まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:積弊

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/08/21(火) 15:42:43.99 ID:CAP_USER
     史上最悪とも言える雇用情勢の悪化を巡り、韓国大統領府と与党・共に民主党では前政権に責任を転嫁するかのような発言が連日相次いでいる。

     19日に行われた与党・政府・大統領府による会議の席上、「経済政策の方向性について、キム・ドンヨン経済副首相と大統領府の張夏成(チャン・ハソン)政策室長の意見が対立した」と複数のメディアにより相次いで報じられたが、これについて大統領府の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官は「メディアが非常に神経質な反応を示している」とコメントした。

     会議ではキム副首相が「経済政策の見直しも検討する」と述べたのに対し、張室長は「政策の効果については年末まで待ってほしい」と求めた。このやりとりを巡ってほぼ全てのメディアが「足並みが乱れている」「考え方が違う」などと報じたわけだが、大統領府は「メディアの観点そのものが間違っている」と主張しているのだ。

     雇用情勢の悪化について与党・共に民主党では「李明博(イ・ミョンバク)政権と朴槿恵(パク・クンヘ)政権の責任」と主張する声が相次いでいる。例えば党代表選挙に出馬したイ・ヘチャン議員は「李明博政権は四大河川を再生させるという口実でおよそ26兆-27兆ウォン(現在のレートで約2兆6000億-2兆7000億円)を投じたため、それ以外の投資が非常に弱くなった」「ここ100年続いた積弊と不公正を解消しなければならない」などと述べた。また同党の秋美愛(チュ・ミエ)代表は「今は(前政権当時の)数年前から完全に弱体化している経済の体質が再び強化されるプロセスにある」との見方を示した。

     文在寅(ムン・ジェイン)大統領は20日に行われた大統領府首席秘書官会議で「困難な雇用情勢については、政府として最善を尽くしているという信頼を持ってもらい、自らの職を懸けるという決意で対応に当たってほしい」と出席した秘書官らに呼び掛けた。これについては経済政策のスタッフを集めた席でも、文大統領は所得主導成長をはじめとする現在の政策を今後も維持する考えを改めて示したと受け止められている。

    ソン・ジョンミン記者

    ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版<「メディアのせい、前政権のせい、100年続く積弊のせい」>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/08/21/2018082100738.html

    関連スレ:【速報】文大統領、年内に来日…首脳会談開催へ ★3
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1534826215/

    引用元: ・【韓国】 「メディアのせい、前政権のせい、100年続く積弊のせい」~文大統領、現在の政策を今後も維持[08/21]

    【【韓国】 「メディアのせい、前政権のせい、100年続く積弊のせい」~文大統領、現在の政策を今後も維持[08/21] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/19(木) 03:55:05.32 ID:CAP_USER
    今月16日に国会で開催された文化財庁に対する国政監査において、忠清南道牙山市の顕忠祠(し)に設置されている故・朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領直筆の扁額(へんがく)が問題となった。

    与党「共に民主党」所属の安敏錫(アン・ミンソク)議員は金鍾陳(キム・ジョンジン)文化財庁長に対し「なぜ粛宗の額は見当たらず、朴正煕・元大統領のあの字があるのか」「あれこそまさに積弊だ」などとして説明を求めた。これに対して金庁長は「(朴元大統領直筆の扁額には)それなりの意味がある」と答弁した。

    これに安議員が「(文在寅〈ムン・ジェイン〉政権は)文化系の積弊清算を目的にあなたを庁長に任じたのではないか」と指摘すると、金庁長は「(専門家の意見を聞いて)検討したい」としていったん引き下がった。

    朴元大統領は1967年に顕忠祠の整備事業を行った。今回問題となった新しい顕忠祠もその当時建設されたものだが、その際、朝鮮王朝第19代国王の粛宗が1707年に下賜した「顕忠祠」と書かれた扁額は、新しい顕忠祠から500メートルほど離れた旧顕忠祠に設置された。

    顕忠祠管理事務所の関係者は「旧顕忠祠は日本に支配されていた時代の1932年に国民から募金を集めて再建された。そのため粛宗直筆の扁額をここに設置することはそれなりに大きな意味がある」と説明した。

    ところが50年が過ぎた今になって朴元大統領の扁額が突然問題視されているが、これは朴元大統領の痕跡を消し去ろうとする意図に他ならない。この問題以外にも例えば郵政事業本部は朴元大統領誕生100年記念切手の発行を取りやめ、韓国国際協力団は来年から海外におけるセマウル運動関連の政府開発援助(ODA)の新規事業を取りやめることを決めた。

    韓国の政治はいつまでこのように権力者の顔色ばかりうかがうのだろうか。

    また「積弊清算のためにあなたを文化財庁長に任命した」という安議員の発言とその態度も見過ごすわけにはいかない。各部処(省庁)のトップたちに求められる第1の義務が「積弊清算」だとすれば、この国は一体どこに向かうだろうか。

    文化財庁は文化財を発掘してこれを保護し、その価値を守り高める仕事に取り組むべきだが、今はそれよりも積弊清算の方が大事な仕事になったのか。安議員は金庁長に「あなたを庁長に任命してやったのだから、文句を言わず言うことを聞け」とでも言いたかったようだが、金庁長にとってこれほどの侮辱があるだろうか。

    金庁長は9級の地方公務員からスタートし、庁長にまで上り詰めたたたき上げだ。いくら国会議員でも最低限の礼儀は守るべきではないのか。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/18/2017101801107.html

    引用元: ・【朝鮮日報】文化財庁長は「積弊清算」のために任命されたのか この国は一体どこに向かうだろうか[10/19]

    【【朝鮮らしくていいね】韓国与党「顕忠祠に元大統領直筆の扁額があるのは積弊だ」】の続きを読む

    このページのトップヘ