まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:米国人

    1: まぜるな!キケン!! 2019/10/29(火) 20:15:23.43 ID:CAP_USER
    https://i.imgur.com/tlDhhmq.jpg

    死を覚悟した道だった。1909年8月30日、ホーマー・ハルバート博士(1863~1949)は汽車に乗って鴨緑江(アプロクカン)を渡った。懐にベルリンで買った護身用のリボルバー銃があったが、それでも不安な気持ちは静まらなかった。米国の妻には、自分に何かあったら財産の整理と子どもたちの養育を頼む遺書も残した。「ソウルに行って残した家財道具や本も整理しなければならない・・・」。何よりも博士はソウルが懐かしかった。

    日本は博士を2年前の「ハーグ特使」事件の主謀者と見ていた。博士は高宗(コジョン)の密命を受けて特使証と各国の元帥に送る皇帝の親書を持って韓国を出発した。当時、博士の行動は、ソウルの統監府、日本外務省などの集中監視対象だった。米国に行って日本の侵略を伝える世論戦を展開した。スティーブンス狙撃事件で反韓世論が強い中、博士はニューヨーク・タイムズなどを通じて一人、韓国を擁護した。皇后を殺害し、皇帝を廃位させたのは日本だった。博士が米国人だとしても、韓国に戻れば身の安全は確信できなかった。博士の韓国入国後、ニューヨーク・タイムズは、「博士が暗殺の標的になった」という伝言を報じた。

    新刊『ハルバートの夢 朝鮮はよみがえる!』(キム・ドンジン著・チャムチョウンチング)を通じてのぞいた博士の人生の一場面だ。著者が『青い目の韓国魂 ハルバート』(2010年)から10年近く資料を追跡して補完した博士の人生が詳細に盛り込まれた。遺書も博士の孫娘から入手した。

    「韓国人は世界で最も優れた民族の一つだ(Koreans are among the world's most remarkable people)」

    著者が見つけた、1949年7月に米紙「スプリング・フィールド・ユニオン」に掲載されたハルバート博士のインタビューだ。貧しい小さな新生独立国の国民を評価する表現だったが、「当惑する発言」と受け止められたかも知れない。しかし博士は確信した。「韓国人は最も完璧な文字であるハングルを発明し、文禄慶長の役の時、亀甲船で日本軍を撃破して世界の海軍史を輝かせ、(朝鮮王朝実録のように)徹底した記録文化を持っている」と例を挙げた。何よりも「3・1運動で見せた韓民族の忠誠心(fealty)と非暴力万歳抗争は、世界史で最も美しい愛国心の手本となった」と強調した。

    博士が1905年に高宗の特使として米国に派遣され、第二次韓日協約の無効を主張する当時の高宗と博士が電報をやりとりしたと報じたニューヨーク・タイムズの1905年12月付の記事も発見した。高宗は、「私、大韓帝国皇帝は・・・協約が無効であることを宣言します。・・・最上の方策として米国とこの条約の終結を引き出すことを願います。・・・」という電報を博士に送った。著者は、「皇帝が協約は無効だと宣言した実際の証拠がこの電報だ」と強調した。

    夫人のメイ・ハルバートさんが日本の侵略を告発したインタビュー記事も本で公開された。夫人は、ニューヨーク・トリビューンの1910年5月の記事で、「韓国の上流層は日本の上流層に屈辱を受け、韓国の労働者は日本の労働者に殴られ、苦しい日々を送っている」と証言した。

    『ハルバートの夢 朝鮮はよみがえる!』には、命をかけて韓国を愛した博士の人生が描かれている。独立活動家であり外交官、ハングル専用の先駆者、韓国語学者、歴史学者、ジャーナリスト、民権運動家など博士の多彩な面が寄稿文や手紙、著書、回顧録を通じてスポットライトをあてられた。同書で、博士が出版した最初のハングル教科書『士民必知』の出版時期が1891年1月だと確認された。

    趙鍾燁

    http://www.donga.com/jp/article/all/20191029/1887040/1/
    東亞日報 October. 29, 2019 09:12

    引用元: ・【東亞日報】米国人の独立活動家ハルバート「韓国人は世界で最も優れた民族」[10/29]

    【でもなぜかノーベル賞が取れない【東亞日報】米国人の独立活動家ハルバート「韓国人は世界で最も優れた民族」[10/29] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/09/25(水) 23:56:31.28 ID:CAP_USER
    中国の清王朝(1644~1912年)が発行した当時の「国債」を保有している米国人債権者らは米政府に対して、中国政府が債務の返済に応じるよう交渉してほしいと要請していることが明らかになった。債務額は現在の1兆ドル(約108兆円)以上だという。

     すでに、債権者らは昨年8月、トランプ大統領とムニューシン財務長官と面会しており、「米中貿易摩擦解消のための材料として使ってほしい」と訴えたという。トランプ大統領らの反応について、米財務省と商務省は「ノーコメント」としている。米誌「ブルームバーグ・ビジネスウィーク」が伝えた。

     問題となっている清朝の国債は王朝崩壊前年の1911年、中国沿岸部の浙江省杭州市と内陸部の四川省間の2000キロを鉄道で結ぶ建設プロジェクトを実施する目的で、米、英、仏、独の4カ国から資金を募るため発行された。発行額は当時の金額で600万ポンド。

     各国は銀行などを通じてこの国債を販売したが、翌年に清朝崩壊の原因となった辛亥革命が成功したことで、返済の望みが途絶え、価値がなくなったという。

     しかし、米テネシー州の牧場経営者、ジョナ・ビアンコ氏は祖父から受け継いだ国債について、「祖父や父母は清朝が滅亡してしまったことや、その後アメリカと中国の国交の途絶えた時期があったことから、誰にも訴えられず、泣き寝入りするしかないとこぼしていたが、『アメリカ・ファースト』を叫ぶトランプ氏が大統領になったことで、大きなチャンスが転がり込んできた」と期待しているという。

     ビアンコ氏は米国内で国債を保有している他の債権者を集めて、債務の返済を求める団体を結成し、自らその代表に就任し、トランプ大統領らともホワイトハウスで会見し、中国に債務返済の圧力をかけるよう要請している。

    同誌によると、デューク大学の法学者は「法的にみれば、清王朝が残した債務は完全に合法だ。現在の中国政府はこれらの債務について、1949年より前の中華民国政府が責任を負うと主張しているが、中国共産党政権が自らを『中国の主権の唯一の継承者』だと主張している点と矛盾する」と指摘しているという。

     すでに、米国内の債権者は米中関係が改善していた1979年、中国当局に債務返済を求める訴訟を起こし、裁判所は当時の中国外相だった黄華氏を証人として召喚した。しかし、この年に米中国交正常化が実現しており、米政府は対中交渉を優先して司法省に圧力をかけたことから、同省が両者の和解を求めた結果、裁判所は1987年、原告側の訴えを退けている。

     ビアンコ氏は「時代は変わった。いままでの大統領とは違うトランプ氏は大統領に就任したことで、アメリカは米中貿易戦争で新たなボールを手にした。我々の100年来の願いは必ず叶うはずだ」と語っているという。

    https://www.news-postseven.com/archives/20190925_1455243.html
    NEWSポストセブン 2019.09.25 07:00

    引用元: ・【米国・無慈悲/返済要求】清王朝の国債、米国人債権者が中国に108兆円分返済要求の詳細[9/25]

    【払ったら後継者 【米国・無慈悲/返済要求】清王朝の国債、米国人債権者が中国に108兆円分返済要求の詳細[9/25] 】の続きを読む

    1: らむちゃん ★ 2017/10/25(水) 23:36:50.60 ID:CAP_USER
    レコードチャイナ 2017年10月25日 20時20分 (2017年10月25日 20時53分 更新)
    http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20171025/Recordchina_20171025067.html

    2017年10月24日、韓国・毎日経済新聞などによると、朝鮮半島情勢が緊迫化し、米トランプ大統領の就任後初となる訪韓が迫る中、韓国の団体による激しい反米・反米軍デモの様子がSNSで公開され、米国ネットユーザーが怒りの声を上げている。

    事の発端は、米海軍所属とみられる女性がフェイスブックで公開した「訪韓を歓迎してくれてありがとう(Thanks for the welcome South Korea)」と題する30秒ほどの短い動画だ。今月14日、在韓米海軍司令部の主催で同軍関係者らのパーティーが開かれていた釜山(プサン)のホテル近くで撮影されたとみられる動画には、韓国人の女性が米軍兵士に殴り掛かろうと手を出し、あらゆる暴言を吐く様子が映っている。

    また、動画と共に「US TROOPS GO HOME(米軍は帰れ)!」と書かれたビラの画像も掲載された。このビラには「韓国人はトランプを軽蔑し、トランプの手下であるあなたたちも嫌悪している」「よって韓国はあなたたちにとって安全ではあり得ず、武器を持ちすぐに立ち去ることがあなたたちを生かす唯一の方法だ」といった脅迫めいた内容が、米兵向けに英語で書かれていた。

    この投稿は米国人の大きな反響を呼び、「米国の助けがなければ韓国は今ごろ金正恩(キム・ジョンウン)の統治下にあったはずなのに、ありがたいとも思わないのか」「北朝鮮がそのまま韓国を手に入れるように放っておこう」など韓国への批判が殺到しているという。「彼ら(反米デモをする韓国人)は少数にすぎず、ほとんどの韓国人は米国が韓国を守ってくれるよう望んでいる」との声も中にはあるものの、「韓国人は恩知らずだ」といった意見が圧倒的なようだ。

    (全文は配信先で読んでください)

    1がたった日時:2017/10/25(水) 21:01:44.89
    前スレ 【米韓】「韓国人は恩知らず」「米軍撤収して放っておこう」=韓国の反米軍デモに米国人がブチ切れ★2
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1508938119/

    引用元: ・【米韓】「韓国人は恩知らず」「米軍撤収して放っておこう」=韓国の反米軍デモに米国人がブチ切れ★3

    【【今頃気づいても遅いよ】米国ネットユーザー「韓国人は恩知らず」「米軍撤収して放っておこう」 韓国の反米軍デモに米国人がブチ切れ】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/07/18(火) 16:07:54.72 ID:CAP_USER
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=184497&ph=0

    2017年7月14日、韓国在住の米国人がインターネットで公開した「韓国人をすてきだと思う三つの理由」と題した動画が話題になっている。韓国・YTNがその様子を伝えた。

    米国出身の「オリバー先生」が「米国人よりも優れていると」して理由の一つに挙げたのは、韓国人の「理解する心」だ。オリバー先生は、それを表す例として「韓国マクドナルドでの経験」を紹介した。

    数カ月前にマクドナルドを訪れたところ、外国人客が店員に対し非常に複雑な英語で注文しているのを目撃し、「ここは韓国なのに、なぜこんなに複雑な英語で注文するのか?マナーがなってない」と感じたそうだ。しかし店員の反応はオリバー先生には意外なもので、「少々お待ちください」と答えて同僚に助けを求めるなど、理解しようと懸命に努力していたという。

    オリバー先生は「米国でこういうことが起きていたら、完全に(対応が)違っていたはずだ」と指摘、「米国で英語ができないお客さんが注文したら、店員が『申し訳ありませんが、何を言っているのか分かりません。はい、次のお客様』と言うか、『ここは米国なんだから英語で話してください』と言うだろう」と説明した。

    さらにオリバー先生は「これは個人的な意見だが、韓国人は外国人に対して(英語で)そこまで努力しなくてもいいと思う。そうしないと客の方にも悪い癖がついてしまう」とアドバイスした。

    これ以外にも、動画では「市民意識」と「正直さ」が韓国人の長所として挙げられている。

    この指摘に対し、韓国のネットユーザーからは「韓国はサービス過剰」「日本から渡ってきた文化なのでは?」と過度なサービス精神を認める声や、韓国人に英語で助けを求めがちな外国人観光客に対し「韓国語を使えとは言わないけど、少し意識を変えてほしいな」と願う声など、3000件近くのコメントが寄せられている。

    また、「悪い面ばかり浮き彫りにして生活していた気がする」「オリバー先生の観察力や分析力、想像力、共感能力は素晴らしい」「オリバー先生の話を聞いて、韓国人であることが誇らしくなった」とオリバー先生への称賛コメントが多い中、「オリバー先生が味わった韓国人の親切の大部分は、彼が白人男性だからだと思う」と指摘する声も上がった。

    さらに、「韓国は昔に比べて人々の意識も改善されてきている。時がたてば若い世代が中心になって世代交代が行われ、もっとも住みやすい韓国になるんじゃないかな」というポジティブな意見がみられる一方で、「韓国も自己主義意識が強まってきて、だんだんとお互いを信じなくなってきている」というネガティブコメントもあった。

    引用元: ・【韓国】韓国のマクドナルドで米国人が見つけた、韓国人のすてきな一面=韓国ネット「韓国人であることが誇らしくなった」[07/18] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【日本では当たり前のこと過ぎ】韓国のマクドナルドで米国人が見つけた、韓国人のすてきな一面】の続きを読む

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/07/31(日)09:41:26 ID:???
    ハーバード大出身の「青い目の修行者」玄覚(ヒョンガク)僧侶が28日、
    フェイスブックで韓国仏教はお金ばかりに関心がある祈福仏教だと強く批判した。

    現在ギリシャに滞在している玄覚僧侶は、ソウル大の外国人教授が劣悪な
    処遇などに失望して離れていくという記事に「100%同感する」
    「外国僧侶は曹渓宗(チョゲチョン)のデコレーション」と書いた。

    続いて「8月中旬に韓国を最後に公式訪問する。華渓寺(ファゲサ)に行って
    崇山僧侶の浮屠塔に参拝し、地方の行事に出席した後、韓国を離れる準備をする」
    とし「還俗はしないが、現代人が真の話頭禅の勉強ができるよう欧州や米国で活動する」と伝えた。

    続き 中央日報
    http://japanese.joins.com/article/876/218876.html

    引用元: ・【宗教】米国人僧侶「お金ばかりに関心の韓国仏教を離れる」 [H28/7/31]

    【米国人曹渓宗僧侶「お金ばかりに関心の韓国仏教を離れる」】の続きを読む

    このページのトップヘ