まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:米軍

    1: まぜるな!キケン!! 2020/04/04(土) 15:19:45.51 ID:CAP_USER
    2020年4月3日、韓国・JTBCは、駐韓米軍司令官のツイートが「韓国に対して無礼だ」として物議を醸していると報じた。

    記事によると、ロバート・エイブラムス司令官は2日、自身のツイッターに別のユーザーが投稿したある画像をリツイートした。画像には「キムチの汁を飲む(=とらぬ狸の皮算用)」という韓国のことわざの訳とその意味が英語で書かれていた。これは、韓国で「米韓の防衛費交渉が大筋合意した」とのニュースが出た翌日に投稿されたという。

    記事は「防衛費分担金交渉が大詰めを迎える中で米韓間の意見のすれ違いの溝はまだ埋まっていないとの意味だ」と分析し、「韓国政府に対する無礼な表現だ」と指摘している。

    韓国の鄭恩甫(チ ン・ウンボ)防衛費分担金交渉代表は先月31日、「最終調整をしている段階だ」と明らかにしていた。また別の韓国政府関係者も「早ければ4月1日に交渉妥結が発表される」と話していた。

    しかし米国務省のクラーク・クーパー次官補(政治軍事担当)は現地時間2日、「米韓の防衛費負担金交渉は決して終わっていない。相互の利益のための公正な合意を模索している」と述べたという。


    これに韓国のネットユーザーからは

    「本当に失礼!」

    「合意せずに米軍を撤収させよう。自分の国は自分で守る」

    など怒りの声が上がっている。


    また「トランプ大統領もほどほどにしてほしい。韓国はそこまで裕福じゃない。それなりに頑張って防衛費を負担しているのだから」と訴える声も。


    一方で「まだ決定していないのに焦り過ぎ。もっと慎重で誠実な政府になってほしい」「コロナ検査キットのFDA承認の時もそうだった。韓国大統領府はうそばかり」「偽ニュースの温床は大統領府だ。事実確認をせずに自画自賛する能力はこれまでの政権の中で最高」など韓国政府への指摘の声も数多く見られた。

    (翻訳・編集/堂本)

    レコードチャイナ
    https://news.nicovideo.jp/watch/nw6961884


    参考
    【取らぬ狸の皮算用】在韓米軍司令官、「キムチの汁を飲む」韓国のことわざをリツイート…防衛費交渉を狙ったのか [4/3]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1585869149/

    引用元: ・【防衛費交渉】韓国ネットが怒り「本当に失礼!」「米軍を撤収させよう。自分の国は自分で守る」…在韓米軍司令官のツイートで[4/4]

    【口先だけは勇ましいよなwww 【防衛費交渉】韓国ネットが怒り「本当に失礼!」「米軍を撤収させよう。自分の国は自分で守る」…在韓米軍司令官のツイートで[4/4]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン! 2019/06/13(木) 13:47:58.18 ID:CAP_USER
    no title


    2002年6月は我が国で初めて行われた韓・日ワールドカップの熱気が激しかった時だ。

    史上初めて韓国のサッカー代表チームがワールドカップで勝利を収めて、16強進出に対する夢で国民の期待が真っ盛りだった。

    そのような中で無残な事故が発生した。

    今から正確に17年前の2002年6月13日。韓国がポルトガルと組別リーグの最終試合を1日控えた時だった。

    当時中学校2年生だったシン・ヒョスンとシム・ミソンの2人が京畿楊州郡(現楊州市)広積面孝村里56番地方道の路肩で米軍の装甲車に轢かれて命を失ったのだ。

    事故が起きた直後に米陸軍第8軍司令官はその日直接遺憾を示して、翌日には米陸軍第2歩兵団参謀長が焼香所を直接訪問して弔問した。

    また補償金名目で2人の遺族に約2億ウォンを送ったりもした。慰めも束の間、直ぐに遺族が受け入れ難い事故調査の結果が出た。

    ヒョスンとミソンが亡くなってから6日が過ぎた後に出た韓米合同調査の結果、この事件は『故意や悪意的なものではない悲劇的な事故』、つまり過失事故と結論が出た。

    装甲車の操縦手が2人の女子中学生を確認することができなかった上に車長の通信障害まで重なって、やむを得ずに発生した事件という理由だった。

    そうして歳月が過ぎてその年の11月、東豆川の米軍基地『キャンプケーシー』で事故を起こした2人の米兵に対する裁判が行われた。

    この日の裁判で2人の兵士は業務上過失致死の疑いに対しても『無罪』判決を受けた。

    韓国で起きた事故、韓国人の被害者が発生した事件だったが、駐屯軍地位協定(SOFA)によって2人の米兵は韓国の法律ではなく米軍の裁判を受けたのだ。

    事実上『治外法権』のようなこの規定で無罪判決を受けた米兵は直ぐに勤務地を移転して米国に帰った。彼らは飛行機に乗る前に「『本意ではない事故』に遺憾であり申し訳ない」という言葉を残した。

    夢多き2人の中学生が無残な事故で亡くなったが、責任を負う者はいなかった。

    この事件の波紋は大きかった。事故を起こした米兵の罪を問わず終わりになると国民の間では追悼の熱気と反米感情が大きく燃え上がった。

    もちろん事故を起こした装甲車の操縦手も穏やかでない生を送った。事故の後遺症で外傷後ストレス障害に苦しんで、精神科の治療を受けなければならなかった。

    米国に向かった反感と装甲車操縦手の精神疾患、犠牲者であるミソンの父親はその全てを胸に抱いた。

    「顔も知らないが、もうその米兵たちも心の荷を降ろして穏やかに暮らせれば良いでしょう」

    事故が起きて10年が過ぎて、娘を失った痛みの心情を抑えた彼のこの一言は当時多くの国民に感動をプレゼントした。

    2019.06.13 11:32
    https://www.insight.co.kr/news/232035

    引用元: ・【韓国】17年前の今日、女子中学生のヒョスンとミソンが米軍の装甲車に轢かれて亡くなった[06/13]

    【転生したら、慰安婦像だったw 【韓国】17年前の今日、女子中学生のヒョスンとミソンが米軍の装甲車に轢かれて亡くなった[06/13] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/09/01(日) 21:10:28.43 ID:CAP_USER
    青瓦台(チ ンワデ、大統領府)が30日、鄭義溶(チ ン・ウィヨン)国家安保室長の主宰で国家安保会議(NSC)常任委員会を開き、米軍基地の早期返還を積極的に推進することにした。政府はこの日の発表について「定められた手続きに基づいている」という立場だ。しかし韓日の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了決定で韓米関係が冷え込んだ時点に発表されたという点で微妙な波紋を呼ぶと予想される。


    米軍基地返還問題は韓国が米国を相手に攻勢的に使える「カード」であるからだ。


    青瓦台は報道資料を通じて▼移転完了または移転予定の米軍基地26カ所の早期返還▼龍山(ヨンサン)基地返還手続きの年内開始▼基地返還が長期遅延中の基地4カ所の最大限早期返還--を推進すると公開した。

    政府はこの日の発表を拡大解釈しないよう強調した。青瓦台の関係者は「いくつか作業をしてきたことをいつか発表しなければならず、それをきょう発表した」と述べた。NSCが定例的に開かれる木曜日でなく金曜日のこの日に開かれたことについては、「昨日は国会予算決算委員会が予定されていたため」と説明した。国防部の当局者も「ほとんどの米軍基地返還事業は予定よりも遅れている。関係部処間で議論が続いてきたが、この日、その結果が公開された」と話した。


    国防部によると、韓米が合意した日程に基づき米軍基地26カ所の返還が進行中だ。また龍山基地の場合、韓米連合司令部など一部の区域を除いた残りの敷地の返還手続きを年内に開始する。原州(ウォンジュ)のキャンプロング、キャンプイーグル、仁川富平(プピョン)のキャンプマーケット、東豆川(トンドゥチ ン)のキャンプホビーの射撃場はすでに在韓米軍が閉鎖したが、汚染土壌を浄化する作業問題のため未返還状態となっている。


    微妙なのは内容(米軍基地の返還)よりもタイミングという分析だ。韓国がGSOMIAを終了した後、米国が「文在寅(ムン・ジェイン)政権」「失望」という表現を使って不満を表明し、公開的に韓米が衝突する姿を見せている時期だからだ。特にポンペオ国務長官とエスパー国防長官は公開的に「韓国の決定に失望した」と明らかにし、これに対し韓国外交部が29日、ハリス駐韓米国大使を呼んで「GSOMIA終了に失望したという発言を自制してほしい」と要求する事態まで生じた。

    パク・ウォンゴン韓東大国際地域学科教授は「米軍基地返還問題は韓米間の揮発性があるイシュー」とし「返還過程だけでなくその後の環境汚染処理をめぐり費用が発生する。韓国が米国に圧力を加えている」と述べた。

    韓米両国は2004年、龍山基地をはじめとする全国80カ所の米軍基地を韓国に返還することで合意した。多くの基地は京畿道平沢(ピョンテク)のキャンプ・ハンフリーズに移転する。しかし26カ所がまだ残っている。米軍基地の土壌汚染が相次いで発見されて遅れたところがほとんどだ。

    キム・ドンヨプ慶南大極東問題研究所教授は「GSOMIAで一方的に日本の肩を持ち、韓国に向かって露骨に不満を表出する米国に対し、我々も言うべきことは言うというメッセージを米国とわが国民に同時に伝えている」と説明した。また「今後の防衛費分担金交渉を控え、韓国が米軍のために直接間接的にど多くのことを譲歩していて、これによる不便と損害も防衛費分担であることを話している」と分析した。

    今回のカードの効用性については見方が分かれる。匿名を求めた外交安保専門家は「在韓米軍基地を米国が非常に重視していると考えるのは進歩の錯覚」と指摘した。

    中央日報
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190831-00000002-cnippou-kr

    ★3
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1567334891/
    、、、、

    引用元: ・【韓国紙】米軍基地返還は韓国がアメリカを相手に攻勢的に使える「カード」だ★4[9/1]

    【文も馬鹿だが取り巻きのスタッフも相当の馬鹿【韓国紙】米軍基地返還は韓国がアメリカを相手に攻勢的に使える「カード」だ★4[9/1] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/10(土) 13:20:53.56 ID:CAP_USER
    ※ソース元にニュース動画

    【8月10日 AFP】

    韓国ソウルの国防省前で9日、マーク・エスパー(Mark Esper)米国防長官の訪問に合わせて米韓軍事同盟などへの抗議集会が開かれた。

    デモ隊は、米韓軍事演習、在韓米軍の経費負担、原油輸送の要衝ホルムズ海峡(Strait of Hormuz)を航行する船舶護衛に向けた米主導の有志連合への韓国軍派遣にも抗議。

    「帰れ」「米軍に払う金はない」「軍事演習を中止せよ」と書かれたプラカードを掲げたり、シュプレヒコールを上げたりする場面も見られた。


    8/10(土) 12:48配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190810-00010001-afpbbnewsv-int

    引用元: ・【韓国】 「米軍に払う金はない」 ソウルで米韓軍事同盟への抗議集会 [08/10]

    【またムンの手下が動かしているのか 【韓国】 「米軍に払う金はない」 ソウルで米韓軍事同盟への抗議集会 [08/10] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/04/02(火) 16:58:08.06 ID:CAP_USER
    中国は、韓国戦争で自分たちが世界最強の米軍に勝利したと言う。正確に言えば、世界最強の米軍を笑い話にした軍隊は北朝鮮軍が先だった。韓国の地に初めて足を踏み入れた米軍は、日本に駐留していた在日米軍だった。彼等の目的は警察任務であり、米軍が韓国に来た瞬間、戦争は終わると信じた。皆がそう考えたわけではないが、多くの兵士がそう聞き、また信じた。

    しかし、在日米軍は全世界の米軍の中でも将校から兵士まで軍規が最もとれていなかった。訓練もされていなかった。野戦に投入されても、小銃の修理もまともにできない兵士が半分以上だった。米軍兵士は足が長く、韓国の険しい山岳地形に適応できなかったという話が長くあったが、実は訓練不足で脚力がなかったのだった。

    米軍の本当の問題は別にあった。在日米軍は機動訓練を全くしていなかった。1948年に在日米軍司令官になったウォルトン・ウォーカー中将は、この状態を見て驚いた。彼は、部隊単位の機動訓練を指示したが、日本の反発と米国の消極的な態度で大隊単位の訓練にとどまった。これは、人で言うなら片手運動、膝運動しかしないようなものだ。 

    米軍の表現によれば、世に知られていない東洋の小さな兵士たちが「向こう見ずに」突っかかってきた。米軍は、連隊が崩れ、師団が崩れ、師団長まで捕虜になる屈辱を受けた。当時の北朝鮮軍の記録を見ることはできないが、おそらく自分たちが世界最強の軍隊を撃破したと歓呼しただろう。

    実際のところ世界最強の軍隊という名声は、日本に駐留していた在日米軍の兵士が作り出したものではなかった。その兵士たちは除隊し、本国で第2の人生を送っていた。

    私たちはここで2つの教訓を得ることができる。まず、訓練のない軍隊は軍隊ではない。現代戦がいくらハイテク戦争だとしても、先端兵器と装備が勝利をもたらさない。次に、世界最強から烏合の衆に転落するのに5年で十分だということだ。


    シン・ムギョン記者

    http://japanese.donga.com/List/3/05/27/1687955/1
    東亜日報 02, 2019 08:52

    引用元: ・【東亞日報】米軍の敗北[4/2]

    【ならば在韓米軍撤退だな 【東亞日報】米軍の敗北[4/2] 】の続きを読む

    このページのトップヘ