まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:米国

    1: なまはげ87度 ★@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 13:00:26.11 ID:???.net
    記事は、インターンのために最近ロサンゼルス国際空港から米国に入国した韓国人女性(23)が入国審査で疑惑の目を向けられて2次審査に送られ、
    韓国の学校の情報や訪問目的、インターンの会社などについてしつこく質問を受けた事例や、友人を訪ねてサンフランシスコ空港から入国した韓国人女性(35)が、
    長期滞在する目的ではないかと疑われた事例などを紹介。韓米間でビザ免除の協定が結ばれて以来、米国旅行をする韓国人女性が増えるにつれ、米税関・国境取締局(CBP)の入国審査が強化されているとした。

    中でも、ロサンゼルスやシアトル、サンフランシスコ、ラスベガス、ハワイなど西部の空港から入国する韓国人の若い女性が疑われることが多いという。
    ノービザで入国した20~30代の韓国人女性に対する2次審査では、主に「風俗営業や売春に従事して不法滞在する可能性」が追及されるという。このため、容姿が派手で見栄えがいい女性ほど2次審査に回される確率が高い。

    この問題についてCBPは「訪問目的が疑わしく、米国の安全を害すると判断された入国者は、2次審査を行ったり入国を拒否する」と説明するのみ。
    だが、ロサンゼルス空港関係者は「入国審査台から見ていると、不審な若い女性が目につくのは事実。風俗店で働いたり、売春に関与した韓国人女性の事例が増えたため、
    外見が目立つ若い女性を2次審査に回す可能性が大きくなっている」と明かしている。

    これに対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。

    「米国だけではない。豪州でも韓国人女性の入国審査は厳しい」

    「どれだけ多かったら、こんな待遇をされるんだ?日本や豪州でも韓国人女性を疑いの目で見ている」

    「否定したいが、これが現実」

    「国の恥。どれだけ多かったら、こんなことになるんだろう?」

    「ミニスカートにハイヒール。飛行機に乗るのに、パーティに行く服装で来るのは韓国人くらい」

    「韓国の女性だけ厳しく審査されるのは、屈辱的」

    「韓国も米国人の入国審査を厳しくしてほしい。資格もないのに、ネイティブだからってやってきて、英語を教えるのは変だと思う」

    「同じ東洋人なのに、日本人はすぐに通過」

    「化粧や服装を問題視するのは、おかしい。売春とかしない女性のほうが断然多いのに」

    「化粧は日本人のほうが濃い。長い付けまつ毛に派手なネールアート。それでも日本人は問題ないか?」
    http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/415595/
    http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/415595/2/

    引用元: ・【韓国】ビザ免除なのに・・米当局が韓国人女性に対する入国審査を強化、韓国ネットは「これが現実」「米国だけではない」[04/19]

    【これが韓国パスポートの威厳ですw 【韓国】ビザ免除なのに・・米当局が韓国人女性に対する入国審査を強化、韓国ネットは「これが現実」「米国だけではない」[04/19]】の続きを読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/03/27(金) 17:58:48.69 ID:???.net
    米防衛産業製品、国内に搬入した後

    中国の現地共謀者を通じて渡す

    追加搬出しようとして未遂に終わる

    米で逮捕・起訴…今月中に初公判 

    米国が海外輸出を厳格に管理する戦略兵器用ミサイル部品を国内に搬入した後、中国を経由してイランに渡した
    韓国人事業家が米国で起訴されたことが確認された。韓国がイランに米国産軍事物資を渡す仲介の役割をした
    ことで、軍事・外交的波紋が予想される。米国はイランと北朝鮮がミサイルと一緒に核技術を相互に交流すること
    を疑っている。 

    25日司法当局によると、精密機械部品の輸出入業者K社の金代表(55)氏は、米国軍用物資の「加速度センサ」
    6個をイランに不法輸出した疑いで起訴され、米国連邦裁判所で裁判を受けている。金氏は、武器輸出管理法
    (AECA)、国際武器取引規制(ITAR)、イランに対する取引規則(ITR)など米国の法律に違反した疑いで、昨年
    10月にロサンゼルス空港で連邦検察に逮捕された。 

    金氏がイランに密売した加速度センサは、米国の防衛産業ハネウェル製品でミサイルなど飛行体の姿勢を制御
    したり、位置を把握するために不可欠な部品である。精度の高い軍用加速度センサは、弾道ミサイルに欠かせない
    重要な装置で、地下核実験の強度測定にも必要である。米国政府は、AECAとITAR規制を介して加速度センサを
    国務省武器品目リスト(USML)に含めて輸出時に国務省防衛取引管理部(DDTC)の許可を受けるようにした。 

    タクミンジェKAIST航空宇宙工学科教授は「加速度センサは、打撃精度を高めるので、友好国だとしても輸出が
    容易ではない」とし「たとえば、北朝鮮の手に渡ってテポドンミサイルに装着されると、精度が向上し、脅威が大きく
    なるからである」と説明した。軍事評論家のキム・ジョンデ氏は「国際武器密売市場で韓国を迂回に設定した事例」
    と「米国だけでなく、国際社会のルールに違反した厳重な犯罪」と規定した。 

    米国の連邦検察の控訴状によると、金氏は、2007年12月「イランの友人のためにハネウェルの加速度センサを
    購入しようと思ったら、コストと配送時間を知らせてくれ」という中国人Y氏のメールを受け取った。 Y氏は、
    「中国南方航空の航空機に使用するために加速度センサを購入する」と6個の加速度センサの購入意思を明らか
    にして取引契約を結んだ。以来、金氏は、2008年2月に前払金を受け取って、カリフォルニア州に設立したペーパー
    カンパニーACCの名義でハネウェルに加速度センサ6個を注文した。韓国を経て、中国で部品を渡してほしいという
    Y氏の要求に応じて、金氏は、貨物運送業者をだまして、最終目的地と最終消費者をソウル本社で作成し、
    米国の輸出禁止規定を巧妙に避けた。同年4月に問題の部品は、アシアナ航空貨物機を介して仁川国際空港
    に到着し、金さんは請求書を「顧客のテストのための無料サンプル、経済的価値なし」と偽った後、すぐに上海に
    発送した。米国検察はこのように、中国に渡った加速度センサが現地を訪れたイラン人に渡されたものと把握
    している。 

    一度密売に成功した金氏とY氏は、2009~2010年の新型を含む加速度センサ20個以上の不法搬出をしようとしたが、
    北朝鮮やイランなどの戦略物資搬出を懸念し、厳しくなった米国当局の確認手続きを通過することが出来ずに
    未遂に終わった。米国検察は金氏に先立ちY氏をブルガリアで逮捕して連行した後、実刑判決を言い渡した。
    金氏は、戦略兵器不法搬出など違反の疑いで今月初公判を控えている。韓国検察の関係者は、「疑いがすべて
    認められれば、最大80年までの懲役を受けることがある」と伝えた。 K社の関係者は「キムさんは、現在、米国
    出張中」とし、具体的回答を避けた。キム氏は保釈30万ドルを払って仮釈放され、現地に滞在しているという。

    ソース:韓国日報 2015-03-26 04:47(機械翻訳)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?oid=469&sid1=100&aid=0000054583&mid=shm&mode=LSD&nh=20150326073202

    引用元: ・【米韓】韓国人が米国のミサイル部品をイランに密売、軍事・外交的波紋が予想される[03/27]

    【まだまだ続くよー 【米韓】韓国人が米国のミサイル部品をイランに密売、軍事・外交的波紋が予想される[03/27]】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/03/11(水) 17:56:58.56 ID:???.net
    乗務員が米国で前副社長を提訴 背景に関心=ナッツ事件

    【ソウル聯合ニュース】大韓航空の趙顕娥(チョ・ヒョンア)前副社長が女性乗務員のナッツの
    出し方に激怒し離陸直前の航空機を引き返させた事件で、ナッツをサービスしたキム・ドヒさんが
    11日までに米国で趙前副社長と会社を相手取り損害賠償訴訟を起こし、その背景と意図に関心が集まっている。

     キムさんが韓国ではなく米国で提訴したのは、米国の裁判所の方が精神的な被害などに多額の
    賠償を命じる傾向があるためとみられる。ある弁護士によると、韓国では数百万ウォン(数十万円)
    しか受け取れないケースでも、米国でなら数十万ドル(数千万円)を受け取ることも可能だという。

     AP通信などによると、キムさんの弁護側は、キムさんは精神的なダメージを受け、乗務員と
    してのキャリアや社会的評判にも傷がつくなど、多大な損害を受けたと主張している。また、
    韓国にはない懲罰的損害賠償金の支払いも要求している。

     弁護側は、趙前副社長と大韓航空が損害賠償をめぐる協議に応じなかったとしているが、
    提訴された以上、会社側はキムさんとの和解を模索することになりそうだ。

     趙前副社長は昨年12月5日、米ニューヨークのケネディ国際空港から仁川に向かう大韓航
    空機内で、キムさんがナッツを袋から出さずにサービスしたことにマニュアルと違うと腹を立て、
    キムさんらを罵倒し、離陸しようとしていた航空機を搭乗ゲートに引き返させてサービス責任者を
    降ろした。航空保安法違反などに問われ、先月12日に一審で懲役1年の実刑判決を受けた。

     趙前副社長は判決公判に先立ち、キムさんとサービス責任者に宛てそれぞれ1億ウォンの謝罪金を
    裁判所に供託したが、二人は受け取っていない。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/03/11/2015031103140.html

    引用元: ・【韓国】ナッツ事件の被害者の乗務員が米国で提訴 米国の方が多額の賠償金を得られるからか

    【もう韓国の政府機関って要らなくね? 【韓国】ナッツ事件の被害者の乗務員が米国で提訴 米国の方が多額の賠償金を得られるからか】の続きを読む

    souiu


    1: 6564億円◆o8vqQW81IE 2014/07/14(月)11:32:51 ID:BdPF3B4d0
     旅客船「セウォル号」沈没事故の行方不明者の捜索をめぐり「人工呼吸器を利用すれば、
    船内で効率的な捜索を行うことができる」として韓国にやってきた米国の専門潜水チームが、
    セウォル号の沈没海域で一度も潜ることなく撤収した。
    同海域での捜索がどれだけ難しいかを、あらためて示したというわけだ。

     米国の潜水専門業者「GAVI(Gallant Aquatic Ventures International)」に所属するジョセフ・ディトゥリさん(48)は
    13日「困難に直面した韓国を助けるためフロリダから来たが、これ以上何もできない。14日に米国に帰る」と話した。

    (中略)

    行方不明になっている高校生の父親は「うちの子を見つけ出せるのであればと、
    わらにもすがる思いで米国の潜水チームの受け入れを求めたが、
    一行が一度も潜水することなく帰ってしまい、失望した」と語った。

    ◎全文は下記からどうぞ。

    朝鮮日報 7月14日付け
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/07/14/2014071401382.html

    引用元: ・【旅客船沈没事故】米国の潜水チーム、一度も潜水せず帰国[7/14]

    【断られたの間違い-【旅客船沈没事故】米国の潜水チーム、一度も潜水せず帰国[7/14]】の続きを読む

    このページのトップヘ