まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:精神疾患者

    1: 白井黒子◆KuRokoMU3c 2014/07/24(木)14:57:56 ID:???
    精神疾患者強制入院多
    患者のうち76%非自意入院


    no title

    ▲我が国で精神疾患で入院する患者の大部分が他意で入ってくると明らかになった。 (写真=デイリー韓国資料写真)

    我が国で精神疾患で入院する患者の大部分が他意によることが明らかになった。

    国家人権委員会が23日発表した内容によれば我が国の精神疾患入院患者数は2012年基準8万 659人で、このうち自分の意志で入院した人は1万9,441人(24.1%)に過ぎない。残りの6万 1,128人(75.9%)は他意で入院したのだ。フランス12.5%、ドイツ17.7%、イタリア12.1%、英国13.5%など先進国の非自意入院比率に比べてはるかに高い数値だ。

    ビザ(*1)の入院制度は障害者の身体自由を保障した国連障害者権利協約第14条を違反する余地があるという指摘が障害者団体を中心に引き続き提起されてきた。また、我が国の精神疾患者の平均入院期間は237日でドイツ26.9日、英国52日、フランス35.7日、イタリア13.4日など約50日未満の先進国に比較した時飛び切り長く対策準備が至急だ。

    人権委に受け取られた精神保健施設内人権侵害陳情事件の推移を見れば2011年1,337件から2012年1,805件、2013年2,144件で前年比でそれぞれ35%、19%の増加率を見せた。特に入・退院と関連した陳情事件が約55%(1,178件)に達してビザの入院の深刻性を見せると人権委は指摘した。

    人権委関係者は「すでにアメリカ、ドイツ、オランダなど多くの国家で裁判所がビザの入院を決める司法手続きを運営している」として「精神障害である人権保護のためにこのような政策が一日も早く施行されなければならない」と主張した。

    (*1)調べてみたが分かりませんでした。

    デイリー韓国(韓国語)
    http://daily.hankooki.com/lpage/society/201407/dh20140723183252137780.htm

    引用元: ・【韓国】精神疾患者の76%が他意による強制入院[07/23]

    【【韓国】精神疾患者の76%が他意による強制入院[07/23]】の続きを読む

    ryokou


    1: 白井黒子◆KuRokoMU3c 2014/07/16(水)15:54:23 ID:???
    『無差別犯罪』夜間に路上・公園などで発生
    犯人は30~40代貧困層・精神疾患者・前科者…大検察庁分析報告書発刊


    首都圏地域の路上や公園、地下鉄の駅、バスターミナルなど公共場所。

    去る2年間不特定多数を相手に理由なしに犯す『無差別犯罪』が最も多く発生したところだ。

    犯行時間は主に午後6時から翌日午前9時までの夜間(65%)だった。

    犯人は30~40台(60%)、男性(95%)で一定の職業がなく経済的に困難を経験する貧困層(82%)や精神疾患者(41%)、暴力前科がある人(78%)が大多数であった。

    大検察庁強力部(ユン・ガプクン検事長)は2012~2013年の2年間に発生した109件の無差別犯罪実態を分析した結果、報告書を15日発刊した。

    報告書によれば無差別犯罪の原因は大きく三種類に分かれる。

    最も大きい原因は精神分裂症や妄想障害のような精神疾患で109件の無差別犯罪の中で45件(41%)がこのケースに該当した。

    他人が自身をののしっているという幻聴に苦しめられて犯罪を犯せば幻聴が終わりそうだという妄想に陥ることだ。

    去る3月、狎鴎亭(アックジョン)駅パン屋で発生した人質劇もここに属する。当時逮捕された犯人は警察に「誰かが追いかけてきている」とか「こういう事をしろと指示した」とでたらめにしゃべる異常症状を見せた。

    薬品やアルコール乱用が35件(32%)を占めて二番目の原因に選ばれた。

    特に109件の無差別犯罪の中で加害者が酒を飲んだ場合が54%で半分以上を占めた。

    現実に対する不満と絶望感が27件(25%)で三番目に集計された。

    一定の職業がなく経済的困難を経験していたり、社会から疎外された人々がこれによって現実に不満を抱いて自暴自棄になる心情で犯罪を犯すのだ。

    加害者の大部分は犯罪前歴があった。1回以上前科がある人が78%、2回以上は66%であった。6回以上前科がある人は35%、11回以上前科者も20%もなった。

    貧困疎外層加害者のうち暴力前科がある人が77%、精神疾患加害者の中で前科がある人も70%を占めた。

    被害者202人(女性107人、男性95人)は加害者と全く知らない間であった。

    検察は貧困層支援業務を担当する福祉関連団体と精神疾患者を保護・管理する保健当局、違反可能性のある者を管理することでは警察署間の協力が必要だと判断して汎政府的協力体系を構築していくことにした。

    検察は無差別犯罪者を直接相手にする担当者が参考にできるように報告書を全国住民センターと地区隊に配布した。

    デイリー韓国(韓国語)
    http://daily.hankooki.com/lpage/society/201407/dh20140715121243137790.htm

    引用元: ・【韓国】『無差別犯罪』夜間の路上・公園などで発生~貧困層・精神疾患者・前科者が多い[07/15]

    【【韓国】『無差別犯罪』夜間の路上・公園などで発生~貧困層・精神疾患者・前科者が多い[07/15]】の続きを読む

    1: 白井黒子◆KuRokoMU3c 2014/07/12(土)20:34:45 ID:???
    40代精神疾患者授業中の小学校運動場で騒乱
    二日前には検察庁で上着脱いで騒乱行って捕まって


    検察庁で騒乱を起こして警察に捕まって解放された40代が二日後に小学校で鉄パイプを振り回して検挙されて精神病院に強制入院措置された。光州(クァンジュ)南部警察署は11日、小学校で暴れまわった疑惑(暴力行為など処罰に関する法律違反など)でキム某(41)さんを捕まえて調査している。

    キム氏はこの日午前10時15分頃、光州(クァンジュ)南区某小学校運動場で鉄パイプ2個を振り回して学生たちを威嚇した疑惑を受けている。

    当時運動場で体育の授業中だった学生30人余りは申告を受けて出動した警察の案内で無事に避難した。

    警察は激闘の末、30分後にキム氏を制圧した。

    キム氏は精神疾患治療を受けていると分かった。

    警察はキム氏を病院に入院させて治療を受けるようにした後、正確な事件経緯を調査する方針だ。

    一方キム氏は去る9日午後1時20分頃には光州(クァンジュ)東区(トング)芝山洞(チサンドン)の光州(クァンジュ)地方検察庁嘆願室で無法な振舞いをして業務妨害疑惑で現行犯で逮捕された。

    キム氏は検察庁嘆願室で警備警察と揉み合いの途中、上着を脱いで「大きい事件に介入した。公安検事に会うようにしてほしい」と大声を上げた。

    事件当日、検察庁でキム氏を捕まえた警察は事案が軽微だと判断、キム氏を不拘束立件することにして家に送りかえした。

    デイリー韓国(韓国語)
    http://daily.hankooki.com/lpage/society/201407/dh20140711173641137790.htm

    引用元: ・【韓国】検察で騒乱を起こした精神疾患者、2日後に授業中の小学校運動場で鉄パイプ振り回して騒乱(光州)[07/11]

    【【韓国】検察で騒乱を起こした精神疾患者、2日後に授業中の小学校運動場で鉄パイプ振り回して騒乱(光州)[07/11]】の続きを読む

    1: 白井黒子◆KuRokoMU3c 2014/05/14(水)21:39:26 ID:???
    精神疾患者の基礎生活受給費引き出した50代拘束


    大田(テジョン)地方警察庁金融犯罪捜査チームは14日、縁故のない精神疾患者の基礎生活受給費を引き出した疑惑(横領)でチャン某(55)さんを拘束した。

    某療養病院院務部長出身であるチャンさんは2009年4月から4年10ヶ月の間、縁故ない精神疾患者に出される基礎生活受給費2億7千万ウォン余りを取りまとめた疑惑を受けている。

    彼は当然行く所のない精神疾患者を全国療養病院あちこちに入・退院させてこれら名前で作った通帳からお金を抜いて使ったと警察は説明した。

    被害者の大部分は精神疾患で被害事実を知ることができなかったと伝えられた。

    警察は社会的弱者を対象にしたこのような犯行事例がもっとあると見て捜査を拡大している。

    韓国日報(韓国語)
    http://news.hankooki.com/lpage/society/201405/h2014051414562722000.htm

    引用元: ・【韓国】精神疾患者の基礎生活受給費を引き出した50代拘束(大田)[05/14]

    【【韓国】精神疾患者の基礎生活受給費を引き出した50代拘束(大田)[05/14]】の続きを読む

    このページのトップヘ