まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:秘策

    1: ダーさん@がんばらない ★@無断転載は禁止 2017/03/17(金) 08:56:09.74 ID:CAP_USER
    「朝鮮時代の牛伝染病治療の秘策は...小便・人糞」

    観察使の首領70人の人事考課の内容も含まれて

    「伝染病である役(牛疫)にかかった牛に人糞とミミズを入れて沸かした水を飲ませなさい。」1834年1月17日、全羅道観察使ソユグは、このような内容が盛り込まれた特異な公文書を送った。

    全羅道53の郡県などに送ったこの公文書は、下痢、発熱、脱水、分泌物など、現在の口蹄疫の症状を見せる牛役に対する一種の処方箋(藥方文)だった。

    この処方箋は「牛役を治療する秘法は人糞少しとミミズを都合に応じて導管の真ん中に入れ、火で煮て水が澄んだところを取って飲ませなさい」と処方した。

    導管とは、粘土を焼いて作った管をいう。

    また、牛役で牛が1日または2日間餌を食べていない場合は、タコ足の干物で交互に鼻を通して貫通させるようにと助言した。

    それでも治らない場合はミミズをたくさん取って、牛の口の中に入れて首を押して過ぎるようにと具体的に説明した。

    牛役が発生した農家の近隣の牛に対する注文も漏らさなかった。

    処方箋は「牛役が近くに来た時は、まず小便を飲ませる、病気でない牛に小便を一日に3~4回飲ませれば感染しない」と書いた。

    また「牛はもともと人の小便が好きなので男が牛の口に直接当てて小便をすると自ら受けて飲む、これは最高に神秘的な効果を見る」と断言した。

    全羅北道は15日、こうした内容などが盛り込まれた朝鮮後期の代表的な実学者であり、全羅道観察使を務めたプンソクソユグ(1764~1845)の「ワンヨン日録(完營日録)」1次翻訳版を出版した。

    ワンヨン日録はソユグが全羅道観察使を務めていた1833年4月から1834年12月までに全羅道監営が、つまりワンヨンがいる全州で地方統治と財政を運用しながら実行した公務を日記形式で記述した記録である。

    8冊1本で構成されたワンヨン日録は13種、1千70件の公文書を日付順に記録した行政日記、原本は成均館大尊経閣に保管されており、全羅北道昨年から今までワンヨン日録1~4巻の翻訳を終えた。

    この日記の1833年6月15日の記録を見ると、観察使が全羅道の首領など70人の上半期人事考課についても上 - 中 - 下を記録した。

    光州牧師チョウンミョンの評価は「上」だったが、仕事をまとめる能力に優れており、心中が澄んで訴えが簡単であるという説明が添えられている。

    「チョウンソン(物を運ぶ船)の穀物はどこへ行った」とのコメントが付いた海南県監ベクグィ陣営の人事考課は当然「下」だった。

    ベクグィ陣営が穀物を横領したことを観察使は既に知っていた。

    ノハクキ全羅北道文化遺産課長は「ワンヨン日録は官僚としてソユグの姿だけでなく、全羅道の社会像と生活史の記録が生き生きと含まれており、様々な文化コンテンツとして活用することができる」と語った。

    ソース:聯合ニュース 2017.03.15 15:02:26(機械翻訳)
    http://news.mk.co.kr/newsRead.php?year=2017&no=177047

    引用元: ・【韓国】朝鮮時代の牛伝染病治療の秘策は…小便・人糞[03/17] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【神秘的な効果】朝鮮時代のワンヨン日録「牛伝染病治療の秘策は...小便・人糞」】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2016/01/29(金) 12:49:55.89 ID:CAP_USER.net
    ジョージ・ソロスとビル・アックマンなどのヘッジファンドの大物たちが軒並み、中国人民元安にかけ
    たことで、ヘッジファンドと中国金融当局との為替相場を巡る全面戦が繰り広げられている。ソロス
    会長は21日、ダボスフォーラムで、「中国経済のハードランディングは避けられない」と語り、「米ド
    ル比アジア通貨安が進んだことを目にし、昨年末、米国債を購入した」と発言したのが引き金となっ
    た。中国はかつて、為替投機で膨大な利益を上げたソロスが、今度は人民元と香港ドルを空売りし
    たことで、為替相場の急騰を招き、中国証券市場の混乱へと続いたとみている。

    中国共産党機関紙人民日報は26日付で、「中国向け宣戦布告?ハハハ」というタイトルの社説を1
    面に掲載し、人民元と香港ドルへの投機的攻撃は成功できないだろうと主張した。昨日は、中国経
    済の司令塔の李克强首相が、「中国経済は合理的範囲内にある」と、ソロスへの攻撃に加わった。
    中国が3兆ドルに上る世界最大外貨保有高を動員すれば、短期的には人民元を支え、資本流出
    を食い止めることができるだろう。しかし、グローバル投機資本が同時にソロスに加わって、人民元
    を攻撃すれば、長期的戦勢は断言できない。

    中国の不透明な外国為替市場や共産党政府の参加にある中央銀行、市場には勝てない政策の
    非効率性が全て明らかになった。米紙ウォールストリートジャーナルは、「資本流出を統制すれば、
    人民元の国際通貨としての立場は危うくなるだろう」と見込んだ。英紙フィナンシャルタイムスは、
    「新興市場での資本流出統制はもはやタブーではない」と食い違った観戦評を出している。

    ソロスと中国との一戦は、我々にも脅威となる。韓国経済は中国依存度が高く、ウォンは人民元と同
    じ方向に動く「代理(Proxy)通貨」だ。人民元の流出が深刻化すれば、ウォンが韓国を抜け出すス
    ピードが速まるかもしれない。「アジア通貨安が進むだろう」というソロスの発言を、ウォンがすでに
    ヘッジファンドの攻撃範囲内に含まれているという意味に解釈すれば恐ろしくなる。

    政府が目前の為替相場にこだわって、為替保有高を使うのは近視眼的行為だ。対ドルウォン安を
    進めてこそ輸出がうまくいくという判断によって、外貨保有高を大幅に増やすのも、為替戦争の一
    面だけを見ていることだ。「通貨スワップは絶対必要だ」と世界に向け声高に叫べば、これも同様に
    下手な戦略だ。静かで、揺るぎなく綱渡りをする賢明さが我々には求められる。

    ソース:東亜日報日本語版[社説]中国とソロスとの為替戦争、ウォン被害を食い止める秘策はあるか
    http://japanese.donga.com/List/3/all/27/521697/1

    引用元: ・【韓国】 人民日報「中国向け宣戦布告?ハハハ」~中国とソロスとの為替戦争、ウォン被害を食い止める秘策はあるか/東亜日報社説[01/29]

    【ソロススゲーwww 【韓国】 人民日報「中国向け宣戦布告?ハハハ」~中国とソロスとの為替戦争、ウォン被害を食い止める秘策はあるか/東亜日報社説[01/29]】の続きを読む

    このページのトップヘ