まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:米軍

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/10(土) 13:20:53.56 ID:CAP_USER
    ※ソース元にニュース動画

    【8月10日 AFP】

    韓国ソウルの国防省前で9日、マーク・エスパー(Mark Esper)米国防長官の訪問に合わせて米韓軍事同盟などへの抗議集会が開かれた。

    デモ隊は、米韓軍事演習、在韓米軍の経費負担、原油輸送の要衝ホルムズ海峡(Strait of Hormuz)を航行する船舶護衛に向けた米主導の有志連合への韓国軍派遣にも抗議。

    「帰れ」「米軍に払う金はない」「軍事演習を中止せよ」と書かれたプラカードを掲げたり、シュプレヒコールを上げたりする場面も見られた。


    8/10(土) 12:48配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190810-00010001-afpbbnewsv-int

    引用元: ・【韓国】 「米軍に払う金はない」 ソウルで米韓軍事同盟への抗議集会 [08/10]

    【またムンの手下が動かしているのか 【韓国】 「米軍に払う金はない」 ソウルで米韓軍事同盟への抗議集会 [08/10] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/04/02(火) 16:58:08.06 ID:CAP_USER
    中国は、韓国戦争で自分たちが世界最強の米軍に勝利したと言う。正確に言えば、世界最強の米軍を笑い話にした軍隊は北朝鮮軍が先だった。韓国の地に初めて足を踏み入れた米軍は、日本に駐留していた在日米軍だった。彼等の目的は警察任務であり、米軍が韓国に来た瞬間、戦争は終わると信じた。皆がそう考えたわけではないが、多くの兵士がそう聞き、また信じた。

    しかし、在日米軍は全世界の米軍の中でも将校から兵士まで軍規が最もとれていなかった。訓練もされていなかった。野戦に投入されても、小銃の修理もまともにできない兵士が半分以上だった。米軍兵士は足が長く、韓国の険しい山岳地形に適応できなかったという話が長くあったが、実は訓練不足で脚力がなかったのだった。

    米軍の本当の問題は別にあった。在日米軍は機動訓練を全くしていなかった。1948年に在日米軍司令官になったウォルトン・ウォーカー中将は、この状態を見て驚いた。彼は、部隊単位の機動訓練を指示したが、日本の反発と米国の消極的な態度で大隊単位の訓練にとどまった。これは、人で言うなら片手運動、膝運動しかしないようなものだ。 

    米軍の表現によれば、世に知られていない東洋の小さな兵士たちが「向こう見ずに」突っかかってきた。米軍は、連隊が崩れ、師団が崩れ、師団長まで捕虜になる屈辱を受けた。当時の北朝鮮軍の記録を見ることはできないが、おそらく自分たちが世界最強の軍隊を撃破したと歓呼しただろう。

    実際のところ世界最強の軍隊という名声は、日本に駐留していた在日米軍の兵士が作り出したものではなかった。その兵士たちは除隊し、本国で第2の人生を送っていた。

    私たちはここで2つの教訓を得ることができる。まず、訓練のない軍隊は軍隊ではない。現代戦がいくらハイテク戦争だとしても、先端兵器と装備が勝利をもたらさない。次に、世界最強から烏合の衆に転落するのに5年で十分だということだ。


    シン・ムギョン記者

    http://japanese.donga.com/List/3/05/27/1687955/1
    東亜日報 02, 2019 08:52

    引用元: ・【東亞日報】米軍の敗北[4/2]

    【ならば在韓米軍撤退だな 【東亞日報】米軍の敗北[4/2] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/03/27(水) 01:14:45.10 ID:CAP_USER
    ■「基地村美軍慰安婦問題で責任を果たせ!」
    no title


    (ソウル=聯合ニュース)キムジュヒョン記者=共に民主党ユ・スンヒ(左から四番目)、正しい未来党キム・スミン(右から5番目)議員と基地村女性人権連帯、京畿女性連帯の関係者らが25日、
    国会政論館で「基地村米軍慰安婦の立法を促す記者会見」を開いて発言している。

    ソース 聨合ニュース(韓国語)
    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=100&oid=001&aid=0010716410

    【韓国】もみ消されていた『米軍慰安婦』~ようやく癒される『傷』[09/11]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1536677176/
    【韓国】 「自発的な売春労働者を『慰安婦』とは呼べない」~名称から反発を受けた「米軍慰安婦条例」[08/03]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1533361665/

    前スレ
    【米韓】 「米軍慰安婦問題、責任を果たせ!」 韓国野党議員と市民団体が記者会見[03/26]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1553590927/

    引用元: ・【米韓】 「米軍慰安婦問題、責任を果たせ!」 韓国野党議員と市民団体が記者会見[03/26] ★2

    【ちゃんと米軍慰安婦像建てろよな 【米韓】 「米軍慰安婦問題、責任を果たせ!」 韓国野党議員と市民団体が記者会見[03/26] ★2 】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/10/31(火) 11:31:24.57 ID:CAP_USER
    「国家が管理した売春だった」...米軍基地村女性たち

    http://image.hankookilbo.com/i.aspx?Guid=acae014d53a34f2ea90ae55e6ed8a6d3&Month=201710&size=640

    去る1月20日、ソウル瑞草区ソウル中央地方裁判所前で開かれた「韓国内基地村の米軍慰安婦国家損害賠償請求訴訟1審判決の記者会見」に参加した女性たちが国家賠償を促す立札を挙げている。聯合ニュース

    1992年10月28日午後、京畿東豆川市の米軍基地の周辺に住んでいキム・ソンチュル(当時68歳)さんは、正門横のドアを開けたとたん、足から力が抜けて座り込んだ。

    いくら呼んでも出てこなかった家の娘が、おぞましい姿の遺体になっていた。頭から流れた血は遺体の上に撒かれた白い洗濯洗剤とからみ合っていた。顔は暴行されて分からないほどで、性器と肛門にガラス瓶や傘の柄が挿入されていた。米軍第2師団1連隊の衛生兵ケネス・リー・マクルイが風俗店従業員のユン・クムイを殺害し、遺体を毀損した事件。 「基地村」売春女性の人権実態を知らせた別名「ユン・クムイ事件」が25年前の今日起こった。

    それから22年が過ぎた2014年には、基地村売春女性122人が国家を相手に損害賠償請求訴訟を提起した。 「政府が基地村内の「米軍慰安婦」制度を作って徹底的に管理しており、外貨稼ぎの手段として利用して人権を侵害した」という主張だ。

    「私たちは、米軍「慰安婦」だった」

    「慰安婦」は日本帝国主義の時期、性奴隷制の被害者を指す用語である。この言葉はもともと加害者の立場を代弁する、屈辱的な用語である。組織的性暴力を「性的元」で包装したからである。関連の市民団体と韓国政府がこの言葉を書くとき、必ず引用符をつけるのもこのためだ。国連も同様に日本軍「慰安婦」問題を「日本軍性奴隷(Japanese Military Sexual Slavery)」と称する。

    米軍基地村の売春女性たちが自分たちを「米軍慰安婦だった」と言うのは、自ら「日本軍性奴隷制の被害者」と同一視しようとするものではない。 1970年代まで、この言葉が「兵士を慰安する職業の女性」という意味で公然と用いられ、彼女らの人権侵害状況を国が黙認して管理したという点を強調するためだ。 1961年にソウル市が施行した「国連軍相手の慰安婦性病管理事業」、1957年に施行された「伝染病予防法施行令」などの公文書でも、彼女らは「慰安婦」と呼ばれた。

    http://image.hankookilbo.com/i.aspx?Guid=3ec3bde31ee54c5a899a4199bd4ace10&Month=201710&size=640
    1960年代の基地村の様子。韓国日報資料写真

    ソース:韓国日報 2017.10.29 17:18(韓国語)
    http://www.hankookilbo.com/v/e63402b3b54a442a9d9d5240fd81eccb

    続きます

    引用元: ・【韓国】米軍「慰安婦」は国が管理した売春だった。公務員は「米軍を慰め経済を富強に、あなたたちは愛国者だ」と愛国教育した[10/31]

    【【積極的な国の関与ですね 】韓国人米軍基地村慰安婦が控訴「国家が管理した売春だった」】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/11/01(水) 06:08:30.52 ID:CAP_USER
    連載
    渡邉哲也「よくわかる経済のしくみ」
    韓国、米軍に指揮下入り要求し失敗…米国、韓国との同盟解消の可能性
    文=渡邉哲也/経済評論家
    2017.10.31

     韓国が米軍を韓国軍の指揮下に置くことに“失敗”した。

     10月28日に米韓定例安保協議が行われ、アメリカのジェームズ・マティス国防長官と韓国の宋永武国防部長官は「北朝鮮の非核化に向けた外交的な努力」「朝鮮半島への米軍の戦略爆撃機などの定期的な展開を拡大」という方向で合意した。

     しかし、韓国がアメリカに求めていた戦時作戦統制権の即時返還および返還後に韓国軍が米軍を指揮するかたちの新体制構築については、来年までの継続協議という扱いになった。

     以前の記事で言及しているが、国際的な常識に鑑みれば、米軍が韓国軍の指揮下で動く体制を受け入れる可能性は限りなく低かった。また、北朝鮮の脅威が増すなかで、在韓米軍の撤退にも通ずる戦時作戦統制権の返還を求めるという韓国の姿勢は非常識と言わざるを得ない。

     そして、当然の帰結として、アメリカ側にはねつけられてしまったかたちだ。 そもそも、米軍が他国の軍隊の指揮下で活動することはアメリカ合衆国憲法に違反する可能性もあり、仮に戦時作戦統制権を返還するとなれば、米韓の軍事同盟に関する「米韓相互防衛条約」を破棄または大きく変更することが必要である。

     また、アメリカが以前から繰り返し述べているように、在韓米軍は韓国を防衛するためだけの戦力ではなく、アジア全体の安全保障を見据えたものであり、南シナ海問題など中国の脅威に備えた戦力でもあるわけだ。そのことを韓国がどのくらい理解しているのかは疑問である。

     アメリカはすでに、地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)の配備をめぐって韓国に同様の忠告をしている。また、THAADもそうだが、「米中のどちらにつくか」を迫る“踏み絵”を用意して、アメリカに従う姿勢を明確にさせている。

     しかしながら、朝鮮半島有事が想定されるなかで戦時作戦統制権の返還を求めるという行動に対しては、アメリカが我慢の限界を迎えてもおかしくない。少々厳しい言い方になるが、信頼できない友軍ほど危険なものはない。そのため、どこかのタイミングで「切り捨てたほうがいい」という判断を下されてもおかしくないのである。

     実際、韓国が中国寄りの姿勢を見せていた2015年10月に行われた米韓首脳会談では、アメリカの政府高官から、同盟国としての韓国の必要性を疑問視するような声が上がったこともある。

    中国、トランプ訪問で北朝鮮支持を翻意か

     そんななか、ドナルド・トランプ大統領が11月5日からアジア諸国を歴訪する。まずは日本、その後韓国と中国、ベトナム、フィリピンを訪れる。やはり、最大の焦点となるのは北朝鮮問題に対する協議だろう。日本においては、安倍晋三政権が「軍事的オプションも含めたすべての選択肢が俎上にある」とするトランプ政権の方針への支持をあらためて表明する姿勢だ。

     一方、当事者であるはずの韓国は北朝鮮問題の解決に及び腰になっており、前述のように、戦時作戦統制権の返還を求めたりTHAAD配備に慎重な姿勢を見せたりしていた。トランプ大統領と文在寅大統領の間でどのような話し合いがなされるかは注目に値する。


    http://biz-journal.jp/2017/10/post_21184.html

    引用元: ・【話題】韓国、米軍に指揮下入り要求し失敗

    【【よくその場でぶちのめされなかったなw】「韓国、米軍指揮権を要求し失敗 」渡邉哲也(Business Journal)】の続きを読む

    このページのトップヘ