糞話に対する子どもの熱い関心は隣国も同じだ。3月に発売された小学生用の漢字学習書籍(全6巻)
    が200万部以上売れて、大ヒットを続けている。漢字1つにつき3問ずつ紹介された例文に『糞(ウンコ)』を
    含ませたおかげだ。 “今”の場合、「今度、トンランド(うんこランド)に遊びに行こう」と紹介する形式である。
    漢字の勉強に退屈していた子どもが目を光らせる姿に、親が先を争って財布を開いたようだ。

    →子どもは何故このように糞話が好きなのか。子どもの目線で見れば答が容易に出る。糞を自分が
    作り出した素敵な創造物と同時に、自分の大切な分身のように思っているのだ。トイレで用を足した
    息子が、「糞よ~こんにちは、行ってらっしゃい!」と手を振って挨拶する姿に、しばらくの間笑ったという
    話もある。大人の否定的な固定観念と明るい童心が対照的だ。トン(糞)の漢字である糞は、サル・ミ(米)
    とは違うイ(異)で構成される。米の別の姿という意味だ。肥料から穀物を経て、再びご飯から肥料に帰る
    果てしない循環、我々が下らなくて役に立たないと思う存在の価値を悟らせる。

    ソース:NAVER/東亞日報(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=020&aid=0003071876

    引用元: ・【東亞日報】子どもはなぜ糞が好きなのか=コ・ミソク解説委員[06/13] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【韓国人は大人でも糞が好き】東亞日報(韓国語)「子どもは糞を、自分の大切な分身のように思っている」】の続きを読む

    このページのトップヘ