1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/04/06(木) 02:01:16.52 ID:CAP_USER
no title


1988年9月19日、日本天皇(国内新聞では日王と表記するがここでは天皇と書く)ヒロヒト(裕仁)が病床について翌年1月7日、死亡するまで起きたことに世界も驚き日本人も驚いた。第二次大戦の敗戦で日本社会の前面から消えたかに見えた天皇の死に日本人たちが突然「1億総自粛」に入ったからだ。

進歩・保守を問わず、すべての新聞の1面にはあたかも天気予報のように天皇の脈拍、体温が毎日載り、放送局はショー、芸能番組はもちろんCMさえ中断した。通りのネオンサインも消えた。さらに築地市場の商人がテレビに出て商売を自制していると言い、どうしてという質問には「そうですね…」と表情をつくると「ウーン、日本人ですから」と答えた場面が今も生々しい。日本で天皇は草の葉に吹く風にも、通りの石の間にも、人々の息遣いの中にも生きているといったある日本知識人の話が実感できた期間だった。

天皇一族は遅くとも7世紀始めから確かな家系が追跡される。世界で最も古い一族の一つであろう。その上、1500年間、王座から降りたことがない。考えてもみよ、新羅のキム王朝が今まで韓国の王だったらどんな気持ちだろうか。その長久な歳月の間、数多くの政治の激変があったはずなのに、王朝は一度も交替させられなかったのは明らかにまれなことだ。

政治を誤って千人離れればその王朝は交替する、という合理的な易姓革命が通じないのは誇ることではないだろう。ところが徳川時代、日本の知識人らはこれを日本の立派な伝統と自慢した。中国は君主が賢明でないと、無能力だと追い出す悪い慣習があるのに比べ、日本はあくまでも血統を重視すると。君主は血統が重要なのであって能力は二の次だと。

そういえば天皇は姓がないから姓を変える(易姓)こともできない。昭和天皇の名前はヒロヒトで、今の平成天皇はアキヒト(明仁)だが、これらに姓はない。当然、天皇とその親族は民法の対象ではない。もちろん戸籍もない。「天皇も海外に行くのにパスポートはあるのか?」と日本の友人に訊ねると、「ウン...そうだな、考えたこともないね」と言う。調べてみると1971年、ヒロヒトが戦後、最初に欧米を訪問した時、日本政府内で論議になった。結論は「天皇陛下が外務省が発給するパスポートを携帯して出入国手続を経るのは非常に不適切」だった。

天皇は歴史上、永く権力はなく権威だけあった。明治維新以後、天皇に権力を持たせようとする動きがあったが、近代天皇制の設計者、伊藤博文はきっぱりと拒否した。権力には成否があって天皇が権力を行使する瞬間、その権威は傷つくだろうということだ。権力と権威の分離だ。伊藤博文がいなかったら、ヒロヒトは恐らく敗戦後、マッカーサーの処刑を免れなかっただろう。

「1億総自粛」ムードは権力はないが、雲上の神聖な権威が敗戦後も健在であることを赤裸々に見せた。日本旅行の時、少しだけ調べれば、日本全体が天皇の権威の網に包まれていることが分かる。町内の隅々にある神社は大きかろうと小さかろうと、ほとんど天皇家との関連を強調し、各種歴史遺跡の案内文もやはり終着点は天皇だ。観光地に行くたびに「明治天皇が休まれた場所」「昭和天皇が立ち寄られたところ」を表示する石碑が並んでいる。天皇の家族、親族が来たことを知らせる碑はさらに多い。東京を代表する上野公園にはまだ「恩賜公園(天皇が下賜された公園)」という碑が立っている。ちょっと見れば礼儀正しい社会だが、暮らせば息がつまる。誰もその権威を転覆できないから…。それも1500年間(!)。

韓国で再び前大統領が拘束された。彼女とともに大統領職、あるいは国家元首の権威も再び大きな傷を負った。権力と分離した権威がまともに存在しない韓国社会で権威はいつも権力の成否に頼ることになる。国民の大多数が心服する社会的権威がたやすく形成されない理由だ。全てが中央に吹き込んで吹き荒れる社会で、最高権力は帝王的な力を持つが、それだけにあらゆる責任を負わなければならない。

中央権力に向かう風圧は十分に超大型台風級だ。その風圧は無限の権力もあたえるが、一瞬にして帝王的大統領を吹き飛ばしたりもする。権威もこなごなにする。この様な社会では安定した権力も古色蒼然とした権威も存在しにくい。日本の権力者が雲の上にいるならば、韓国の権力者は刃の上で風に吹かれて立っている存在だ。この風圧を上手に使って巨大な発展のエネルギーに転換させる人物を、私たちは今探している。

パク・フン/ソウル大教授(東アジア史)
http://img.khan.co.kr/news/2017/04/05/l_2017040601000612200056231.jpg

ソース:京郷新聞(韓国語) [歴史と現実]天皇と弾劾
http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201704052020005&code=990100

引用元: ・【歴史】 天皇と弾劾~権威と権力の不分離、韓国で社会的権威が形成されない理由[04/05] [無断転載禁止]©2ch.net

【【歴史】京郷新聞(韓国語) 「天皇のいる日本はちょっと見れば礼儀正しい社会だが、暮らせば息がつまる」】の続きを読む