まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:科学

    1: まぜるな!キケン!! 2019/12/03(火) 19:16:18.13 ID:CAP_USER
    https://i.imgur.com/j8UOyC5.jpg

    基礎学力未達者、6.6→11.5%

     韓国の中学3年生の10人に1人は、科学の授業を20%も理解していないことが分かった。2日に公開された韓国教育課程評価院の資料によると、教育部(省に相当)が毎年実施している「国家水準学業成就度評価」で、昨年の科学科目の「基礎学力未達」生徒の割合は11.5%だった。2017年は6.6%にとどまっていたが、昨年は倍近く急増した。

     科学の授業を半分以上理解している生徒の比率も5割に届かなかった。第4次産業革命時代に差し掛かり、源泉技術の確保などのため科学教育の重要性が強調されている状況なのに、中学校の教室は逆方向へ進んでいることを意味する。

     韓国教育部は毎年、中学3年生と高校2年生を対象に2万人程度を選んで実施するこの評価について、国語・英語・数学の3科目は成績を公開している。だが中3の生徒だけが対象の科学と社会の科目の点数は「内部資料」だとして、これまで発表資料から除外し、事実上公開すらしなかった。教育界では、科学科目で基礎学力未達の比率が急増したことを深刻な状況と受け止めるべき、と指摘している。漢陽大学のペ・ヨンチャン教授は「数学もそうだが、科学科目における基礎学力未達生徒の増加は韓国の国家競争力の未来と直結する問題」と指摘した。

     科学科目の学力不振が深刻なレベルだということも判明した。数学は、10%台に上る基礎学力未達者の割合を教育部が毎年発表し、「数放者(数学放棄者)」という言葉まで生まれたが、実際には「科放者(科学放棄者)」の方が多いことが確認された。韓国政府はこれまで、こうした事実を「内部資料」だとして発表してこなかった。

     韓国教育部が毎年実施する「国家水準学業成就度評価」で中3のみが受ける科学科目で、2015年以降ずっと6%台だった「基礎学力未達」の比率が、昨年は11.5%と2倍近く急増したことが2日に判明した。数学の基礎学力未達の比率は、昨年は11.1%だった。

    学業成就度評価は、優秀学力(教育課程の80%以上を理解)、普通学力(50%以上80%未満)、基礎学力(20%以上50%未満)、基礎学力未達(20%未満)の4段階に分類される。

     科学の授業を50%以上理解している中学3年生は、昨年は47%にすぎず、残りの半数(53%)は授業の半分も分かっていなかった。これは国語(18%)、数学(37.7%)、英語(34.2%)より最大で3倍近くも高い値だ。

     優秀な生徒の比率が急減していることも大きな問題だ。科学の優秀学力の比率は、2015年の10.9%から昨年は5.3%に半減した。15年の時点では科学の優秀学力の比率が基礎未達の2倍近くあったが、17年に初めて基礎未達の比率の方が高くなる逆転現象が起き、昨年は基礎未達の比率が優秀学力の比率の2倍以上に達した。

     教育界からは「英語や数学は大学入試があるので生徒たちが私教育の助けをかなり受けているが、科学は相対的にそうではないからだ」という指摘が出ている。科学が大学修学能力試験(修能)の選択科目になったことで、ますます後方へ追いやられている、ということだ。

     かつては文系であれ理系であれ、いずれも修能で「科学探求」を取ったが、05年に選択型修能が導入された際、科学探求は理系の選択科目になった。その後も科学の選択科目の数は減り続け、入試での重要度が低くなったことにより、生徒たちが勉強しなくなった-ということだ。科学技術がけん引する第4次産業革命の時代に、肝心の教室では科学がおろそかな扱いを受けている、という批判が出ている。

     14年の地方選挙で左派系の教育監(教育委員会に相当する教育庁のトップ)が大挙当選し、教科の知識より体験、討論などを強調する「革新学校」が拡大したことで学力低下減少が深刻になっている、という指摘も絶えない。

    パク・セミ記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/03/2019120380083.html
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/12/03 11:40

    引用元: ・【国家水準学業成就度評価】科学の授業を理解していない韓国の中学生、1年で2倍に 基礎学力未達者、6.6→11.5%[12/3]

    【優れた民族ってのはどうした 【国家水準学業成就度評価】科学の授業を理解していない韓国の中学生、1年で2倍に 基礎学力未達者、6.6→11.5%[12/3] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/10/11(金) 12:29:51.98 ID:CAP_USER
    日本が科学分野で24人目のノーベル賞受賞者を輩出した。リチウムイオン電池の発展功労で化学者である吉野彰氏が9日、ノーベル化学賞受賞者に決定された。

    吉野氏は共同受賞者であるジョン・グッドイナフ教授(米国)とスタンリー・ウィッティンガム教授(英国)が作ったリチウムイオン電池の原形を商用化し、最近のように携帯電話などあらゆる電子機器を動かす電池に発展させた。

    日本は昨年にも京都大学の本庶佑特別教授が生理医学賞を受けるなど2年連続でノーベル賞受賞者を輩出して科学技術強国であることを立証した。歴代ノーベル賞受賞者の割合が世界で5番目になる。

    その間数多くの努力にもかかわらず、金大中(キム・デジュン)元大統領のノーベル平和賞1件しか受賞できなかった韓国の現実が新たに対比される。

    科学技術分野のノーベル賞は人類の視野を広げた新しい発見や技術に与えられる。その発見と技術が事実として立証され、人間生活に実際の影響を与えるまでは長い時間がかかる。

    韓国研究財団がここ10年間、科学分野ノーベル賞受賞に寄与した核心論文を調査した結果、受賞者の平均年齢は57歳だった。核心論文の生産には平均17.1年がかかり、生産後受賞まで平均14.1年が必要とされることが分かった。

    ノーベル賞受賞まで計31.2年の歳月が必要なわけだ。蓄積の時間が必要だ。このためには一分野を深く掘り下げた科学者はもちろん、研究を支援する社会的システムが必ず定着する必要がある。

    韓国の現実は道のりが遠い。教育や文化、政策がいずれも実用一辺倒だ。教育は直ちに大学入試に役に立つ国語・英語・数学に焦点が当てられている。幼い生徒が創意的に考え、それを発展させる余裕を許さない。粘り強い研究よりは直ちに使える技術を研究することにこだわっている。

    日本と米国のような先進国から見習って生産技術の発展に固執してきた韓国式発展モデルの限界だ。

    政策も基礎技術よりは直ちにモノを作ることに役立つ実用技術を開発することに重きを置いている。企業はもちろん政府の研究政策が純粋科学に目を向け始めた時間も短さすぎる。基礎科学研究資金を支援する韓国科学財団が設立されたのが1977年だ。

    実質的な研究基盤を作るための「創意的研究振興事業」は1996年になってやっと始まった。基礎科学の総合研究機関である基礎科学研究院(IBS)は2011年に作られた。さらに、政権が用意した研究事業を次に政権が発足すると人材を減らして分野を変える形で研究者の意欲を削いできた。

    明治維新後、若い科学者を留学させて1917年アジア最初の基礎科学総合研究所である理化学研究所(RIKEN)を設立した日本と比べ物にならない。

    このような環境と風土ではいくら優秀な研究者がいるといっても生き残ることが難しい。政府や企業、国民の認識が一変しなければならない理由だ。今ノーベル賞を待つのは木の下で口を開けて柿が落ちるのを待つようなことだ。だが、柿が落ちる木さえまともに育てられずにいるのが韓国の現実だ。


    中央日報/中央日報日本語版 2019.10.11 07:00
    https://japanese.joins.com/JArticle/258456

    前スレ
    【中央日報/社説】 24人目に科学ノーベル賞を受けた日本を眺める苦々しさ [10/11]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1570749595/

    引用元: ・【中央日報/社説】 24人目に科学ノーベル賞を受けた日本を眺める苦々しさ★2 [10/11]

    【悔しいので台風直撃をお祝いするんですね【中央日報/社説】 24人目に科学ノーベル賞を受けた日本を眺める苦々しさ★2 [10/11] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/07/21(木) 14:41:20.49 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国のKBS第1のドキュメンタリー番組「KBSスペシャル」で、韓国の科学文明にスポットを当てた4部作「韓国の科学と文明―偉大なる遺産」が21~22日と28~29日に放送される。

     番組では、優れた科学文明を築いた朝鮮王朝時代の歴史を通じて、半導体、スマートフォン、ディスプレーなどIT科学技術の分野で頭角を現している韓国の底力のルーツを探る。

     放送前日の20日にソウルで開かれた記者懇談会で、番組制作を担当したKBSプロダクションのプロデューサー、キム・ジョンヒ氏は「科学も歴史も難しいテーマなので、視聴者が理解しやすいよう特殊映像と再現を多く取り入れた」と説明した。

     番組で案内役を務めた俳優のイ・スンジェ氏は「われわれの先祖による偉大な科学的創造に大変驚いた」と感想を語った。
    朝鮮王朝時代に製作された水時計「自撃漏」や天文時計「渾天時計」などを発展させていたら、今のスイス製の時計よりもはるかに素晴らしい時計を作ることができたかもしれないと残念な気持ちを示しながら、
    「政府や政界も科学技術により多くの関心を持ってもらいたい」と述べた。

    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2016/07/21/0200000000AJP20160721001900882.HTML

    引用元: ・【韓国】KBS、韓国の科学文明にスポット当てた番組放送 韓国の底力のルーツを探る[7/21]©2ch.net

    【KBS、韓国の科学文明にスポット当てた番組放送「韓国の科学と文明―偉大なる遺産」】の続きを読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/03/08(日) 13:39:09.93 ID:???.net
    本紙が創刊95周年を記念し、調査会社メディアリサーチに依頼して「自国への自負心」を調査したところ、「韓国が誇らしい」
    との回答率が最も高かった分野はスポーツで、80.2%だった。47カ国の研究機関が参加する国際社会調査プログラム(ISSP)
    が2003年に韓国を対象に実施した同じ調査(87.7%)に比べると7.5ポイント低下したが、当時は韓国サッカー代表がワールド
    カップ(W杯)でベスト4入りした直後だったため、評価が並外れて高くなったとみられる。

    韓国国民の自負心が2番目に高い分野は科学・技術だった。75.9%が誇らしいと答え、03年の調査(64.2%)に比べ11.7ポイント
    上昇した。その次は歴史で、62.9%が誇らしいと答えたが、03年の調査(73.1%)に比べると10.2ポイント低下した。文化・芸術
    については60.6%が誇らしいと答え、03年の調査(59.0%)とほぼ変わらなかった。

    韓国の経済面での成果が誇らしいとの回答は50.7%で、03年の調査(44.7%)から6ポイント上昇した。60代以上が56.6%で
    最も高く、30代が41.2%で最も低かった。経済状況別では中・上位層(68.2%)、理念別では保守派(58.5%)で経済成果が
    誇らしいとの回答が多く、低所得層(34.4%)や革新派(38.6%)では少なかった。

    また、民主主義の作動方式については46.6%が誇らしいと答えた。ほかの項目に比べると高い方ではないが、03年の調査
    (32.1%)と比べると14.5ポイント上昇した。20代女性が23.5%で最も低く、60代女性が70.3%で最も高かった。

    韓国の社会保障制度については、誇らしいとの回答が41.7%で調査項目のうち最低だったが、03年の調査(17.0%)と比べると
    最も大きく上昇した。

    李竜洙(イ・ヨンス)記者

    ソース:朝鮮日報 2015/03/08 07:03
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/03/07/2015030700835.html
    前スレ
    【韓国】韓国人が最も誇らしく思う分野…スポーツ・80.2%、科学・技術・75.9%、歴史・62.9%、文化・芸術・60.6%[03/08]
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1425775040/
    1が立った時間 2015/03/08(日) 09:37:20.85

    引用元: ・【韓国】韓国人が最も誇らしく思う分野…スポーツ・80.2%、科学・技術・75.9%、歴史・62.9%、文化・芸術・60.6%★2[03/08]

    【普通ならギャグで言ってると思うとこだが【韓国】韓国人が最も誇らしく思う分野…スポーツ・80.2%、科学・技術・75.9%、歴史・62.9%、文化・芸術・60.6%★2[03/08]】の続きを読む

    このページのトップヘ