まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:窃盗

    1: ニライカナイφ ★@\(^o^)/ 2016/02/24(水) 20:40:47.90 ID:CAP_USER.net
    ◆韓国、国会議員選挙の候補者の4割が前科あり!殺人未遂で実刑、詐欺、横領

    多くの国でもそうだが、特に韓国の政治家たちは国民に清廉なイメージを持たれていない。
    政治家の倫理性に対する国民の信頼はあまりにも低く、賄賂を受け取った政治家が起訴される事件など、もはや韓国では驚くほどではなくなっている。

    なぜ、韓国ではここまで政治家の倫理性に対する信頼が低いのだろうか。
    4月13日に行われる予定の韓国第20代国会議員選挙の予備候補者たちの面々を見てみると、その理由が透けて見える。

    韓国では、選挙運動期間前から選挙運動を可能にするため、選挙前に予備候補者として登録する制度がある。
    韓国中央選挙管理委員会のホームページに公開された予備候補者の情報を確認してみると、なんとその中の4割が前科持ちだったことが判明した。

    具体的な罪名はさまざまで、飲酒運転、暴力、詐欺、横領、窃盗、殺人未遂、名誉毀損、選挙法違反、集会及び示威に関する法律違反(不法デモ)、国家保安法違反などだ。

    これらの犯罪の中で、不法デモや国家保安法違反については、倫理性を疑うまでのことではないかもしれない。
    なぜなら、韓国は80年代まで軍部独裁国家だったため、当時の学生たちがデモ活動を行い、それを理由として逮捕などの処罰を受けた人は少なくないからだ。

    しかし、他の罪名を見てみると、このような前科を持つ人物が国会議員になろうとするとは、にわかに信じがたい。
    特に現与党であるセヌリ党所属のある予備候補者は、なんと殺人未遂で懲役3年の実刑判決を受けていた。

    飲酒運転のような軽い犯罪であっても、前科があるとなれば規範意識の薄さが疑われるが、詐欺や横領、殺人未遂といった重大犯罪を行った人物が堂々と国会議員になろうとするとは、かなり衝撃的だ。
    彼らはいったいどんな顔をして、「国民のために働きます」と宣言しているのか。

    国会議員、特に特定地域の国民から選ばれる地方区国会議員は、選挙運動の際には「当選したら、どのように活動して国民の役に立つか」を説明する。
    当然、国会議員として選出された後は自分を選んでくれた国民の信頼を裏切らず、約束を守る義務がある。
    だが、人を騙し、裏切り、自分の利益を追求する詐欺や横領といった犯罪を行ってきた過去のある人物の言うことを、国民は信頼できるのだろうか。

    ただでさえ「政治家は約束を守らない」という認識が広まっている韓国。
    今回の国会議員選挙では、予備候補者たちの遵法精神のなさを知ると、彼らが掲げている公約を信じてもいいのか疑問だ。
    前科を持つ人が国会議員になってはいけないとまではいわないが、せめて過去の過ちに対する説明や反省を国民に表明し、今は信頼に値する人物になっていると思わせることが必要なのではないか。

    民主主義国家では、国会議員は国民を代表し、憲法上の主権者である国民の意思を社会に反映させることが仕事だ。
    倫理観の欠如している人物が、国民の意思を反映させた政治を行うことは期待しにくい。
    前科があっても平気で政治家になろうとする風潮が蔓延したままでは、政治に対する国民の不信は強まる一方だろう。

    ビジネスジャーナル 2016.02.24
    http://biz-journal.jp/2016/02/post_13951.html

    引用元: ・【韓国】国会議員選挙候補者の4割が前科者 暴力、詐欺、横領、窃盗、国家保安法違反 極めつけは殺人未遂で懲役3年の実刑判決[2/24]

    【普通がいない【韓国】国会議員選挙候補者の4割が前科者 暴力、詐欺、横領、窃盗、国家保安法違反 極めつけは殺人未遂で懲役3年の実刑判決[2/24]】の続きを読む

    1: LingLing ★@\(^o^)/ 2015/08/29(土) 20:08:38.61 ID:???.net
    ■店に侵入し窃盗の男、包囲され“とんでもない物”を体中に塗りたくり逃走図る―中国
    Record China 8月26日(水)22時44分配信

    イメージ写真。
    no title


    2015年8月26日、中国・華商報は、陝西省咸陽市楊陵区の写真館に忍び込むも
    窃盗に失敗した男が、とんでもない方法で窮地を切り抜けようとした事件を伝えた。

    今月20日午後、同区の写真館の休憩時間を狙って男が侵入。

    窃盗を試みたが、すぐに店主に発見され、応援に駆け付けた人により包囲された。
    男は店に閉じ込められ、その後警察が現場に到着。

    すると男はとんでもない行動に出た。

    警察によると、「私たちが現場に着くと、男は店の入り口にうずくまり、挙動不審だった。
    そして、その場で大便し、それを顔や体に塗りたくった。おそらく、殴られるのを恐れての
    行動なのだろう」と当時の状況を説明した。

    その後警察が男の身柄を拘束し、汚物を洗い落とした後に連行した。

    男は他にも窃盗を行っており、警察は調べを進めている。(翻訳・編集/内山)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150826-00000068-rcdc-cn

    引用元: ・【中国】 店に侵入し窃盗の男、包囲され“大便”を体中に塗りたくり逃走図る[08/29]

    【本当に好きなんだな 【中国】 店に侵入し窃盗の男、包囲され“大便”を体中に塗りたくり逃走図る[08/29]】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 2015/03/01(日) 11:29:29.06 ID:???.net
    (写真)
    no title


    外交部が製作・配布する『海外安全旅行ガイドブック(2014年発行)』を詳しく見た結果、韓国人を
    対象にした犯罪が頻繁な東南アジア諸国だけではなく、比較的治安が良いと認識されて来た
    先進国も『安全』に無風地帯が無いのも同然だった。

    28日、外交部発行の海外安全旅行ガイドブックを見れば、ガイドブックの『安全に旅行しよう』という
    コーナーで中国、日本、アメリカ、タイ、フィリピン、ベトナム、カンボジア、オーストラリア、スペイン、
    フランスなど10ヶ国の治安および注意情報などを紹介していた。

    ガイドブックが紹介した国家別の安全情報によれば、我が国の国民が多く訪問する中国の場合、
    「外国人を対象にぼったくり料金を要求する商人が多く、スリや強盗などの事件が頻繁に発生する」
    と紹介した。

    ガイドブックはまた、中国では三輪車・黒車(不法営業車両)と交通事故発生の際、保護を受けられ
    ないので注意しなければならないとあり、ATMで引き出した金銭も偽札の恐れがあるので現場で
    確認するように」と案内した。

    金融機関に対する信頼度が高い我が国の国民の認識としては、ATM機器から出る紙幤が偽造
    されているという警告は想像し難い。

    また具体的に北京の望京(ぼうきょう)、五道口(ごどうこう)地域の場合、韓国人の関連事件のうち
    自転車の交通事故、夜間の風俗店での口論および暴力事件が頻繁で、東北三省では韓国語が
    解る朝鮮同胞(朝鮮族)が多く居住しているので誹謗する発言を慎むように警告した。

    日本では『窃盗』に注意するよう案内した。日本での全体の犯罪のうち約70%が窃盗で、所持品の
    管理には特に注意して、バイクを使ってかばんを盗む『ナルチギ(ひったくり)』に備えなさいと明らか
    にした。

    知らない人が荷物を運んで欲しいと頼んだ場合、『荷物の中に麻薬が隠されていて逮捕される事例
    がある』とし、注意を求めた。

    どこでも同じだが、新宿・歌舞伎町および六本木地域などの風俗店が密集する場所は、ぼったくり
    料金、麻薬または覚醒剤の購入を強要される事があると事例を提示した。

    ソース:NAVER/ソウル=news1(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=100&oid=421&aid=0001288410

    >>2につづく

    引用元: ・【韓国】外交部の海外旅行ガイド、「よく見ると安全な場所は無い」~『日本では窃盗に注意!』[03/01]

    【韓国人に安全な場所など存在しない【韓国】『日本では窃盗に注意!』外交部の海外旅行ガイド、「よく見ると安全な場所は無い」~[03/01]】の続きを読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/02/20(金) 10:22:40.24 ID:???.net
    昨年、長崎県対馬市の寺から仏像や経典を盗み出した容疑など(窃盗や関税法違反)で起訴された韓国人キム被告(70)が、裁判で無罪を
    主張した。共同通信が19日、報じた。

    この報道によると、キム被告は同日長崎地裁で宮本聡裁判長の審理で開かれた初公判で「(窃盗)に)関与したことはない」と無罪を主張した。

    検察側は裁判で、キム被告一行が仏像を韓国に持ち帰り売却する計画だったと主張した。弁護人側は、彼らが「日韓交流に尽くしており、
    古い経典を見つけるために来日していた」と反論した。

    キム被告ら韓国人4人は昨年11月24日、対馬市米津島町にある梅林寺の保管倉庫に侵入して「誕生仏」と大般若経360巻などを盗んで
    韓国に持ち込もうとした容疑をもたれている。

    ソース:中央日報 2015年02月20日08時14分
    http://japanese.joins.com/article/850/196850.html?servcode=A00&sectcode=A10

    引用元: ・【韓国】「日韓交流に尽力、経典見つけに来日」…対馬仏像窃盗容疑で起訴された韓国人、無罪を主張[02/20]

    【殺意しかわかねぇ 【韓国】「日韓交流に尽力、経典見つけに来日」…対馬仏像窃盗容疑で起訴された韓国人キム被告、無罪を主張[02/20]】の続きを読む

    1: 白井黒子◆KuRokoMU3c 2014/11/06(木)21:16:19 ID:???
    警察が窃盗・飲酒運転…仁川(インチョン)警察不正相次いで
    人事・組織改編中警察不正…組織規律『弛緩』


    仁川(インチョン)地域警察官が窃盗を犯して飲酒運転をして摘発されるなど相次いだ不正事実が一歩遅れてあらわれた。

    仁川(インチョン)地方警察庁長官の職級が治安監から治安正監で上方修正され、これに伴い組織改編がなされる中で仁川(インチョン)警察の組織規律が緩んだという指摘が生じている。

    京畿道(キョンギド)富川(プチョン)元味警察署は携帯電話代理店で携帯電話を盗んだ疑惑(窃盗)で仁川(インチョン)富平(プピョン)警察署所属A(53)警衛を不拘束立件したと5日明らかにした。

    A警衛は去る9月29日、仁川市(インチョンシ)桂陽区(ケヤング)のある携帯電話代理店で自身の携帯電話を購入して従業員がよそ見をした合間を利用して陳列台に置かれた未開通状態の新しい携帯電話をこっそりと盗んだ疑惑を受けている。

    A警衛は盗んだ携帯電話を『得られた携帯電話』として息子に与えたと調査された。

    A警衛は息子がインターネット中古市場に携帯電話を販売するとあげた文を追跡した警察に首根っこが捕えられた。

    A警衛は警察で「購入した携帯電話の箱であることを知って持って来た。間違いを犯した」と述べた。

    警察はしかし盗んだ携帯電話を息子に与えた点等から先送りして失敗ではなかったと判断、A警衛を不拘束立件した。A警衛は最近解任措置された。

    警察官の飲酒運転事故も相次いだ。

    仁川(インチョン)富平(プピョン)警察署は飲酒運転をしてタクシーに突っ込んだ疑惑(道路交通法違反)で仁川(インチョン)警察庁所属B(48)警正を不拘束立件したとこの日明らかにした。

    B警正は先月24日午前2時30分頃、仁川市(インチョンシ)富平区(プピョング)のある公園前の道路で酒に酔ったまま自身の車両を運転して前を走っていたタクシーに追突した疑惑を受けている。

    B警正の血中アルコール濃度は免許取り消し数値に該当する0.190%であった。

    仁川(インチョン)警察庁所属C(40)警査も最近同じ嫌疑で仁川(インチョン)三山(サムサン)警察署に不拘束立件された。

    C警査は去る1日午後11時頃、仁川市(インチョンシ)富平区(プピョング)の自宅アパート地下駐車場で飲酒運転をして駐車場外壁に突っ込んだ疑惑を受けている。

    当時C警査の血中アルコール濃度は免許取り消し数値に該当する0.172%であった。

    C警査は警察で「代行運転記事を呼んでアパートまで運転をさせた。駐車はできそうでハンドルを握って事故がおきた」と述べた。

    仁川(インチョン)警察庁は正確な経緯を明らかにし次第、懲戒委員会を開いてB警正とC警査に対する懲戒程度を決める方針だ。

    仁川(インチョン)警察庁のある関係者は「人事が断行されて組織が改編される中でこういうかんばしくないことが相次いで発生して残念」としながら「組織の規律を正すのに全力を注ぐ」と話した。

    デイリー韓国(韓国語)
    http://daily.hankooki.com/lpage/society/201411/dh20141105201803137800.htm

    引用元: ・【韓国】警察官が窃盗や飲酒運転で相次いで首根っこ(仁川)[11/05]

    【国技は国技 【韓国】警察官が窃盗や飲酒運転で相次いで首根っこ(仁川)[11/05]】の続きを読む

    このページのトップヘ