まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:競争力

    1: まぜるな!キケン!! 2021/04/01(木) 23:37:44.45 ID:CAP_USER
     米国や中国、日本と比べ、韓国企業の競争力が落ちているという調査結果が明らかになった。

     全国経済人連合会傘下の韓国経済研究院(韓経研)は、経済専門誌「フォーチュン」が毎年選定している世界企業番付「グローバル500」に基づき昨年の韓国・米国・中国・日本のグローバル企業数と売り上げなどを分析した結果、韓国企業の競争力が大きく後退したと1日に明らかにした。

     韓経研によると、昨年「グローバル500」に入った韓国企業は計14社で、前年に比べ2社減少した。

     一方で中国は2019年の119社から20年には124社で5社増加した。日本は同じ期間に1社(52社→53社)増えた。米国は121社で変わらなかった。

     「グローバル500」に入った韓国企業の売上高は19年の9094億ドルから20年には8004億ドルと12.0%減少した。

     米国は同じ期間に9兆4025億ドルから9兆8063億ドルと4.3%増加した。中国も7兆9149億ドルから8兆2949億ドルへと4.8%増加した。日本は昨年3兆1241億ドルで前年に比べ0.2%減少した。

     韓国企業の売上高が「グローバル500」の売上高に占める割合も19年の2.8%から20年には2.4%と0.4ポイント減少した。

     同じ期間に米国(28.8%→29.5%)と中国(24.2%→24.9%)はいずれも0.7ポイント増加した。日本は9.6%から9.4%に低下した。

     「グローバル500」内の韓国企業の順位も大幅に下落した。韓国企業14社のうち前年より順位が下落したのは10社だった。

     サムスン電子(19年15位→20年19位)、SK(73位→97位)、ポスコ(171位→194位)、LG電子(185位→207位)、韓国電力(193位→227位)などが代表的だ。

     SKハイニックスとLG化学は19年、「グローバル500」に含まれたが昨年は圏外となった。サムスン電子は16年にライバル社のアップルに逆転され(アップル9位、サムスン電子13位)、昨年は順位の差が7ランク(アップル12位、サムスン電子19位)に開いた。

     一方で、昨年に比べて順位が上昇したのは4社で、現代自動車(94位→84位)、現代モービス(393位→385位)、KB金融(434位→426位)、CJ(463位→437位)だった。

     「グローバル500」では中国勢の成長が顕著だった。中国は2004年に15社で韓国を追い越し、12年には73社で日本を逆転した。その後、昨年は124社で史上初めて米国をかわした。

     韓経研のチュ・グァンホ経済政策室長は「国内の大企業のグローバル競争力が徐々に委縮していることから、世界基準に合わない不合理な規制を改善し、世界市場で公正な競争ができるよう支援すべき」と主張した。

    ソン・ギヨン記者

    チョソン・ドットコム/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2021/04/01 21:56
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/04/01/2021040180261.html

    引用元: ・【韓国経済研究院】「韓国企業、米中との差が拡大…規制改善が切実」日本と比べ韓国企業の競争力が落ちている 調査結果 [4/1] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【ポンコツだな 【韓国経済研究院】「韓国企業、米中との差が拡大…規制改善が切実」日本と比べ韓国企業の競争力が落ちている 調査結果 [4/1] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/10/08(木) 15:16:59.49 ID:CAP_USER
    2020年10月6日、韓国・マネートゥデイは「韓国の労働分野は後進国レベル」だという調査結果が出たと報じた。

    記事は、世界経済フォーラム(WEF)が昨年10月に141カ国を対象に実施した報告書「国際競争力レポート2019」の内容について「韓国は世界で13番目に競争力を持つ国と評価され先進国と認められた半面、労働分野は51位で後進国のレッテルが貼られた」と伝えている。

    労働分野のうち「労働市場の柔軟性」は97位、「賃金決定の柔軟性」は84位にとどまり、「労使間の協力」は130位だったという。記事は「一度入社すれば成果を出せなくとも退職まで給料が受け取れる『正規職に対する過度な保護』と、これを堅固に守る『強硬な労働運動』が国家競争力を落としている」と分析している。

    記事は「WEFの評価は企業家のみを対象に行った調査であることから結果をそのまま受け入れるのは難しい」と指摘しつつも「少なくとも韓国の企業家の労働市場に対する満足度の低さがうかがえる指標になっている」と伝えている。

    これを受け、韓国のネット上では「韓国は労組共和国。労組のせいで国の経済はガタ落ち」「成果のない、やるべきことをやらない国会議員がいるから」「社会主義政権がつくった世界」など厳しい声が上がっている。

    また「労働分野が51位?。それでももったいないくらいの順位」「仕事をたくさんしても給料が変わらないことにはなんで言及しないの?」「仕事をしなくても給料がもらえるのは公企業の幹部くらい」と指摘する声も。

    その他「派遣に正社員よりいい給料をあげたらこの問題はなくなる。他国じゃすでに始まってる」「まずは財閥の改革から」「国会議員にも定年制度を導入したらいいのでは」などと提案する声も上がっている。(翻訳・編集/松村)

    2020/10/8 14:08 (JST)©株式会社 Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b840818-s0-c30-d0127.html

    引用元: ・【労働環境】世界13位の競争力を持つ韓国が「労働分野は後進国レベル」=ネット「労働分野が51位?それでももったいないくらい」[10/08] [新種のホケモン★]

    【全てが後進国だよなあww 【労働環境】世界13位の競争力を持つ韓国が「労働分野は後進国レベル」=ネット「労働分野が51位?それでももったいないくらい」[10/08] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/10/11(金) 22:24:19.06 ID:CAP_USER
    日本が輸出管理を厳しくしてから100日となる11日、韓国政府は、部品の生産などでの競争力を高めるための委員会を立ち上げました。

    一方で、事態が長期化すれば、両国に被害が発生するとして、日本に対して改めて措置の撤回を求めました。

    日本政府がことし7月に韓国向けの半導体の原材料など3品目の輸出管理を厳しくしてから100日となる11日、韓国政府は、外国への依存を弱め、素材や部品などの生産における競争力を高めるための委員会を初めて開催しました。

    委員会には、政府の担当者のほか、民間企業も参加し、競争力の強化に向けた対策や支援の在り方などについて議論しました。

    委員会を開いたホン・ナムギ副首相兼企画財政相は、冒頭、これまでのところ生産への影響はないとする一方で、「事態が長期化すれば、両国に被害が発生することは避けられない」と述べ、日本に対して、措置を撤回するよう改めて求めました。

    そのうえでホン副首相は、重点的に力を入れる100以上の戦略品目を今後選んでいくほか、毎年2兆ウォン、日本円にして1800億円以上の予算を準備することなどを説明し、全力を尽くす姿勢を強調しました。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20191011/k10012123431000.html?utm_int=news-international_contents_list-items_005
    NHKニュース 2019年10月11日 19時49分

    引用元: ・【韓国】輸出管理100日 競争力高めるための委員会立ち上げ 両国に被害が発生するとして、日本に対して改めて措置の撤回を求め[10/11]

    【日替わりで主張を変えるなよ 【韓国】輸出管理100日 競争力高めるための委員会立ち上げ 両国に被害が発生するとして、日本に対して改めて措置の撤回を求め[10/11] 】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/09/28(木) 01:46:01.50 ID:CAP_USER
    停滞する韓国の競争力、「先進国では珍しく下落」と世界経済フォーラムが分析=韓国ネット「いつから韓国が先進国に?」「日本やドイツみたいに…」

    https://i.imgur.com/GLLKQ4U.jpg
    27日、世界経済フォーラムが発表した2017年版の「世界競争力報告」で韓国の総合順位は137カ国中26位となった。今年の1位は昨年と同じでスイス、2位は米国、3位はシンガポールで、日本は9位、中国は27位だった。写真は韓国の市場。

    2017年9月27日、世界経済フォーラム(WEF)が発表した2017年版の「世界競争力報告」で韓国の総合順位は137カ国中26位となった。今年の1位は昨年と同じでスイス、2位は米国、3位はシンガポールで、日本は9位、中国は27位だった。韓国・聯合ニュースなどが伝えた。

    韓国は07年に歴代最高の11位を記録して以降は順位が下落傾向となり、14~17年は4年連続で横ばいとなっている。2000年代に入ってからの韓国の最低順位は04年の29位で、今年は再び最低ランクに近い順位となった。

    三大分野別にみると、評価への影響が50%と最も大きい「効率性向上」が26位、影響30%の「企業革新・成熟度」は23位、影響20%の「基本要因」が16位だった。

    これら三大分野をさらに12のサブ部門に分けてみると「効率性向上」項目のサブ部門「労働市場の効率」は73位、「金融市場の成熟」は74位にとどまり、最も競争力が劣る部門となった。「企業革新・成熟度」のサブ部門「企業革新」は18位。昨年より2階段上昇したが、傾向的には下落の流れを示している。「基本要因」のサブ部門「マクロ経済環境」は2位となり、最も競争力のある部門として評価された。

    WEFは「韓国は先進国の中で珍しく過去10年間ランキングの下落を続けている。(サブグループ)12部門間の不均衡が目立つ」と指摘、また「労働市場の低効率が国家競争力の上昇を妨げる慢性的な要因」とし、「競争国に備え、革新能力の優位性を維持するための努力が必要」と付け加えた。

    この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「ここ10年で発展したのはインターネットと個人のネット放送くらい」「低賃金の上に、所属感も達成感も期待しにくい派遣労働が幅を利かしている状況で、どうやって効率を期待する?」「この国はいつから先進国になったんだ?」「三流先進国だから…」「公務員の不正も関係していると思う」「研究開発に投資すべきなのに不動産に投資する世界でも珍しい国、それが韓国」など、悲観的な意見が多く寄せられた。

    また、「日本やドイツみたいに中小企業が活躍できる社会にならないと…」と海外先進国の状況と比較する意見もみられた。(翻訳・編集/三田)

    Record China 9月27日(水)22時40分
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=184967&ph=0

    引用元: ・【Record China】停滞する韓国の競争力「先進国では珍しく下落」と世界経済フォーラムが分析=韓国ネット「いつから韓国が...?」[9/27] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【世界から見たら後退国】停滞する韓国の競争力「先進国では珍しく下落」世界経済フォーラムが分析】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/08(火) 15:22:02.40 ID:CAP_USER
    中国は世界239カ所に及ぶ経済圏と交易をしている。「世界の工場」と言われるだけあって、最も多くの中間材を輸入し、最も多くの製品を輸出する。所得が増えながら内需も日増しに増している。「メイド・イン・コリア」はこの角逐場で2013年から1位を守っている。

    47日、韓国貿易協会北京支部によると、ことし前半期の中国輸入市場で韓国産は9.4%を占めて1位を記録した。高高度ミサイル防衛(THAAD)報復で韓中交易が打撃を受けたが、半導体などの中間材を中心に輸出が好調を示している。

    ことし上半期に中国向けの半導体輸出は47.5%も伸びた。世界経済の回復で、電子製品の販売が増えた影響だ。光学機器部品と個別素子半導体の販売も30%増加した。石油化学製品も19.2%増えた。

    ただし、中国に輸出している製品のうち、6・7番目に額が多い自動車部品と無線通信機器部品はそれぞれ38.3%、23.2%減少した。韓国が停滞している間、輸出で競合関係にある日本は自動車部品および機械類の輸出を50%以上伸ばした。

    この影響で中国輸入市場における韓日の差は昨年0.8%ポイントで、ことし上半期0.5%ポイント縮小した。

    日本は2013年、中国との尖閣諸島(中国名・釣魚島)紛争で対中輸出が急減して韓国に1位の座を明け渡してからこれまで2位に留まっている。対中の輸出3~5位は米国8.7%、台湾7.8%、オーストラリア5.6%など順だ。

    一方、ことし下半期の中国輸出も良好だという展望だ。下半期、国内総生産(GDP)成長率は6.6~6.7%で、上半期に比べてやや落ち込む展望だが、今後の輸出動向を占う輸出先導指数が最近6カ月連続で上昇しているからだ。

    上半期における中国の成長率は6.9%、輸出と輸入増加率はそれぞれ8.5%、18.9%だった。

    貿易協会北京支部シム・ユンソプ次長は「下半期も半導体の好況や原油価格の上昇で輸出の好調が予想されるが、THAAD局面の長期化や中国産の競争力上昇など中長期展望は不透明だ」とし

    「中国政府の経済政策の変化と厳格な法規適用、市場先進化、一帯一路プロジェクトなど市場状況の変化に合わせて韓国製品の競争力を強化していくことが必要だ」と評価した。

    http://japanese.joins.com/article/153/232153.html

    引用元: ・【中央日報】競争力をつけた韓国部品、THAAD波紋にも中国で健在[8/08] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【そもそも10%にも満たない】中央日報「競争力をつけた韓国部品、THAAD波紋にも中国で健在」】の続きを読む

    このページのトップヘ